西尾維新「十二大戦」のネタバレ解説

十二大戦


第一戦 猪も七代目には豚になる  異能肉(いのうしし)『愛が欲しい。』

頻繁に戦争が起こり、戦士たちが戦場で異能バトルを繰り広げている、
という世界観の話です。

12年に1度、十二支の、
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の代表の戦士が戦い、
勝ち残った1人はどんな願いでも叶えてもらえる、
「十二大戦」というものがありました。

第12回の十二大戦を開催するためだけに、大戦主催者は、
人口50万人規模の大都市群を一夜にして滅ぼし、
ゴーストタウンにしました。

イノシシの『亥(い)』の異能肉、本名・伊能淑子(いのう・としこ)は、
高層ビルの150階まで階段を上がり、会場に行きました。

異能肉の武器は、両手に持つ機関銃『愛終(あいしゅう)』と
『命恋(いのちごい)』です。
彼女は日常生活を送る時も、常にその武器を両手に持っていました。

300年以上の歴史を持つ名家の跡取り娘である異能肉は、
傲慢で高飛車で、嫌で性悪な人物像の女性で、12大戦に参加するために、
本来の参加資格者であった妹を12年かけて暗殺していました。

異能肉はわざと遅れて会場入りしたため、他の11人の戦士たちは揃っていました。

しかし、蛇である『巳(み)』の戦士は、首を斬り落とされ、
既に絶命していました。

ウサギの『卯(う)』の戦士の男が持つ二丁刃物は血塗れで、
明らかに犯人でしたが、本人は否定しました。

シルクハットを被った審判の老人、ドゥデキャプルは、
テーブルの上に置かれた12個の黒い宝石を、
ひとつずつ噛まずに呑み込んでください、と言いました。

『巳』の双子の兄である竜の『辰(たつ』の戦士は、
どさくさに紛れて弟の分の宝石も手に取りました。

異能肉たちが黒い宝石を呑み込むと、ドゥデキャプルは、
その宝石、猛毒結晶『獣石(じゅうせき)』は、
人間の胃酸と化学反応を起こして12時間で人間を死に至らしめる劇薬でございます、
と言いました。

その12個の宝石を、すべて集めることができた戦士の優勝です。
優勝者となった戦士は、どんな願いでもたったひとつだけ、叶えることができます。

また、優勝した戦士には、副賞として解毒剤が提供されます。

宝石はが反応するのは人間の新鮮な胃酸のみで、
それ以外は、どんな物理的な破壊力をもってしても、
傷つけることは叶いません、とドゥテキャプルは言いました。

牛の『丑(うし)』の戦士の男は、人間が呑み込んでしまった宝石を、
どうやって集めろというのかね? と訊きましたが、
ドゥテキャプルは、方法はお任せしますが、
相手の腹をかっさばくのがもっともてっとりばやい、と答えました。

つまり、普通に考えれば、優勝して生き残るのはたった1人で、
12時間を過ぎても決着がつかなければ、全滅もあり得ます。

ドゥテキャプルがいなくなると、平和主義者の猿の『申(さる)』の戦士の女性が、
このルールなら、みんなで協力すれば、誰も死なずに済むかもしれないわ、
と言い、賛同者を募集しました。

ずっと眠っていたネズミの『子(ね)』の戦士の少年が、
『申』に賛同します
(このとき、異能肉は『子』の声に聞き覚えがあるような気がしました)。

『丑』と、鳥の『酉(とり)』の戦士の女性や、
馬の『午(うま)』の戦士の大男も賛同しました。

しかし、『卯』の戦士が手を挙げると、『丑』と『酉』と『午』は抜けました。

『申』が、『子』と『卯』に、こっちに来て――と言ったとき、
出し抜けに、部屋の床が大きく崩れました。

大量の瓦礫と共に、異能肉が階下のフロアに着地したときには、
着地のどさくさに異能肉と『卯』以外は姿を隠していました。

「『亥』の戦士――『豊かに殺す』異能肉」
「『卯』の戦士――『異常に殺す』憂城(うさぎ)』
と、2人は名乗りをあげ、戦闘開始です。

異能肉は憂城に両手の機関銃を向け、トリガーを引こうとしましたが、
その腕を背後から、彼女は羽交い締めにされてしまい、
憂城の刃物で食道を貫かれてしまいました。致命傷です。

異能肉が最後の力を振り絞って首だけで振り向くと、
首のない、胴体だけの死体がありました。
『巳』の戦士の死体でした。

憂城は『死体作り(ネクロマンチスト)』であり、
殺した相手と「お友達」になり、
お友達を自由に操ることができる能力者だったのでした。


第二戦 鶏鳴狗盗(けいめいくとう)  怒突(どっく)『勝ちが欲しい。』

犬の『戌(いぬ)』の戦士である本名・津久井道雄(つくい・みちお)は、
武器は持たない主義で、牙で噛みつく『狂犬鋲(きょうけんびょう)』で
攻撃する戦闘スタイルです。

普段は保育園に勤めていますが、『資質』のある子供を適切な組織に流すのが、
怒突の本業です。

『毒殺師』の怒突は、周囲には隠していますが、『毒』を使う戦士であり、
体内に呑み込んだ黒い宝石の毒を無効化していました。

つまり、怒突だけは12時間という制限時間から解放されており、
他の戦士が3人以下になるまで、
集合場所のビルの地下駐車場に隠れているつもりでした。

しかし、『酉』の戦士である庭取(にわとり)という女性に見つかってしまいました。

庭取は、仲間になろうと思って、怒突に声をかけたのだと言います。

庭取の特殊技能は、あらゆる鳥類との意思疎通が可能な『鵜の目鷹の目』であり、
その能力を使って怒突のことも見つけたのだそうです。

庭取は、憂城が『死体作り』であり、
異能肉と『巳』と3人チームのラビット同盟を作ってしまったことを、
怒突に伝えました。
十二大戦の終盤までここに隠れていたら、どんどん仲間を増やされてしまいます。

「『酉』の戦士――『啄(ついば)んで殺す』庭取っ!」
「『戌』の戦士――『噛んで含めるように殺す』怒突」
と名乗りをあげ、同盟を組むことになりました。
ただし、怒突はいずれ庭取を裏切る予定でしたが。

庭取は、ラビット同盟の隊から異能肉が離脱したのを怒突に教えました。

怒突は、庭取にラビット同盟の相手をさせようと、庭取の腕を噛み、
対象者の潜在能力を限界まで引き出す秘薬『ワンマンアーミー』を注入しました。

そして、パワーアップした庭取は、引き出されたパワーで、
怒突の頭部をぐしゃりと握り潰して殺しました。

『鵜の目鷹の目』で、怒突が毒殺師であることを知っていた庭取は、
最初からドーピングしてもらうために、怒突に近づいていたのでした。


第三戦 牛刀をもって鶏を裂く  庭取『自分が欲しい。』

『酉』の戦士、庭取の本名は丹羽遼香(にわ・りょうか)です。
幼少期より凄惨な虐待を受けて育った庭取は、15歳以前の記憶がありません。
人を騙したり人を殺したり庭取は、丹羽家に引き取られた後、
戦場においてスパイ的な役割を担うことが多いです。

武器は、『鶏冠刺(とさかざし)』と呼んでいる鋤(すき)です。

庭取は、『鵜の目鷹の目』で鳥たちに協力してもらう代わりに、
殺した死体を餌として鳥葬する、という契約を鳥たちと結んでいました。

ゴーストタウンを歩いていた庭取は、
『歩く死体(ウォーキングデッド)』となった異能肉を発見し、
数百羽の鳥に異能肉を襲わせ、殺させて食べさせました。
死んだ後も、機関銃をいつまでも乱射し続けることができる、
という異能肉の特殊技能は使うことができたので、
数十羽の鳥が撃ち落とされて殺されてしまっていました。

庭取自身も食事をしようと、コンビニエンスストアに行きました。

すると、そこで同じく食料を調達しにきていた
『子』の戦士である少年と出会いました。

「『子』の戦士――『うじゃうじゃ殺す』寝住(ねずみ)」
と名乗った寝住に連れられ、『申』が隠れている下水道に案内してもらいました。

「『申』の戦士――『平和裏に殺す』砂粒(しゃりゅう)』
と名乗った砂粒は、停戦勧告の賛同者を募集したときに庭取も手を挙げていたので、
庭取のことを仲間扱いしていました。

