湊かなえ「リバース」のネタバレ解説

リバース


まずは表紙についてのコメントですけど、この表紙、ちょっと気持ち悪いですよね。

コーヒー豆をモチーフにしているのは分かるんですけど、
ブツブツみたいに見えて生理的に気持ち悪いです。
文庫版を出すときは違う表紙にしてくれないかなあ……と思います。
ストーリーもあれな感じなので、内容に合っていると言えば合っていますが。

表紙についてはこれくらいにしておき、本編のネタバレ解説をします。

主人公である24~25歳の深瀬和久は、ニシダ事務機械株式会社に勤める営業マンです。

7月某日。
深瀬は、大学時代に同じゼミだった浅見康介が教師をやっている、
神奈川県立楢崎高校に、商品を届けに行きました。
浅見と会話をして別れた後、浅見の同僚の木田瑞希という女性から、
浅見のことについて探りを入れられます。
どうやら木田瑞希は浅見に好意を抱いている様子でした。

会社に戻ると、深瀬は同僚たちにコーヒーを淹れてあげました。
深瀬の趣味はコーヒーなので、同僚たちから人気でした。

深瀬は会社の帰りに、夫婦で経営しているコーヒー豆専門店の「クローバー・コーヒー」に寄りました。
深瀬がいつもコーヒー豆を買っているお店で、店内には小さいながらも喫茶スペースがあります。

深瀬は「クローバー・コーヒー」の奥さんから、蜂蜜をもらってくれないかと訊かれます。
コーヒーに入れたらどうか、と深瀬は言いながら、
大学時代に同じゼミだった広沢由樹(よしき)のことを思い出しました。

大学時代、広沢も実家から大量の蜂蜜が送られてきたからと、深瀬にお裾分けしたことがあったのです。
そのときも、コーヒーに蜂蜜を入れて飲み、美味しかったという思い出がありました。

また、深瀬は恋人の越智美穂子との出会いについても回想します。
深瀬が美穂子と出会ったのは4ヶ月前のことでした。
美穂子もクローバー・コーヒーの常連客で、マスターと奥さんに後押しされる形で付き合い始めました。

この7月某日も深瀬は美穂子とクローバー・コーヒーで待ち合わせしていたのですが、
美穂子は店にやってきませんでした。
電話してみると、美穂子は深瀬の住むアパートの前にいるのだそうです。

アパートに帰った深瀬は、美穂子から、『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた紙を見せられました。
その告発文は、美穂子の働いているパン屋に届けられたのだそうです。

そして、深瀬は美穂子に、大学時代の苦い思い出について話し始めました。
ここから長い回想が始まります。

深瀬和久、広沢由樹、浅見康介、村井隆明、谷原康生の5人は同じゼミに所属していました。
3年前の夏、大学4年生のときに、斑丘高原に行かないか、と村井が他の4人を誘いました。
村井の叔父が、斑丘高原に別荘を持っているのだそうです。

ただ、谷原と村井は既に就職の内定が出ていましたが、浅見は教員採用試験の最中で、
深瀬と広沢はまだ内定がないという、微妙な状況でした。

それでも5人で斑丘高原の別荘へ行くことになったのですが、
当日、村井の彼女が事故で怪我をしてしまい、
村井だけ欠席することになってしまいました。

別荘へ行く途中、深瀬は事前に調べてあった水蕎麦があるお店へ行こうと提案しますが、
広沢だけはどうしてもカレーが食べたいからとレストランへ行きました。

また、途中のサービスエリアで深瀬たちはパンや野菜など、料理の材料を購入します。
その際、「森川さんちのハチミツ」という、大量生産ではなく個人が作った感じの蜂蜜も購入しました。

狭い山道を通って別荘に到着すると、村井が用意していてくれた高級肉や、
用意しておいたお酒などを飲むことにしました。
が、深瀬と広沢が自分たちはお酒が飲めないと言うと、谷原がキレ始めました。

