時雨沢恵一「キノの旅」11巻口絵2「お花畑の国」のネタバレ解説

ある春の日、キノは城門の外から国内のあちこちで
殺し合っているのを見ていました。

ホヴィー(浮遊車両)の群が国へと向かい、
1台がキノ達の脇に降りてきました。

そこから降り立ったのは、中年の女性の軍人でした。

女性軍人によると、あの国はもともと3つの異なった民族が集まって
一緒に暮らしていた国だったが、最近急に仲が悪くなり、
三つ巴の殺し合いをしているのだそうです。

隣国からやってきたホヴィーの列はたくさんの爆弾を落とし、
たくさんの弾丸の雨を降らせました。

皆殺しを終えたホヴィーが帰還のために空中で列を作り、
それとは別の数台が、国の上に花の種を振りおろしました。

春が終わって夏がきて、それも終わりそうな頃、
シズと陸とティーがやって来て、まん丸のお花畑を見下ろして、
その光景にいたく感動しました。

シズは、これほどすばらしいものを作ったのはいったいどんな人なのだろうね、
と呟きました。

というあらすじなのですが、この話は色んな風に解釈できますね。

すばらしいものを作った人が、
必ずしもすばらしい人とは限らないという話なのではないかと、
しまうましたは解釈しました。

時雨沢恵一「キノの旅」11巻口絵1「子供の国」のネタバレ解説

キノの旅XI the Beautiful World (電撃文庫)


とてもとてもとても寒い時期に、
キノとエルメスがとある国にやってきました。

その国で一番大きな公園に行くと、盛大なたき火がありました。

大人達がテレビゲームや漫画やカードゲームをたき火に投げ込んでいました。

キノが、投げ疲れて休んでいる大人に、何をやっているのですか、
と話しかけると、大人は答えました。

最近、子供達が悪くなってしまったのは、
大人達が子どもの頃になかったあれらの影響だったから、
全て取り上げて処分しているのだそうです。
これによって子供達は、大人達が子供の頃そうだったように、
純心で素直な、子供らしい子供に戻れるのだそうです。

大人達が5、6歳くらいに見える子供達を引き連れてやって来て、
キノの前にずらりと並ばせ、
キノに、子供達と話をしてくれないかと頼みました。

キノが承諾すると、旅人さんになんでも質問してみなさい、
君が本当に思っていることを訊ねてみなさい、
と大人が言いました。

子供は、たびびとさん、どうかおしえてください――、
このくにのおとなをぜんいんもやすにはどうすればいいんですか?
と訊ねました。

子供達全員がキノの前から消えて――
再び大人達に連れられて戻ってきましたが、
キノの前にずらりと並んだ子供達の中に、
先ほど質問した子供はいませんでした。


というあらすじなのですが、オチが怖いですね。

でも、子供に悪影響を与えるという理由で、
テレビゲームや漫画やカードゲームを燃やしたのなら、
同じく、子供に悪影響を与えるという理由で、
大人だって燃やさないといけないと考えるのは、
そんなにおかしくない気もします(←せやろか)。

時雨沢恵一「キノの旅」10巻エピローグ&プロローグ「在る男の旅」のネタバレ解説

昔、キノが師匠と一緒に暮らしていて、
キノの髪がとても長かった頃、
50歳過ぎの男の旅人がやってきました。

男は、もう30年以上前からずっと旅をしていました。

旅の目的は、この世界から、“重力”をなくすことでした。

男が生まれ育った国は、塔のように高い岩山がたくさんあるところで、
住人は上や下で暮らしていました。
だから、たまにそこから落ちてしまう人がいて、
男の家族も家に変える途中に足を滑らせてしまい、
男を除く全員が噛みに召されてしまったのだそうです。

だから男は、重力をこの世界からなくすべきだと考え、
その術(すべ)を知っている人を探して、
こうして旅を続けているのだそうです。

男は、この命が尽きるまでは探し続ける、と言い、
彼の旅へと、戻っていきました。

あの人の旅が終わる時は、来るんでしょうか?
とキノが師匠に問いかけ、師匠は、
もちろん、終わらない旅なんて、どこにもないのですよ、
と言いました。

というあらすじなのですが、男の旅が終わるのは、
重力をなくす方法を探すのを諦めた時か、
男が死んだ時である可能性が高そうですね。

悪いのは重力ではなく、
そんな高い岩山がたくさんあるところに住んでいることだろう、
引っ越せばいいのに、
と思う人もいるかもしれませんが、それを言ったら、
日本人だって地震が頻繁に起こるのを知りながら
日本列島に住んでいますからね。
故郷を捨てるのは簡単ではないのでしょう。

ところで、師匠も相棒の荷物持ちさんとの旅を終え、
森の中に定住したことを考えると、
終わらない旅なんて、どこにもないのですよ、
という言葉の重みが変わってきますね。

時雨沢恵一「キノの旅」10巻7話「歌姫のいる国」のネタバレ解説

今回は8巻エピローグの「船の国」と同じく、中編です。

10巻は全部で270ページほどですが、
160ページ以上を「歌姫のいる国」が占めています。

キノとエルメスは円形の広い国にやってきました。

街角の電柱に設置されたスピーカーから、
ラブソングが流れ出しました。

歌い手の女の子の上手さと声の美しさが存分に引き立つ、
爽やかな歌でした。

キノはエプロン姿の中年の女性に話しかけられ、
そのラブソングは、
この国が誇る国民的人気の歌姫の歌だと教えられました。

2年ほど前に、とある小さな会社が、
国民全員に愛される歌手を生み出そうとオーディションをし、
デビュー以来あっという間に大人気になったのだそうです。

中年の女性は、
長い金髪の12、3歳のきれいな少女のブロマイドをキノに見せた後、
ここ何十日も、歌姫が皆の前に姿を現してくれない、という話をし、
嘆き悲しみ、歩いていってしまいました。

その後、キノは髭面で五十路の知り合いの男に話しかけられます。
五十路の男は商人で、馬車で部下と旅をしています。
男は、明後日、キノと同じ日に出国し、キノと同じく西に行く予定なので、
また一団の護衛と部下の鍛錬をお願いしたいと頼みました。

報酬として、同行中の全ての食事を出すと言われ、キノは承諾しました。

大きな荷物があったら次の国までは運ぶよ、
エルメス君じゃ運べないものを買いつけるといい、ということや、
この国は貧富の差が激しいということなどを話して、男は去っていきました。

キノはエルメスの修理のため、修理屋を探します。

一方その頃、エリアスという12歳ほどの貧しい少年が、
国の中央部の建設現場で働いていました。

休憩になると、エリアスは、隣の建物の1階にある店に貼られた、
12、3歳の歌姫のポスターを見に行きました。
店主はエリアスのような貧困層には10年働いても買うことができない、
たいそうな値段のついたラジオつき蓄音機で、
エリアスに歌姫の歌を聞かせてあげました。

休憩から戻ると、今日の仕事はなくなったと言われ、
人を減らすことになったと言われ、エルメスはクビになってしまいました。

エリアスが自宅のある貧困街に戻ると、
ロブという20代後半の男に、
金持ちの誘拐の仕事をしないかと話しかけられました。

エリアスは断りましたが、
この国では誘拐される方も誘拐保険に入っていて、ちゃんと金を払うし、
人質は無事解放される立派なビジネスであるとか、
ラジオ付き蓄音機や歌姫のレコードがほしいんだろと説得され、
小さく頷いてしまいました。

場面が変わり、ロブが、髭面で体格も立派な40代の男、ユアンと、
小柄で髪をそり上げた、40過ぎの男、ケインに対して、
エリアスは使えると説得していました。

エリアスは今までちゃんと働いていたので前科がなく、
あの町で警察に目をつけられていない稀有な存在で、
誘拐した子供をエリアスの部屋に置いておき、
お守りをさせるのにちょうどいい、ということを、ロブは主張しました。

場面が変わり、エリアス達が乗っている車は、
郊外の道を走っていました。

前の高級車へと追いつき、ロブが警笛を鳴らし、
ケインが粘着剤のついた煙幕弾を高級車に投げました。

車の後ろが燃えてるぞ! 危ないから止まれ!
と叫び、高級車を止めさせます。

中に乗っていた運転手とボディガードと、
ピンク色のワンピースを着た女の子が出てきました。
ケインが運転手を黒い棒で殴り、ユアンがボディガードを殴り、倒しました。

ユアンは女の子の口めがけ、小さなスプレーを突きつけて噴霧し、
眠らせました。

女の子はエリアスと同じくらいの歳で、
髪はややくすんだ赤毛で、長い三つ編みを左右に垂らし、
顔には、鼻を中心にたくさんあるそばかすが目立っていました。

女の子を乗せた車の中で、ユアンは、
あの高級車には構造上の欠陥があり、排気管の熱で、
ボディが焦げる事故が頻発していたので、
後部からの煙をそれと思いこみ、運転手は停車してドアを開けてしまった、
という話をしました。

夕方、エリアスの部屋で目覚めた女の子は、誘拐されたのを知り、
サラ・ローレンスという名前と、住所、電話番号、
秘密の暗号の“白い服と帽子”をユアンたちに教えました。

金持ちの子供は、誘拐されたら一切抵抗せずに名前と住所と電話番号、
本人であることを確認する暗号を伝えることになっているのでした。

子供のエリアスがいるのを見て驚いたサラに、
ユアンはエリーという偽名でエリアスを紹介しました。

サラは強気な態度でエリアスを小馬.鹿にしましたが、
大人3人が部屋を出て行くと、小さく震え、半泣きになりました。

エリアスはサラにパンをあげ、お互いの身の上話をします。
エリアスにはもともと母親しかいなかったが、
2年前に病気で死んだという話をします。

サラも両親がいなくてちゃんと自分でも働いているという話をしました。

エリアスは先月12歳になりましたが、
サラは来月13歳になるという話をしました。

……個人情報をペラペラ喋るなんて、エリアスは犯罪に向いていませんね。

一方その頃、背広姿の男達が何人も集まった豪華な応接室で、
執事が誘拐犯と電話をしていました。
夕方日の入り直後に身代金の受け渡し時間を指定されます。

そこへ、血相を変えた中年男が飛び込んできて、
死んだ……、たった今、連絡があった……と言いました。

部屋にいた男の1人が、人差し指を向けて、親指を立てて、
無言のまま、執事をパースエイダーで撃つ仕草をしました。
さらに、手のひらを自分の首の位置で水平に動かし、
“首を切れ”というジェスチャーをしました。