ドーピングで、ステータスだけではなくメンタルまで引き上げられていた庭取は、
平和主義者の女性の砂粒と話をしているうちに、
強(したた)かだった自分らしさを失ってしまい、
砂粒に、仲間にはなれないと言って、下水道から出ました。

そこで、十二戦士の中で、もっとも高名な戦士である、
『皆殺しの天才』の『丑』と出会いました。

『丑』の持っているサーベルや、衣装は血で赤く染まっていました。

『丑』は、砂粒が近くにいることを看破しました。
庭取は、砂粒を守るために戦うという、庭取らしくない「いい奴」っぽい理由で、
『丑』と戦うことになりました。

「『丑』の戦士――『ただ殺す』失井」
と失井は名乗り、サーベルで庭取の両目を正確に差し貫きました。

最後の意識で、庭取は、わたしの死体を食べていいよ、鳥さん達、
と思ってから死にました。


第四戦 敵もさる者ひっかく者  砂粒『平和が欲しい。』

『申』の戦士、本名・柚木美咲(ゆうき・みさき)は、
とある霊山において生を受け、
水猿(みざる)、岩猿(いわざる)、気化猿(きかざる)という3人の仙人から、
戦士としての手ほどきを受けました。。
液体・固体・気体を自在に操る戦闘能力は、本来、極めて高いのです。

平和主義者の砂粒は、これまで314の戦争と、229の内乱を、
和解に導いてきました。
武器は停戦交渉と和平案です。

庭取が下水道から去った後、砂粒は、考えている必勝法、
十二大戦を停める作戦はひとつではない、と寝住に言いました。

最初の集合場所のビルの床を砕いたのは、他ならぬ砂粒でした。
先制攻撃に出ようとした誰かの気配を察し、
あの場にいた全員を護るために、砂粒は床を砕いたのでした。

寝住は、砂粒ほど、人を救ってきた人間はいないと言いましたが、
砂粒は、私ほど、人を救えなかった人間もいないよ、と言いました。

いわれのない虐殺や、正義の蛮行などの現実を見てきた上で、
砂粒は戦いを停めることを選びました。
綺麗事なめんなよ、ボク、と砂粒は言いましたが、
寝住は寝てしまっていました。

しかし、大量の鳥の羽ばたきが聞こえてきて、砂粒は寝住を起こしました。

異能肉の機関銃で殺された数十羽の鳥が、憂城に操られ、
下水道の奥から近づいていたのでした。

砂粒は寝住と一緒にマンホールの蓋を押し上げて地上へと出ますが、
憂城に巨大な刃物で襲われました。

寝住に『巳』の戦士の首なし死体を任せ、砂粒は憂城と戦います。

追いついた大量の鳥の死骸が砂粒を襲いますが、
砂粒は鳥の羽骨をへし折り、はたき落としました。

憂城が振るった刃物を、砂粒は高くジャンプして飛び越し、
憂城の背後から憂城を取り押さえにかかりました。

ところが、憂城は振り向きもしないままに手首を返して、
砂粒の胴体に刃物を刺し、殺しました。

砂粒と憂城が戦っていた場所から、少し離れた位置に植えられた街路樹に、
『巳』の生首がぶら下がっていました。
憂城は、その生首の目を監視カメラのように使い、
己の背後を見守っていたのでした。


第五戦 羊の皮をかぶった狼  必爺(ひつじい)『時間が欲しい。』

『未(ひつじ)』の戦士である必爺、本名・辻家純彦(つじいえすみひこ)は、
十二大戦参加者の中で最年長です。

36年前に開催された第9回大戦では、必爺は優勝しており、
『孫の顔が見たい』という願いを叶えました。

その孫が十二大戦の出場者として選ばれそうになったのを受けて、
自ら名乗りをあげました。

必爺は十二大戦のルールを破り、毒の宝石『獣石』を呑み込まず、
懐に隠し持っていました。

必爺は、頭の中で12人の戦士たちを順位付けするなら、
自分は10位以下だろう、と考えていました。

必爺は大会開始から3時間隠れた後、呑み込まなかった『獣石』を利用して、
他の戦士を騙そうと考え、動き出します。

しかし、見つかったのは、
ランキング最下位の『寅(とら)』の戦士の女性でした。

『寅』は、ゴーストタウン内の公演のベンチで、
酒をたらふくかっくらって酔っぱらっていました。

必爺が、自作の投擲手榴弾(とうてきしゅりゅうだん)
『醜怪送り(しゅうかいおくり)』を取り出したのと同時に、
『寅』は、必爺が隠れていたのを見破り、声をかけてきました。

必爺は『寅』の前に姿を現しますが、『寅』はやはり、
アルコールが回っていて、完全に酔っぱらいでした。

それでも、
「『未』の戦士――『騙して殺す』必爺」
「『寅』の戦士――『酔った勢いで殺す』妬良」
と名乗り、戦います。

見え見えだったはずの、『寅』の『爪』による攻撃が、
十爪とも、必爺の矮躯にヒットし、皮を引き裂かれました。

実は、妬良は、「酔えば酔うほど強くなる」でお馴染みの、
酔拳の使い手だったのでした。
もっとも、妬良は酒よりもなお、人の血に酔うのですが。


第六戦 千里の馬も蹴躓(けつまづ)く  迂々馬(ううま)『才能が欲しい。』

ここで、大会主催者が、戦争のための戦争として十二大戦を開催し、
代理戦争として誰が優勝するのか賭けをしていた、
ということが読者に明かされます。

国をチップにしたベットがおこなわれるのは、
戦士が半分に減った、このときでした。
オッズ順は、
1『丑』 2『卯』 3『寅』 4『午』 5『辰』 6『子』
です。

身長230センチ、体重150キロの『午(うま)』の迂々馬、
本名・早間好実(そうま・よしみ)は、
およそ人体では考えられない強度を誇る防御術『鐙(あぶみ)』と称する
タフネスの持ち主でした。

しかし、『丑』の戦士の失井は、歩く死体となった異能肉を見て、
『死体作り』がいると知り、他の戦士を早めに殺そうとして、
迂々馬と戦いました。

失井は、迂々馬の防御術『鐙』を徹透して、傷をつけていました。

信仰の域に達していた筋肉を傷つけられたことで、
迂々馬は心に傷を受け、失井から逃げた後、
銀行の金庫にバリケードを作って閉じこもっていました。

迂々馬の自慢の『鐙』は、体外からの攻撃だけではなく、
体内からの攻撃にも、毒に対してさえ有効かもしれませんが、
消極的な行動でした。

しかし、いつの間にか、金庫の中に寝住がいて、
スマートフォンを見ていました。

鼠(ねずみ)ってのは、ちょっとでも隙間があれば、
どっかからは這入ってくる、と寝住は言いました。
銀行の金庫と言っても、中に入る際、迂々馬が鍵を壊し、
力任せにバリケードを組み上げただけなので、
隙間はあるかもしれませんが、
こんな短時間で見つけられるような隙間ではないはずでした。

寝住が名乗ったので、
「『午』の戦士――『無言で殺す』迂々馬」
と迂々馬も名乗りましたが、寝住は迂々馬と戦うつもりはないようでした。

『巳』の首なし死体から逃げる際に、パニックルームとして、
この金庫を使っているだけだったのでした。

『未』の爺さんが、今どこにいるか、知ってる?
と寝住に訊かれましたが、迂々馬は知りませんでした。

寝住は、俺を追って、『巳』の奴がここに来るかもしれねーから、
あんた、ここから逃げた方がいいぜ、と言い、消えました。

しかし、迂々馬はそのまま引きこもり続け、いつの間にか、
金庫の中が煙に満ちているのに気づきました。

寝住を追った『巳』が、背負っていた火炎放射器『人影(ひとかげ)』で、
金庫へ火炎放射したのでした。

酸素を奪われ、迂々馬は死にました。


第七戦 竜頭蛇尾(先攻)  断罪(たつみ)兄弟・弟『金が欲しい』

「『辰』の戦士――『遊ぶ金欲しさに殺す』断罪兄弟・兄!」
「『巳』の戦士――『遊ぶ金欲しさに殺す』断罪兄弟・弟!」
と名乗りをあげていた兄弟の弟の方、『巳』の戦士、
本名・積田剛保(つみた・たけやす)は、
『歩く死体』として寝住を追っていました。