ここで深瀬は初めて、自分がアルコールに対してアレルギーがあることを告白しました。
すると広沢は深瀬に気を遣ったのか、自分はお酒を飲んでも眠くなるだけだからと、お酒を口にしました。

そんなタイミングで、村井から電話がかかってきました。
村井は今、駅まで来ているので、迎えに来てほしいのだそうです。
ところが、運転免許を持っている浅見と広沢の二人は、どちらもお酒を飲んでしまっていました。
しかも、外は台風が来ていて荒れています。

タクシーを呼べと言っても村井はゴネ、浅見は自分は教員試験の最中だからと断ります。
そして、広沢が迎えの運転をしろと押しつけられてしまいました。

深瀬は、せめて目覚まし代わりになればと、蜂蜜入りのコーヒーを広沢に渡しました。

ところが、広沢は運転を誤り、崖から転落して車が炎上し、亡くなってしまいました。

広沢が飲酒していたことは伏せて、深瀬、村井、浅見、谷原の4人は広沢の両親に謝罪しました。
広沢の両親はいい人たちで、葬式でもいい位置に深瀬たちを座らせました。

ここで一旦、回想終わります。

広沢の死についての告白を聞くと、美穂子は、広沢の死について、
「(深瀬は)無罪って言わないと思う」と言い、去っていきました。

それ以来、深瀬は美穂子と会うのが怖くなり、「クローバー・コーヒー」にも行けなくなりました。

数日後、楢崎高校へ行った深瀬は、木田瑞希から、
浅見の車に『浅見康介は人殺しだ』という告発文が貼られており、話題になっていると教えられました。

その帰りに、村井から個室のある料理屋へ呼び出されました。
料理屋へ行くと、村井の父親の選挙事務所にも告発文が貼られていたのだと言われました。
浅見は広沢の死以来、酒を断っていたのですが、村井は今でも飲酒をしており、
深瀬は不快感を覚えました。
村井は、浅見と谷原が共謀して広沢を事故に見せかけて殺したのではないか、
という説を披露しましたが、深瀬は何も言い返しませんでした。

さらに数日後、深瀬は「クローバー・コーヒー」とは別のコーヒー豆専門店で豆を購入し、
愛媛県産の蜂蜜が塗られたトーストを食べました。
そのとき村井から、もう一度会いたい、谷原が線路に突き落とされた、というメールが届きます。
ただ、谷原は助かり、怪我もありませんでした。

深瀬、村井、浅見の3人で告発文について相談した後、会社を休んでいる谷原の家を訪れます。
そして深瀬は自分から、告発文を送った犯人捜しを自分がやりたいと言いました。

深瀬は広沢について知るために、「広沢由樹は」から始まる文章をノートに書き貯め始めました。

深瀬は愛媛県の広沢の実家を訪れ、お墓参りをしながら、広沢の父親に広沢について訪ねます。
すると広沢の父は、広沢は大学を卒業したら一年間外国に行きたいと言っていたことが判明しました。

また、広沢の父に紹介してもらった、松永陽一という広沢の同級生から話を聞きます。
松永は、小学校中学校時代の広沢は野球の強いスポーツマンだったと言いました。

広沢の母親からは、古川という名前の、広沢の高校時代の友達の存在を教えられます。

上田麻友、吉梅あおいという広沢の同級生からは、
あおいが高校のときにいじめの対象になりそうだったとき、
広沢から庇ってもらったという話を聞きました。

その話を聞いたとき、深瀬は広沢のことを理解しました。
広沢は争いごとが嫌いだから、あの台風の夜にビールを飲み、村井の迎えを引き受けたのだと。

さらに、高校時代に広沢が所属していたバレー部のキャプテン、岡本翔真からも話を聞きます。
岡本は凄くイヤミな性格の持ち主で、
広沢は本来ならばスクールカースト上位のグループに入れるはずなのに、
広沢の親友気取りの古川大志という地味な奴がそれを邪魔していた、
という感じのことを言いました。
一応、深瀬は古川の連絡先を聞きます。

