麻耶雄嵩「神様ゲーム」のネタバレ解説

神様ゲーム (講談社ノベルス)


問題作、麻耶雄嵩さんの「神様ゲーム」のネタバレ解説です。
現在はノベルス版も発売されていますが、
元々はミステリーランドという児童向けのミステリーのレーベルから出版されたもので、
発売当時はその子供向けとは思えない内容から話題になりました。

主人公の黒沢芳雄は、なぜか毎年ケーキの蝋燭を吹き消すときに
1本残ってしまうということを気にしている(戸籍上は)10歳の少年です。

芳雄の住む町では連続猫殺し事件が発生しており、
芳雄が思いを寄せる山添ミチルの可愛がっている野良猫も
犠牲者となっていました。

主人公の黒沢芳雄は、神様を自称するクラスメートの鈴木太郎から
芳雄は36歳のときに飛行機事故で亡くなるとか、
きみは両親の本当の子どもじゃない、ということを教えられます。

さらに鈴木太郎から、猫殺しの犯人は秋屋甲斐だと言われた芳雄は、
そのことを浜田探偵団のメンバーであるミチル、坂本孝志、
内海俊也、辻聡美などに話します。
そして聡美の従兄である光一に相談します。
光一は、猫の死体の形で作ったアルファベットが秋屋甲斐の名前を
ローマ字で表していることに気付き、犯人だと確信します。

翌日、芳雄の親友の岩淵英樹から、
浜田探偵団で何かあったのかと聞かれますが、
探偵団のメンバーではない英樹には詳しいことを教えることができず、
芳雄は英樹を怒らせてしまいます。

さらにその翌日の木曜日、英樹はラビレンジャーのスペシャルTシャツという、
とても珍しい服を学校で見せびらかしますが、芳雄のことは無視します。
その日の放課後、俊也が偶然英樹の後ろ姿を探偵団の本部で見かけたと話し、
急いで探偵団のメンバーは本部に集まります。
本部というのは鬼婆屋敷と呼ばれる古い民家です。
そこには、学校をサボっていたミチルの姿もありました。

本部の裏口に外側から鍵がかかっていることに気付いた孝志と芳雄は、
裏口のドアを破ります。
その向こうの裏庭は薄いトタンの塀で囲まれており、
家の外からは裏庭に入り込めないようになっています。
裏庭には、小さな物置小屋と古井戸があるのですが、
その古井戸の蓋が外れていました。

井戸の中を覗くと、そこには何と「英樹の死体がありました。
ミチルが悲鳴を上げて逃げ出したのをきっかけに、
メンバー全員が鬼婆屋敷を飛び出しました。
そして、ミチルのアイデアで、刑事である芳雄の父親に通報します。
芳雄の父親は、孝志が本当に死んでいるのかどうか確認するように言い、
芳雄たちは再び井戸に戻り脈を測りますが、やはり英樹は死んでいました。

やがて駆けつけた芳雄の父親は、
裏庭で唯一犯人が隠れることができそうな物置小屋を調べますが、
床の埃の状態からそれは否定されました。
つまり、裏庭は密室の状態にありました。
それもあり、英樹が自分から鍵をかけ、
井戸に落ちて事故死したのだと警察は結論を出しました。

芳雄とミチルは本部の裏庭を調べ、
井戸の蓋の中になら隠れることができるかもしれないと気付きました。
しかし、蓋の中は狭く、子どもくらいしか入れそうにありませんでした。

一学期の終業式の日に、芳雄は鈴木太郎に、
英樹を殺した犯人に天誅を下して欲しいと頼みます。
その結果、芳雄の目の前でミチルの上に大時計の針が落ちてきて、
彼女は針に貫かれて死んでしまいました。

そのショックで入院してしまった芳雄のお見舞いに来た光一は、
英樹が死んだ日に本部の入り口に鞄があったことや、
最初に見たときはなかったはずの帽子が
2度目に見たときには井戸の脇にあったことなどから、
俊也が目撃した英樹の後姿は偽物だったと推理しました。
最初に見たときの英樹は服を着ておらず、
芳雄たちが本部から離れている間に、
ミチルの共犯者が服を着せた可能性が浮上しました。

そして芳雄は、俊也が目撃した英樹の正体は英樹の服を着たミチルであり、
本部に呼び出されたときにスカートの中に隠していた服を
共犯者に渡したのではないか、と推理します。
やがてお見舞いにやってきた鈴木太郎に、
芳雄は共犯者にも天誅を下して欲しいと頼みます。