高機能レーダーにも似た独自の技能、『地の善導(ぜんどう)』があるので、
首が無くても、地面からの振動を足の裏から敏感に感じ取り、
周囲の状況を把握し、反応することができました。

『寅』の妬良が、断罪弟を見つけて前に出ますが、
断罪弟は妬良に火炎放射器で攻撃します。

妬良は断罪弟の右腕を吹っ飛ばし、火炎放射器を奪いました。
そのタンクの中に入っていた液体を飲みますが、
ここでようやく、断罪弟がただの死体だと気づき、
一方的に立ち去ろうとしました。

断罪弟は妬良をロックオフし、再び寝住を追跡しようとしますが、
そこへ『丑』の失井が現れ、断罪弟の左腕を吹っ飛ばしました。

そこへ、妬良が戻ってきて、失井を睨みつけ、戦闘モードに入りました。

妬良と失井は名乗りをあげようとしましたが、
断罪弟の、引き千切られた右腕と、切断された左腕が、
それぞれ妬良の首と、失井の喉元に飛びついて、
がっちりと五指を喰い込ませ、喉を握り潰そうとしました。

その様子を、断罪兄弟の兄、『辰』の戦士が上空から見下ろしていました。


第八戦 竜頭蛇尾(後攻)  断罪兄弟・兄『何も欲しくない。』

断罪兄、本名・積田長幸(ながゆき)は、
弟の火炎放射器『人影』と対になる氷冷放射器『逝女(ゆきおんな)』を
背負っています。
タンクの中身は液体窒素です。

それとは別に、竜として空を飛ぶことができ、
十二大戦が始まってからずっと空の上に隠れていました。

その頃地上では、妬良と失井が、『巳』の切断された両腕で、
喉を潰されそうになっていました。

失井は、妬良に、この状況を打破するための、一時的な共闘を申し込みます。
この状況さえクリアできれば、私がきみに、決闘を申し込む、と言いました。

妬良は何をすればいいのかと聞きましたが、
失井は、何もしなくていい――きみはそのまま、泡を吹いていれば、
と言い、妬良の足元のアスファルトに、サーベルをぶつけました。

火花が散り、アルコールや火炎放射器のタンクを呑んでいた妬良は、
燃え上がりました。

妬良はアウターを乱暴に脱ぎ捨て、失井はその燃えさかるアウターで、
自分の首を絞める断罪弟の左腕をくるみました。
左腕の死体は、ただの死体になり、力を失いました。

荼毘に付して、成仏させたのでした。

庭取が、鳥に食べさせて異能肉の死体を鳥葬したり、
迂々馬の焼死体が動き出さなかったりした例から、
失井は『死体を殺す方法』に独力で辿り着いたのでした。

妬良も何とか消火作業を終え、失井に対して激高しました。

しかし、立ち上がった断罪弟の残る首なし腕なし死体を倒すまでは、
共闘は続きます。

その様子を上空から見ていた断罪兄の腕の中に、
弟の生首が落ちてきて、断罪兄はそれを受け止めました。

憂城は断罪弟の生首を高く打ち上げることで、空撮を試みたのでした。

断罪弟の首は断罪兄の腕に噛みつき、さらに、
憂城が跳ねてきて、断罪兄の胴体を横薙ぎに、まっぷたつにしました。


第九戦 二兎追う者は一兎も得ず  憂城『お友達が欲しい。』

断罪弟の生首や、憂城を高く打ち上げたのは、砂粒の死体でした。

憂城は空から地上を見下ろし、自分以外の生存者は、
妬良と失井と寝住の、たった3人であることを知りました。

妬良と失井のところに、断罪兄の上半身と下半身が落ちてきて、
2人は一気にピンチになりました。

しかし、失井は策を弄し、宙に浮かぶ断罪兄が背負っているものは、
液体窒素の放射器だと妬良に伝えました。

そこへ、断罪兄が弟の生首を投げてきて、失井は真上に蹴り上げました。
くるくると回転する生首は、広角カメラの役割を果たします。

戦っている途中、妬良はピンときて、氷冷放射器『逝女』のタンクを奪い取り、
爆弾のように投げ落としました。

断罪兄弟の死体はかちんこちんに冷却処理され、落下して粉々になり、
ない交ぜになって、動かなくなりました。

そこへ、憂城が現れました。砂粒は寝住を追っていて、別行動です。

『死体作り』としての憂城は恐ろしくても、
使役する死体を失った憂城は弱く、
失井のサーベルと妬良の爪で、憂城は八つ裂きにされてしまいました。


第十戦 虎は死んで皮を残す  妬良『正しさが欲しい。』

憂城は十二大戦が終わった後、妬良と失井の死体を使うことを考え、
やり過ぎないように、自分で妬良と失井を殺そうとしました。
丑寅タッグが断罪兄弟に、ああも損傷少なく勝つことは、
想像できなかったのです。

しかし、憂城は妬良と失井に殺される前に、自ら舌を噛んで死にました。

回想です。

妬良、本名・姶良香奈江(あいら・かなえ)は、
アルコールを摂取する言い訳として、酔拳の使い手となりました。
実際の酔拳は酔った動きを模した拳法であり、酒を飲む必要はないのですが。

かつてはとても思慮深く真面目な女の子だった妬良は、
戦場で人を殺し、称えられるにつれ、妬良の純粋な目には、
世の中が矛盾だらけの、偽善だらけに見えるようになりました。

妬良は道を外れ、アルコールで頭を満たすことで、
余計なことを考えなくなり、迷いを消しました。

アルコールのせいで知能が下がった日々の中、
妬良は戦場で失井と出会いました。

正しいことを正しい方法でしていると確信しているかのごとく、
失井の剣筋には迷いはありませんでした。

失井は妬良のことを、無理矢理酒を呑まされた民間人のお嬢ちゃんだと思い、
助けてくれました。

妬良は、どうしてそんな正しいことができるのか、
どうすればそんな正しいことができるのか、おずおずと訊きました。

すると失井は、「まず、正しいことをしようとするだろう?」
「次に、正しいことをする」と言いました。

①正しいことをしようとする。②する。
と、理論が天才過ぎて、何も伝わってきませんでしたが、失井はさらに、
正しいことは、しようと思わなければ、できない、
きみが正しいことができなくて苦しんでいるのだとすれば、
それはきみが、正しいことをしようと思っていないからだ、と言いました。

妬良は失井のことを、目標にしたい師匠と考えるようになりました。

妬良は没交渉だった実家に土下座して、
参加戦士としてねじ込んでもらいました。

こうして、やっと失井と再会できたのですが、
失井の方は妬良のことをまったく憶えていませんでした。

回想が終わり、殺したはずの憂城の両刀から失井を庇うために、
妬良は失井を突き飛ばしました。

兎の両刀、『白兎』と『三月兎』が、妬良の腹の、柔らかいところに突き刺さりました。

失井は、妬良の腹に刺さった剣を持つ手をバラバラにして、
妬良をおぶって、闇雲に走り出しました。

失井は、死なせはしない! と言いましたが、
妬良は、あんたがあたいを、殺してくれ、と頼みました。

このままだと妬良は憂城に殺されたことになるので、
その前に失井に殺してもらうことにしたのでした。

しかし失井は、決闘はとりおこなう、きみは私に、負けて死ぬのだ、
と言いました。
失井は結局、妬良のことを思い出してくれませんでしたが、
妬良は師匠に、会ったのもこれが初めてだ、と言いました。