執事は誘拐犯に、お金の準備に時間がかかってしまいます、
受け渡しの待ち合わせ、夜になりませんでしょうか? と話しかけました。

また場面が変わり、キノとエルメスのホテルへ誰かがやってきて、
腕を見込んで、頼みがあります、と言いました。

夜になり、ユアン、ケイン、ロブの3人は森で身代金を待っていました。

予定と違い、執事ではなくキノがやってきて、
“白い服と帽子を買いに来ました”と言いました。

キノは札束がぎっしりとつまったアタッシュケースをケインに渡します。

ユアンは、エリアスの部屋の住所を教え、
そこに、同じ年頃の男の子と一緒にいる、
我々がパースエイダーで脅して部屋を使わせた、
被害者の1人だから、彼も“白い洋服と帽子”と一緒に保護してやるように、
警察に伝えろ、とキノに言いました。

ケインがケースを閉じると、エルメスがカウントダウンを始めました。

取り引きが終わり、ユアンとケインとロブはキノから遠ざかります。

どういうつもりですか? とロブが訪ねると、ユアンは、
あの坊やの仕事は、今日で終わりだ、と言いました。
エリアスの分け前は口座を作ってそこに入れ、ほとぼりが冷めた頃に、
レコードと一緒に通帳を送るつもりでした。

また、ユアンとケインは今回で誘拐の仕事を引退し、
手にした金で、地元で店を始め、家族と一緒に暮らすと言いました。

エルメスが200を数えた時、ケインの持っていたアタッシュケースが、
爆発し、ユアンもケインもロブも死んでしまいました。

キノは全員死んでいることを確認し、あと1人だ、と言い、
さっき教えられた住所に向かいました。

一方その頃、エリアスは部屋で寝てしまっていました。

深夜、エリアスは車のヘッドライトで目覚めました。

カーテンを少し開けて外を見ると、
制服を着た警官がパトカーから降りてくるのが見えました。
エリアスはサラを起こし、変装のため自分の服をサラに着せ、
逃亡してしまいます。
しかし警官は、盗品のタンスが隠されているとタレコミがあり、
調べているだけでした。

そこへ、キノがやってきて、エリアスの小屋に入り、
狙っていた相手に逃げられていたことを知りました。
キノはそのベッドで仮眠をとりながら、
エリアスとサラの帰宅を待ちます。

一方、逃亡していたエリアスとサラは橋の下で口げんかしていました。
エリアスは疲れて眠ってしまいますが、
サラは当たり前のようにエリアスに毛布をかけてあげ、
残りの毛布に包まってエリアスの隣で眠りました。

朝、起きたエリアスは、今からみんなを探して合流する!
と言い、蓄音機を買うためにお金を貯めていた貯金箱を壊し、
少ない金額の貯金で朝ご飯を食べて、馬車に乗ることにしました。

一方、キノは誰も戻ってこなかったので、移動を開始していました。

エリアスとサラは馬車に乗り、ロブの車を見つけ、
森の中に入り、3人の無残な躯を発見しました。
サラは悲鳴を上げました。

サラは、やっぱり殺そうとしているんだ!
“彼女”が死んじゃったんだ! 私にも死んでほしいんだ!
と叫びました。

エリアスは、僕が……、守らないと……、と言い、
死体からパースエイダーを拾い、少し射撃練習をした後、
パースエイダーと財布を持ってサラと逃げることにしました。

そこから数百メートル離れた森の中で、キノが『フルート』を構え、
狙撃しようとしていました。
しかし、引き金を引こうとした時、
『フルート』のバレルの先端に、小さな鳥が一羽留まったせいで、
狙撃できませんでした。

エリアスとサラは貧困街の裏路地に移動していました。
エリアスは、サラに説明を求めますが、
サラは、だって私はいらないんだもん!
役に立たなくなっているんだもんっ! と叫ぶばかりで、
エリアスには意味が解りませんでした。

そこへ、不良5人組が現れ、サラを連れて行こうとしました。

しかしエリアスは、僕はその子を守らないといけないんです……、
今はもう生きていない人と、約束したんです……、
と言い、リーダーの腕を撃ちました。

どっか、行ってください、お願いします、とエリアスが言うと、
5人は遁走していきました。
エリアスとサラも、5人とは反対側へ逃げます。

昼過ぎ、キノも貧民街にやってきて、
12歳くらいの少年とおさげの少女を見なかったかと聞きこみをしていました。

キノは、腕から血を流したリーダーの少年と、おろおろしている4人の少年を見かけ、
22口径で低速の弾道の傷跡ですね、撃たれてから、さほど経っていませんね、
と話しかけました。

おさげの女の子を連れた12歳くらいの少年に撃たれたのではないかと質問します。
リーダーが、関係ねえだろ! と言い放ち、
キノは『森の人』を向けて答えさせました。

一方、エリアスとサラは貧困街から抜け出て、
トラックを運転していた農夫のおばさんに手を振り、
隣町までという約束で助手席に乗せてもらうことに成功しました。

しかし、キノがターミネーターのように追いかけてきて、
トラックの中にエリアスとサラがいるのを確認し、『森の人』を抜きました。
キノは威嚇射撃をし、「止まれ!」と大声で叫びましたが、
「止まるなぁ!」とエリアスが叫び、パースエイダーをおばさんに向けました。
おばさんは緩みかけていたアクセルを乱暴に踏み、乱暴に加速していきます。

エリアスはおばさんにパースエイダーを向けて、
一気に川に下りて、そのまま川を渡らせました。
川を背にして、畑の中を、その先に見える森へと遁走します。

モトラドで川を渡ることはできないので、キノは手前の橋に戻り、
タイヤ痕を追いかけることにしました。

森の入り口で、エリアスはおばさんに謝り、
手持ちのお札のすべてを渡そうとしましたが、
彼女を連れて、逃げます、とエリアスが言うのを聞いて、
その金はあんたが持っていき、家出か何かか知らないけど――、まあ、訳は聞かない、
とおばさんは言いました。

おばさん、かっこいいです。

エリアスとサラは薄暗い森へと入っていきました。

遅れて、キノもその足跡を見つけ、エルメスを残し、
『フルート』を持って森へ入っていきました。

丸太の橋の下で、エリアスは偽名のエリーではなく本名を名乗り、
サラが見捨てられた理由を訊ねました。

するとサラは、ラブソングを歌いました。
物語冒頭で、キノやエリアスが聞いていた、あの歌姫の歌声でした。

回想です。
ちょうど1日前、キノはホテルの食堂で、背広の男達に、
誘拐犯の殲滅を頼まれていました。
さらに、男達の会社の恐ろしく重要な機密を知ることができた
人質も抹殺してほしいと男達は考えていました。

キノは「師匠の話を思い出した」と言いましたが、
これはおそらく6巻4話「長のいる国」のことでしょうね。

男達は報酬として、宝石のぎっしり詰まった箱と、
金属の固まりを取り出しました。
それは、摩耗しかかっている、キノが探していたエルメスのパーツでした。
しかしこの国には規格品がなく、一品物を造ってもらうと、
猛烈な金額になるものでした。

キノは諦めて、次の国に望みを託しましたが、
次の国にあるとは限りませんよ、もしあっても、また猛烈に高価では?
すぐにできあがるものでなかったら? と男は言い、
キノはその仕事を引き受けました。

回想終了です。

歌姫の歌を歌い終えたサラは、“歌姫”なんて――、本当はいないの、
と言いました。
本当は、偽者の歌姫が2人いるだけなのだそうです。

写真に写ったり、ラジオで喋ったり、
映画の画面の中で歌うフリをするための歌姫と、
歌うだけの歌姫であるサラがいるだけでした。

サラはもともと孤児で、小さい頃から歌が上手でした。
2年前、歌姫のオーディションが行われたことになっていましたが、
お人形さんのように美しくて可愛らしい“あの子”が選ばれることも、
サラが歌うことも、最初から決まっていました。

サラは“あの子”みたいな綺麗な髪も顔も持っていませんでしたが、
“あの子”は『私はあなたみたいに歌えない。だからこれでいいの。
2人で1人。頑張りましょう』と言ってくれ、
サラと“あの子”は2人で1人の歌姫になりました。

しかし、最近、“あの子”はずっと病気だったせいで休んでいました。
サラが誘拐されたのと同じ頃に“あの子”が死んでしまい、
サラはいらなくなったのでした。
必要だったのは“私達”だったの、“私”はもう、いらないの、
とサラは言いました。

“歌姫の半分”でも“人質”でもない、僕は“サラ”を守るんだ、
絶対に殺させないから、とエリアスは言い、
2人はしっかりと抱き合いました。

キノは300メートル離れた位置から『フルート』のスコープを覗きながら、
そこの少年――、君は殺したくはないんだ、それなのにどうして君は、
そうやって何度も何度もボクの邪魔をするのかな?
とつぶやきました。

エリアスとサラの話が終わり、サラの頭に狙いをピタリとつけて、
引き金に指が触れて、その視界が急にぼやけました。
急に降ってきた雨のせいでした。

キノは水煙の灰色に包まれた森の中を走り、丸太橋まで行きましたが、
そこに2人はいなくて、足跡も雨で消えていました。

キノは今日はもう止めて、ホテルに戻り眠りました。

エリアスとサラは農具小屋で眠りについていました。

次の日の、キノが入国してから3日目の朝、
キノは、もしボクがその子だったら――、自分の命を守るため、
決定的な物的証拠を持ち出してどこかに持っていくのではないか、
と考えていました。

男達は、証拠があるのは事務所や、住んでいた家くらいで、
両方ともあからさまに多くの人間が見張っているので近づくはずはない、
と言いました。

キノは、その家にいる人達を今すぐ全員引き払わせ、
そこで待ち伏せすることにしました。

その時、エリアスは、
サラが歌姫の歌を歌っていた証拠があればいいんだ! と言いました。

サラは、ある時、歌の収録が失敗して、使えなくなった音源が家にあり、
それには、歌姫の彼女の話し声とか、
サラがどう歌えばいいか歌の先生に聞いている声とか、
まわりの大人の声とか、いろいろ入っていることをエリアスに言いました。

