時雨沢恵一「キノの旅」19巻1話「美しい記憶の国」のネタバレ解説

キノとエルメスは、以前師匠が教えてくれた国へ向かっていました。

「忘れようとしても忘れられない」国だったのだそうですが、
その詳細は一切教えてくれず、
キノは凄く気になっていました。

そして、ワクワクしながらその国に入った瞬間、
その国を通り過ぎていました。

エルメスによれば、キノは入国して3日間その国を堪能した後、
出国したのだそうです。

しかし、キノにはその記憶がありませんでした。

するとエルメスから、キノ自筆の手紙を読むように言われます。

その手紙によると、
その国では滞在中の記憶を出国時に消すことになっており、
キノもそれに同意していたのでした。

師匠もその国の詳細を教えてくれなかったわけではなく、
教えることができなかったのでした。


というあらすじなのですが、
その薬が毒薬だったらどうするつもりだったんでしょうねー。

あるいは生まれてから全部の記憶を消されて、
新しい人格を植え付けられてしまったりとか……。

少なくとも、しまうましたはそんな薬は怖くて飲めないですねw

今まで何度も毒殺されそうになっていたキノにしては不用心な気もしますが、
それだけその国が魅力的だったのでしょうね。

ちなみに、この国の中で何をやっていたのかは、「水着の国」で明かされています。

(追記;アニメ2期9話「いろいろな国」は、12巻口絵1「山賊達の話」
12巻9話「徳を積む国」17巻9話「料理の国」10巻口絵2「ティーの願い」
19巻1話「美しい記憶の国」10巻5話「こんなところにある国」を組み合わせて、
1話分の話にしていました。)

(キノの旅19巻 口絵 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 プロローグ あとがき
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦対十二大戦 (JUMP j BOOKS)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
ネタバレ部分は白字にしてあるので反転してお読みください。
荒らし対策のため、コメントを承認制に変更しました。承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2018年2月12日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ(タブ)
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。