そして深瀬は帰りの飛行機の中で、上田麻友から借りた卒業アルバムの中に、
思いがけない顔を発見したのでした。

それはともかくとして、深瀬は以前コーヒー豆を買った店で古川と会いました。
古川は、広沢の彼女について話します。
ある日、古川と彼女が二人きりになったのですが、
そのとき周囲からヒソヒソされたのがトラウマになりました。
古川は、本来ならば高い場所にいるはずの広沢を、
低いところに引きずりおろしていたのだと考えるようになりました。

そしてそれは、深瀬にも同じことがいえるのではないか、と深瀬は考えました。
自分は広沢の親友のつもりだったけど、
それは広沢が自分に会わせてくれていただけだったのではないか、と。

古川は広沢を解放しようと、「おまえみたいな偽善者と付き合うのは、もうまっぴらだ」
と広沢に言い、絶縁したのだそうです。

その後、古川は広沢の彼女の名前を告げました。

広沢の彼女は「卒業アルバムに顔があった木田瑞希だ、
と深瀬は思っていたのですが、それは勘違いでした。

広沢の本当の彼女は、越智美穂子でした。
……まあ、正直に言うと、しまうましたは、
広沢の死に関する回想があった段階くらいでそうじゃないかなと思ってましたけどね。

深瀬は美穂子を『クローバー・カフェ』に呼び出し、直談判します。

美穂子は広沢の彼女だったことを認め、広沢が死ぬ直前にギクシャクしていたことを話しました。
広沢が一年間外国を旅行したいと言ったとき、美穂子は『就職しないのなら別れる』と言いました。
すると広沢はちゃんと就職すると言いましたが、美穂子はそのことを後悔していました。

それで、生前の広沢のことをもっとよく知ろうと思い、美穂子はまず浅見に接触しました。
浅見から村井、谷原、深瀬のことを聞き出すと、
美穂子はそれぞれ自然な成り行きを装って接触していたのでした。

そして広沢は生前、古川や深瀬は一緒にいると居心地がいいと思える奴だと、
美穂子に語っていたことが明らかになります。

美穂子は深瀬たち4人に告発文を送り、その反応を見ていました。
谷原は広沢の死を茶化すようなことを言っていたため、美穂子は谷原を線路に突き落としました。

深瀬は『広沢由樹は』で始まる文章を書いたノートを美穂子に見せ、
広沢の両親に懺悔して謝罪すると言いました。

どう頑張っても広沢は生き返らないので、ハッピー・エンドではないかもしれませんが、
ベストなエンドではないかと思います。

と、ここで終わっていればよかったのですがーー。

美穂子は『広沢由樹は蕎麦が食べられない』とノートに書きました。
広沢は蕎麦アレルギーで、だから死んだあの日も、
一人だけ蕎麦を断ってカレーを食べていたのでした。

そこへ、蕎麦の花の蜂蜜を、『クローバー・コーヒー』の奥さんが持ってきました。
その蜂蜜は、飲酒して村井を迎えにいくことになった広沢のコーヒーに深瀬が入れた蜂蜜と、
同じ色、同じ味がしました。

広沢の本当の死の原因は飲酒運転ではなく、蕎麦アレルギーだったのです。

アレルギーというのは人によって症状の程度は違いますが、酷い場合は死に至ることもあります。
山道を運転する途中に症状が出たら、操作を誤って崖から転落してもおかしくありません。

つまり、広沢を殺したのは深瀬だったのでした。


というオチなのですが、
うわああああああっ!!!
と頭を抱えて叫び出したくなりますね。

すべての出来事が、タイトル通り、リバースして(反転して)しまいました。

どこにも救いがないです。
考えられる限り、最悪の結末、最悪の真相です。

でも、「その責任が深瀬だけにあるとは思えないんですけどね。

蕎麦アレルギーというのは代表的なアレルギーの一つですし、蕎麦の花の蜂蜜を売るなら、
原材料くらいは書いておくべきです。

それから、広沢も深瀬のことを特別な友人だと思っていたのなら、
浅見や谷原や村井はともかく、
深瀬だけには何かの機会に教えておくべきだったと思います。

でも、そうすると深瀬を傷つけてしまったり、
谷原とかがキレて和を乱したりすると思って、性格的に言えなかったのでしょうか……。


(他の湊かなえ作品の記事
花の鎖
白ゆき姫殺人事件
母性
サファイア 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話
望郷 1話 2話 3話 4話 5話 6話
豆の上で眠る
山女日記 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話
ポイズンドーター・ホーリーマザー 1話 2話 3話 4話 5話 6話
山猫珈琲 特別収録1 特別収録2 特別収録3