エリアスはそれを奪いに行こうと言いましたが、
それじゃあエリアスは捕まっちゃう! 誘拐犯になっちゃう!
とサラは言いました。

サラが死ぬよりはいい、僕は、レコードがほしかったんだ、歌姫の、
でも、どんなに働いても何年経っても買えないって分かっていた、
どんなにお金が入っても、歌姫が死んじゃったら意味がないんだ、
大丈夫だよ、刑務所だって、ラジオは聴かせてくれるよ!
とエリアスは言いました。

じゃあ、その後は私がエリアスを助ける!
将来、私は私として歌を歌って、お金をたくさん稼いで、
エリアスを助けてあげるからね!
とサラは言いました。

一方、キノはとても大きな豪邸の庭で待ち伏せしていました。

タクシーでエリアスとサラが家にやってきたのを、
真向かいの屋敷で見張っていた背広の男2人が見つけました。

男の1人がライフルを構えてサラを殺そうとしましたが、
サラに情が移っていたため、撃てませんでした。

エリアスとサラは廊下を走り続け、
突き当たりの部屋のドアを開けると、キノが先回りしていました。

キノはサラを『森の人』で撃ち殺そうとしますが、
真向かいの屋敷にいた男が、キノの腕を撃ってしまい、
エリアスとサラは逃げました。

真向かいの屋敷にいた男は、嫌だ……、やっぱりこんなのは間違ってる……、
お嬢様はあそこにいるじゃないか? 俺たちは何をやっているんだ?
と錯乱していました。
もう1人が、彼の頬を殴り、男は昏倒しました。

エリアスは逃げ込んだ部屋で、廊下にいるキノに消火器の消火剤を噴霧し、
キノがいたはずの場所に向けて、狙いもつけずに乱射しました。

キノは消火剤の噴霧が始まると即座に中庭へと避難していました。

キノは、キノから見て右側へ、廊下をエリアスとサラが逃げていくのを見て、
こっちはこっちで、やり方を変えるか、と言いました。

『フルート』を、廊下めがけて乱射し、
緑色の液体燃料が詰まった小瓶を取り出し、瓶の口を、
導火線付きのものに取り替えて、先端にマッチで火をつけ、
勢いよく放り投げ、爆発させました。

散々撃たれ、爆弾を投げられ、サラはパニックに陥っていました。
その部屋へ、キノが近づいてきます。
エリアスはキノにパースエイダーを向けて撃ちますが、
キノは自分のパースエイダーでエリアスの武器を弾き、
弾は天井に当たりました。

残弾ゼロになると、キノはエリアスの腹を蹴りました。
エリアスは割れたガラスの上で尻餅をついて、手や尻を細かく切りました。

サラは、キノが2日前の朝に聞いたあの歌を歌っていました。

お前なんかに、世界一の歌姫を殺させるもんかあっ!
とエリアスが叫び、ガラスの破片を拾い、突進してきました。
キノはヒョイと足を引っかけて、エリアスは簡単に転びました。

キノはこの時点で初めてサラの事情を知り、詳しく説明してもらいます。

しかしボクも、“仕事”はしないといけないんですが、
とキノは言い、
ああ――、そっかー、別の“仕事”があった――、
と何かに気づきました。

キノはサラの目の前に立つと、「悪いですね、と言い、
その首筋でナイフを走らせました。

一方、燃える家のまわりには、背広の男達が集まっていました。

キノがエルメスに乗って出てくると、大きな袋を取り出しました。
クリーム色の布製の手提げで、中は大きく膨らんでいて、
じっとりと赤く染まっていて、袋の端から、
赤毛の2本のおさげの先が、飛び出していました。

仕事は完了しました、もう1人の少年も、今頃はあの中で燃えているでしょう、
とキノは言いました。
袋を渡そうとしましたが、誰も受け取ろうとしないので、
キノは袋を燃えさかる家の中へと投げました。

キノは、血で真っ赤に染まった手のひらを男に差し出しました。
男の1人が、金属の部品と、宝石の入った箱を手に載せました。

ボクを撃ったのは、どなたです? “へたっぴ”とお伝えください、
とキノは言い、エルメスに乗って走り出しました。

人殺しめ、地獄へ落ちろ、と男の誰かが言いました。

秒数を数えていたエルメスのカウントが200に近づくと、
キノは宝石箱を池へ放り投げました。
箱は派手に爆発しました。
やれやれだ、どうにも分かりやすい人達だね、とエルメスが呆れ、
まずは商人さんに会わないと、とキノは言いました。


場面が変わり、キノは国の外で、商人の馬車の一団の左斜め後ろを、
低速でトロトロと走っていました。

キノが食べるはずだった豪華な食事は、「馬車の幌に乗っていた、
短い髪の少女と、手に包帯を巻いた少年が食べることになりました。

下水に汚れた服を着ている2人は、生まれ個K票の城壁を見ました。
少年はキノを睨み、少女は小さく微笑みました。
少女はすうっと息を吸って、歌を歌い始めました。
商人は慌てて振り向いて、歌い手の姿を見て絶句し、その顔が綻びました。


というあらすじなのですが、キノは冒頭の商人の、
『大きな荷物があったら次の国までは運ぶよ。
エルメス君じゃ運べないものを買いつけるといい』
という言葉を思い出し、別の“仕事”として、
エリアスとサラを次の国まで逃がすことにしたのでした。

キノが男達に見せた布製の袋に入っていたのは、
メロンか何かと、ナイフで切り取ったサラのおさげだったのでしょう。
袋についていた血は、
手をガラスで切って鮮血を流していたエリアスのものでしょうね。

ところで、キノの気が変わってサラを助けた理由のひとつには、
1巻5話「大人の国」で、初代キノから、
『キミは歌が好きなら、そしてこんなに上手く歌えるのなら、
歌手になるのはどうだい?』と言われていたから、
というのがあるかもしれませんね。


また、この10巻が発売されたのは2006年の10月ですが、
2008年8月に開催された北京オリンピックでは、
開会式の歌を歌っていた歌姫の少女、林さんが実は口パクで、
本当に歌っていたのは別の少女、楊さんだった、という事件がありました。
林さんは容姿は抜群で、楊さんは歌声は抜群、
という理由で、2人を組み合わせたのだそうです。

まるでその事件を予言していたかのような話で、
今読むと別の驚きがありますね。

星新一「適当な方法」のネタバレ解説

ある夜遅く、救急車で青年が運びこまれてきました。

救急車の人たちは、青年が道ばたにねそべり、
なにかぶつぶつ言っていたと医者に告げました。

青年は酔いつぶれていたので、医者は酔いをさまさせるべく、
何種かの薬を注射しました。

青年はやがて目を開きましたが、
まったく、よけいなおせっかいだ、と言いました。

青年は、いまの世の中が面白くないから、
飲んでいるのだという意味のことを言いました。

いつのまにか世の中が、平均化の一途をたどりはじめていて、
だれもかれも適当に働き、適当に遊んでいて、
健全そのもので、だれもかれもが適当に文句を言う、
決して大きな文句は言わない、と青年は言いました。

こんな世の中のために、おれは不満感で悩んでいる、
これというもの国家の責任だ、と青年は言いました。

医者は青年に、しばらく入院して治療をすませましょう、
と提案しました。

青年は、治療費の金額が確定したら、
訴訟をおこしてでも入院費は国家が全額を負担させる、
と息巻きました。

しかし、数日たち、全快して気分がなごやかになると、
費用を国家に請求するのは筋が通らないかもしれない、
と青年は考えを変えました。

治療費はどれくらいかかったのです、と青年は言い、
医者は一枚の紙片を渡しましたが、
それは請求書ではなく領収書でした。

すでに国家が治療費を払ってくれていました。

青年のような患者をなおすために、補助金が出ていて、
治療装置も新薬も、無料で病院に配置されたものでした。

医者が最初にそれを告げなかったのは、始めのころ、患者に、
おれの個性を消してしまうつもりなんだろう、とさわがれたり、
陰謀だなんて叫ばれたりしたので、
言わないことに方針を変えたのでした。


というあらすじなのですが、青年は結局、
国家の手の平の上から飛び出すことができなかったのでした。

タイトルは「適当な方法」ですが、適当には「いい加減」という意味と、
「適切」という2つの相反する意味がありますよね。

最初に青年が「適当に働き、適当に遊んで~」と言っていたときは
「いい加減」という意味で使われていました。
しかし、医者が青年を適当な方法で治療した、
というふうに考えると、「適切」の方の意味ですね。

星新一「窓」のネタバレ解説

主人公は都会で1人暮らしをしている18歳の女性です。

主人公は、昼間は洋裁学校にかよい、
それが終ってからは、友人たちと演劇のまねごとをやったり、
時にはボウリングやスケートをやりにゆく生活をしていました。

主人公は寝る前に小型テレビの前に手の鏡をたてかけ、
顔を近づけ、あたしはテレビにむいていると思うんだけど、
むいているにちがいないわ……とつぶやくのが日課でした。

ふと気がつくと、
夜おそくで、相当する放送局のないチャンネルなのに、
画面に若い女が映っているのが見えました。

女は、飾りのない部屋のなかで、芝居らしいことをやっていました。
熱演しているようでしたが、音量を上げても声は聞こえませんでした。

テレビへの出演にあこがれている主人公は、
やがて軽蔑したような声で、たいしたことはない演技だわ、
とつぶやきました。
あたしだったら、もっとやれるのに、スタイルも美しさも、
あたしのほうがずっと……と口にして、スイッチを切り、
眠りにつきました。

つぎの日、主人公が夕ぐれの道をひとりで歩いていると、
見知らぬ男に声をかけられ、
テレビに出てごらんになるお気持ちはありませんか、と言われました。

主人公は承諾し、すぐにテレビ局に向かうことになりました。

男の自動車に乗り、テレビのスタジオに連れていかれます。

ある部屋に案内されましたが、その部屋は、きのうの夜、
テレビの画面で見たのと同じ部屋でした。

男は、この部屋はスタジオだと言い、
この建物には、テレビの亡者を収容するために、
同じような部屋がいくつもあると言いました。

主人公はその部屋に閉じ込められてしまいます。

男は悪魔そのものだと名乗り、テレビに出演し、
輝かしい栄光をあびる座につける人が出るためには、
一方、かげで朽ちはてる人がなくてはなりません、
幸運の女神を存在させるには、
犠牲をささげるわたしのような役が必要なのです、と言いました。

