赤川次郎「杉原爽香43歳の秋 栗色のスカーフ」のネタバレ解説

栗色のスカーフ: 杉原爽香(43歳の秋) (光文社文庫)


ある日、爽香は付き合いのある会社で、浅野みずきという女性が受付で騒ぎ、
久留修二という男に罵詈雑言を浴びせかけているのを目撃しました。
みずきは久留と不倫していたのにこじれてしまったのです。

その夜、久留は別の不倫相手の貫井聡子の家に行きます。
すると、そこにみずきが押し掛けてきて、聡子の部屋で自殺してしまいました。

久留は、妻の由美に電話し、由美の父親の小田宅司を呼び出します。
小田宅司は定年退職する前は警視正だった男です。

小田の判断で、久留はみずきの死体を遠くに埋めました。

一方、爽香のところへ有本縁から、
M地建の会長、蔵本正史が亡くなったという知らせが来ます
(有本緑は、「新緑色のスクールバス」に登場した旧姓滝井緑です。
有本哲也と結婚して苗字が変わっています)。

田端が駆けつけるべきか判断するため、まずは爽香が蔵本の家に行きます。

すると、家出するために塀を乗り越えていた、蔵本泰子の下敷きになってしまいます。
泰子は正史の孫娘で、16歳です。

家に通されて怪我の手当てをしていると、
蔵本の親戚の沢本充がやってきて、泰子の叔母とラブシーンを演じ始めました。
爽香が自分の存在を知らせると、2人はやめました。

帰りに、爽香は泰子から頼みごとをされます。
ネットカフェにいる「ボブ」という男に、
正史が亡くなったと知らせてほしいと言われました。
爽香がどう見ても日本人の中年男性の「ボブ」に言うと、
「ボブ」はネットカフェを飛び出していきました。

正史の通夜に、みずきの妹だという小百合という女が現れ、
久留に詰め寄りました。爽香はそれを目撃します。

久留は小百合と場所を改めて話をすることにします。
しかし、久留は不安になり、聡子に相談しました。
さらに、聡子は小田に相談します。

小百合が指定されたホテルの部屋に行くと、
毒殺された聡子の死体がありました。
久留と小田は、小百合を共犯者に仕立て上げたのでした。
小百合は横領の罪で故郷を離れており、
会ったこともなかった生き別れの姉、みずきを頼ろうと上京していたのでした。

久留は小百合に好意を抱き、そういう関係になります。
小百合は、最初はお金を手に入れ、久留の弱みを握ろうとしただけだったのですが、
やがてこんな男のために姉は死んだのかと、虚しさを覚えました。

一方、明男が娘の珠実を連れてファミレスに行ったとき、大宅栄子と出くわします。
栄子はわざと、栗色のスカーフを忘れていき、それを明男に届けさせました。
栗色は栗の中身ではなく外側の色でした
(ちなみに、このスカーフの栗色について明男と栄子が話をする場面が、
1冊の中に2回もあります……。
演出ではなくミスだと思うので、重版するときには直してほしいです)

栄子は別の男性と結婚を考えていましたが、
その前に明男と数時間でいいから関係を持ちたいと言います。
しかし、栄子の娘が帰ってきたため、その話は流れました。

また、爽香の姪の杉原瞳にもスポットが当たります。
瞳は現在16歳の女子高校生で、これまでにも何度も登場していましたが、
単なる「姪」ではなく1人のキャラクターとして焦点が当たるのは、
今回が初めてです。

瞳は合唱部の先輩の那山みちるに恋心を抱いていました。
みちると話をするだけで、瞳は幸せな気分になります。
しかし、以前から瞳を振り向かせようと必死な、
別の高校のプレイボーイ、水沼登が登場します。

