九頭竜正志「さとり世代探偵のゆるやかな日常」2話「車は急に」のネタバレ解説

綾高と灯影院は、自動車の運転免許をとるため、
教習所のバスに乗っていました。

そのバスに、不正乗車しているおばさんがいました。
おばさんも教習所に通っているのですが、
その教習所の近くにあるスーパーに行く時も、
そのバスを無料の路線バスの代わりとして使っていたのです。

仮免許をとった綾高は、酒井という教官の指示で、
初めて公道を運転しました。

市内を一周し、教習所の近くに戻ってくると、
例のおばさんが横断歩道を渡っていました。

そのおばさんの手前で、綾高がゆっくりとブレーキを踏もうとすると、
突然、けたたましいクラクションの音が聞こえ、
綾高は急ブレーキを踏んで停車しました。

クラクションを鳴らした灯影院が、教習所の車から降りてきて、
綾高は今、このおばさんを撥ねるところだったのだと言いました。

灯影院によると、「綾高が運転している間、
酒井はずっと助手席にあるブレーキを軽く踏んで、
綾高のブレーキに関する感覚を狂わせていました。

そして、おばさんの前に自動車が差し掛かったタイミングで、
酒井はブレーキを離し、おばさんを撥ねさせようとしたのでした。

ブレーキランプが点けっぱなしになっていたので、
灯影院はそのことに気づきました。

おばさんは、酒井の別れた妻で、酒井に嫌がらせをするために、
授業のない日も教習所のバスに乗っていたでした。


というあらすじなのですが、しまうましたも昔、
教習所に通っていたことがありますが、
この発想はなかったわー、と思いました。

九頭竜正志「さとり世代探偵のゆるやかな日常」1話「前向きに」のネタバレ解説

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)


大学1年生の4月下旬、田中綾高(あやたか)と、
その幼馴染でクラスメートの灯影院(ほかげいん)は、
1限目の講義の講師をしている笹丸(ささまる)と駐車場で会いました。

1限目の教室に行ったあと、灯影院は、突然、
綾高と探偵同好会を作りたいと言い出します。

その時、笹丸が今日の講義を休講にするという知らせが入りました。

探偵同好会を作るのに気乗りしない綾高は、
さっき駐車場で会った笹丸が突然休講にしたのはなぜなのか、
という日常の謎を解き明かしたら、自分も探偵同好会に入ると言いました。

それを聞いた灯影院は、笹丸と仲の悪い教職員の子供が今朝、
行方不明になっている可能性があるから、
教務課に確認しに行きたいと言いました。

あの駐車場は前向きに駐車しないといけないのに、
笹丸は「後ろ向きに駐車していました。
その理由は、トランクに、笹丸が轢いてしまった子供の死体が入っていて、
少しでもトランクが目立たないようにしたかったからだ、
と灯影院は言いました。

子供であるという根拠は、まだ肌寒いのに、
笹丸がスーツの上着を脱いでいたからです。
トランクを汚さないように遺体をスーツで包んでおり、
逆に言えば遺体はスーツに包めるくらいの大きさだと、灯影院は考えていました。

大学にやってきた笹丸は、その子供が偶然、仲の悪い教職員の子供だと気づき、
自分が疑われるかもしれないと考え、急遽、講義を休講にして、
死体を処分しに行ったのでした。