男がいなくなると、主人公は壁にある小さな窓を見つめていました。

やがてその窓がすき通りはじめ、どこかの家の部屋で、
若い女が夢見るような、あこがれにみちた目つきで主人公を見ていました。

主人公は、助けを求めますが、声は若い女には聞こえませんでした。

若い女が主人公と同じ運命になると気づき、
つぎの犠牲をくいとめなくては、と主人公は思い、
なんとかして伝えようとしましたが、
窓のそとの若い女の顔に、軽蔑の表情が浮かびました。

若い女は口を動かしていて、声は聞こえてきませんでしたが、
へたな演技ね。あたしなら……」と言っているのは知ることができました。

というあらすじなのですが、無限ループって怖くね?
という感じの話でしたね。

テレビ出演を餌にして、
女性に対して悪いことをする悪い男も世の中には存在するので、
テレビに出ないかと誘われても、安易についていってはいけませんね。

星新一「景品」のネタバレ解説

部屋の片すみにある銀色の機械は、
いまやあらゆる家庭の経済を維持する、
なくてはならない装置でした。

しかし、ラーム氏はその機械をどうも好きになれませんでした。

ラーム氏の妻がスーパー・マーケットで
化粧品と冷凍肉と栄養剤とキャンデーを買って帰ってくると、
各社のサービス券を機械の各所にある穴に入れました。

機械は、F冷凍食品の券があと5枚で100枚になることや、
M化粧品の券が一杯になったことなどを告げました。

妻は、長椅子をはじめ、この家のあらゆる物は、
この機械がただで手に入れてくれたのよ、すばらしい装置だわ、
と言いました。

ラーム氏が、むかし読んだヘミングウェイ全集が
もう一度読みたくなったと言うと、
妻は機会に聞いてみて、Z製菓のサービス品に入っていると告げました。

しかし、ラーム氏は、おれはヘミングウェイを読みたくなったが、
キャンデーの景品としてもらって読みたくはないんだ、
だからこれから買いに行ってくる、と言いました。

雑誌や週刊誌はマーケットにあるけど、
本は景品としてしか手に入らないのよ、と妻は言いましたが、
ラーム氏は電話帳をめくって調べて、ドアから出て行きました。

ラーム氏が、景品としてではなく、この本を買いたいんだ、
と係の老人に言うと、老人は、ただでさしあげましょう、
とまで言いました。

しかしラーム氏があくまでもお金を払うとがんばると、
老人は気の毒そうな表情で、製菓会社との契約で、
景品として以外に売る時には、
とても割高にしなければならないと教えてくれました。

それでもラーム氏は高いお金を払って買い、
老人はラーム氏の住所を聞きました。

ラーム氏がヘミングウェイ全集を持って家に帰り、
妻にそのことを自慢げに報告していると、玄関に声がして、
出版社から連絡があって、これを景品として届けてくれと、
たのまれました、と訪問者に言われました。
そこにつみあげられたのは、
色とりどりの山のようなキャンデーだったのでした。


というあらすじなのですが、ラーム氏はがんばったけど、結局、
キャンデーの景品として本をもらうか、
本の景品としてキャンデーをもらうか、の違いしかなかった、

というオチですね。

ラーム氏の妻は、ただで景品が手に入ると喜んでいましたが、
それは誤解です。

実際には、買った商品の値段のなかに、
景品の値段も含まれていただけです。

抱き合わせ商法と同じですね。

消費者が「得をした」と勘違いすることはできますが、
実際には得していません。
商品と景品をセットで購入したのに、
そのことに気づいていないだけです。

星新一「タイムボックス」のネタバレ解説

エフ博士は、バー兼もぐりの賭博クラブを経営しているアール氏を、
研究室に呼び出しました。

エフ博士はタイムボックスという発明品を作ったのですが、
相当な研究費をかけて完成させたものの、
いい利用法が思いつかず、
それをアール氏に考え出してほしいと頼みました。

エフ博士はタイムボックスの説明のため、
銀色をした四角な金属製の箱の一端から出ているコードを電源につなぎます。

植木鉢の土のなかにチューリップの球根を埋め、
植木鉢を箱の中に入れ、太陽灯をつけ、
光が箱のなかに注ぎこむようにし、ダイヤルをまわしました。

タイムボックスのなかで時間が進み、芽が伸び、葉が成長し、
チューリップの花が開きました。
エフ博士は植物の成長をいったん停止させ、
こんどは逆に時間を戻します。
花はつぼみとなり、葉は小さくちぢまり、土のなかにもどっていきました。

酔いにまかせてめちゃくちゃに電線を巻きつけたら、
タイムボックスの動作がうまくいったのですが、
利用する方法が思い浮かばないと、分解して設計図を書く気にもならない、
とエフ博士は言います。

時間を操作するのに費用がかかり、
原子炉の放射能半減期を早めるのはロケットで宇宙へ捨てたほうが安あがりで、
ウイスキーを古くするのも金がかかって、やはり引きあいません。

アール氏は、タイムボックスのなかで、ダイス(サイコロ)をころがし、
その出る目を記録し、その順序に賭けることで儲けようとしました。

しかし、十何回目かにダイスをころがすと、
ダイスはまっ2つに割れてしまいました。

おそらく、ダイスが割れる運命を持っているのでしょう、
不審を抱いた相手が調べようとして、
ダイスを割るといったことになるのかもしれません、
とアール氏は言いました。

しかし、割ってみたところで、しかけがあるわけではありませんから、
問題にはなりませんよ、とアール氏は言い、エフ博士はうなずき、
ダイヤルをまわして、ダイスをひび1つないものにもどしました。

アール氏の店で、アール氏が紹介したカモを相手に、
エフ博士は賭博をします。
エフ博士は勝ち続け、カモは負け続けます。

しかし、紳士的な相手はダイスを怪しむことなく、
割られるには至りませんでした。

つぎの日、アール氏はさらにもうけようと、
いくつものダイスを研究室に持ちこみます。

しかし、エフ博士がコードを電源につなぐと、
タイムボックスの装置は「きのうとちがった調子の音をたて、
ばらばらに分解してしまいました。
勢いよく飛び散った部分品の1つは、
問題のダイスに当って、まっ2つに割りました。


というあらすじなのですが、
まだ分解してタイムボックスの設計図を書いていなかったので、
もうイカサマはできなくなった」というオチですね。

ところで、このタイムボックスって、
「ドラえもん」の「タイムふろしき」にそっくりな発明品ですね。

もちろん、このショート・ショートの方が先ですが。

現代にこのタイムボックスがあったら、
スマートフォンに、自分で数字を選べる宝くじの当選番号のサイトを表示させ、
タイムボックスの中に入れるといいでしょうね。

他には、若返りたいお金持ちをボックスの中に入れ、
時間を戻す商売をやるとよさそうです。

川原礫「ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング」のネタバレ解説

ソードアート・オンライン (9) アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)


この9巻から、長い長い長いアリシゼーション編が始まります。

プロローグⅠ 人界歴372年7月

12歳のユージオと、同じく12歳で幼馴染にして大親友のキリトは、
≪巨人の大杉≫を意味する≪ギガスシダー≫に、
≪竜骨の斧≫を振っていました。

……いきなりキリトが12歳に若返っていて、
しかも「人界歴」とか「ギガスシダー」とか、
専門用語が登場しますが、その説明は中盤までありません。
あまり気にせずに読み進めればいいです。

ユージオというのは、表紙の右側にいる亜麻色の髪の少年です。

去年の春、ユージオはキリトと一緒に村長の家へと連れていかれ、
≪巨樹の刻み手≫という≪天職≫を与えられました。

ギガスシダーは、ユージオとキリトが暮らす≪ルーリッドの村≫が拓かれる
遥か以前からこの地に根を張っており、
最初の入植者の時代から村人は延々と樹に斧を入れ続けていました。

初代の刻み手から数えて、ユージオとキリトが7代目であり、
ここに至るまでにすでに300年以上の時が費やされていましたが、
樹の切り目は1メル(1メートル)にも満ちませんでした。

樹を切り倒すには、あと900年、18代くらいかかる計算です。

ギガスシダーは、その巨体とありあまる生命力ゆえに、
周囲のとてつもなく広い範囲から、陽神と地神の恵みを奪い去ってしまいます。

ルーリッドの村は、≪人界≫を分割統治する4大帝国の1つ
≪ノーランガルス北帝国≫の、更に北部辺境に位置します。

村は北、東、西の3方を急峻な山脈にかこまれていて、
畑や放牧地を広げんとするなら南の森を切り拓くしかありませんが、
その森のとば口にぎがしすだーが根を張っているため、
この厄介者をなんとかしなければ、これ以上村の発展は有り得ませんでした。

キリトは前に突き出した左手の人差し指と中指をぴんと伸ばし、
残りの指を握り、そのまま空中に、這いずる蛇のような形を描き、
印を切った指先で、ギガスシダーの幹を叩きました。

この世界に存在するものは、動く、動かざるに関わらず、
生命を司る創世の神ステイシアによって与えられた≪天命(てんめい)≫
が存在します。

その天命の残量を神聖文字で記したのが≪ステイシアの窓≫です。

ギガスシダーの≪窓≫を引き出して見ると、23万5542でした。
先々月は23万5590くらいだったので、たった50しか減っていませんでした。

そこへ、ユージオ、キリトの幼馴染の少女、アリス・ツーベルクがやってきました。

アリスは村長の娘で、金髪です。
アリスは、村の子供では一番と目される神聖術の才能を伸ばすため、
シスター・アザリヤから個人教授を受けています。

しかし、ルーリッドの村は常に貧しく、アリスも勉強できるのは午前中だけで、
午後は家畜の世話や家の掃除に忙しく立ち働かなくてはなりません。
その最初の仕事が、ユージオとキリトに朝食を届けること、でした。