天才は死にかけを、正しい手順で、ただ殺しました。


第十一戦 人の牛蒡(ごぼう)で法事する  失井『助けが欲しい。』

失井、本名・樫井栄児(かしい・えいじ)は、
5歳の初陣から皆殺しで、このときより天才の名を欲しいままにしてきました。
武器のサーベルの銘は『牛蒡剣』です。

妬良を殺した失井は、妬良の中に、かつて戦場で会った少女の面影を見ました。

どうしてそんなに正しいことができるのか、
正しいことをすれるにはどうすればいいのか、
そう訊かれた失井がその質問に真剣に答えることで、
失井の天才性は完成されたのでした。

一方、憂城は死してなお、優勝を目指していました。

十二大戦の勝利条件は毒の宝石を12個集めることであり、
勝利条件さえ満たせば、死んでいようとも、
優勝資格があるということなのです。

憂城は妬良と失井に八つ裂きにされる前に、
12個の宝石を集めろという指令を己に出して、
己の意識を終わらせました。

そんな憂城の死体は切り刻まれましたが、死体の部分が再び集結して、
1人の人間のシルエットを作り、失井の前に現れました。
ただし、各パーツの部位は間違っていましたが。

怪物となった憂城を、失井は斬りましたが、
斬り裂いた死体の中から、砂粒の死体が飛び出してきて、
失井に抱きつき、押し倒しました。

信じられないパワーで組み敷かれて、身じろきもできません。

舌を噛んで自殺しようとする前に、砂粒はヘッドショットで、
失井の歯をあらかたへし折りました。

そこへ、寝住が、必爺の武器である投擲手榴弾『醜怪送り』を持って現れました。
妬良が必爺を倒してくれたから、
寝住は手榴弾をここに持ってくることができた、と寝住は失井に伝えます。

私にとっては、これが正しいことだ――きみは、
きみが正しいと信じることをしたまえ、少年、と失井は言いました。

失井は、寝住とどこかで会ったような気が、しないでもないが――
と思いながら、爆発して死にました。

こうして、寝住は12個の宝石を集め、優勝しました。


終戦 大山鳴動鼠一匹  寝住『夢が欲しい。』

寝住、本名・墨野継義(すみの・つぎよし)は、
確率世界への干渉力『ねずみさん(ハンドレッド・クリック)』
という特殊技能の持ち主でした。

同時に100までの選択を実行でき、任意の選択を現実として確定できます。

精神は過大な負担を強いられることになるので、代償として眠くなりますが。

消滅した分岐の記憶は、寝住以外には残りませんが、
たまに残ることもあり、異能肉や失井が、
寝住とどこかで会ったことがあるような気がする、
と感じていたのがその伏線だったのでした。

寝住は十二大戦への出場を避けようとしましたが、
避けられる選択肢は、100通りの分岐の中にはありませんでした。

寝住は優勝後、ドゥテキャプルからインタビューされます。

十二大戦中に試した100のルートのなかで、
寝住が生き残ったのはこれが唯一のルートでした。
99回死んだので、寝住には、
自分が優勝したという感慨はまったくありませんでした。

砂粒の和平案というのは、主催者サイドを交渉相手にしようとしていたのだろう、
とドゥテキャプルは言いました。

優勝商品である『たったひとつの願い』については、
ゆっくり考えさせてもらうことにし、寝住は帰宅しました。


というあらすじなのですが、今回はあらすじ書くのが大変で、
何度も挫折しそうになりました……。
でも、非常に面白い話なので、何とか乗り切ることができました。

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の逆の順番で、
個性豊かな12人のキャラクターに焦点を当てつつ、
ことわざにあったストーリーにするという、
信じられないような縛.りプ.レイなのに、この面白さです。

凄すぎます。

この話は、
西尾維新さん原作の短編漫画集「大斬(おおぎり)」に収録されている、
「どうしても叶えたいたったひとつの願いと、割とそうでもない99の願い」
に続きます。

星新一「宇宙のキツネ」のネタバレ解説

宇宙研究所にキツネを連れた男があらわれました。

その男が持ってきたのは、
化ける(変身する)ことができるキツネでした。
キツネはカラフト犬に化けてソリをひっぱったり、
馬に化け、人をのせては走りまわったり、
ブタに化けたりすることができました。

ブタに化けたのは、食料が欠乏したら、
食べればいいというわけでした。
ブタのきらいな人なら、ウシやトリに化けさせることもできます。

キツネは最後に絶世の美女に化け、
所員たちの驚嘆は最高潮に達しました。

船内の限られた広さに積めて、これだけ役に立つ動物はいませんが、
念のために本格的な検討が行われることになり、
操縦士がひとりえらばれ、そのキツネを連れて、
宇宙船で飛び立ちました。

一週間たって、宇宙船が帰還し、
出迎えた人びとがキツネの味はどうだったかと訊くと、
操縦士は、なんとか食える、といったところだね、と答えました。

しかし、人びとのひとりが、
宇宙船のなかから出てきた操縦士の尻のあたりを指さして、
尻につけている変なものはなんだい……と訊きました。


というあらすじなのですが、「キツネは化けたとき、
しっぽだけは化けることができないと言われています。

つまり、本物の操縦士は宇宙にいる一週間のうちに、
キツネに食べられてしまい、キツネが操縦士に化けていた、
というオチだったのでした。

ライオンやトラに化けられたら、ひとたまりもなかったでしょうね。

星新一「無重力犯罪」のネタバレ解説

広い空港で宇宙船が発射されるのを、
人びとが見まもっていましたが、
そのなかに、いつまでも立ち去ろうとせず、
空を見上げて薄気味わるい笑いを浮かべている男がいました。

不審に思った警官がその男に呼びかけると、
男は、宇宙船に乗っていた探検隊員の連中が、
焼け死んだとしても、わたしをつかまえることなどできませんよ、
と言いました。

警官は男を警察に連行し、取り調べをします。

男もあの宇宙船に乗りたくて志願したのに、
人選でまっ先にはねられ、面白くないからやったのだと言いました。

荷物室にある書類箱に、無重力になると押えてあるおもりがバネじかけで、
しぜんにはなれ、火がつくようなライターをかくした、と男は言いました。

乗務員室のほうの連中が気づいた時には火の海になっている、
証拠は宇宙に飛び散ってしまうから有罪にはできない、
と男は言いましたが、「無電で宇宙船と連絡がつき、
証拠物件が手に入った、と刑事は言いました。

無重力ではすべての物の重さがなくなります。
空気も重さがなくなり、温められた空気と冷たい空気の重さも同じで、
対流が起こらないため、せっかくついたライターの火も、
まわりの酸素を使ってしまうと、それ以上は燃えることができず、
すぐ消えてしまったのでした。


というあらすじなのですが、男が人選でまっ先にはねられるのは、
当然ですねー。

こんな性格の人物が狭い宇宙船の中で他の隊員と強調できるわけがないですし、
無重力についても無知なのですから。

星新一「天国」のネタバレ解説

中年の男の主人公である「私」は、
生活の気力がおとろえ、どなる上役や、うるさいワイフ、
感心しない仲間とつきあいはじめた息子が嫌になり、
いっそ死んでしまいたくなった、とバーでつぶやきました。

それを聞いたバーテンは、
棚の片すみから見なれぬ形のびんをおろして、
どうぞ、と言いました。

楽に死ねる薬が入っていると思った主人公は、
それを一気に飲みましたが、いくら待っても、
苦しくもなんともなりませんでした。

主人公は怒りますが、
それは本気で自殺したいのか判断するテストだったようで、
バーテンは、生きたまま天国へご案内します、と言いました。

バーテンはエンジェル協会と書かれたカードを出し、
そこに書かれた場所へおいで下さいと言いました。

翌日、主人公がそこに行くと、社員は何枚か写真を撮られました。

4日後、ふたたびそこを訪れると、
写真をもとに作らせた、主人公にそっくりなロボットがありました。

とつぜん社員は主人公の手をねじりあげ、
わあ、助けてくれ、と主人公は大声を上げました。
社員はその声を録音していました。

このロボットの機能は少し歩けることと、
いまの録音を叫ぶことだけでした。
滝壺、海、噴火口に落ちるといった、死体が残らない方法で、
ロボットが衆人環視のなかで派手に死ねば、
世の中に対しては、主人公が死んだことになります。