赤川次郎「杉原爽香42歳の冬 えんじ色のカーテン」のネタバレ解説

えんじ色のカーテン: 杉原爽香〈42歳の冬〉 (光文社文庫)


M女子学園に通う、中学三年生の淡口かんなは、
三五歳の冴えないサラリーマン、紀平と付き合っていました。
付き合っていると言っても、添い寝をするだけの関係で、
キスもしたことがないらしいのですが。

ある日の朝、学校をサボったかんなは,
水で濡れているのに気付かずに公園のベンチに座ってしまいます。
すると、通りがかった野口知代という女性が
自宅のアパートまでかんなを連れて行き、着替えをくれました。

そこまではよかったのですが、着替え中に、
知代の血の繋がらない弟、佐伯忠夫がやってきたので、
かんなは逃げるように知代のアパートを出ました。
さらに、かんなの担任の河村布子に、紀平とのことがバレてしまいました。

一方、爽香は社長の田端から、
仕事をしすぎだから一週間休んで温泉旅行にでも行ってこいと言われます。
それを知った布子は、かんなを温泉旅行に同伴させ、
大人としての生き方を見せることでかんなを変えてほしいと頼みました。

淡口かんなの父親、淡口公平は会社の社長をやっており、
M女子学園に多額の寄付をすることでかんなと紀平の件を揉み消すことにしました。

ところが、佐伯忠夫がそれに嘴を入れ、
公平とM女子学園の学長との交渉役をすると言い出しました。
そのことを、ヤ○ザの「社長」の武藤という男に知られてしまい、
忠夫は武藤の言いなりになってしまいます。

武藤の部下の松代という男は、知代に近づき乱暴しようとしますが、
知代が自分の腕を包丁で傷つけたことから後込みしてしまい、思いとどまります。
そしてこの一件で、松代は本気で知代に惚れてしまいました。

また、公平の秘書の玉川早苗が、紀平の勤める会社を訪れ、
紀平とその上司の矢吹典子に、かんなとは何もなかったと証言するようにと言いました。

その数日後、紀平は取引先のK電機の担当から、
土下座して謝ったのに頭からコーヒーをかけられるという屈辱を味わいます。

この一件が紀平という冴えない営業マンを一変させ、
紀平はK電機に放火し、K電機の社員を一人殺してしまいました。

それを知ってしまった典子は、紀平に石油をかけられ、
服を脱がされて脅されてしまいます。
典子は部下である紀平に命乞いをしたのですが、
そのことにプライドを傷つけられ、典子は紀平を殺す決意を固めました。

そして、爽香たちの温泉旅行が始まります。
旅行には、爽香の部下や、久保坂あやめや、かんなの他に、
爽香の甥の涼や、その恋人の岩元なごみも同伴しました。

かんなは退学寸前にまでなったのに懲りておらず、
ホテルを抜け出して紀平と会う約束をしていました。
しかし、かんなが紀平にメモを渡すところを爽香が目撃し、
涼たちの活躍で紀平が向かいのホテルに泊まっていることを突き止めました。

その頃、武藤から一億円というお金を要求され、
淡口公平と学長はその要求を完全につっぱねました。
玉川早苗から相談を受けていた「消息屋」の松下は、
武藤から報復されるだろうから気を付けろと忠告し、爽香にもそのことを知らせます。