瞳は男の子には興味がなく、女の子が好きなのですが、
そんなことを知らない自信過剰な登は、
瞳が自分を好きにならないのが気に食わず、ムキになっていました。

登はみちると関係を持ち、さらに瞳も自分の女にしようとします。
瞳は激しい怒りを覚え、絶対に許さないと思いました。

一方、爽香は、泰子、泰子の母の明子、泰子の父の正一郎と、
3人から同時に相談されてしまいます。

泰子は「ボブ」=本木重治が正史を憎んでいたことについて相談します。

明子は、泰子は正一郎と結婚する前に付き合っていた男性の子供だ、
ということについて相談します。

正一郎は、爽香をG興産から引き抜こうとしましたが、爽香はそれを断りました。

後日、爽香田端真保に呼び出され、
田端が妙な占い師カルメン・レミに入れ込んでいるから何とかしてほしい、
と頼まれます。

爽香が消息屋の松下に頼んで調べてもらうと、
カルメン・レミは田端に、爽香をクビにするようにと助言していました。

それを聞いて心配した明男は栗原英子に相談しました。
爽香が英子にカルメン・レミの顔写真を見せると、
英子は、昔女優だった如月姫香に似ていると言いました。

如月姫香の娘だったカルメン・レミは、「英子が如月姫香から仕事を奪ったと逆恨みし、
英子をナイフで刺そうとしましたが、それはカルメン・レミの誤解でした。
カルメン・レミが爽香と敵対していたのは、
爽香が英子と仲が良いと知っていたからなのでしょう。

泰子は家出し、しばらく爽香の家にいましたが、さらにそこからも家出し、
本木重治と逃避行してしまいます。
ただし、泰子と重治の間には恋愛関係はなく、代わりに信頼関係がありました。
重治は病に冒されており、自殺をするために湖の近くのホテルでしばらく泰子と滞在した後、
自殺してしまいました。

重治は蔵本正史の隠し子だったのです。
『ボブ』というのは昔蔵本家で飼っていた犬の名前で、
ボブより大事にされていないから、という理由で重治はそう名乗っていたのでした。

同じく隠し子の沢本充から、泰子はそのことを聞きました。
泰子は、正一郎と血が繋がっていないことも、正一郎に伝えますが、
正一郎はそのことを受け止めました。

久留は聡子殺害の容疑で逮捕されそうになりますが、
そのときは小田と一緒にいたからアリバイがあると主張します。
しかし、そこに改心した小百合が現れ、
小田と久留が共謀して聡子を殺したのだとぶちまけます。

杉原瞳は、憧れの先輩である那山みちるを奪い、
ストーカーと化していた水沼登をナイフで刺そうとしますが、
明男に見つかり取り上げられてしまいました。

瞳は爽香に、自分は女の子が好きなのだと打ち明けます。
すると爽香は、瞳が同性愛者であることを肯定します。
その結果、瞳は少し楽になりました。

これにて大団円――と言いたいところなのですが、
明男は人混みの中で揺れている栗色のスカーフを発見してしまいました。


というあらすじなのですが、もうこのシリーズは不倫がテーマなのだと理解したので、
明男と栄子の関係についてはもう突っ込みを入れません。

瞳がカミングアウトしたのを爽香が肯定したのは、
渋谷区で同性パートナーシップ条例が施行されたり、
ディズニーランドで女性同士で結婚式を挙げたのが話題になったりした、
今の時代の流れを反映している気がしますね。

昔だったら、そのうち男の子を好きになるだろうから~と、
全く同性愛者を理解していない発言をし、
瞳を傷つけていたかもしれない場面ですから。

こういうのも、キャラがリアルタイムで年齢を重ねていくシリーズの
面白さの一つではないかと思います。

湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」1話「マイディアレスト」のネタバレ解説

ポイズンドーター・ホーリーマザー


この「ポイズンドーター・ホーリーマザー」は、
ノン・シリーズの連作短編集です。
ただし、表題作になっている最後の2話分だけは話が繋がっています。

1話目の「マイディアレスト」は、
主人公の女性(40歳未婚・処女)が、
妹の有紗が通り魔に殺された事件について、
刑事たちに語りかけるシーンから始まります。

最近、主人公が住んでいる地域では、
妊婦ばかりを狙った通り魔殺人が連続していました。

有紗が殺されたとき、自分は子猫の蚤取りをしていたのだ、
と主人公は説明しました。

主人公は、自分が子供の頃から、いかに母親に束縛され、
母親のせいで男性恐怖症になったのに、
有紗は母親に放置されていたため奔放だったことを語ります。

有紗は出来ちゃった結婚をし、里帰り出産するために、
主人公が住んでいる実家に帰ってきました。

しかし、有紗はことあるごとに主人公を馬鹿にします。

スカーレットという子猫の名前から始まり、
主人公の部屋にあるロマンス小説の設定、
主人公がスカーレットの蚤をせっせと取ってあげていることすら、
馬鹿にする材料にします。