その前に生命保険に入ります。
保険金はすべてエンジェル協会が受け取りますが、
天国での生活は保証してくれました。

数日後、主人公の身代わりのロボットは水力発電所のダムに落ちて死に、
主人公は船で、南の島の楽園に移住しました。

欲しいものはなんでももらえ、不満はありませんでしたが、
主人公はなぜか、あのどなる上役と、面白くもないワイフと、
出来そこないの息子との生活が、なつかしくてたまらなくなり、
ボートを作り始めました。

それを見つけた管理員は、天国からもどれるはずが、ないじゃないか、
どうしてもあの世に行きたいなら、泳いで行けば、
途中でおぼれて、生まれ変わることができるかもしれない、
と言いました。

主人公が、それをやってみるとしよう、と思ったところで、
この話は終わります。


というあらすじなのですが、自業自得とはいえ、主人公が可哀相だな、
と思いました。

親孝行したいときには親はなし、という言葉もありますが、
近くにいる時は不満しか感じないものなのでしょう。
失ってみて初めて、その貴重さが分かるのでしょうね。

この主人公が本当に望んでいたのは死ぬことではなく、
思い切り休むことだったのではないか、と思いました。

星新一「調査」のネタバレ解説

ある平和な夜に、赤い炎の尾が空から降ってきて、
町はずれの丘の向こうに消え、轟音と地響きが発生しました。

警官たちが丘に向かうと、暗い野原の中に、
長さ20メートル、直径5メートルくらいの大きさの、
銀色に光るスマートな形の物体がありました。

翌朝、学者と同僚と助手がやってきて調査を開始します。

まず、物体に電波をあて、金属らしいことと、
宇宙のどこからか飛んできた物だと分かりました。

物体の尾部あたりから変な電波が発信されているのを、
助手が学者に報告しました。

どこかの星のやつが宇宙旅行に出かけ、
途中で事故をおこし、不時着し、
救助を求める電波を出したのでしょう、と助手は言いました。

学者たちが物体の周囲をぐるぐるとまわっていると、
物体の外側をおおっていた銀色の金属らしいものがはがれ、
うまそうなにおいのするピンク色のゼリー状の物質があらわれました。

ゼリーを食べたがる人たちを学者は止めましたが、
人びとの間から犬がかけ出し、そのゼリーをかじってしまいました。

学者の指示でゼリー状物質を回収すると、
その下に茶色のプラスチックのようなかたい物がありました。

ナイフでプラスチック様の物質をけずると、
その下にさらにかたい物がありました。

アルコールランプやバーナーでとかしますが、
いくら高温にしてもとけなくなりました。

こんどは冷やしてみると、冷却した部分にひびが入り、
ひびが入った層がつぎつぎとはげおちました。

まだ先があったので、今度は放射線発生装置を使うことにしました。
電波はまだ発信されつづけていました。

場面が変わり、「巨大で青白い色の太陽を持つ惑星で、
その電波を受信していました。

ほうぼうの星へ送った無人の小型宇宙船からの報告で、
ゼリー状の物質を食べたことから動物はたしかにいて、
刃物を使う文明、火の発見の段階も越していると分かりました。

また、高温、低温を作る技術も発達していました。

放射線を発生させる技術については、これから受信するところでした。

放射線でこわれる層の下から出る猛毒ガスを防ぐことができるほど
文明の進んだ星だったら、宇宙に進出して暴れる前に、
処置をしにでかけよう、とその惑星の人達は話していました。


というあらすじなのですが、タイトルの「調査」は、
地球の人達が宇宙からの物質を調査している、という意味と、
宇宙人が地球人の文明の進み具合を調査している、
という2つの意味があったのでした。

川原礫「ソードアート・オンライン2 アインクラッド」4話「赤鼻のトナカイ」のネタバレ解説

2023年12月、SAOに閉じ込められてから、
2度目のクリスマスが近づいたころ。

キリトは、最も効率よく経験値稼ぎができるスポットで、
他のプレイヤーから笑い者にされながら、
何時間も経験値稼ぎをしていました。

見かねたクラインが、キリトのことを心配して話しかけてきました。
クラインは、SAO以前からの友人たちと風林火山というギルドを結成し、
そのリーダーになっていました。

情報屋のアルゴから、キリトがクリスマスボスの情報を買ったことを、
クラインもアルゴから情報を買って知っていました。

12月24日夜24時ちょうど、どこかの森にある樅(もみ)の巨木の下に、
背教者ニコラスという怪物が現れ、倒すことができれば、
蘇生アイテムが手に入る、というクエストの情報が流れていました。

キリトは、半年前に自分以外全滅したギルドのことが忘れられず、
単独でクリスマスボスに挑もうとしていました。

ここで回想です。
SAOが始まってから5ヶ月ほど経過したある春の夕暮れ、
キリトは当時の前線から10層も下の迷宮区に、
武器の素材となるアイテムの収集を目的に潜っていました。

その時、ギルド≪月夜の黒猫団≫の5人のメンバーが
モンスターに追われているのを見て、助けてあげました。

敵は、キリトなら楽勝で倒せる武装ゴブリンでしたが、
自分の本当のレベルを知られてビーターと嘲られるのを恐れて、
キリトはわざと時間をかけてゴブリンを倒しました。

主街区に戻って酒場で話をします。
レベルを聞かれたキリトは、彼らの平均レベルより3ほど上で、
本当のレベルの20も下の数字を答えました。

リーダーのケイタは、月夜の黒猫団に入ってくれないか、
とキリトを勧誘しました。

月夜の黒猫団は前衛が足りず、
戦っているうちにジリ貧になってしまうことが多かったのですが、
サチという黒髪の槍使いの女の子を盾持ち片手剣士に転向させようと
ケイタは考えていて、サチをコーチしてやってくれないかなあ、
と頼まれました。

ケイタ達は、現実ではみんな同じ高校のパソコン研究会の
メンバーなのだそうです。

キリトは仲間に入れてもらい、それとなく彼らを誘導して、
最大限の効率を叩き出し続けることで、
黒猫団の平均レベルは完全にボリュームゾーンから頭ひとつ抜け出し、
キリトの加入時には10あった前線層との差は、
短期間で5にまで縮まりました。

ただし、キリトは深夜になると宿屋を抜け出し、
最前線に移動してソロでレベル上げをし、
黒猫団メンバーとのレベル差を拡大させていました。

サチの盾剣士転向計画だけは、はかばかしくありませんでした。
サチは大人しい、怖がりな性格で、前衛に向いているとは思えませんでした。

ある夜、サチの姿が消えました。

キリトは他の仲間には内緒で、
索敵スキルから派生する上位スキルの≪追跡≫を使い、
サチが主街区のはずれの水路に隠れているのを発見しました。

サチはキリトに、一緒にどっか逃げよ、死ぬの怖い、と言いました。

君は死なない、とキリトが繰り返すと、サチは少しだけ泣きました。

翌日の夜から、サチは夜が更けるとキリトの部屋にやってきて、
キリトに、君は死なない、と言ってもらってから眠るようになりました。

しかし、それからたった1ヶ月足らずの後、サチは死にました。

その日、ケイタは、目標額に達したギルド資金の全額を持って、
ギルドハウス向けの小さな一軒家を買いに行きました。

やがてメイサーのテツオが、ケイタが帰ってくるまでに、
迷宮区で金を稼ごうと言い、最前線から僅か3層下のフロアに行きました。

レベル的には安全圏内だったので、順調な狩りが続きましたが、
シーフ役のメンバーが宝箱を見つけて開け、
アラームトラップを発動させました。

アラームを聞いたモンスターが怒涛のように押し寄せてきて、
キリトは全員に転移クリスタルで緊急脱出しろと叫びましたが、
その部屋はクリスタル無効エリアに指定されていて、
全員がパニックになりました。

サチは、HPを全て失うその瞬間、キリトに向かって右手を伸ばし、
何かを言おうと口を開きました。
その瞳に浮かんでいたのは、すがり付くような痛々しいまでの信頼の光でした。