教務課に行って訊くと、やはり笹丸と仲の悪い教授の子供が行方不明になっていました。

灯影院は、その教授が顧問をつとめるボウリング・サークルに所属する、
3年生の坂本久生(ひさお)に連絡をとりました。

坂本は、高校時代に綾高と灯影院が所属していた文芸部の部長だった人物でした。

ボウリング・サークルの1年生が、
新入生歓迎会で急性アルコール中毒で亡くなるという事故が起きており、
サークルは廃部になっていました。

灯影院が坂本を探偵同好会に誘い、坂本は了承しました。

と、ここで終わっていればよかったのですが、後日、
灯影院の推理は間違っていたことが判明しました。

笹丸はぎっくり腰になっていて、
腰に負担がかからないようにスーツの上着をクッションにし、
後ろ向きに駐車していただけでした。

笹丸と仲の悪い教授が行方不明になっていたのは、
新歓で亡くなった新入生の親が、顧問の教授を恨んで、
子供を誘拐していたからでした。


というあらすじです。

あらすじでは省略しましたが、ギャグの多い会話で、
リズムよく話が進んでいくので面白かったです。

(さとり世代探偵のゆるやかな日常 1話 2話 3話 4話 5話 6話

星新一「見失った表情」のネタバレ解説

主人公のアキコは、小型宇宙船に乗り、
5ヶ月も1人で仕事をしているうちに、
そろそろ男の人をみつけて、家庭生活をしたいと思うようになりました。

アキコは、学生時代からの親友で、
美容整形外科医をやっているキーラに
背中の首すじの後ろに表情を操作する機械を入れてほしいと頼みます。

その機械は違法なものなのですが、アキコが熱心に頼んだおかげで、
キーラは一週間限定で、表情操作機を入れてくれました。

手のひらにおさまるくらいの、ダイヤルのついた小さな装置を操作すると、
背中にあるアンテナに電波が届き、顔の筋肉を動かして、
魅力的な表情を作ってくれるのでした。

誰もが整形によって、美しい顔を手に入れたこの時代では、
美しい表情こそが、他人を惹きつけるのです。

アキコは古代公園のなかにあるクラブに行き、
そこで大学のとき少し上の級にいた、黒田という男と、
4年ぶりに再会します。

アキコは状況に応じて、
ダイヤルを「なつかしさ」や「しおらしさ」や「しとやかさ」や
「好き」や「喜んで」や「情熱」に合わせます。

そうしているうちに、アキコは、
黒田のことを好きになっているのに気づきました。

黒田に誘われ、ベンチに座ります。

すると、ダイヤルを動かしても、
さっきまでの豊かな表情が出なくなってしまいました。

じつは、黒田は、「問題の表情操作機の、摘発係をやっていて、
このベンチの下には、その強力な探知機があり、
探知機によって装置が無効にされてしまったのでした。

アキコは思いきり泣きましたが、
長いあいだ摘発係をやっていて完全な泣き方ばかり見ていた黒田には、
アキコのすなおな泣き方が新鮮に見えました。
数日後、黒田はアキコに結婚を申し込み、アキコは幸福になれました。


というあらすじなのですが、整形を繰り返すと、
表情筋の神経や毛細血管が断ち切られてしまい、
自然な表情を出せなくなると聞いたことがあります。

整形が当たり前になった時代では、
表情を動かす装置が必要になってしまうのでしょうね。

星新一「小さな十字架」のネタバレ解説

昭和のはじめごろ、お金持ちの息子が勉強のためと称してヨーロッパに行き、
遊び歩いていました。

クリスマスが近い日に日本からお金を送ってきたので、
その息子は友だちと何軒ものバーやキャバレーをつぎつぎと回り、
気がついた時は、つぎの日の朝、自分の下宿のベッドでした。

息子は、小さな銀の十字架がポケットに入っていることに気づきます。
昨夜、5軒目のバーを出たあと、骨董屋で買ったものでした。

骨董屋の主人によると、昔、
けいけんな婦人が身につけていたものらしく、高い値段だったのですが、
息子は酔っていたので値切りもせずに買ったのでした。

数年後、息子は十字架と一緒に日本に帰ります。

それからの日本は、戦争があり、いいことがなく、
息子の両親もなくなったり、息子も少しのあいだ軍隊にとられたりして、
苦しい生活をつづけました。

終戦後、息子は疎開してあった荷物のなかに、
小さな十字架があるのを見つけました。

女の子なんかによく売れるんじゃないかと思い、
小さな工場をやっている友人を訪ね、
その十字架と同じものをたくさん作らせました。

細い鎖をつけたピカピカの十字架は、意外によく売れました。

型をとるために預けていた十字架を、工場主がなくしても、
息子は気にせず許しました。

そのころ、クリスマス近い街を、
まずしい身なりの女の子が歩いていました。
お父さんは戦争に行って行方不明、お母さんは病気がちで、
女の子は電器工場へつとめて働いていました。

ショーウインドウに、銀色の十字架のかざりを見つけ、
女の子はあれをくださいと店員に頼みました。

店員は、それがいくつも入っている箱を出しましたが、
目立ってよごれたのが1つまざっており、
それを包んで女の子に渡してしまいました。

店員がそんなことをしたとは知らない女の子は、
うちへ帰るとむちゅうで包みをあけ、胸にかけ、
お父さんが早く帰ってきて、お母さんが元気になるように、
と心のなかで祈りました。

その祈りは「かなえられたでしょう。
なぜならキリストは、貧しく悩める者の救い主なのですから、
というところで、この話は終わります。


というあらすじなのですが、女の子は、
大量生産された偽者の十字架ではなく、
本物の高価な十字架を手に入れることができ、
その十字架だから、祈りが天に通じた、というオチなのでしょうか。

女の子が救われたのはいいですが、
しまうましたは宗教を信じていないので、
それはちょっとどうなのかなあ、と思います。

第二次世界大戦で日本が戦った国も、
同盟を結んでいた国も、アフリカ諸国を植民地にしていた国々も、
みんなキリスト教を信じていて、
大ぜいの不幸な人たちを生み出しましたからね。