アリスは塩漬け肉と豆の煮込みのパイ詰め、チーズと燻製肉を挟んだ薄切り黒パン、
数種類の干し果物、朝絞ったミルク、といった料理の≪窓≫を確かめました。

天命が尽きた料理はすなわち≪傷んだ料理≫で、
食べれば、腹痛その他の症状を引き起こします。

急いで食べたキリトは、なんで暑いと弁当がすぐ悪くなっちゃうんだろうなあ、
と言いました。

冬は寒いから食べ物が長持ちするので、寒くすれば、
この時期だって弁当は長い間持つはずだ、とキリトは主張しました。

キリトは、氷がいっぱいあれば、じゅうぶんに弁当を冷やせる、と言いました。
しかし、この世界には冷凍庫はありません。

キリトは、『ベルクーリと北の白い竜』の伝説を思い出します。
ルーリッドの村の初代衛士長を務めたベルクーリは、
ある夏の盛りの日、ルール川に氷の塊が浮き沈みしているのを見つけ、
川沿いを上流へと歩き続け、≪果ての山脈≫の巨大な洞窟に辿り着きます。
洞窟に踏み込んだベルクーリは、大小無数の財宝の上で体を丸めた白竜が、
眠っているらしいと気付き、1本の美しい長剣を手に取り、
逃げ出そうとしたその途端――というのが大まかな筋です。

村の掟で【大人の付き添いなく、子供だけで北の峠を越えて遊びに行ってはならない】
となっていますが、アリスは、これは仕事のうちと解釈するべきだわ、と言いました。

王都セントリアに巨塔を構える≪公理教会(こうりきょうかい)≫が定めた、
≪禁忌目録(きんきもくろく)≫にも、
『何人(なんびと)たりとも、人界を囲む果ての山脈を越えてはならない』
と書かれています。

しかしアリスは、山を越えるっていうのは、≪登って越える≫ってことだわ、
禁忌目録のどこを探しても、『果ての山脈で氷を探してはならない』
なんて書かれてないわ、と言いました。

ユージオは嫌がりましたが、7の月3回目の休息日に、
ユージオ、キリト、アリスの3人で洞窟に氷を探しに行くことになりました。

その日の朝、3人は村はずれで待ち合わせし、村を出ました。

ユージオは≪刻み手≫の転職を与えられる前は、
衛士になりたいと思っていました。
それを知っているキリトは、仕事をやり遂げた場合、
次の天職は自分で選べるから、あの樹をあと2年で切り倒す、
という意味のことを言いました。

――とても半日歩いたくらいで≪果ての山脈≫には辿り着けないだろう
とユージオは思っていましたが、
4時間くらい歩いただけで、もう果ての山脈に辿り着いてしまいました。

≪北の峠≫も、気付かずに通り過ぎていました。

もしかしたら、村の大人たちすら、
果ての山脈がこんなにも近いということを誰ひとり知らないのではないだろうか?
何かが変だ、とユージオは感じました。

お弁当を食べ、洞窟の中に入ります。

ユージオは灯りを持ってきていないことに気づきましたが、
アリスは草穂の先端に左の掌を添え、神聖語による不思議な術式句を奏で、
複雑な員を切り、穂の先に青白い光を灯らせました。

100メルほど進むと、とても地下の洞窟とは思えない、
途方もなく巨大な空間が出現しました。

凍った湖があり、周囲の壁も、不思議な六角柱も、
何もかもが氷でできていました。

氷の湖の上を歩き、キリトは白竜の骨を見つけました。
竜の前足のものと思われる巨大な鉤爪を拾い上げ、
剣の傷があるのをユージオとアリスに見せました。

この竜を殺したのは――人間だ、とキリトは言いました。

ベルクーリが、寝てる白竜の懐から盗み出したという≪青薔薇の剣≫もありましたが、
重くて持ち上げることができませんでした。

氷だけ持って帰ることにして、藤かごに氷の欠片を詰めます。

広い氷の湖の一方に小さな出口があり、正反対の方向にも出口がありました。

どっちから入ってきたのか分からなくなってしまっていましたが、
出口からちょっと進んでみて、ユージオが踏み割った氷の張った水たまりがあれば、
当たりだということになりました。

一方の出口に入り、進むと、風の音が聞こえました。

しかし、洞窟の出口の向こうに存在するのは、
ユージオの知っている世界ではありませんでした。

空は一面真っ赤で、地上は黒い、闇の国、ダークテリトリーでした。

白い竜に乗る白銀の鎧の騎士と、黒い竜に乗る漆黒の鎧の騎士が戦っていました。
白い方が公理教会の≪整合騎士≫のようでした。

整合騎士は弓で黒騎士の胸の真ん中を射抜きました。

ユージオ達からほんの10メルほど離れた場所に、騎士が墜落し、
鎧の喉元から大量の鮮血が迸りました。

アリスは細い声を漏らし、吸い込まれるような足取りで、
よろめきながら洞窟の外に向かいます。
キリトが「だめだっ!!」と叫び、アリスは立ち止まろうとしましたが、
足がもつれ、洞窟の地面に倒れ込みました。

アリスの右手は、洞窟の青みがかった灰色の床と、
その先の消し炭色の地面の、異様にくっきりした境界を2セン(20センチ)
ほど越えて外に出ていました。
アリスの真っ白い掌が、ダークテリトリーの大地に触れていました。

ユージオとキリトはアリスの体をしっかりと摑み、
アリスを洞窟の中に引き戻しました。

洞窟の反対側に戻ろうとした時、洞窟の天井近くに、奇妙なものが出現しました。

直径50センほどの紫色の円の向こうに、
皮膚は生白く、頭には1本の毛も生えていない人の顔がありました。
謎の声が聞こえ、紫色の円はいきなり消滅しました。

ユージオ達は白竜の骨が眠る湖まで戻るとそのまま突っ切り、
長い洞窟を抜け、懸命に歩いてルーリッドの村に帰りました。

翌朝、ギガスシダーに斧を打ち込み続け、昼が近くなった頃、
ユージオとキリトは飛竜を目撃しました。

まさか、アリスを……とキリトはつぶやきました。

ルーリッドの村に戻ると、教会前の広場に飛竜と騎士がいました。

数十人の村人の中に、アリスを見つけ、
キリトは今のうちにアリスを広場から離れさせようとしました。

広場へ、アリスの父親にしてルーリッドの村長、
ガスフト・ツーベルクがやってきて、整合騎士に挨拶をします。

整合騎士は、ノーランガルス北域を統括する公理教会整合騎士、
デュソルバート・シンセシス・セブンと名乗り、
アリス・ツーベルクを、禁忌条項抵触の咎により捕縛、連行し、
審問ののち処刑する、と言いました。

どのような罪を犯したというのでしょう、とガスフトが訊ねると、
禁忌目録第1章3節11項、ダークテリトリーへの侵入だと騎士は答えました。

騎士は村人に命令し、アリスを騎士のところへ連れてこさせ、
ガスフトに輪のついた鎖を渡し、咎人を縛(いまし)めよ、と命令しました。

キリトは騎士に弁明しますが、騎士はアリスを連行しようとします。

キリトはユージオに、俺がこの斧で整合騎士に打ちかかるから、
その隙にアリスを連れて逃げるんだ、と言いました。

しかし、ユージオはアリスを助けたいと思いながらも、
動くことができませんでした。
ずきん、と右眼の奥に鋭い痛みが走ります。

キリトは斧を構えて突進しようとしますが、
騎士がキリトを一瞥したその刹那、竜骨の斧が高々と弾き飛ばされました。

ユージオ! 頼む、行ってくれ!!
とキリトは言いますが、ユージオはわずかにも動くことができませんでした。


プロローグⅡ 西暦2026年6月

大きく場面が変わり、エギルの喫茶店兼バー≪ダイシー・カフェ≫で、
シノンこと朝田詩乃はアイスコーヒーを飲んでいました。

遅れてキリトこと桐ヶ谷和人も入店します。

半年前、2025年の末に発生した≪死銃≫事件の、
3人の実行犯のひとりである新川恭二の話をします。

恭二は審判中は頑なに沈黙を貫きましたが、
ガンゲイル・オンラインの料金未払いアカウントデータ保持期限の
180日が過ぎたある日から、
カウンセラーの問いかけに応じるようになったのだそうです。

もう少ししたら、また面会に行ってみるつもり、
今度は、会ってくれそうな気がするんだ、と詩乃は言いました。

先週、第4回バレット・オブ・バレッツの個人戦で、
シノンが準優勝したことについて、和人はおめでとうと言いました。

1位だった≪サトライザー≫という名前のプレイヤーは、
優勝するのはこれで2度目でした。

サトライザーはアメリカのプレイヤーで、
武装がナイフとハンドガンだけだったのに第1回大会を圧勝しました。

第2回からはサーバーがアメリカと日本に分かれたから、
アメリカからは接続できなくなったはずなのですが、
今回は参加していたのでした。

今回、サトライザーは開始時に何の武器も持っていなくて、
持っていたのは武器の代わりに≪軍隊格闘術(アーミー・コンバティブ)≫スキル
だけでした。
最初のターゲットを不意打ちからの格闘だけで倒すと、
そいつの武器を奪って次の獲物を襲い……の繰り返しで、優勝したでした。

呼吸を停止させられたシノンのHPゲージが消滅する寸前、
サトライザーは『Your soul will be so sweet(君の魂はきっと甘いだろう)』
と囁きました。

シノンは、8巻2話「キャリバー」で、
≪エクスキャリバー≫をキリトが手に入れる手助けをした貸しを口にし、
年末の第5回BoBに向けて、キリトを予約しておこうとしました。

そこへ、アスナこと結城明日奈が来店し、
詩乃のことをシノのんというニックネームで呼びました。

詩乃はテーブルの上に置きっぱなしになっていた和人の携帯端末を覗き、
青いブリップが、喫茶店の位置にぴたりと重なったまま静止しているのを見て、
あなたたち、お互いのGPS座標をモニタリングしてるの? と訊きました。

しかし、そんな生易しいものではなく、
明日奈は和人の脈拍と体温まで、自分の携帯端末でモニタリングしていました。

和人の胸の中央に超小型センサーがインプラントされていて、
ハートレートと体温をモニタして、
無線で和人の携帯端末にデータを送っています。

和人が今のバイトを始めるときに、先方からインプラントを勧められ、
その話を明日奈にしたら、ネットを介して明日奈の端末にも、
ほぼリアルタイムで情報を渡すことになったのでした。

和人の今回のバイトもテストプレイヤーなのですが、
テストしてるのはゲームアプリじゃなくて、
新型フルダイブ・システムのBMI(ブレイン・マシン・インターフェイス)
そのものなのだうです。