1人だけ生き残ったキリトは、宿屋に戻り、
隠していたことも含めて、ケイタに全ての事情を説明しました。

ケイタは、ビーターのお前が、僕たちに関わる資格なんてなかったんだ、
とキリトに言い、アインクラッド外周部から無限の虚空へと身を躍らせ、
自殺しました。

回想終わりです。

蘇生アイテムを手に入れるため、無謀なまでのレベル上げをしたキリトは、
35層にある迷いの森で見つけていたモミの巨木に行こうとしました。

しかし、クラインがキリトを尾行してきていました。
クラインは合同パーティーを組もうと言いましたが、
蘇生アイテムはドロップさせた人の物になってしまうので、
キリトは断りました。

さらに、クラインも尾行されていて、
30人以上の≪聖竜連合≫の連中がやってきました。

クラインが聖竜連合を喰いとめている間に、キリトはモミの巨木のところに行き、
背教者ニコラスと戦いました。

キリトのHPは初めて赤の危険域に突入しましたが、
何とかボスを倒すことができました。

蘇生アイテム≪還魂の聖晶石(かんこんのせいしょうせき)を手に入れましたが、
それは、「対象プレイヤーが死亡してからその効果光が完全に消滅するまでの間、
およそ十秒間しか効果のないものでした。

キリトは絶叫し、クラインのところに戻ると、蘇生アイテムをあげました。

宿屋に戻り、朝の7時になると、サチとのアイテム共有タブでアラームが鳴りました。
それは、タイマー起動のメッセージ録音クリスタルでした。

キリトがこれを聞いてる時、私はもう死んでると思います、
というサチの声が聞こえました。

自分が死んでもキリトのせいじゃないと伝えるために、
サチはメッセージを録音していたのでした。

サチは、キリトのベッドで目を覚ました時、キリトが開いてるウインドウを覗き、
キリトの本当のレベルを知っていました。

私が死んでも、キリトはがんばって生きてね、とサチは言い、
余った時間で≪赤鼻のトナカイ≫を歌いました。


というあらすじなのですが、今回はキリトにとってトラウマ回でしたね。

キリトはこの後もずっとサチ達のことを引き摺り続けることになります。

2巻はこれで終わりなのですが、1巻では女性プレイヤーがアスナしかいなかったのに、
2巻では怒涛の勢いで女性キャラが増えて、ハーレム状態になってしまいましたね。

3巻以降も、キリトハーレムは拡大する一方です。

川原礫「ソードアート・オンライン2 アインクラッド」3話「朝露の少女」のネタバレ解説

1巻の終盤、22層でキリトとアスナが結婚していた時のエピソードです。

2024年10月、この辺の森が深くなっているところで、
幽霊が出る、という噂をキリトは聞きました。

アスナはキリトに肩車をしてもらい、その場所に行きます。

すると、本当に白いワンピースをまとった、8歳くらいの幼い幼女がいました。
しかし、その幼女はキリト達の目の前で倒れて気絶し、実体がありました。

ただし、通常アインクラッドに存在する動的オブジェクトなら、
プレイヤーにせよモンスターにせよNPCにせよ表示されるはずの、
カラー・カーソルが出ませんでした。

幼女を家に連れて帰り、その晩は寝ました。

翌朝、幼女は目を覚まし、アスナにしか聴こえないはずの
起床アラームに合わせてハミングしていました。

幼女はユイと名乗りましたが、それ以外の記憶はなく、
精神にダメージを受けているような様子がありました。

ユイは、キリトのことをパパ、アスナのことをママ、と呼び、
アスナはそれを受け入れました。

ユイにウインドウを出してもらい、可視モードにしてもらって、
ウインドウを見ると、プレイヤーとは思えない異常な画面でした。

ユイのことを知っている人を探そうと、第1層のはじまりの街に行きます。

ここでアスナの回想があります。
厳格な両親に育てられたアスナは、兄が買ったナーヴギアとSAOを、
兄が出張に出かけた1日だけ使うつもりでSAOにログインし、
事件に巻き込まれました。

受験シーズンの中学3年生の冬であり、
パニックになったアスナは2週間宿に閉じこもった後、
周囲の人々の心を繋ぎとめておくためには、
事件を解決した英雄になるしかないと決意し、フィールドに出ました。

ここで「黒髪の剣士」と出会ったのは2年前ではなく1年前という文があり、
プログレッシブ編と矛盾していますが、
この「黒髪の剣士」はキリトのことではない可能性もあります。
まあ、プログレッシブ編は基本的に後付けなので、
その辺の細かい矛盾には目を瞑りましょう。

回想終わりです。

はじまりの街には、フィールドに出るのを恐れ、
売っても5コルにしかならない果実が落ちるのを待ち続ける男がいました。
その男から、東七区の川べりの教会に子供のプレイヤーが集まって住んでいる、
という話や、昼間はアインクラッド解放軍の徴兵部隊に出くわすかもしれないから、
みんな宿屋の部屋に閉じこもっているという話を聞きました。

その教会に行くと、大きな眼鏡をかけた20歳前後の女性と、
12歳から14歳くらいの、何人もの子供たちがいました。

子供たちの面倒をみているサーシャという女性は、
2年間ずっと、毎日1エリアずつ全ての建物を見て回って、
困っている子供がいないか調べていましたが、
ユイのことは知らないと言いました。

教会の生活費は何人かの年長の子がフィールドでモンスターを倒し、
稼いでくれているのですが、今はじまりの街に残っているプレイヤーは、
フィールドでモンスターを狩るのは自殺行為だと考えている人ばかりなので、
サーシャ達は相対的にこの街の平均プレイヤーよりお金を稼いでいることになり、
軍に目を付けられてしまっていました。

東五区の道具屋裏の空き地で、軍が10人くらいで通路をブロックしている、
と助けを求めた少年がいて、キリトとアスナは助けに行きました。

街の圏内では、犯罪防止コードのおかげで他のプレイヤーにダメージを与えたり、
無理矢理移動させたりすることはできないのですが、
それを利用して行く手を阻もうとする悪意のプレイヤーもいました。

キリトとアスナは軍メンバーの頭上を飛び越えて、
閉じ込められていた子供たちのところに駆けつけました。
アスナは≪圏内戦闘≫で、軍のメンバー達に剣撃を浴びせ、
システムカラーの発光と衝撃音で、軍のメンバー倒しました。

それを見たユイは何かを思い出した様子で、
ずっと、ひとりで、くらいところにいた、こわい、と言いました。

その夜は協会に泊めてもらいました。
翌朝、ユリエールという長身の女性プレイヤーが教会を訪ねてきました。
ユリエールも軍に所属していますが、他のメンバーとは違い、
サーシャ達に好意的でした。

軍は最初はギルドMTDという名前だったのですが、
かつてのサブリーダーで現在の実質的支配者の、
キバオウという男が実権を握ってから軍に改名した、
という事情をユリエールは話しました。

MTDは、日本最大のネットゲーム総合情報サイト≪MMOトゥデイ≫の管理人の、
シンカーという人物が作ったギルドだったのですが、
最近ではシンカーは飾り物状態で、キバオウ派のプレイヤー達は、
徴税と称して恐喝まがいの行為を始めたのでした。

資材の蓄積だけにうつつを抜かして、
ゲーム攻略をないがしろにし続けるのは本末転倒だろう、
という声が末端のプレイヤーの間で大きくなり、
キバオウは配下の中で最もハイレベルのプレイヤー十数人で、
最前線のボスを倒そうとしましたが、結果は敗退でした。

無謀さを糾弾されたキバオウをもう少しで追放できるところまで行きましたが、
キバオウはシンカーを罠にかけました。

キバオウはダンジョンの奥深くに設定してある回廊結晶を使い、
1人で突破して戻るのは不可能な状態にしました。

シンカーはもう3日もダンジョンの奥深くに閉じ込められており、
ユリエールはキリトとアスナに助けを求めたのでした。

ユリエールはうそついてない、というユイの言葉を信じ、
キリトとアスナはシンカー救出に協力することにしました。

問題のダンジョンは、上層攻略の進み具合によって解放されるタイプのもので、
はじまりの街の地下にありました。

60層クラスのモンスターを倒して、どんどん先に進み、
安全地帯に隠れているシンカーを発見しました。

ユリエールはシンカーに駆け寄りますが、
死神のようなボスモンスターはユリエールに襲いかかろうとしました。

キリトは恐ろしい速度でダッシュしてユリエールを助けた後、
アスナに、今すぐ他の3人を連れてクリスタルで脱出しろ、と言いました。

ボスの強さは90層クラスだったのです。
キリトはアスナに逃げろと言いましたが、アスナはキリトを助けるため、
残って戦うことにしました。

ボスは圧倒的な強さでしたが、そこにユイが近づいてきました。
ユイには、「 【Immortal Object】、不死的存在というシステムタグがあり、
ユイは身の丈を超える剣を出現させてボスを倒しました。