星新一「愛の鍵」のネタバレ解説

鍵についている小さな耳の形をしたものに向かって、
決めておいた合言葉を囁くと開錠する鍵が普及した世界の話です。

ある日、主人公の女はデートに遅刻してしまい、
彼氏と喧嘩になってしまいます。

あやまることができず、女は帰ると言います。

彼氏は女に手を書けようとしましたが、肩にはとどかず、
イヤリングに触れ、それは床に落ちました。

女は後悔しながら自分の部屋の前に帰ります。

女が決めておいた合言葉は「きょうは本当に楽しかったわ」
だったのですが、いまの女には言いにくく、
書かれたものを読むような調子で、声を押し出しました。

ドアを内側から閉めると、「悪かった、ごめんなさい」に、
合言葉を変えました。

つぎの朝、「イヤリングを届けにきた彼氏は、
ドアの耳にイヤリングをとりつけ、
無意識のうちに、ドアの耳に口をよせました。

ドアが開き、女は彼氏を見つけて、彼氏にとびついて泣きました。
声は出ませんでしたが、心の中では合言葉を叫んでいました。


というあらすじなのですが、「彼氏が『悪かった、ごめんなさい』と、
素直になれない気持ちをドアに向かって言ったため、
ドアが開いたのですね。


この話自体は、ロマンチックでいい話なのですが
他人が合言葉を使っても鍵が開いちゃうのは、まずい気がします。

悪い人が鍵の近くに録音機を設置すると、
他人の合言葉を知ることができちゃいますからね。

星新一「ずれ」のネタバレ解説

近未来SF的な世界観のマンションの一室に、
疲労感に苦しんでいる青年がいました。

椅子には、疲労回復薬を含んだ空気のわきだしてくる装置がありますが、
最大限まで出しっぱなしにしておいても、
疲労は蓄積され続け、青年を押しつぶす寸前まできていました。

青年は、部屋の片すみの壁のボタンを押し、
シューター・サービス会社に電話します。

この会社は、圧縮された空気の入ったパイプで、
商品のやり取りをできるサービスをおこなっています。

青年はサービス会社に頼み、
部屋の壁を明るいピンク色に変えたいと言いました。

まもなく、部屋にある一メートル四方の穴から、
サービス会社の発送してきた丸い玉がころがり出てきて、
ピンクの有毒ガスを出すはずでした。
そのガスでは、そう苦しまずに死ぬことができると聞いていて、
主人公は自殺するつもりだったのでした。

しかし、穴から女性が出てきて、青年とベッドで一夜を過ごし、
帰っていきました。

また、サービス会社から、機械の事故を謝るメッセージがあり、
おわびのしるしとして配達口から厚い札束が吐き出されました。
壁のぬりかえも無料でできると言われましたが、
青年は、ぬりかえはすんだと言い、断りました。

また、別の部屋では、ふとりぎみの中年の男が、
特別注文係に、若くてきれいな子をたのんでいました。
現金決済になっており、先に札束をパイプで送りました。

シューターからは、婦人用の服と下着が出てきました。

しかし、女性が出てこなかったため、中年の男は知り合いに電話し、
教えてもらった特別サービスに申し込んだのに、
なかみが出てこないと言いました。
すると知り合いは、取り締まりがあるらしいなんてうわさがあったから、
服と下着は、取り締まりがあったことをそれとなく知らせる、
合図かもしれない、と言いました。

悪いことをしているという自覚があった中年の男は電話を切り、
そそくさと立ち去りました。

また、別の部屋には、パーティーの準備をしている美しい女性がいました。
シューター・サービス会社に下着と服を注文し、シャワーを浴びましたが、
物音がしたのでシャワー室の戸を開けると、
女性を殴ろうとするロボットがいました。

ロボットの足はそう早いわけでもなかったので、
テーブルのまわりを逃げながら、非常ベルを押すか、
自分で鍵をはずして廊下に逃げるか、
美の誇りをまもるために限りない鬼ごっこをつづけるか、悩んでいました。

また別の部屋では、禁則の麻.薬を合成し、売り歩く3人の男たちが、
むかいのビルに刑事らしき人物がいるのを発見しました。

ひとりが思いつき、シューターでボクシング練習用のロボットを注文します。
そのロボットに布を被せて廊下に出し、
警官がそのロボットを調べている間に逃げるつもりでした。

しかし、シューターの口からころがり出た、プラスチックの球が割れ、
ピンク色のガスを出しはじめたので、
有毒ガスを吸うより麻酔玉にあたることを選び、
3人の男たちは逃げ出しました。

というあらすじなのですが、シューター・サービス会社の機械が故障し、

青年←壁のぬりかえ用の有毒な塗料
ふとりぎみの中年男←若くてきれいな女の子
美しい女性←服と下着
3人の男たち←ボクシング練習用のロボット

と送るはずが、ずれてしまい、

青年←若くてきれいな女の子
ふとりぎみの中年男←服と下着
美しい女性←ボクシング練習用のロボット
3人の男たち←壁のぬりかえ用の有毒な塗料

が送られてしまったのでした。

中年男と、麻.薬の密売をしていた男たちは、
悪いことをやめることができましたし、
疲労の蓄積した青年は自殺を思いとどまることができたからよかったですけど、
女性だけは何も悪いことしていないのにロボットに追いかけられて可哀相ですね。