RATH(ラース)という名前の会社のBMIです。

明日奈は、ラースは『鏡の国のアリス』に出てくる空想上の生き物の名前で、
豚という説と亀という説があるのだと解説しました。

中の世界はどんな感じなの? と詩乃が訪ねると、
知らないんだ、俺、と和人は答えました。

機密保持のため、そのマシンが作るVRワールド内部の記憶は、
現実世界には持ち出せないのだそうです。

驚いた詩乃に、和人はまず、≪ソウル・トランスレーション≫の
テクノロジーについて説明します。

脳細胞には≪マイクロチューブ≫という、細胞の構造を支える骨格があり、
そのチューブは中空の管です。
管の中には≪エバネッセント・フォトン≫という光子が封じ込められていて、
その光子の揺らぎこそが人間の心だ、という理論があるのだそうです。

その光の集合体を、ラースでは独自に、揺れ動く光、
≪Fluctuating Light(フラクトライト)≫と名付けました。

ソウル・トランスレーターは、フラクトライトを双方向に翻訳し、
人間の魂そのものにアクセスできる機械なのだそうです。

キリトにダイブ中の記憶がないのは、
その部分への経路を遮断しているからなのだそうです。

そのバイトの話を持ってきたのは、クリスハイトこと菊岡でした。

アミュスフィアが、ユーザーの脳にポリゴンデータを見せるように、
STL(ソウル・トランスレーター)は、
人の意識に短期的な記憶を書き込みます。
STLが作る仮想世界で見るもの、訊いて、触れるものは、
ユーザーの意識レベルに於いては本物なのです。

キリトもごく初期のテストダイブ中の記憶ならありますが、
キリトは最初、そこが仮想世界だと解りませんでした。
和人は昨日まで金土日と3日連続、夢の中でバイトしていました。
栄養と水分は点滴でした。

それだけあったら色んなことができそうだね、
ケーキ食べる直前で目が醒めずに済むし、という詩乃の言葉で、
和人は仮想世界で食べたものの味を思い出しそうになりましたが、
思い出せませんでした。

次に和人は、STLのFLA(フラクトライト・アクセラレーション)機能を使えば、
数分間のうちに何時間分もの夢を見るように、
STLの中で時間を加速させることができる、という話をします。

FLA機能は最大で3倍ちょいだと和人は聞いていました。

和人が行った六本木のビルにはSTLの実験機が1台しかないことや、
実験用仮想世界のコードネームがアンダーワールドであることなどを話しました。

それを聞いた明日奈は、それも、アリスなのかもしれないね、と言いました。
『不思議の国のアリス』の最初の私家版は、『地下の国のアリス』という名前で、
原題は『アリスズ・アドベンチャー・アンダーグラウンド』だったのだそうです。

アリス、と聞いて和人はまた何か思い出せそうな気がしました。
金曜日、STLでダイブする直前に、
スタッフがA、L、I……アーティ……レイビル……インテリジェン……
と話していたのを聞いたような気がしましたが、思い出せませんでした。

明日奈達はダイシー・カフェを出て、詩乃と別れます。


転章Ⅰ

明日奈は世田谷の家の近くまで、和人に送ってもらうことになりました。

住宅街を歩きながら、和人は明日奈に、アメリカに行くという話をしました。

サンタクララの大学で研究している≪ブレイン・インプラント・チップ≫が
やっぱり次世代フルダイブ技術の正常進化形だと思うんだ、
どうしても、見たいんだ、次の世界が生まれるところを、と和人は言いました。

そして和人は明日奈に、一緒に来てほしいと言い、
明日奈は、もちろん、行くよ、一緒に、と言い、キスをしました。

来年の夏にはアスナと一緒にアメリカに行くことや、
一度はアスナのご両親に挨拶することなどを話し合います。

そんなやり取りをしているうちに、
明日奈の自宅からほど近い小さな公園の前まで辿り着いてしまいました。
和人が送ってくれる時は、ここでお別れするのが恒例です。

背後から足音が響いてきて、駅はどっちの方ですか?
と黒っぽい服装をした小柄な男に話しかけられました。

明日奈は道案内をしようとしますが、和人は明日奈を後方へ押しやり、
お前……ダイシー・カフェのそばにいたな、誰だ、と言いました。

その正体は、≪ラフィン・コフィン≫というPKギルドに属し、
≪赤眼のザザ≫とコンビを組んで、10人を超えるプレイヤーに手をかけた、
≪ジョニー・ブラック≫でした。

ジョニー・ブラックこと金本(かねもと)は≪死銃事件≫の首謀者の1人でもあり、
現在も逃亡中だったのでした。

金本は≪デス・ガン≫をシャツの中から摑み出しました。

和人は畳んだ傘の先端を、左手で金本に向け、
明日奈を逃がし、誰か人を呼んでくるんだ! と言いました。

しかし、明日奈が助けを呼びに走ると、短く、鋭い圧搾音が耳に届きました。

振り向くと、和人の握った傘の石突が、金本の右太腿に根元まで突き刺さり、
金本の握った注射器は、和人の左肩に押し当てられていました。

2人は同時にぐらりと状態を傾けると、そのまま路上へと倒れました。

明日奈は端末で救急センターのオペレータに現在地と状況を伝えます。

和人は、「アスナ、ごめん」と短く囁きました。

救急車が到着し、和人が搬入されます。
明日奈も付き添って乗り込み、サクシニルコリン……っていう薬を注射されたんです、
左肩です、と救急隊員に伝えました。

「心停止!」と救急隊員が叫び、
明日奈の握った携帯端末モニタに表示されているピンク色のハートは、
鼓動を止めました。


第1章 アンダーワールド 人界歴378年3月

キリトは森の中に開けた小さな円形の草地で目を覚ましました。

明日奈を家まで送る途中、アメリカの大学へ行きたいと考えていることを打ち明け、
明日奈も一緒に行ってほしいと頼みごとをしたところで、記憶は途切れていました。

金本に襲われたことは覚えていませんでした。

着ているファンタジー風の服を見て、仮想世界にいるのだと判断し、
ログアウトしようとしますが、ログアウトできませんでした。

そこが既存のフルダイブマシンを遥かに超える、
超現実とでもいうべきクオリティのVRワールドだったことから、
STLの中、アンダーワールドにいるのだとキリトは判断しました。

オペレータの比嘉(ひが)に、ダイブをいったん中止してくれ!
問題が発生してるみたいだ! と言いますが、何の変化も訪れませんでした。

人の手による規則的な音が聞こえ、
川の上流に向かって歩きながら、キリトは不思議な光景を見た気がしました。

横一列に並んで歩く、黒い髪の男の子と、亜麻色の髪の男の子と、
金髪の女の子の記憶を見ました。

規則的な音に向かって歩き、
キリトはギガスシダーに斧を振るっていたユージオと出会いました。

ただし、ユージオは冒頭のプロローグでは11歳でしたが、
今のキリトの前にいるユージオは17、8歳くらいでした。

ユージオに、君は誰? どこから来たの? と日本語で話しかけられ、
自分がどこから来たかよく判らない、判るのは、名前だけで……とキリトは答えました。

ユージオはキリトのことを≪ベクタの迷子≫だと言いました。

闇の神ベクタが、悪戯で人間をさらって、
生まれの記憶を引っこ抜いてすごく遠い土地に放り出すのだそうです。

ログアウトしたいんだ、とキリトは言いましたが、
ユージオは完全にここの住人であって、≪仮想世界≫という概念は持っていなくて、
ログアウトという言葉の意味が解りませんでした。

ユージオは、今は昼休みですが、仕事が終わるまで待ってくれれば、
一緒に教会まで行ってシスター・アザリヤにキリトを泊めてくれるよう頼んであげられる、
と言い、キリトは待つことにしました。

ユージオに昼食の丸パンを分けてもらうことになります。

ユージオは≪ステイシアの窓≫こと≪ステータス・ウインドウ≫を表示させ、
≪天命≫を確認した後、丸パンを1つキリトに渡しました。

丸パンを食べたキリトに、おいしくないでしょ、これ、とユージオは言いました。

出がけに村のパン屋で買ってくるんだけど、
朝が早いから前の日の残り物しか売ってくれないんだ、
昼に、ここから村まで戻るような時間もないしね……とユージオは言いました。

ずーっと昔は、幼馴染の女の子が昼にお弁当を持ってきてくれたが、
安息日に、2人で来たの洞窟を探検しに出かけて、帰り道を間違えて、
果ての山脈を向こう側に抜けてしまい、彼女はつまづいて、
外の地面に掌を突いてしまって、村に整合騎士がやってきて、
彼女を鎖で縛り上げて央都に連れて行ってしまった、という話をユージオはしました。

その少女の名前がアリスだと知り、
キリトは魂を揺さぶらんばかりの懐かしさを感じました。

探しに行ってみたらどうなんだ? とキリトは言いましたが、
ユージオが暮らすルーリッドの村は、ノーランガルス北帝国のさらに北の端にあり、
南の端にある央都までは、早馬を使っても一週間かかるとユージオは説明します。
天職を放り出して旅に出ることなどできず、
ユージオにはアリスを探しに行くことはできませんでした。

ルーリッドの300年の歴史の中で、整合騎士が来たのは6年前の1回きりだ、
ってガリッタ爺さんが言ってた、というユージオの言葉を聞き、
キリトは驚愕しました。

そういう≪状況設定≫ではなく、実際にシミュレートしているなら、
FLA機能は数百倍、
ことによると1000倍にも達する加速を実現していなければなりません。

ユージオはギガスシダーに斧を振るのを再開しますが、
キリトは自分もやってみたくなり、
ユージオに斧を借りて振りました。

しかし、斧は刻み目の中心から5センチも離れた場所に命中しました。

ユージオの説明を見て、キリトは、この世界では恐らく、
厳密な物理法則や筋肉の収縮がシミュレートされているわけではない
と気付きました。

STLが作り出すリアルな夢なのだから、1番大切なのはイメージ力です。

ユージオの指導を受けながら斧を振りつづけ、何十回目だか忘れた頃、
ようやく斧が高く澄んだ金属音とともに切り込みの真ん中に命中しました。

それから50回ずつ交替しながら斧を振り、今日の分が終了しました。

午前と併せて1日2000回ギガスシダーを叩くのが、
ユージオの天職でした。

ユージオは貴重な≪竜骨の斧≫を無造作に物置小屋に入れ、戸を閉めました。
鍵もかけませんでしたが、きっと≪禁忌目録≫には、
盗みを働くべからずというような一節があるのだとキリトは思いました。