記憶を取り戻したユイは、自分は≪カーディナル≫という、
問題を抱えたプレイヤーのために試作された、
≪メンタルヘルス・カウンセリングプログラム≫、
コードネーム≪Yui≫だったのだと言いました。

つまり、ユイはAIだったのですが、SAOがですゲームとなってからは、
プレイヤーに一切干渉できなくなり、
プレイヤーの負の感情をモニタリングし続けるうちにエラーを蓄積させ、
崩壊してしまったのでした。

しかし、キリトとアスナは、
他のプレイヤーとは大きく異なるメンタルパラメータを持っていたので、
その2人の近くでシステムコンソールで実体化し、
彷徨うようになっていたのでした。

ユイは、ずっとキリトやアスナと一緒にいたいと言いました。
しかし、ユイが記憶を取り戻したのは、安全地帯にあった、
GMがシステムに緊急アクセスするために設置されていた
黒いコンソールに触れたからでした。

それのおかげでボスを倒せましたが、同時に、
今まで放置されていたユイにカーディナルが注目してしまったので、
ユイは消去されてしまうことになりました。

ユイはキリトとアスナにお別れを言いますが、
キリトは黒いコンソールに飛びつき、ホロキーボードを叩いて、
GMアカウントでシステムに割り込み、
ユイのプログラム本体をシステムから切り離してオブジェクト化しました。
ゲームがクリアされたら、キリトのナーヴギアのクライアントプログラムの
環境データの一部としてローカルメモリに保存されるようになっていました。


救出されたシンカーは、キバオウと彼の配下を除名し、
蓄積した資材をこの街の住民に均等に分配してから、
軍自体を解散すると言いました。

というあらすじなのですが、今回、
キリトさんにはシステムエンジニア的才能もあることが発覚しましたね。

これでモテないわけがないです。

川原礫「ソードアート・オンライン2 アインクラッド」2話「心の温度」のネタバレ解説

2024年6月の話です。

リズベットという少女は、48層主街区≪リンダース≫に、
水車付きの鍛冶屋、≪リズベット武具店≫を開きました。

リズベットはアスナの友人で、アスナによって、
ベビーピンクのふわふわの髪の毛にカスタマイズされていました。

SAOにログインしたときは15歳でした。

ある日、アスナがリズベットのお店にレイピアを研いでもらいに来て、
好きな人がいるという意味のことを言われました。
ウチの宣伝、よろしく! とリズベットは言いました。

翌日の午後、寝ている時にキリトがリズベットの店にやってきました。
リズベットとは初対面です。

キリトは、予算は気にしなくていいから、
今作れる最高の剣を作って欲しい、と依頼しました。

参考としてキリトが既に持っていた、とても重い剣を渡され、
この剣と同等以上の性能の剣が欲しい、と言われます。

今リズベットの家にある最高の剣を渡すと、キリトは、
その剣に自分の剣を打ち下ろし、
リズベットの剣をへし折ってしまいました。

怒ったリズベットは、材料さえあれば、
キリトの剣なんかぽきぽき折れる剣を鍛えられると言い、
金属を取りに行くところから付き合ってもらうことになりました。

10日ほど前から、55層の片隅にある小さな村で、
西の山に住む白竜は毎日餌として水晶を齧り、
その腹で精製して貴重な金属を溜め込んでいる、
というクエストの噂が流れていました。

しかし、色々なパーティーがそのクエストに挑戦しましたが、
白竜を倒しても金属を手に入れることはできませんでした。

キリトとリズベットは早速、その村に行きましたが、
55層のフロアのテーマは氷雪地帯で、リズベットは寒い思いをしました。

その村の長老から話を聞いてフラグを立てましたが、
長老の話は長く、終わった時には夕方になっていました。

そのままドラゴンを倒しに行き、
キリトは圧倒的な強さでドラゴンに勝つ寸前になりました。

しかし、キリトの強さを称えようとしたリズベットが、
それまで隠れていた水晶柱の陰から一歩踏み出すと、
ドラゴンは突風攻撃をし、
リズベットは山頂に開いていた巨大な穴に落ちてしまいました。

リズベットを助けようと、キリトが手を伸ばしてリズベットの手を掴み、
身体を引き寄せ、剣を壁に突き立ててスピードを落とし、
何とか助かりました。

しかし、結晶無効化空間だったため、転移結晶を使うことはできません。
キリトは壁を走って上ろうとしましたが、途中で落ちてしまいました。

ひとまず穴の底で野営することになり、
キリトは野営用ランタンや手鍋やマグカップや寝袋を出しました。

さっき助かる保証はなかったのにリズベットを助けたのはなぜか、
とリズベットが訊くと、キリトは、
誰かを見殺しにするくらいなら、一緒に死んだほうがましだ、と答えました。

その温かい言葉を聞いて、リズベットは、
胸の奥がぎゅーっと締め付けられました。

それぞれ別の寝袋に入ったままキリトに手を握ってもらい、
人間の温かさを感じながら、リズベットは眠りました。

翌朝、キリトは、≪クリスタル・インゴット≫という金属が
雪に埋もれているのを発見しました。

この縦穴はトラップではなく、ドラゴンの巣であり、
この金属はドラゴンの腹の中で精製された、ンコだったのでした。

朝になったことで、ドラゴンが巣に帰ってきますが、
キリトはリズベットの左手を掴んで抱き寄せ、
ドラゴンの尻尾に掴まりました。

ドラゴンは両の翼を広げると、凄まじいスピードで急上昇し、
穴から脱出することができました。

リズベットはキリトに、あたし、あんたのことが好き!!
と告白しましたが、風の音のせいでキリトには聞こえませんでした。

水車のあるお店に戻り、持ち帰ったインゴットで片手用直剣を作り、
≪ダークリパルサー≫という新しい剣が完成しました。

いい剣だと褒めてくれたキリトに、どうして既に剣があるのに、
2本も必要なのかとリズベットは訊きました。

キリトは、2本の剣でシステムに規定された剣技を見せました。

リズベットは新しい剣の鞘を見繕うと、剣の代金はいらないから、
自分をキリトの専属スミスにしてほしい、
攻略が終わったら、ここに来て、装備のメンテをさせて、
毎日、これからずっと、と告白同然のことを言いました。

しかし、そのタイミングで、アスナが店に入ってきて、
アスナの好きな相手がキリトで、
アスナが紹介したからキリトがリズベットの店に来たのだと判明しました。

リズベットは、仕入れの約束があった、と言って店を飛び出し、
店から離れた場所で泣いていました。

すると、キリトが街の中心部にある教会の尖塔から街じゅう眺めて、
リズベットのところにやってきました。

キリトは、昔ギルドメンバーを全滅させたことがあり、
それ以来パーティーを組むのを避けていました。
しかし、昨夜、リズベットと手が温かくて、この人は生きてるんだ、
誰だって生きるために生きているんだ、と思えたのだとキリトは言いました。

リズベットも、この世界でホントの何かを探していて、
自分にとってキリトの手の温かさがそれだったのだと言いました。

それから5ヶ月後、仕事をしていたリズベットは、
鐘のようなアラームのような音を聞きました。
店番NPCが消え、11月7日14時55分に、ゲームがクリアされ、
プレイヤーはログアウトされるというアナウンスが流れました。

リズベットは75層にいるはずのキリトに向かって、
愛してる!! と叫びました。

というあらすじなのですが、完全にアスナさんが正妻という感じなので、
リズベットが可哀相でした……。

川原礫「ソードアート・オンライン2 アインクラッド」1話「黒の剣士」のネタバレ解説

ソードアート・オンライン (2) アインクラッド (電撃文庫)