そして、有紗が殺された日、「有紗はスカーレットを外に出してしまいました。
すると、スカーレットは雄猫と交.尾をしていました。

それを見た有紗は、スカーレットに先越されちゃったね、
と主人公を馬.鹿にしました。

主人公はその言葉に逆上します。
有紗の膨らんだお腹が、蚤の丸いお腹と重なり、
主人公は『蚤取り』と称して有紗を近くに会った角材で殺しました。


というあらすじなのですが、1話目からパンチが効いてますね。

ちなみに、この話の雑誌掲載時のタイトルは「蚤取り」でした。

ところで、「有紗殺し以外の通り魔殺人の犯人については明言されていませんが、
その犯人もおそらく主人公だと思います。

有紗が帰ってきた前後から通り魔が出没するようになったので。


(ポイズンドーター・ホーリーマザー 1話 2話 3話 4話 5話 6話

東野圭吾「人魚の眠る家」のネタバレ解説

人魚の眠る家


これは、脳死や臓器移植といった問題に鋭いメスを入れる小説です。

まず、プロローグ。
宗吾という小学五年生の男の子が、
大きなお屋敷の前で帽子を飛ばされてしまいます。

屋敷の中に入ると、車椅子に乗って眠っている女の子を見つけました。

その女の子の母親とも会い、女の子に対してまだ起きないのかなと訊くと、
今日は起きないんじゃないかな、と母親は答えました。

それを聞いた宗吾は、女の子に対して「人魚」というイメージを抱きました。
人魚は歩くことができないからです。


第1章「今夜だけは忘れていたい」
主人公の播磨薫子には、長女の瑞穂と、その弟の生人という子供たちがいます。
夫の和昌は、和昌の不倫が原因で、現在別居中です。

しかし、瑞穂が私立の小学校に入学するためのお受験をすることになり、
そのために仲の良い夫婦を演じることにしました。

ところが、そこへ、瑞穂がプールで溺れたという報せが入ります。
瑞穂は、薫子の母の千鶴子と、薫子の妹の美晴、美晴の娘の若葉と、
4人でプールに行っていたのですが、排水溝から指が抜けなくなり、
そのまま意識不明の状態になってしまったのだそうです。

担当医の進藤は、瑞穂は脳死の可能性が高く、
臓器移植をするかどうかという話をしました。
提供者が子供の場合は、親の同意があれば臓器移植をできることになっているのです。

一晩考えることにして、薫子と和昌は、別居するまで住んでいた屋敷に帰ります。

薫子はそこで、瑞穂が元気だったときのエピソードを思い出しました。
公園で四葉のクローバーを見つけた瑞穂は、自分は充分に幸せだから、
他の人のためにクローバーを残してあげる、と言っていました。

瑞穂がもしも意思表示をできるのなら、
自分の身体の一部を誰かのために使ってあげて欲しい、
と思うはずだから、と薫子は考え、臓器移植の意思を固めました。

ところが、脳死テストの前に最後のお別れをしようとすると、
薫子と和昌が握り締めていた瑞穂の手が、動きました。
それに気付いた薫子は、瑞穂は生きていると言い、臓器提供を拒否しました。

それから、薫子は母親の千鶴子と二人で、自宅で瑞穂の介護をすることにしました。

薫子は、親しくしていたクリニックの榎田博樹医師と会います。
事故の前はいい雰囲気になっていましたが、瑞穂のことがあり、
二人は別れてしまいました。


第2章「呼吸をさせて」
和昌は、ハリマテクスという、
身体に障害を持つ人の助けになる研究をしている会社の社長です。

ある日、部下の星野裕也から、機械で横隔膜を動かして呼吸させる、
横隔膜ペースメーカーというものがあると教えてもらいました。

和昌は薫子と相談し、瑞穂にそれまで付けていた人工呼吸器を、
横隔膜ペースメーカーに変えました。
それには凄いお金がかかったのですが、薫子は介護のために働くことができないので、
全額和昌が負担しました。

