赤川次郎「杉原爽香43歳の秋 栗色のスカーフ」のネタバレ解説

栗色のスカーフ: 杉原爽香(43歳の秋) (光文社文庫)


ある日、爽香は付き合いのある会社で、浅野みずきという女性が受付で騒ぎ、
久留修二という男に罵詈雑言を浴びせかけているのを目撃しました。
みずきは久留と不倫していたのにこじれてしまったのです。

その夜、久留は別の不倫相手の貫井聡子の家に行きます。
すると、そこにみずきが押し掛けてきて、聡子の部屋で自殺してしまいました。

久留は、妻の由美に電話し、由美の父親の小田宅司を呼び出します。
小田宅司は定年退職する前は警視正だった男です。

小田の判断で、久留はみずきの死体を遠くに埋めました。

一方、爽香のところへ有本縁から、
M地建の会長、蔵本正史が亡くなったという知らせが来ます
(有本緑は、「新緑色のスクールバス」に登場した旧姓滝井緑です。
有本哲也と結婚して苗字が変わっています)。

田端が駆けつけるべきか判断するため、まずは爽香が蔵本の家に行きます。

すると、家出するために塀を乗り越えていた、蔵本泰子の下敷きになってしまいます。
泰子は正史の孫娘で、16歳です。

家に通されて怪我の手当てをしていると、
蔵本の親戚の沢本充がやってきて、泰子の叔母とラブシーンを演じ始めました。
爽香が自分の存在を知らせると、2人はやめました。

帰りに、爽香は泰子から頼みごとをされます。
ネットカフェにいる「ボブ」という男に、
正史が亡くなったと知らせてほしいと言われました。
爽香がどう見ても日本人の中年男性の「ボブ」に言うと、
「ボブ」はネットカフェを飛び出していきました。

正史の通夜に、みずきの妹だという小百合という女が現れ、
久留に詰め寄りました。爽香はそれを目撃します。

久留は小百合と場所を改めて話をすることにします。
しかし、久留は不安になり、聡子に相談しました。
さらに、聡子は小田に相談します。

小百合が指定されたホテルの部屋に行くと、
毒殺された聡子の死体がありました。
久留と小田は、小百合を共犯者に仕立て上げたのでした。
小百合は横領の罪で故郷を離れており、
会ったこともなかった生き別れの姉、みずきを頼ろうと上京していたのでした。

久留は小百合に好意を抱き、そういう関係になります。
小百合は、最初はお金を手に入れ、久留の弱みを握ろうとしただけだったのですが、
やがてこんな男のために姉は死んだのかと、虚しさを覚えました。

一方、明男が娘の珠実を連れてファミレスに行ったとき、大宅栄子と出くわします。
栄子はわざと、栗色のスカーフを忘れていき、それを明男に届けさせました。
栗色は栗の中身ではなく外側の色でした
(ちなみに、このスカーフの栗色について明男と栄子が話をする場面が、
1冊の中に2回もあります……。
演出ではなくミスだと思うので、重版するときには直してほしいです)

栄子は別の男性と結婚を考えていましたが、
その前に明男と数時間でいいから関係を持ちたいと言います。
しかし、栄子の娘が帰ってきたため、その話は流れました。

また、爽香の姪の杉原瞳にもスポットが当たります。
瞳は現在16歳の女子高校生で、これまでにも何度も登場していましたが、
単なる「姪」ではなく1人のキャラクターとして焦点が当たるのは、
今回が初めてです。

瞳は合唱部の先輩の那山みちるに恋心を抱いていました。
みちると話をするだけで、瞳は幸せな気分になります。
しかし、以前から瞳を振り向かせようと必死な、
別の高校のプレイボーイ、水沼登が登場します。

