時雨沢恵一「キノの旅」19巻3話「秀才の国」のネタバレ解説

キノとエルメスは、
他の旅人から「完成度が高い国」と評されていた国を訪れます。

実際、その国は噂に違わぬ、過ごしやすい国でした。

役所へ行き、その理由を訊いてみます。
すると役人は、次のように答えました。

まず、この国で生まれた子供は十五年間、
自分の両親や家族にも会えずに、
国が運営する保育施設で育ちます。

育児は、すべて育児のプロフェッショナルが行います。

こうして、すべての国民が「秀才」になるから、
他の国よりも優れているのだろうと役人は言います。

この国には、「天才はいない。だが、秀才は育て上げることができる」
という言葉があるのだそうです。

しかし、キノはそこで疑問を覚えました。
中には、教育に反抗したりついていけない人もいるのではないか、と。

すると役人は、「検査で規定の数値に達しない『不良品』は、
廃棄処分にするのだと言いました。


合理性も、行き詰めすぎるとディストピアになってしまいますね……。

1つ前の「天才の国」と対になる話ですが、
しまうましたは、どっちの国にも生まれたくないですね……。
プロフィール

Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。

スポンサードリンク
このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年3月11日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。