横隔膜ペースメーカーに変えてから、瑞穂の体調は良くなっていきました。
身体が動くこともあったのですが、意識は相変わらず戻っていませんでした。

さらに星野裕也は、瑞穂の筋肉に電気信号を流して、
瑞穂を動かせるようにしました。

トレーニングのために、星野は頻繁に薫子の家を訪問するようになります。
薫子は星野をとても尊敬しており、星野の方も薫子に恋心を抱くようになっていました。


第3章「あなたが守る世界の行方」
星野には真緒という恋人がいました。
しかし、瑞穂のトレーニングを始めてから疎遠になり、
別れる一歩手前という状況になってしまいました。

真緒は、星野を尾行して、薫子の家に通っていることを突き止めます。

ある日、真緒は星野がいないときに薫子の家を訪問し、瑞穂を紹介してもらいます。
薫子が瑞穂を動かすのを見て、真緒は動揺しました。

そして、機械で操作していないときも瑞穂が動き出し、
真緒は恐怖を覚えて逃げ出してしまいました。

薫子も後でそのことに気付きます。
真緒が来たことは内緒にして、機械を使っていないのに瑞穂が動いた、
と星野に言うと、星野は、エコー現象というものだと言いました。

その前の電気信号が残っていて、
ちょっとした刺激で前と同じ動作をすることがあるのだそうです。


第4章「本を読みに来る人」
プールの事故から二年が経過し、瑞穂は特別支援学校の二年生になりました。

新章房子という新しい先生が、瑞穂に絵本の読み聞かせをしに通ってきます
しかし、薫子は新章房子に不信感を抱いていました。

場面が変わります。
門脇五郎は、昔勤めていた企業で、野球部員をしていました。
そのときバッテリーを組んでいた男の娘、雪乃が心臓病になったことを知ります。

門脇は、雪乃のために「ユキノちゃんを救う会」を設立し、募金を募ります。

世間からバッシングを受けながらも活動を続けていたとき、、
新章房子と名乗る女が現れ、活動を手伝ってくれるようになりました。

新章房子は、多くの矛盾を孕んだ現行の法律のせいで、
脳死と推定される患者やその親、移植を待つ子供やその親など、
大勢の人達が苦しめられている、という自論を語りました。

結局のところ、日本で子供の臓器を提供してもらうのが難しいのは、
脳死と思われる子供の両親が提供を拒んでいるせいだ、と新章房子は言います。

その結果、国内で移植してもらえば数十万円の出費で済むはずが、
アメリカに行くしかないせいで二億円以上のお金がかかってしまうのです。

外国から見ても、本来なら自国の子供に提供されるはずだった臓器を、
日本が大金を払って奪っていくようなものであり、
外国から非難されて当然です。

しかし、脳死と思われる子供の両親が提供を拒むのは、
脳死判定するかどうかの判断を両親に委ねる法律に問題がある、と彼女は言います。

我が子の死を認めたくないのは当然のことであり、
認めたくないから脳死判定もしない、ということになってしまっています。

外国と同じように、脳死の可能性が高いときは強制的に判定するべきです。
日本の法律がそうなっていないのは、責任を取りたくない政治家や役人のせいだ、
と新章房子は言いました。

新章房子は、入院中の雪乃と面会し、ぬいぐるみをプレゼントします。
さらに、雪乃のためにと、門脇に百万円が入った封筒を渡しました。

しかし、その数日後に雪乃は手術を受けることもできずに亡くなってしまいます。

雪乃の葬儀で、雪乃の臓器を他の病気の子供のために提供した、
という両親の話を聞き、新章房子は泣きました。

また場面が替わります。
新章房子は薫子の家を訪れ、「自分の名前を騙った人がいた、という話をしました。
門脇が百万円を返すために新章房子を探し、別人だと気付いたのでした。

上記の『ユキノちゃんを救う会』に現れた新章房子の正体は、実は薫子でした。
新章房子が持っていた『ユキノちゃんを救う会』のチラシを見た薫子は、
気になって門脇に接触していたのです。