湊かなえ「山猫珈琲」特別収録1『Aokage』のネタバレ解説

山猫珈琲 上巻


湊かなえさん初のエッセイ集「山猫珈琲」の上巻に特別収録されている、
「イマジナリー・ノベル~『Aokage』(ポル.ノグラフィティ)~」
のネタバレ解説です。

ポル.ノグラフィティの『Aokage』という曲を聴いて書かれた話です。
湊かなえさんとポル.ノグラフィティは、
どちらも広島県因島市出身という共通点があります。

主人公の女の子は、気になっている男の子と2人で、
青影トンネルを通って出かける約束をしていました。

鏡を見て、前髪を揃えるだけのつもりだったのに、
飼い犬のサスケの鳴き声が聞こえたせいで、
ザクッと切り過ぎてしまいました。

約束の時間から15分以上経って、サスケの吠える声が聞こえ、
男の子が家の前にやってきたことを知りました。

主人公は青影トンネルまで自転車で通り、
男の子は走って主人公を追いかけます。

その途中、自転車を降りずに坂道を登り切れたら、
主人公は男の子と両想いになれて、
ずっと仲良しでいられる、と願かけしていました。

というあらすじなのですが、爽やかな青春小説といった感じの話です。

これだけだと、ブログの記事としてはあんまりなので、
エッセイの内容についても書きます。

湊かなえさんが生まれ育った因島や、夫や子供と暮らしている淡路島、
食べ物、登山、猫、海外青年協力隊でトンガ王国に行った時の話、
サイン会の話、などなどが書かれています。

特に、「望郷」や「山女日記」や「絶唱」の
元ネタとなったと思しきエピソードが、たくさん書かれていました。

複数の媒体で発表されたエッセイをまとめたせいか、
鯛そうめんが美味しい! という話が重複してたり、
海外で「告白」が出版されました、
という報告が重複していたりしていますが、
できるだけ発表当時の文章に手を加えないようにした結果、
こうなったのだと思います。

小説とは違って、エッセイは実際にあったことしか書けないので、
小説よりも大人しめというか、比較的穏やかなエピソードばかりでした。

西尾維新「ネコソギラジカル(上) 十三階段」のネタバレ解説

ネコソギラジカル(上) 十三階段 戯言 (講談社文庫)


戯言遣いシリーズの7冊目です。

まず、冒頭の登場人物紹介には、
これまでに登場したほぼ全てのキャラクターの名前が書かれています
(ただし、作者のミスで、
鈴無音々(すずなし・ねね)の名前が抜けていますが。
他にも形梨(かたなし)らぶみとかの名前もありませんが)。

次に、いーちゃんが調べた、狐面の男、
西東天(さいとう・たかし)についての情報がまとめられています。

幼い頃から天才だった西東は、6歳の4月に高都大学人類生物学科に入学し、
同年7月に卒業、翌年3月には大学院を卒業しました。

10歳の7月に、10歳年上で双子だった姉が2人とも行方不明になり、
13歳の時に両親が死亡しました。

渡米し、ER2システム(現ER3システム)に身をゆだね、
18歳の1月に単身、帰国しました。
19歳の3月より、高都大学で教授職として復職し、
21歳の4月に、架城明楽(かじょう・あきら)と、
藍川純哉(あいかわ・じゅんや)の2人と渡米し、
独自の組織を立ち上げますが、5年後、
その組織はER2システムに吸収合併されます。

3年後、29歳の夏に、架城明楽と藍川純哉、
1人の使用人、1人の娘を連れて帰国し、
同年の冬に、全員が死亡しました。

西東天は、公式の記録では、
10年前に死んだ人間ということになっていたのでした。

いーちゃんは、「ヒトクイマジカル」の事件で負傷し、入院していました。

同じアパートに住む闇口崩子がお見舞いに来て、
それと入れ違いに浅野みいこがやってきました。
1ヶ月ぶりの再会でした。

1ヶ月前、いーちゃんはみいこに告白同然のことを言っていましたが、
みいこは、お前と私は付き合えない、とお断りの返事をしました。
自分は過保護だから、付き合ったら自分もいーちゃんも、
どちらも駄目になってしまうと言います。

そこへ、病室の扉が開き、西東の組織≪十三階段≫の十二段目、
奇野頼知(きの・らいち)という男が現れました。

奇野は、西東から聞いていた敵、「いーちゃん」をみいこと誤認し、
みいこに宣戦布告します。
が、みいこは護身用の五段鉄棒(ロッド)で、剣道の動きをし、
奇野を圧倒しました。