鈴木太郎の説明によると、あの日ミチルは共犯者とえっちをするために
本部へ行くところを英樹に見られていたのでした。
それを本部の集合だと勘違いした英樹はミチルの後をつけ、
えっちしているところを目撃したせいでミチルに殺されたのでした。
英樹の出した鼻血がミチルの服を汚してしまい、
綺麗な服に着替えるために、一旦英樹の服を着て家に帰る途中の姿を
俊也に見られてしまったのでした。

そして芳雄は、次のように推理します。
共犯者は着替えに家に帰ったミチルが戻ってくるのを待っていたのですが、
俊也が現れたせいで、服を着ていない英樹の死体と一緒に
裏庭に閉じ込められてしまったのです。

そこで共犯者はミチルに指示を出し、
スカートの下に隠していた服をソファーの裏にでも隠します。
そして自分は裏庭の物置に隠れて、ミチルの誘導でみんなが英樹の死体を発見し、
逃げ出すように仕向けます。
そして、共犯者は本部から芳雄たちが出て行っている間に英樹に服を着せ、
開かずの間と呼ばれる部屋に隠れて、再び芳雄たちが裏庭に行っている間に、
本部を脱出したのでした。

物置小屋には隠れていた痕跡が残るため、
このトリックを使えた人物は1人しかいません。芳雄の父親です。
芳雄の父親は警察が来る前に物置を調べていたため、
彼の足跡が物置の中に残っていても不自然ではないからです。

――というのが芳雄の推理だったのですが、
実際に天誅が下って死んだのは芳雄の父親ではなく母親でした。


以上であらすじは終わりですが、
芳雄の母親が犯人だった場合は物置小屋に隠れることはできません。

英樹の服を着たミチルの姿を俊也に見られてしまい裏庭に閉じ込められるという
ところまでは父親が犯人だった場合と同じなのですが、
母親の場合は井戸の蓋の裏に隠れます。
井戸の蓋の裏は狭くて子どもしか入れなかったのでは?
と思うでしょうが、
冒頭の誕生会のシーンで
『母さんが小さいからそのせいだと思うのだけれど、
父さんは「おれの子にしては成長が遅いんじゃないのか。」といつも心配している』
とか、
2度目に英樹の遺体を確認するシーンで、聡美について、
『黒い服装と相まって、小さく丸まったその姿は、
二年前のおじいさんの葬式で喪服で泣いていた母さんを思い出させた。』
というふうに、母親の身体が小さいという描写があります。

ただ、小学四年生(10歳)の男子の平均身長は139センチであり、
その中で背が低い方の芳雄と同じくらいということになると、
母親は130センチ代前半くらいの身長ということになります。
それくらいの身長の成人女性は意外と多いですが、
そこまで背が低いという描写はなかったので少し納得しにくい真相です。

ただ、これはあくまでも『鈴木太郎が神様である』という話を信じれば、
という真相です。

鈴木太郎は本当は神様ではなくゲームをやっているつもりだったとすれば、
やはり父親が犯人だったのかもしれません。
その場合、猫殺しの犯人を当てたのは、
いちはやく猫のローマ字に気付き秋屋甲斐を見張って証拠を掴んでいたからであり、
天誅でミチルと母親が死んだのは偶然だったということになります。
ミチルと母親の死が偶然の事故というのも納得しにくいですが、
麻耶さんの作品ではその程度の偶然は日常茶飯事なのでwww

物語の最初の方に、
『ただ一ヶ月前に六年生に告白されて、
「ほかに好きな人がいるから。」と断ったという噂を聞き、
実際少し前にぼくん家のことを何度か訊かれたので、
もしかしたらって、わずかな希望は持っているけど。』
という描写があるので、
結局のところ父母のどちらが犯人であってもおかしくありません。
また、芳雄が両親と血が繋がっていないというのも、父母のどちらか、
あるいは両方が小さい女の子にしか興味がなかったという伏線なのでしょう。

鈴木太郎が神様であると信じれば母親が犯人であり、
信じられなければ父親が犯人ということになります。

それ以外に有力な容疑者と言えば、鈴木太郎くらいなものでしょうか。
彼は部外者にもかかわらず英樹殺しの事件の真相に迫っていましたし、
子どもですから井戸の蓋の裏に隠れるというトリックを使うことができたはずです。
その場合、時計の針でミチルを殺したのは口封じのためだったということになります。
時計の針で殺すのは難しそうですが、これはプロパビリティの殺人であり、
失敗したときは別の方法で殺すつもりだったと考えれば問題ありません。
ただし、母親が死んだのは偶然ということになってしまうのですが……。


煮え切らない解説ですみませんw
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。