案の定、武藤は、かんなを忠夫に暴行させることで復讐しようとしていました。
そのお目付役として松代が選ばれました。
松代にそのことを教えられた知代は、松代に思いとどまるように言い、
忠夫に連絡をとろうとしますが繋がりません。
いてもたってもいられなくなった知代は、
かんなの泊まっているホテルを突き止め、追いかけていきました。

紀平と会うために、ホテルを抜け出したかんなは、
人が変わってしまった紀平に乱暴されそうになります。
しかし、それに気付いて追いかけてきた爽香たちに阻止され、紀平は逃げ出しました。

忠夫は、紀平を唆して自分の代わりにかんなを乱暴させようとしますが、
これも爽香たちの活躍で失敗しました。
紀平は逃げていきましたが、忠夫は涼に殴られフラフラになりました。

自宅のアパートに戻った紀平は、そこで待ちかまえていた典子に包丁で刺されました。
しかし、反撃され、典子と紀平は共倒れして死んでしまいました。
紀平の部屋の白いカーテンは、二人の血でえんじ色に染まっていたのでした……。

武藤はかんなのことは諦め、公平と学長の高級車をボコボコにすることで鞘を納めたようです。
松代は知代のことは諦めました。


そしてこの物語は、明男が松下から、大宅栄子の件で忠告されるところで終わります。
実は、爽香が温泉旅行に行っている間、明男は大宅栄子と会っていたのでした。
明男って本当にどうしようもないなあ、と溜息しか出ません……。

という感じのあらすじなのですが、
今回はタイトルの「えんじ色のカーテン」が思いがけない形で登場したのに驚きました。

それと、前作の「肌色のポートレート」にも「佐伯」という苗字のキャラがいたのが、
ちょっと気になりましたね。

時雨沢恵一「男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。」2巻のネタバレ解説

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (2) ―Time to Play― (下) (電撃文庫)


この記事は「首絞めプレイ」シリーズ2巻のネタバレ解説です。
1巻のネタバレ解説はこちらです

2巻は、似鳥演じる「ミーク」というキャラの初台詞の収録から始まります。
似鳥は新人の声優なので心配でしたが、見事に「ミーク」を演じ切ります。

ミークは、人間に作られた生き物、ホムンクルスであり、オッドアイの美少女です。
というか、この「首絞めプレイ」の作中作「ヴァイス・ヴァーサ」に登場するホムンクルスは、
全員が美形でオッドアイなのですが。

似鳥はアフレコの前に何か呟いていたので、主人公はそれについて質問しました。
すると似鳥は、「タイム・トゥ・プレイ」と言っていたのだと教えてくれました。

「演技の時間だよー」という意味なのだそうです。

特急列車での似鳥との会話も続いており、
誤字脱字とか印税とか確定申告とかの生々しい話もしました。

(ちなみに、しまうましたはこの本の中で脱字を発見してしまいましたw
2巻の初版303ページ14行目にある、
本当なら「手に入れた」となっていないといけない箇所が、
「手にれた」になっていますw)

そして――運命の五月十五日がやってきます。

この日が、主人公が似鳥に首を絞められた、問題の日でした。

主人公は今どこに住んでいるのかという話になり、
主人公は学校のすぐ近くのマンションだと答えます。
よかったら遊びにおいでよと主人公が何気なく言うと、似鳥は挙動不審になりました。

やがて似鳥が洗面所へ行き、
その間に主人公は9月発売予定の「ヴァイス・ヴァーサ」11巻の原稿のチェックをします。
現在は、まだ9巻までしか発売していないので、実に2巻も先の原稿です。

その11巻の中で、主人公はミークを戦争で死なせる予定でした。

似鳥が戻ってきた後は、締切が大変だという話とか、
他の電撃文庫の作家(書き忘れていましたが、
主人公は電撃文庫からデビューしました)の話とか、
「ヴァイス・ヴァーサ」のアニメに関する話とかをします。