奇野は謝り、西東から「いーちゃん」への手紙を届けに来ただけだ、
と言い、みいこに手紙を渡して逃げていきました。
しかし、みいこはその手紙を窓から破り捨ててしまいます。

9月21日、退院したいーちゃんは、崩子と一緒に、
京都駅の階段で千賀(ちが)ひかりと待ち合わせをしました。
ひかりは、「クビキリサイクル」に登場した三つ子メイドの1人です。

ホテルの部屋に移動し、ルームサービスを食べながら、
ひかりは、1ヶ月前に占い師の姫菜真姫(ひめな・まき)が殺された、
と報告しました。
密室殺人で、外部犯の犯行だったのだそうです。

また、「ヒトクイマジカル」のラストで、
8月20日に哀川とその戦闘相手が清水寺本堂を破壊してから、
哀川は行方不明になっていました。

いーちゃんは、ひかりに、西東天のことを訊きます。
哀川にとって、架城明楽、藍川純哉、西東天の3人は父親というべき存在で、
母親は不明なのだそうです。

姫菜真姫が殺されたとき、
烏の濡れ場島には春日井春日(かすがい・かすが)がいて、
いーちゃんは恐るべきメイドマニアだと聞いていたひかりは、
メイドとしていーちゃんのことを「ご主人様」と呼び、
アパートでいーちゃんの世話をするようになりました。

9月26日、いーちゃんは玖渚友(くなぎさ・とも)から呼び出しを受け、
玖渚のマンションに行きました。
そのとき、崩子が寝てしまったからと、ひかりはフィアットで待ちました。

玖渚の部屋に行くと、「園山赤音」がいました。
いや、正確には園山赤音ではないのですが、そう名乗っていた女です。
「園山赤音」は、現在行方不明中の哀川に成り代わろうとしていると言い、
帰っていきました。

玖渚機関の内部で反乱があったが、昨日、完璧に終わり、
玖渚の兄の直(なお)が玖渚機関機関長に就任し、
直以外の本家の人間は引退した、と玖渚は言いました。

玖渚は、精密検査を受け、身体が正常な機能を取り戻そうとしており、
それを異常と捉えて、この前の検査には引っかかったみたいだ、
と玖渚は言います。
6年前、いーちゃんが玖渚に与えたと思い込んでいる被害は、
これで全部、見える限りにおいては回復したと言える、と玖渚は言います。

部屋を出るとき、いーちゃんは玖渚に「愛し――」と言いかけますが、
「ICPOって何の略?」とごまかしました。

駐車場のエレベーターホールで、西東天と再会します。
≪十三階段≫が全員揃ったことや、西東が奇野頼知を騙して、
みいこを「いーちゃん」だと思わせたことなどを、西東は話します。

西東はいーちゃんにパーティーの招待状を渡し、
「殺して解(ばら)して並べて揃えて――晒してやるさ」
と、いーちゃんは零崎人識のセリフを借りて宣戦布告します。

福岡へ行け、そこにお前のよく知る男がいる、
と西東はいーちゃんにヒントを出した後、去り際に、
姫菜真姫を殺せと命令したのは自分だと、ついでのように言いました。

西東はポルシェに乗って駐車場から出て行きましたが、
その助手席には、浴衣姿で野球帽を被り、狐のお面をつけた、
子供が乗っていました。

フィアットに戻ると、哀川の失踪を誰から聞いたのか、とひかりに訊かれ、
見舞いに来てくれた大泥棒さんから聞いた、といーちゃんは答えました。

石丸小唄(いしまる・こうた)は、哀川潤と出夢が清水寺で殺し合い、
相打ちになった、と裏の世界で噂が流れているのを教えてくれました。
ただし、小唄本人は哀川の死を信じていなくて、
哀川を探しているのだそうです。

西東と再会した翌日、ひかりと崩子を振り切り、いーちゃんは福岡に行きました。

(余談ですが、この場面で、
いーちゃんの本名の苗字候補という説がある「壱外」について、
『九州、といわれてピンと来るのは、精々玖渚機関の配下である、
壱外と参榊くらいだが、その両方ともと、ぼくは大したかかわりをもっていない』
と書かれており、
『初めての九州なんだけどなあ』
というセリフがあります。
それも戯言なのかもしれませんが。)

以前、春日井春日が理澄から抜き取った名刺に書かれていた住所に行くと、
古くて汚いアパートがあり、その二〇五号室に出夢が潜伏していました。

出夢はいーちゃんがやってくるような気がして、
ここで待っていたのだそうです。

哀川との戦闘は、出夢が口を滑らせて「狐さん」のことを言ったら、
哀川は一瞬で察し、いつの間にか消えていたのだそうです。

いーちゃんが封筒から取り出した、
≪十三階段≫のメンバーが書かれた書面を見て、
出夢は、十二人しか、いねーじゃねーか、と首を傾げました。

出夢は、「ノイズ」という人物以外は、何らかの形で知っており、
色々と教えてくれます。

架城明楽は亡霊みたいなものであり、
一里塚木の実(いちりづか・このみ)は≪空間製作者≫であり、
絵本園樹(えもと・そのき)は医者、
宴九段(うたげくだん)は≪架空兵器≫なのだそうです。