臓器提供をする側とされる側の親、という立場を逆転して物事を見た薫子は、
雪乃の両親の言葉に救われたのでした。


新章房子は、これからも絵本の朗読を続けることになりました。


第5章「この胸に刃を立てれば」
瑞穂の弟の生人が小学校に入学するときに、薫子は瑞穂を学校に連れて行きました。
そのせいで生人は好奇の目で見られ、イジメに遭いそうになります。

しかし、薫子はそんな生人の異変に気付きません。

ある日、薫子の妹の美晴と、その娘の若葉がお見舞いにやってきます。
そのとき生人は、お姉ちゃんが生きてるなんて、嘘でしょ?と訊きます。

学校でクラスメート達から言われた言葉でした。

それに対して若葉が「それ、いっちゃだめ」と言い、美晴が若葉を叱責します。
若葉は父親(美晴の夫)から、もう瑞穂に会いに行くなと言われていたのでした。

薫子はようやく、自分以外の全員が瑞穂は死んでいると考えており、
自分の前でだけ瑞穂が生きているかのような演技をしていた、と気付きます。

それからしばらくして、薫子は生人の誕生日会を開こうとします。
そのときに生人のクラスメートを呼び、
瑞穂を星野に「動かして」もらったところを見せよう、と考えていました。

しかし、生人はいじめられないようにするために、
瑞穂はもう死んだとクラスメート達に言っていました。
嘘がバレてしまうので、クラスメートは呼びませんでした。

薫子がお姉ちゃんに謝りなさいっと叫び、生人の頬を叩きます。
しかし、和昌が薫子の頬を叩き、人には色んな考え方があるのだから押し付けるな、
と言いました。

すると薫子は台所から包丁を持ち出し、自ら警察を呼びました。

警察の前で、瑞穂は既に死んでいる可能性が高く、
この子の胸に包丁を突き立てたら私は罪に問われるのか、と訊きます。

心臓は動いているけど、瑞穂はとっくに死んでおり、
それを薫子が認めないだけなのだとしても、それでも殺人になるのか、と。

ところが、それを若葉が止めました。
瑞穂が溺れたのは、自分が落とした指輪を瑞穂が拾おうとしたからなのだ、と。
若葉がもう少し大きくなったら瑞穂ちゃんのお世話をするから殺さないで、
と頼み、薫子は包丁を下ろしました。

薫子は若葉を抱き締め、生人にはもう瑞穂の話は学校でしなくていい、と言いました。


第6章「その時を決めるのは誰」
星野は、薫子に、もう来なくていいと言われました。
薫子は、真緒が家に来ていたことを話します。
真帆とはもう別れたと星野が言うと、連絡をとってみたらと言われました。

メールを送ると、約束した時間に真帆がやってきてくれました。

一方、真帆は榎田博樹と再会し、彼が結婚したことを知りました。

プロローグの宗吾と出会ったシーンが、薫子の視点で描かれます。

そして瑞穂が4年生になる3月31日、薫子は夜中に目を覚まし、
すぐ傍に「瑞穂が立っているのを見ました。
ただし、本当に立っていたわけではなく、そう感じたというだけです。
瑞穂は薫子にお礼を言っていたように、薫子には感じられました。

その後、瑞穂の容態が急激に悪化し、
薫子と和昌の希望で脳死判定を受けることになりました。


瑞穂の脳死が確定しますが、その日は4月1日でした。

しかし、薫子は、瑞穂が死んだのは夢枕に立った3月31日だったと主張し、
公式の書類以外ではそう通すことにしました。


そして、エピローグです。
再び、宗吾が登場します。
実は、あの後宗吾は「心臓病になり、瑞穂の心臓を提供されていたのでした。
この心臓の持ち主はきっと幸せだったに違いない、
」と宗吾が考えたところで、
この物語は幕を閉じます。


というあらすじなのですが、非常に暗くて、読むのが苦しかったです。

答えを出せない問題に答えを出さなければならない、という話だったと感じました。

途中まで、宗吾の存在意義が謎だったのですが、エピローグを読んで、
このために登場させたキャラだったのか、と納得しました。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。