瞳は男の子には興味がなく、女の子が好きなのですが、
そんなことを知らない自信過剰な登は、
瞳が自分を好きにならないのが気に食わず、ムキになっていました。

登はみちると関係を持ち、さらに瞳も自分の女にしようとします。
瞳は激しい怒りを覚え、絶対に許さないと思いました。

一方、爽香は、泰子、泰子の母の明子、泰子の父の正一郎と、
3人から同時に相談されてしまいます。

泰子は「ボブ」=本木重治が正史を憎んでいたことについて相談します。

明子は、泰子は正一郎と結婚する前に付き合っていた男性の子供だ、
ということについて相談します。

正一郎は、爽香をG興産から引き抜こうとしましたが、爽香はそれを断りました。

後日、爽香田端真保に呼び出され、
田端が妙な占い師カルメン・レミに入れ込んでいるから何とかしてほしい、
と頼まれます。

爽香が消息屋の松下に頼んで調べてもらうと、
カルメン・レミは田端に、爽香をクビにするようにと助言していました。

それを聞いて心配した明男は栗原英子に相談しました。
爽香が英子にカルメン・レミの顔写真を見せると、
英子は、昔女優だった如月姫香に似ていると言いました。

如月姫香の娘だったカルメン・レミは、「英子が如月姫香から仕事を奪ったと逆恨みし、
英子をナイフで刺そうとしましたが、それはカルメン・レミの誤解でした。
カルメン・レミが爽香と敵対していたのは、
爽香が英子と仲が良いと知っていたからなのでしょう。

泰子は家出し、しばらく爽香の家にいましたが、さらにそこからも家出し、
本木重治と逃避行してしまいます。
ただし、泰子と重治の間には恋愛関係はなく、代わりに信頼関係がありました。
重治は病に冒されており、自殺をするために湖の近くのホテルでしばらく泰子と滞在した後、
自殺してしまいました。

重治は蔵本正史の隠し子だったのです。
『ボブ』というのは昔蔵本家で飼っていた犬の名前で、
ボブより大事にされていないから、という理由で重治はそう名乗っていたのでした。

同じく隠し子の沢本充から、泰子はそのことを聞きました。
泰子は、正一郎と血が繋がっていないことも、正一郎に伝えますが、
正一郎はそのことを受け止めました。

久留は聡子殺害の容疑で逮捕されそうになりますが、
そのときは小田と一緒にいたからアリバイがあると主張します。
しかし、そこに改心した小百合が現れ、
小田と久留が共謀して聡子を殺したのだとぶちまけます。

杉原瞳は、憧れの先輩である那山みちるを奪い、
ストーカーと化していた水沼登をナイフで刺そうとしますが、
明男に見つかり取り上げられてしまいました。

瞳は爽香に、自分は女の子が好きなのだと打ち明けます。
すると爽香は、瞳が同性愛者であることを肯定します。
その結果、瞳は少し楽になりました。

これにて大団円――と言いたいところなのですが、
明男は人混みの中で揺れている栗色のスカーフを発見してしまいました。


というあらすじなのですが、もうこのシリーズは不倫がテーマなのだと理解したので、
明男と栄子の関係についてはもう突っ込みを入れません。

瞳がカミングアウトしたのを爽香が肯定したのは、
渋谷区で同性パートナーシップ条例が施行されたり、
ディズニーランドで女性同士で結婚式を挙げたのが話題になったりした、
今の時代の流れを反映している気がしますね。

昔だったら、そのうち男の子を好きになるだろうから~と、
全く同性愛者を理解していない発言をし、
瞳を傷つけていたかもしれない場面ですから。

こういうのも、キャラがリアルタイムで年齢を重ねていくシリーズの
面白さの一つではないかと思います。

赤川次郎「杉原爽香42歳の冬 えんじ色のカーテン」のネタバレ解説

えんじ色のカーテン: 杉原爽香〈42歳の冬〉 (光文社文庫)


M女子学園に通う、中学三年生の淡口かんなは、
三五歳の冴えないサラリーマン、紀平と付き合っていました。
付き合っていると言っても、添い寝をするだけの関係で、
キスもしたことがないらしいのですが。

ある日の朝、学校をサボったかんなは,
水で濡れているのに気付かずに公園のベンチに座ってしまいます。
すると、通りがかった野口知代という女性が
自宅のアパートまでかんなを連れて行き、着替えをくれました。

そこまではよかったのですが、着替え中に、
知代の血の繋がらない弟、佐伯忠夫がやってきたので、
かんなは逃げるように知代のアパートを出ました。
さらに、かんなの担任の河村布子に、紀平とのことがバレてしまいました。

一方、爽香は社長の田端から、
仕事をしすぎだから一週間休んで温泉旅行にでも行ってこいと言われます。
それを知った布子は、かんなを温泉旅行に同伴させ、
大人としての生き方を見せることでかんなを変えてほしいと頼みました。