古槍頭巾(ふるやり・ずきん)は刀鍛冶、
時宮時刻(ときみや・じこく)は操想術師、
右下(みぎした)るれろ、は人形師です。

闇口濡衣(やみぐち・ぬれぎぬ)は≪暗殺者≫で、
澪標深空(みおつくし・みそら)と澪標高海(たかみ)は、
双子の≪殺し屋≫であり、匂宮雑技団の下位組織なのだそうです。

出夢が知らない「ノイズ」を除き、残るは奇野頼知だけです。

その際、奇野頼知のことを「僕の知る限り十二人の中で一番ヤバい」と言い、
奇野は≪呪い名≫であり、いーちゃんかみいこのどちらか、
あるいは両方が、奇野に何かされている、と言いました。
奇野は身体の中に仕込んだ≪毒≫や≪病原菌≫を、
相手に移す能力を持っているのだそうです。

翌朝、崩子から電話があり、みいこが意識を失ったという連絡が入りました。

いーちゃんが病院に駆けつけると、鈴無音々がいました。
鈴無によると、みいこは原因不明の高熱や呼吸困難などの、
色んな病気の症状を出しており、
肉体自体の代謝機能や免疫機能が酷く低下しているのだそうです。

ベスパを取りに京都駅に戻る途中、電車に乗っていると
いつの間にかヘッドホンをつけた中学生以外の乗客が消えていました。

その中学生こそが≪十三階段≫の十一段目の「ノイズ」でした。

ノイズによると、西東はいーちゃんに本気にやる気を出させるために、
奇野に毒を仕掛けさせたのだそうです。

飲めば助かり、飲まなければ死ぬ解毒剤を手に入れるため、
指定した日時と場所にやってこい、とノイズは言いました。

ノイズというのは単なる記号で、ノイズには名前がないので、
いーちゃんの戯言が効かないのだそうです。
そのために西東はノイズを≪十三階段≫に入れたのでした。

名前のない相手には戯言が通じない、というのは、
はっきり言って意味不明なのですが、
いーちゃんは「………………っ!!」と、焦っており、図星らしいです。

いや、読者には意味不明なんですけどね。
いーちゃん、ピンチらしいです。

「クビキリサイクル」の事件を解決できなかったのも、
あの事件の真犯人には名前がなかったからであり、伏線だったらしいです。
いや、伏線を回収されても意味不明なことに変わりはないんですけどね。

アパートに戻ると、駐車場に崩子がいて、
いーちゃんは退院してからずっと誰かに尾行されていた、と言いました。

尾行の相手は、濡衣だろうと崩子は言いました。
それは、≪十三階段≫の1人である闇口濡衣であり、
崩子の親戚筋なのだそうです。

つまり、いーちゃんはずっと気づいていなかったのですが、
崩子が家出してきた実家というのは、≪暗殺者≫と呼ばれている、
裏の世界の「闇口」の家系なのでした。

崩子の兄である美少年の石凪萌太(いしなぎ・もえた)も、
「石凪」という「死神」の家系でした。

いーちゃんがこれまでの事情を説明すると、崩子は、
「わたしが人肌――脱ぎましょう」と言い、
いーちゃんにバタフライナイフを刺し、内臓を抉りました。

わたしはこれ以上お兄ちゃんが傷つくのを、見ていられません、
貴兄の奴.隷になることを誓います、と崩子が言うのを聞きながら、
いーちゃんは意識を失いました。

目を覚ますと、いつもお馴染みの病院で、
看護師の形無らぶみから、今日は9月30日だと言われました。
西東に指定されていた日になっていました。

らぶみにからかわれたり励まされたりして、いーちゃんは病院を抜け出し、
アパートに戻りました。
部屋で準備を調えると、千賀ひかりがいーちゃんのジャケットを持ってきて、
姫菜真姫の子供の頃のニックネームも、
紫木一姫(ゆかりぎ・いちひめ)と同じく、「姫ちゃん」だったのだ、
と言いました。

ひかりに背中を押してもらい、アパートを出て駐車場に行こうとすると、
そこに13歳の崩子と15歳の石凪萌太がいました。

崩子はいーちゃんと主従の契約を結んでいるので、
崩子はもういーちゃんに手を出せないし、
いーちゃんのすることに口も出せない、と萌太は言いました。

崩子は、契約をする前にいーちゃんの意識を失わせることで、
その間に自由に動くつもりだったらしいのですが、形梨らぶみによれば、
崩子に刺された傷はこれまでで一番の致命傷だったのだそうですw