終着駅まで残り10分という頃になり、似鳥は今日最後の質問として、
「ヴァイス・ヴァーサ」の原作はこれからどうなるのかという話をしました。

それに関しては言えないと主人公は言い、車内のトイレへ行きました。

用を足し、戻ろうとしたとき、突然似鳥がトイレの中に入ってきて、
主人公を押し倒しました。
そして、首を絞められ――長い長い走馬灯を見ていたのでした。

が、そんな走馬灯も終わり、主人公は、
似鳥に首を絞められている「現在」に意識を戻します。

主人公は、「自分の死についてはどうでもよかったのですが、
似鳥を殺人犯にするわけにはいかないと思い、抵抗することにしました。

似鳥の長い黒髪を引っ張ると、その黒髪が外れました。
実はそれは黒髪のカツラであり、似鳥の地毛は茶色だったのでした。
さらに、主人公が似鳥の顔を叩くと、似鳥のカラーコンタクトが外れました。

そして主人公は意識を失い――終着駅の救護室で目を覚ましました。
救護室の中には、主人公と似鳥、
主人公が似鳥に首を絞められているのを発見した女性の車掌、
『神代(かみしろ)』という名前の似鳥のボディガードの女性、
中年男性の駅員、中年の制服警官と若い警官、この7人がいました。

主人公は一命をとりとめたわけですが、
このままだと似鳥は殺人未遂の現行犯として逮捕されてしまうので、
主人公は心の中で『タイム・トゥ・プレイ』と叫び、一世一代の演技を始めます。

主人公はと似鳥は『首絞めプレイ』を愛好しているバカップルであり、
今回はちょっと首を強く絞めすぎたせいで大事になってしまった――
というストーリーを、主人公は警官たちに説明しました。

結構無理のあるストーリーだったのですが、被害者がそう主張している以上、
警官も深くは追及できず、主人公たちは解放されました。

似鳥は神代に付き添われて姿を消し、その翌日のアフレコは休みました。
翌週の月曜日から水曜日まで、
似鳥は風邪を引いたということにして学校を休みましたが、木曜日には登校しました。

ところで、主人公の通っている高校の国語の授業では、
生徒が持ち回りで自分の好きな小説を朗読することになっていました。

そこで主人公は、自分が書いた『ヴァイス・ヴァーサ』の11巻の原稿を、
昔ネットで発表されていたのをプリントアウトしたもの、ということにして朗読し、
後ろの席に座っている似鳥に聞かせました。
ミークは戦争で死んでしまうが、再びホムンクルスとして再生するのを示唆する、
という感じの内容でした。

さらにその後、主人公は似鳥と廊下ですれ違ったときに、
『貸しにしとくぜ! ステラ!』と言いました。

すると、その日の放課後、似鳥は再び、特急列車に現れたのでした。
先週のことには触れずに、ポテトチップの話で盛り上がります。
先週、主人公の命を救った女性の車掌を誤魔化すために、2人はバカップルのふりをし、
似鳥は主人公の頬にキスをしました。

一方、主人公は心の中では似鳥の正体について考えていました。
似鳥の正体は、以前主人公にファンレターを送ったステラ・ハミルトンだったのです。

日本人と白人の混血の彼女は、目立つオッドアイのせいもあって虐められていました。
当時高校2年生だったのは飛び級をしていたからでした。

似鳥は2年前に偶然『ヴァイス・ヴァーサ』を読み、境遇と外見が似ているミークに自らを重ねました。

似鳥はミークを演じるために声優になり、
学校で虐められないようにカツラとカラーコンタクトで外見を変えていたのでした。

そして後日、『ヴァイス・ヴァーサ』の大ファンだという見知らぬ女子のクラスメートから、
主人公が朗読で発表した11巻の原稿について質問攻めになるところで、

この物語は終わります。

というあらすじなのですが、いやー、面白かったですね。

実を言うと、しまうましたは、主人公が似鳥に首を絞められている理由
ミークを作中で殺したから)については、1巻の序盤で気付いていたのですが、
似鳥の正体に関しては黒髪のカツラが外れるシーンまで気付きませんでした……。

結構露骨な伏線もあったんですけどね。まだまだ修行が足りません……。


そしてこのシリーズは、3巻に続きます。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。