2巻は1巻のラストから時系列が戻り、全4話の短編集となっています。

2024年4月、アインクラッド第35層の話です。

今回は、2巻の表紙にもなっている短剣使いの13歳の少女、
シリカの視点で話が進みます。

シリカは、アインクラッドでは珍しい≪ビーストテイマー≫でした。

小動物型モンスターがプレイヤーに友好的な態度を示してくれるイベントが発生した時、
飼い馴らし(テイミング)に成功すると、
そのモンスターはプレイヤーの≪使い魔≫として様々な手助けをしてくれるようになり、
そのプレイヤーはビーストテイマーと呼ばれるようになります。

シリカは何の予備知識もなく、≪フェザーリドラ≫という、
ふわふわしたペールブルーの綿毛に身を包んだ小竜にナッツをあげたところ、
たまたまそれがその小竜の好物で、飼い馴らしに成功しました。
今のところ、その小竜を飼い馴らすことに成功したのはシリカだけでした。

モンスターの接近を知らせる索敵能力や、
HPを回復してくれるヒール能力をもつその小竜に、
シリカは≪ピナ≫という名前をつけ、可愛がりました。

シリカは中層プレイヤーの中ではアイドル的存在になり、
アイドルを求めるパーティーギルドからの勧誘は引きも切らず、
シリカは多少舞い上がってしまいました。

ところが、6人パーティーを組み、
攻略組が手つかずのまま残した35層にある≪迷いの森≫で冒険していたところ、
もう1人の女性プレイヤーのロザリアに挑発されて口論になり、
シリカはパーティーを離脱すると言い放ちました。

せめて森を脱出するまでは一緒に行こうと引き止めるリーダーの言葉にも耳を貸さず、
ずんずんと歩き続けるうちに、シリカは迷子になってしまいました。

巨大な樹々がうっそうと立ち並ぶ森は碁盤状に数百のエリアへと分割され、
ひとつのエリアに踏み込んでから1分経つと東西南北の隣接エリアへの連結が
ランダムに入れ替わってしまうという設定になっていたのです。

モンスターに襲われ、回復アイテムも底をついてしまいました。
夕闇の中で、3匹の強めのモンスター≪ドランクエイプ≫に襲われ、
シリカのHPバーがどんどん減少し、黄色い危険域に達しました。

すると、ドランクエイプの棍棒の攻撃から、
ピナが身を挺してシリカを庇ってくれました。
ピナは長い尾根を1枚残して、消えてしまいました。

シリカがドランクエイプに無謀な突撃を強行しようとした時、
黒の剣士、キリトが助けに入ってくれ、ドランクエイプを倒しました。

ピナが遺した水色の羽根の前で泣くシリカに、キリトは、
その羽根にアイテム名が設定されているか訊きます。
≪ピナの心≫というそのアイテムを、47層の≪思い出の丘≫に持っていけば、
ピナを蘇生させることができる、とキリトは言いました。

しかし、現在の最前線は55層とはいえ、
レベル44のシリカにとって47層は安全圏とはいえないフロアでした。

がんばってレベル上げをすれば、いつかは……と言ったシリカに、キリトは、
使い魔を蘇生できるのは、死んでから3日だけだと言いました。

キリトはシリカに、高防御力の装備をくれ、
一緒に思い出の丘に行ってくれると言いました。

シリカがキリトの妹に似ているから、そこまでしてくれるのだと聞き、
シリカは少し笑いました。

35層の街に戻ると、さっきシリカと喧嘩をしたロザリアが、
ピナが死んだのを知って、痛快という風に笑いました。
シリカは、キリトと一緒に思い出の丘で生き返らせると言い、
キリトとレストランに行って食事しました。

夜になり、シリカがキリトの部屋に行って47層の情報を聞いていると、
キリトは、誰かが聞き耳スキルで話を聞いていた気配を感じ取りました。

シリカはその後、いつの間にかキリトの部屋で寝てしまい、
ベッドを占領してしまったため、キリトは床で寝ました。

翌朝、47層のフローリアに行きますが、そこのモンスターは、
醜悪にカリカチュアライズされた花だったため、
シリカは気持ち悪がって、なかなかまともに戦闘することができませんでした。

キリトの助けで、どうにか思い出の丘に辿り着き、
そこに咲いた≪プネウマの花≫というアイテムをゲットしました。
ピナの心に、その花に溜まっている雫を振り掛ければ、
ピナを蘇生させることができるのだそうです。

しかし、街に戻る途中、ロザリアに待ち伏せされていました。

キリトはロザリアのことを、
犯罪者(オレンジ)ギルド≪タイタンズハンド≫のリーダーと呼びました。

SAO内において、盗みや傷害、
殺人といったシステム上の犯罪を行ったプレイヤーは、
通常緑色のカーソルがオレンジへと変化します。
それゆえ、犯罪者をオレンジプレイヤー、その集団をオレンジギルドと称します。

ロザリアはグリーンでしたが、オレンジギルドと言っても、
全員が犯罪者カラーじゃない場合も多いのだそうです。

仲間の聞き耳スキルでシリカがプネウマの花を入手すると知ったロザリアは、
その花を渡せと言います。

しかし、キリトの方も、ロザリア達を探していました。
ロザリア達は、10日前に、38層で≪シルバーフラグス≫というギルドを襲い、
リーダー以外のメンバー4人を殺していました。
そのリーダーは毎日朝から晩まで、最前線のゲート広場で、
ロザリア達を黒鉄宮(こくてつきゅう)の牢獄に入れてくれと頼み続け、
キリトはその依頼を引き受けたのでした。

新たにロザリアの手下の10人の盗賊が現れ、キリトに襲いかかりましたが、
キリトは反撃せずに攻撃を受けました。

攻略組のキリトのレベルは78で、HPは14500もありました。
ロザリア達の攻撃は10秒あたり400というところでしたが、
戦闘時回復スキルによる自動回復で、10秒で600回復するため、
ロザリア達が何時間キリトを攻撃しても、キリトを倒すことはできませんでした。

キリトは、逃げようとしたロザリアの転移結晶を奪い、
回廊結晶で黒鉄宮の監獄エリアの牢屋に飛ばせました。

シリカとキリトは街に戻り、別れの時間が近づいてきました。
本当は、連れて行って下さい、と言いたかったのですが、
キリトとレベル差が33もあるシリカは、そう言えませんでした。

シリカがピナを生き返らせたところで、この話は終わります。


というあらすじなのですが、流石は攻略組のキリトさんです。
たった1日でシリカを「攻略」してしまいました。

2話は、また別の時系列の話です。

(ソードアート・オンライン2 アインクラッド 1話 2話 3話 4話

時雨沢恵一「キノの旅」5巻「あとがき」のネタバレ解説

今回のあとがきは、著者である時雨沢恵一さんのアパートに、
自称キノから電話がかかってくる、というストーリーです。

自称キノは54歳で、東京にある大学で経済学の教授をしている、
と言いました。

エルメスと陸は50メートル背泳ぎで雌雄を決しに海に出かけて、
まだ帰ってきていない、と自称キノは言いました。

シズは、ネット掲示板で自分のことを、
キノをつけ回すストーカーと評した人を説得しに行ったのだそうです。

時雨沢さんは最初は信じていませんでしたが、
自称キノが、「安全な国」がまたボツになったという話や、
電撃ゲーム小説応募原稿でカットされた話も知っており、
時雨沢さんもキノのことを信じるようになりました。

しかし、キノは、3日経ったから、と言って電話を切ってしまいました。

というあらすじなのですが、
1つの国に3日しか滞在しないというルールがあるキノが、
東京の大学で経済学の教授になれるはずがないよなあ、
としまうましたは思いました。

しかし、それ以外はどこもおかしくありませんね。
ええ、どこもおかしくありませんとも。

ちなみに、「安全な国」はようやく編集者から許可が出たらしく、
次の6巻に収録されています。
プロフィール

Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。

スポンサードリンク
このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年3月11日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。