試しにいーちゃんが崩子に、わんって言ってみて、と言うと、
崩子は屈辱に打ち震えながらクールな表情で「わん」と言いました。

ちなみに、2人は西東に指定されたパーティー会場である、
クビツリハイスクール」に登場した澄百合学園の場所が分からず、
いーちゃんを待っていたのだそうです。

駐車場に行くと、哀川潤が真っ赤なオープンカーに乗り、
いーちゃんを待っており、いーちゃん達はその車に乗りました。

哀川は、石丸小唄からある程度の事情を聞いていました。

哀川は、10年前からずっと西東天を探していたのだそうです。
行方不明になっていた間は、世界を半周して西東を捜していました。

ちなみに哀川は、西東天の姉の娘なのだそうです。

10年前、哀川と西東が喧嘩して、藍川純哉が哀川の味方になり、
架城明楽は西東につき、2対2の勝負になりましたが、
哀川だけが生き残ったのだそうです。

今度こそ西東を殺すために、哀川は西東を捜していたのでした。

その頃の哀川には名前がなかったので、
藍川純哉の名前をいただいたのだそうです。

また、いーちゃんのお世話をしてくれていた千賀ひかりは、
本物のひかりではなく、てる子なのだと哀川は言いました。

根拠は、三つ子メイドを唯一識別できる玖渚に、
「ひかり」が会いたがらなかったことです。
てる子は元々、メイドでありながらボディガードとしての役割もあったので、
イリアからいーちゃんを護衛するように頼まれていたのでした。

澄百合学園に着くと、その門の近くにノイズがいましたが、
哀川はアクセルを踏んで、車で鉄の扉をぶち破り、
ノイズを撥ねて、倒してしまいました。

校舎の中に入ると、戦闘が萌太で、いーちゃんと崩子が手を繋ぎ真ん中、
最後尾が哀川という菱形のフォーメーションで移動することになりました。

いーちゃんは萌太に、石凪の「死神」ってどういうことなのかと訊き、
萌太が詳しく解説してくれました。

しかし、その解説が途切れ、気が付くと、
いーちゃんと崩子の2人だけになっていました。

一里塚木の実の≪空間製作≫によって、いーちゃんと崩子が、
萌太と哀川から分断されてしまったのでした。

せっかくなので、哀川・萌太チームとは別行動をとることにします。

その際、崩子の「契約」についての説明があり、
契約は崩子の方から一方的にできる反面、
契約解除はいーちゃんの方から一方的にできるのだそうです。

また、崩子と萌太は母親が違うことも判明します。

崩子は、奴.隷の集団である≪闇口≫が嫌で、
萌太と一緒に家を出ましたが、それでも誰かの奴.隷にならないといけないなら、
いーちゃんを選ぶと言いました。

しばらくして、水着の上に白衣を着た、挙動不審な27歳の女性の医師、
絵本園樹に声をかけられました。

絵本は、非常に面倒くさい性格の持ち主で、
加害妄想をして一方的に喋りつづけることがあります。

敵味方関係なく、怪我の治療さえできればそれでいい、
ということで、周囲に怪我人が多い西東の傍にいるのだそうです。

早くも、浅野みいこの解毒剤を絵本から貰い、
いーちゃんと崩子は、絵本に案内されて美術室に行きました。

すると、そこには、いーちゃんを心配して、福岡から歩いて駆け付けた出夢がいて、
ついでに澪標深海と澪標高海の双子の姉妹を倒していました。

出夢は澪標姉妹から、哀川が第二体育館に向かっていることを聞いていたので、
絵本を美術室に残し、いーちゃんと崩子と出夢も、体育館に向かいました。

すると、階段の下で西東が待っていて、
いーちゃん達を体育館に案内してくれることになりました。

その際、西東にとって、哀川潤は、姉の子であり、自分の子供だと言いました。
つまり、西東は実の姉と、そういうことをしていたのでした。

また、西東の姉2人は、
西東準(じゅん)と西東順(じゅん)という名前だったのだそうです。

体育館に着くと、西東は、いーちゃんが持っている錠開け用ナイフで、
扉を開けさせます。

そのナイフは、元々は≪十三階段≫の1人である古槍頭巾が作ったもので、
零崎人識のものになり、哀川が人識から手に入れ、
それをいーちゃんが哀川から譲り受けた、という曰くつきのものでした。

体育館の中に入りながら時刻を確認すると、
間もなく日付が変わって10月になろうとしていました。

体育館の中で哀川を待ちながら、≪十三階段≫ってのは、
十二人、プラス一人なのだと、西東は言います。

そこへ、扉の向こうから哀川と萌太がやってきますが、
その2人の後ろに、もう1人、
幼稚な狐のお面を被り、浴衣を着た小さなシルエットがありました。

そして、哀川と萌太はその存在に気づいていませんでした。

西東が、「俺の孫」に、「好きにしろ」と言うと、
そのシルエットの腕が、哀川と萌太に伸びました。

その人物こそが、いーちゃんのER3システム時代の重要人物である、
橙なる種(だいだいなるしゅ)、代替なる朱(だいたいなるしゅ)の、
想影真心(おもかげ・まごころ)でした。