村に衛士がいるのは、
≪果ての山脈≫の向こう側にある闇の国の軍勢から村を守るためでした。

公理教会の言い伝えによれば、1000年に1度、
ソルス(太陽)の光が弱まった時、暗黒騎士に率いられたヤインの軍勢が、
山脈を越えて一斉に攻めてくるのだそうです。

ルーリッドの村に行き、キリトは教会に泊めてもらいます。

教会に住み込みで神聖術の勉強をしている、12歳ほどの少女、セルカに、
キリトは世話を焼いてもらいます。
セルカは、アリスの5歳年下の妹でした。

村人と交流したキリトは、村人全員が、
ユージオとまったく同じレベルのリアルな感情、自然な会話、
精妙な身体動作を表現していて、皆が皆、本物の人間としか思えない、
と判断しました。
しかし、彼らは人間ではなく、AI(人工知能)でもない、
とキリトは考えました。

翌朝5時半に、キリトはセルカに起こされました。

厳かな礼拝と朝食が終わると、キリトは中央広場でユージオを待ちました。
ユージオが現れた直後、背後の教会の鐘楼が、旋律を高らかに響かせました。

1時間ごとになる鐘が、毎回違う旋律なのにキリトは気付きました。
ユージオによると、ずっとずっと昔、
央都の真ん中には≪時刻みの神器≫、要するに普通の時計があったのですが、
人びとがそればっかり見上げて仕事をおろそかにしたから、
神様が起こって雷を落として壊してしまったのだそうです。

教会の鐘は、この村にたった1つある神器で、毎日決まった時刻に、
1秒もずれることなくひとりでに讃美歌を奏でるのだそうです。

その日の昼休みに、キリトとユージオはセルカの話をしました。

アリスは村始まって以来の天才と言われていましたが、
シスター・アザリヤは、アリスが整合騎士に連れて行かれてから気落ちして、
もう弟子は取らないと言いました。
しかし、ガスフト村長が説得して、
一昨年ようやく新しい見習としてセルカが教会に入ったのだそうです。

セルカは、アリスと違って教会に住み込みをし、1日中勉強をした上で、
3年前の流行り病で両親を失った子供達6人の世話もしていました。

また、天命の話もします。
あらゆる人や物の天命は、人の手で増やすことはできません。
たとえば人の天命は、赤ん坊から子供、大人へと育つに従って増えて、
だいたい25歳くらいで最大になります。
そのあとはゆっくり減って行って、70から80歳くらいでなくなって、
ステイシアの御許に召されるのだそうです。

病気や怪我で減った天命は、神聖術や薬で治療しますが、
回復しても決して大本の量以上には増えないのだそうです。

RPGで言うところの、最大HPと現在のHPのようなものですね。

しかし、公理教会のすごく偉い司祭だけが、人の天命に直接はたらきかけ、
天命そのものを増やすことができるのだそうです。

午後の仕事を始めようとしたユージオを見て、キリトは、
竜骨の斧よりももっと強い斧はないのかと訊ねました。

ユージオは、斧はないが、剣ならあると言い、
物置小屋から≪青薔薇の剣≫を持ってきました。

プロローグで前半だけ語られた『ベルクーリと北の白い竜』の後半を、
ユージオが説明します。

ベルクーリは寝ている白竜から白い剣を拾い上げて逃げようとしますが、
その途端に足許から青い薔薇が生えてきて、
ベルクーリをぐるぐる巻きにしてしまいます。
たまらず倒れたその音で、白竜が目を醒まします。
いろいろあってベルクーリはどうにか許してもらって、
剣を置いて命からがら村に逃げ帰ってきました。

というのが、おとぎ話の内容です。

6年前、ユージオとアリスは果ての山脈まで白竜を探しにいきましたが、
竜はいなくて、代わりに、刀傷がついた骨の山があるだけでした。

骨の下には、金貨や宝物や≪青薔薇の剣≫もありました。

おととしの夏、ユージオはもう一度北の洞窟まで行って、
安息日ごとに剣をほんの何キロルかずつ運んでは、森の中に隠して、
3ヶ月かけて物置小屋まで持ち帰ったのでした。

キリトはユージオに、今のギガスシダーの天命を調べてもらいます。
23万2315でした。

キリトは、持っているだけで両腕が抜けそうになる青薔薇の剣を下段に構え、
SAOのソードスキル≪ホリゾンタル≫を放とうとしました。

が、踏ん張りきれずに両脚が膝からふらつき、
剣は目標を遥か離れた樹皮に激突しました。
青薔薇の剣は竜骨の斧よりも攻撃力が上なので、
2センチも切り込みましたが、切り込んだ場所が悪く、
天命は1しか減っていませんでした。

キリトはユージオに剣を振らせようとしましたが、
やはり重すぎて青薔薇の剣でギガスシダーを切るのは難しそうでした。

ステータスが足りないから剣を扱えないのだとキリトは思い、
指先で例のマークを描き、右の手の甲を叩き、ウインドウを出しました。

最上段にはユニットID、その下には天命の【3280/3289】、
その下には【Object control Authority:38
System Control Authority:1】とありました。

オブジェクト・コントロール権限というのが、
アイテムの使用に関連するパラメータのようでした。

青薔薇の剣の情報を引き出すと、耐久値197700、
【Class 45 Object】とありました。

キリトのオブジェクト・コントロール権限を、
38から45以上に上昇させることができれば、青薔薇の剣を扱えそうでした。
しかし、モンスターがいないこの世界では、レベルを上げる方法が不明でした。

仕事を終え、ルーリッドの村の教会に戻り、風呂に入っていると、
セルカがやってきて、出るときにちゃんと浴槽の栓を抜いて、
ランプを消してね、と言いました。

キリトはセルカを呼び止め、ちょっと訊きたいことがあるんだけど、
今夜時間あるかな? と訊きました。

風呂から出た後、セルカがキリトの部屋にやってきます。

キリトは、ユージオに聞いたと言い、アリスのことを訊ねます。

ユージオ、忘れたわけじゃなかったんだ……アリス姉様のこと……、
とセルカは小声で言いました。
ユージオはすごくアリスのことを気にかけているとキリトが言うと、
じゃあ……ユージオが笑わなくなったのは、
やっぱりアリス姉様のせいなのね、と言いました。

誰からも愛され、次代のシスターとしてシスターとして期待されていたというアリスが
捕縛される理由を作り、また助けることもできなかったという罪の意識から、
ユージオは村人の前では笑わなくなっていたのでした。
だとすれば、ユージオの魂は単なるプログラムでは有り得ない、
彼は、俺と同じ本物の意識、魂……フラクトライトを持っているのだ、
とキリトは考えました。

セルカは……ユージオのことが好きなんだ? とキリトが言うと、
セルカは動揺し、そんなんじゃないわよ!
と首筋まで赤くしてそっぽを向きましたが、
ユージオはあたしのこと避けてるわ、あたしを見ると、
姉様を思い出すから、と言いました。

セルカは自分の部屋に戻る前に、整合騎士がアリスを連れていった理由を、
キリトに訊ねました。
セルカは、父親達やユージオから、その理由を知らされていませんでした。
キリトは躊躇を感じながらも、答えました。

翌朝5時半に、シスター・アザリヤから、セルカの姿が見えないと言われました。

今日は安息日でしたが、セルカは教会に来てからの2年間、
1度も生家に帰っていませんでしたし、シスター・アザリヤに何も言わず、
行くなどとは考えられませんでした。

キリトは8時にユージオと会い、セルカがいなくなったことを話しているうちに、
ゆうべセルカに、アリスが闇の国の土に触れた話をしたせいで、
セルカが果ての山脈に行ったのだと気付きました。

ユージオは、セルカを早く追いかけて連れ戻さないと、と言い、
キリトとユージオは果ての山脈に向かいました。

洞窟に辿り着くと、ユージオは草穂を掲げて、
「システム・コール! リット・スモール・ロット!」
と言いました。

≪システムコール≫とは、あまりにも味気ないですが、
ユージオはその意味を知らず、神様に呼びかけて、
奇跡を授けて下さるようにお願いする、式句なのだと説明しました。

ユージオは一昨年、≪青薔薇の剣≫を取りに行こうと決意した時に、
この神聖術を2ヶ月くらいかけて習得したのだうです。

洞窟の奥に進むと、焦げ臭い匂いがして、セルカの悲鳴が聞こえました。

直径50メートルほどの真円のドームに着くと、
池の周りに2つの篝り火(かがりび)があり、
30匹以上のゴブリンがいました。

ゴブリンたちもプログラムではなく、本物の魂を持っているのを、
キリトははっきりと認識しました。

ユージオやセルカたち住人はおそらく、生身の人の脳ではなく、
何らかの人造メディアに保存された、≪人工フラクトライト≫だと、
キリトは推測していました。

STLによって生まれたばかりの新生児のフラクトライトの、
≪魂の原形≫を無数にコピーし、
この世界で赤ん坊として1から成長させていたのでした。

ユージオたちはキリトとは物理的な存在次元が異なるだけで、
魂の質的にはまったく同じ≪人間≫です。

ならば、このゴブリンたちは何者なのか? とキリトは考えました。

ゴブリンたちは、キリトとユージオのことを「白イウムの餓鬼が2匹」と呼びました。
イウムというのは、闇の国の言葉で、ヒトを意味しています。

隊長ゴブリンは、男のイウムなんぞ連れて帰っても、
幾らでも売れやしねえ、面倒だ、ここで殺してしまえ、
と子分たちに命令しました。

セルカが、体を荒縄で縛られ、荷車に横たわっているのを見つけ、
キリトはユージオに、セルカを助けるぞ、動けるな、と言いました。

キリトが3つ数えたら、前の4匹を体当たりで突破し、
キリトは左、ユージオは右のかがり火を池に倒し、
火が消えたら、床から剣を拾って、後ろを守ってくれ、
とユージオと打ち合わせしました。

3つ数え、予定通りに火を消すと、
ユージオが左手に握る草穂の光を見て、ゴブリンたちは眼を覆いました。
キリトは知りませんでしたが、ゴブリンたちはその光が苦手だったのです。

キリトとユージオは剣を拾い、キリトはゴブリンの隊長、
≪蜥蜴殺しのウガチ≫と戦います。

なぜかこの世界ではSAOの≪ソードスキル≫を使うことができ、
キリトはそれで隊長を斬りつけました。

しかし、これはプレイヤーとモンスターとの戦闘などではなく、
武器を握った者同士の戦いだったことにキリトは気付かず、
反撃され、左肩を怪我をしてしまいました。
VRMMOでは有り得なかった、凄まじい痛みに襲われます。