淡口かんなの父親、淡口公平は会社の社長をやっており、
M女子学園に多額の寄付をすることでかんなと紀平の件を揉み消すことにしました。

ところが、佐伯忠夫がそれに嘴を入れ、
公平とM女子学園の学長との交渉役をすると言い出しました。
そのことを、ヤ○ザの「社長」の武藤という男に知られてしまい、
忠夫は武藤の言いなりになってしまいます。

武藤の部下の松代という男は、知代に近づき乱暴しようとしますが、
知代が自分の腕を包丁で傷つけたことから後込みしてしまい、思いとどまります。
そしてこの一件で、松代は本気で知代に惚れてしまいました。

また、公平の秘書の玉川早苗が、紀平の勤める会社を訪れ、
紀平とその上司の矢吹典子に、かんなとは何もなかったと証言するようにと言いました。

その数日後、紀平は取引先のK電機の担当から、
土下座して謝ったのに頭からコーヒーをかけられるという屈辱を味わいます。

この一件が紀平という冴えない営業マンを一変させ、
紀平はK電機に放火し、K電機の社員を一人殺してしまいました。

それを知ってしまった典子は、紀平に石油をかけられ、
服を脱がされて脅されてしまいます。
典子は部下である紀平に命乞いをしたのですが、
そのことにプライドを傷つけられ、典子は紀平を殺す決意を固めました。

そして、爽香たちの温泉旅行が始まります。
旅行には、爽香の部下や、久保坂あやめや、かんなの他に、
爽香の甥の涼や、その恋人の岩元なごみも同伴しました。

かんなは退学寸前にまでなったのに懲りておらず、
ホテルを抜け出して紀平と会う約束をしていました。
しかし、かんなが紀平にメモを渡すところを爽香が目撃し、
涼たちの活躍で紀平が向かいのホテルに泊まっていることを突き止めました。

その頃、武藤から一億円というお金を要求され、
淡口公平と学長はその要求を完全につっぱねました。
玉川早苗から相談を受けていた「消息屋」の松下は、
武藤から報復されるだろうから気を付けろと忠告し、爽香にもそのことを知らせます。

案の定、武藤は、かんなを忠夫に暴行させることで復讐しようとしていました。
そのお目付役として松代が選ばれました。
松代にそのことを教えられた知代は、松代に思いとどまるように言い、
忠夫に連絡をとろうとしますが繋がりません。
いてもたってもいられなくなった知代は、
かんなの泊まっているホテルを突き止め、追いかけていきました。

紀平と会うために、ホテルを抜け出したかんなは、
人が変わってしまった紀平に乱暴されそうになります。
しかし、それに気付いて追いかけてきた爽香たちに阻止され、紀平は逃げ出しました。

忠夫は、紀平を唆して自分の代わりにかんなを乱暴させようとしますが、
これも爽香たちの活躍で失敗しました。
紀平は逃げていきましたが、忠夫は涼に殴られフラフラになりました。

自宅のアパートに戻った紀平は、そこで待ちかまえていた典子に包丁で刺されました。
しかし、反撃され、典子と紀平は共倒れして死んでしまいました。
紀平の部屋の白いカーテンは、二人の血でえんじ色に染まっていたのでした……。

武藤はかんなのことは諦め、公平と学長の高級車をボコボコにすることで鞘を納めたようです。
松代は知代のことは諦めました。


そしてこの物語は、明男が松下から、大宅栄子の件で忠告されるところで終わります。
実は、爽香が温泉旅行に行っている間、明男は大宅栄子と会っていたのでした。
明男って本当にどうしようもないなあ、と溜息しか出ません……。

という感じのあらすじなのですが、
今回はタイトルの「えんじ色のカーテン」が思いがけない形で登場したのに驚きました。

それと、前作の「肌色のポートレート」にも「佐伯」という苗字のキャラがいたのが、
ちょっと気になりましたね。

赤川次郎「杉原爽香41歳の秋 肌色のポートレート」のネタバレ解説

肌色のポートレート: 杉原爽香〈41歳の秋〉 (光文社文庫)