そしてこの話は、「ネコソギラジカル(中) 赤き征裁 vs. 橙なる種」に続きます。

星新一「蛍」のネタバレ解説

その子らに 捕えられんと 母が魂(たま)
 蛍となりて 夜を来たるらし

窪田空穂(うつぼ)という歌人に、
そんなふうによまれた蛍の名所に、観光バスがやってきました。

何人かの客をおろすと、バスは走り去っていきます。

しかし、天然記念物の蛍たちは、
ハエ、カ、ノミを一掃するために空中にまかれた殺虫剤のせいで、
絶滅寸前でした。

このへんの旅館の主人たちは、冷たい色の豆ランプをつけた、
小さなヘリコプターを飛ばして、蛍に見せかけました。

川のむこうは、天然記念物地帯と称し、
立ち入り禁止にされていました。

だから、絶滅をまぬがれた本物の蛍も、ごく少しだけはいましたが、
元気に飛び回る人工蛍にくらべると、見おとりがし、
光もずっと弱いので、本物は少しはなれて集り、
おとなしく飛んでいました。

旅館のはじのほうの、いちばん安い部屋では、
若い男女が蛍を眺めながら、いつになったら結婚できるのか、
と小声でささやき合っていました。

男は、みんなぼくがいけないんだ、と言い、
いまの社会では、人間らしさが多くては出世できない、
機械になりきるか、機会の付属品になれる者かでないと、
収入が多くならないんだ、と言いました。

何匹かだけ仲間はずれにされている、
光が弱い蛍たちを見て、自分たちみたいだ、と男女は言いました。

男女に見つめられながら、本物の蛍のむれは、
一生懸命に飛びつづけていました。

というあらすじなのですが、
人工の蛍を、機械になりきって働く人にたとえ、
本物の蛍を、人間らしさの多い人にたとえているのでしょうね。

人間らしさが残っている人だけが、本物を見つけることができる、
というオチなのではないでしょうか。

ちなみに、最初に短歌をよんでいる窪田空穂さんは実在の歌人で、
この歌に出てくる「母」は自分を産んだ母親のことではなく、
幼い子を残して亡くなった最愛の妻のことなのだそうです。

それを踏まえて冒頭の歌を読むと、余計にせつなくなります。

星新一「友好使節」のネタバレ解説

正体不明の物体が地球に接近しつつある、
と天文台から発表があり、世界中が大さわぎとなりました。

侵略にきたのだったら、何かぶちこまれて終わりですが、
宇宙人を大歓迎してまるめこもう、という作戦が決まりました。

外交官たちによる歓迎委員会が発足し、準備されました。

空港から宇宙船にむけて、明るい明滅する光線が出され、
ここに降りてくださいとメッセージを送りました。

巨大な宇宙船が空港に着陸するのを、
テレビを通じて配信していました。

礼服に威儀を正し、居ならぶ歓迎委員たちの前に、
宇宙船は着陸し、宇宙人が姿をあらわしました。

その宇宙人たちは、1つの頭を持ち、
2本の足で立っていましたが、細長い胴の両側に、
たくさんの手がならんでついていました。

あっ、なんという形だ、このゲジゲジ野郎、
と歓迎委員たちは思いましたが、顔色ひとつ変えず、
やわらかな微笑を浮かべ、宇宙人たちにあいさつしました。

歓迎の言葉を聞いた宇宙人たちは船内に戻り、
翻訳機と精神判読機の結果を調べました。

翻訳機では、地球人たちはていねいに歓迎の言葉を述べた、
と解読されましたが、精神判読機では、
地球人たちは宇宙人たちに好意を持っていなくて、
敵意と軽べつを、いだいている、と判読されました。

正反対の結果に、
地球との友好を進めにはるばるやって来た宇宙人たちは、
何本もの腕を複雑に組み合わせて首を傾げました。

地球人たちは神経がねじれていて、
感情と表現が宇宙人たちと逆になっている、
という結論が出されました。

友好の意を伝えるためには、反対の言葉を伝えなければならない、
ということになり、宇宙人たちは地球人に差し出されたマイクに、
やってきて悪かったな、このうすぎたないサル野郎ども。
(中略)どいつもこいつも、さっさとくたばっちまえ

とメッセージを読み上げたのでした。

というあらすじですが、本音と建前を使い分けるのは地球人だけで、
宇宙人たちにはそのような習慣がなかったため、
混乱を招いてしまったのでした。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。