痛みのせいで動けずにいると、
隊長に殺されそうになったキリトを助けようと、ユージオが戦おうとします。
しかし、隊長はつま先でユージオの軸足を払い、
上腹部を横一直線に斬り裂きました。
恐ろしいほど大量に血が溢れます。

ユージオ……もういい……とキリトは言いますが、ユージオは、
子供の頃……約束したろ……僕と、キリトと――アリスは、
生まれた日も、死ぬ日も一緒……今度こそ……守るんだ……僕が……と言いました。

キリトは、失われた記憶を断片的に取り戻し、再び剣を握って、
俺は……剣士キリトだ!! と叫び、
ソードスキルの片手剣突進技、≪ソニックリープ≫で隊長の首を取りました。

お前らの親玉の首は取った! まだ戦う気がある奴はかかってこい、
そうでない奴は今すぐ闇の国に帰れ! とキリトが隊長の首を掲げて言うと、
別のゴブリンが進み出て、そういうことなら、
手前ェを殺ればこのアブリ様が次の頭に……と言いかけましたが、
キリトは途中でそいつの右脇から左肩までを先と同じ技で両断しました。

他のゴブリン達が逃げていくと、キリトはユージオの天命を確認します。
【244/3425】となっていて、
現在地がおよそ2秒毎に1というペースで減少していました。

キリトはセルカを起こし、セルカの神聖術で助けてくれと頼みます。
セルカは、あたしは……姉様にはなれない……、
今のあたしに治せるのは、ほんのかすり傷で……と言います。

ユージオは、君を助けにきたんだ、セルカ!
アリスじゃない、君を助けるために、命を投げ出したんだ!
とキリトはセルカを説得し、セルカは、
失敗したら3人とも命を落とす、危険な高位神聖術を試そうとします。

セルカはキリトの左手を自分の右手で強く握り、
ユージオの右手を左手でしっかりと握り、
システム・コールから始まる呪文を唱えました。

それはキリトの天命をユージオに移す術でしたが、
キリトの天命を全て費やしても、
ユージオを助けることはできそうにありませんでした。

しかし、キリトは両肩に、誰かの手を感じました。
『キリト、ユージオ……待ってるわ、いつまでも……
セントラル・カセドラルのてっぺんで、あなたたたちをずっと待ってる……』
と懐かしい声が聞こえ、キリトの内部を圧倒的なエネルギーが満たし、
そのエネルギーのおかげでユージオは助かりました。

キリト達はゴブリンの隊長の首をルーリッドの村に持って帰り、
闇の国からの偵察隊であるゴブリンの集団が北の洞窟に野営していたことを
村長たちに伝えました。

教会の部屋でセルカに左肩の傷の手当てをしてもらい、
翌日の仕事はユージオともども免除され、眠り、
さらに翌朝には肩の痛みも全身の疲労感もすっきり抜けていました。

ギガスシダーに斧を刻む仕事を再開しますが、
ユージオは斧が軽く感じるようになったと言いました。
セルカも、先週までは失敗率の高かった神聖術が上手くいくようになっていました。

あの洞窟で、ゴブリンの大集団を撃退した――
言い換えれば高難易度のクエストをクリアしたことによって、
通常のVRMMOで言う≪レベルアップ≫的現象が発生したのでした。

キリトは重かった青薔薇の剣を持てるようになり、
≪ホリゾンタル≫をギガスシダーに当てます。
刃の幅の半分以上も、金属のように黒光りする木目に埋まっていました。

キリトがそれを≪アインクラッド流≫だとユージオに言うと、
ユージオは、≪アインクラッド流剣術≫を教えてほしいと言いました。

しかし、≪複数の天職を同時に兼務すること≫は、
最高支配者である公理教会が発布した≪禁忌目録≫、
その下部で具体的な統治を行うノーランガルス帝国の≪帝国基本法≫
で禁じられていました。

≪人工フラクトライト≫は、意識に書き込まれた上位規則には絶対に逆らえない、
という特性を有しているため、ユージオは魂の中で葛藤していましたが、
でも、僕は……強く、なりたいんだ、と言い、剣を教えてもらうことになりました。

巨大な樹を練習台として使い、≪アインクラッド流剣術≫の修業を始めてから、
わずかに5日後に鋼鉄の巨樹ギガスシダーを倒すことができました。

予定より900年ほど早くお役目を果たしてしまった≪巨樹の刻み手≫
ユージオを歓迎して、村を挙げての祭りを催しました。

天職を果たしたユージオには村長から、自ら次の天職を選ぶ権利が与えられました。

ユージオは、僕は――剣士になります、ザッカリアの街で衛兵隊に入り、
腕を磨いて、いつか央都に上ります、と宣言しました。

ガスフト村長はそれを認めましたが、
前の衛士長と、その息子で今の衛士長のジンクが意義を唱え、
ユージオがジンクと戦ってジンクより強いことを証明しなければ、
ザッカリアの衛兵隊に入れないことになってしまいました。

試合は、剣は使うけど寸止めです。
しかし、青薔薇の剣は泊まらないで当たっちゃうと、
それだけで相手を殺しかねないので、
キリトはユージオに、ジンク本人じゃなくてあいつの剣を狙え、と助言しました。

ユージオは試合で、キリトが教えていない斜め斬り、≪スラント≫で、
ジンクの剣を上から叩き、粉砕して勝利しました。

その後、セルカはキリトに、姉様の真似して、
闇の国の土に触れるためにあの洞窟に行ったわけじゃない、
これ以上は進めないってところまで行って、
そこで、アリス姉様の代わりにはなれないんだってことをちゃんと確かめたかった、
と言いました。

キリトは、君はアリスの身代わりなんかじゃない、
セルカには、セルカだけの才能があるはずだ、
ゆっくりそれを育てていけばいいんだ、と言いました。

キリトは、この桐ヶ谷和人という名の自我は、
生体脳に宿るフラクトライト、つまり≪本物の俺≫なのか、
それとも、STLによって本物の俺から読み出され、
メディアに保存された≪複製≫なのか、という疑問を感じていました。

人工フラクトライトは魂に書き込まれたルールを破れないので、
キリトは、今までの人生で堅守してきたキリト自身のルール、
つまりモラルを自分の意思で破れるかどうかを確かめようと思い、
セルカの額にキスをしました。

キリトは、それを≪剣士の誓い≫的なものだと言い、
ユージオと一緒にアリスを助け出して、
この村にアリスを連れて帰ってくることを約束しました。

翌朝、ユージオにとって先代の≪刻み手≫である、ガリッタ老人が訪ねてきて、
ギガスシダーの全ての枝のなかで、最もソルスの恵みを吸い込んだ1本の枝を、
1メートルと20センチほど下の部分で、青薔薇の剣で断ち切れと言いました。

言われた通りにすると、その枝を布で包み、
央都セントリアに到着したら、この枝を、
北七区に構えているサードレという名の細工師に預けるがいい、
とガリッタは言いました。
青薔薇の剣に勝るとも劣らぬ強力な剣に仕立ててくれるのだそうです。

そしてキリトとユージオは、未知なる世界へ向けて旅立ちました。

というあらすじなのですが、この巻は初出の専門用語が非常に多く、
あらすじを書くのが本当に大変でした……。

でも、新たなる冒険が始まり、とてもワクワクする話でしたね。

この話は10巻に続きます。

時雨沢恵一「キノの旅」10巻6話「ティーの一日」のネタバレ解説

シズと陸とティーは、とある国に入国しました。

騒がしすぎて治安も悪いため移住は諦めましたが、
シズは路銀を稼ぐために日雇いの仕事を引き受けました。

くれぐれも頼んだ、とシズは陸に言い、
安ホテルに陸とティーを残していきました。

朝と昼との中間に差し掛かり、ティーが目をさましました。

ティーは大きなスプーンで新品のオレンジのマーマレードの瓶に
食らいつこうとしたので、そんなふうに食べないほうがいい、
と陸は忠告しました。

正午もだいぶ過ぎたころ、ティーは、でかけるぞ、と言いました。
ティーは手榴弾や飛び出しナイフを持っていこうとしましたが、
陸はホテルに置いていかせました。

外へ出たティーは、太陽を背に北東へ進む道をずんずんと進みました。
ティーはただ単に自分の影を踏んできたのですが、
かげ、くろい、いなくなった、もう、だいじょうぶ、
と訳が分からないことを言いました。

この国の中心部には、治安のよくない都市部が、
やたら高いビルが塔のように建てられてそびえ立つ様子が見えます。

ティーはベンチに腰かけ、夕日が空を染めるまで、
じっと座って町を見続けました。
空が薄暗くなったとき、サーチライトでビル全体が照らされました。

ティーは立ち上がり、あれちがう、と言いました。

ホテルに戻り、ティーは陸に、クロワッサンとマーマレードを食べさせ、
なかまか? と言いました。
全員が旅の仲間です、と陸が言うと、
ならいい、もんくない、とティーは言いました。

夜遅く、シズが戻ってきて、この国の警察に頼まれて、
犯罪組織アジトの壊滅を手伝ったと言いました。
現金報酬のはずでしたが、
終わったら現場で押収した物を現物支給される羽目になってしまったのだそうです。

シズ達に役に立ちそうなものは、グレネードランチャーしかなく、
それをもらってきました。

陸が今日のティーの様子を話すと、
陸とティーだけの中で、ティーがリーダーシップを発揮しようとしたのだとしたら、
面白い、とシズは言いました。

「船の国」で、陸はシズを助けるために、
ティーを殺してくれとキノに頼もうとしていたことを気にしていましたが、
ティーは陸のことを仲間だと思ってくれているみたいでした。

今日の変な行動も、意味があったのかもしれないとシズは言います。

見えなくなるまで影を踏んでいったのは、
あの国でティーと共に生きていた黒い人達がいなくなったことを、
再認識したかったからでした。
国の中心部のビル群を見ながら、あの国の中央の塔を考えていましたが、
派手に明かりがついたことで、
いつも真っ暗だった塔と違うことにに思い至ったのでした。

翌朝。助手席のティーの足の間で、陸はティーに頭を撫でられ、
りくはなかまだ、と言われたのでした。


というあらすじなのですが、それまでとは一変してしまった生活に、
ティーが何とか適応しようとしているのがわかり、応援したくなりました。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。