三宅舞はリン・山崎と結婚した後も上手くいっています。
山崎が以前書いた爽香のポスターがニューヨークで展示されることになりました。

河村は病気で、難しい手術を受けますが何とか助かります。

しかし爽香の義姉の則子はガンで亡くなってしまいました。
爽香は則子が入院している病院へ駆けつけます。

則子の息子の涼は、その病院で、
同じ大学に通っている写真部の岩元なごみと会いました。
なごみは急病で倒れた不倫相手の大学教授に付き添って病院に来ていました。

ひどいきっかけなのですが、涼はなごみに惹かれていきます。
なごみが不倫相手と別れるのを手伝ううちに、涼は彼女と仲良くなっていきます。

則子のお通夜の会場で、
爽香は取引先の会社Sプランニングの佐伯良治と出くわします。

さらにその後、宮入始という刑事が佐伯について聞きにきました。
刑事が去った後、爽香は佐伯の恋人の小林京子と出会います。
京子は、宮入が探していたのは自分だと言いました。

その後、京子が車で誘拐されたのを知った爽香は、
綾香と一緒にタクシーでその車を追いかけます。

追いかけながら警察に通報すると、京子は解放されました。
爽香は誘拐犯の車の画像を警察に渡します。

爽香が警察に通報したという情報が、誘拐犯のボスの中町蔵人に漏れ、
爽香は中町に狙われるようになりました。

中町は表向きは会社の社長ということになっていましたが、
実際には暴力団の組長でした。

中町は探偵の筒見を雇い、爽香について調べさせますが、
則子の告別式の最中になごみがそれに気付き爽香に教えると、
爽香は筒見と直談判しました。

それがさらに中町の怒りを煽り、
中町は愛人であるバーのホステスの柳志津に明男を誘惑させて、
爽香を苦しめようとしました。

一方その頃、京子は自分が誘拐されかけても本気で心配しない佐伯に愛想を尽かし、
別れ話を持ちかけます。
深夜、会社で残業していた佐伯のところに
Sプランニングの社長夫人の晶子がやってきて、
晶子に言われるがままに佐伯は京子の部屋へ行きました。

そこで京子の他殺死体を発見した佐伯は匿名で警察に通報しました。

志津は中町に言われた通りに明男を誘惑しますが、
明男は志津の演技を見抜きます。
志津が計画を白状すると、明男は志津に、
計画が成功したと中町に伝えさせました。

しかし今度は志津は中町の妻に、田舎に帰れと脅かされ、
明男に泣きつきました。
宮入も中町から借金をしており、中町の言いなりになっています。

爽香は防戦一方ではなく攻撃に出ることにし、「中町の双子の娘に会いに行きます。
双子に事情を説明し、中町を心配させるために家出をしろと唆しました。

志津と双子を、久保坂あやめと堀口が住む豪邸に匿います。
すると中町は疑心暗鬼に駆られ、全然関係ない男のところへ突撃して自滅しました。

京子が殺された件について爽香はSプランニングの社長や佐伯と話をします。
専務の倉木が役所絡みの仕事で賄賂を送ろうとして贈賄罪で疑われていました。

爽香は佐伯の話を聞き、晶子が怪しいと判断します。
社長は妻の晶子を呼び出しますが、晶子は逃げ出します。

そして晶子は宮入刑事を脅迫しました。
実は京子を殺したのは宮入で、動機は横恋慕でした。
宮入が犯人だと知った晶子は、まだ利用価値のある宮入を庇うつもりで、
佐伯を第一発見者に仕立て上げようとしたのでした。

宮入は口封じのために晶子を殺そうとしますが、
そこへ爽香がやってきて止めます。
犯行が露見した宮入は自殺しました。

そして、明男が大宅栄子の家から爽香と電話しているシーンで、今巻は終わります。

明男が大宅栄子と親しくしていることは、
前巻で既に爽香にバレていたというのに……。

娘もいるのに、いい加減にしてほしいです。


ところで、タイトルの「肌色のポートレート」は、
写真部のなごみが文化祭に出展する、爽香の写真のことでした。

「肌色」という言葉は人種差別に繋がるということで最近は使われなくなった言葉ですが、
クレヨンやクーピーなどの特定の色に対して「肌色」という名前をつけるのが問題なのであって、
肌色という言葉自体は使っても問題ないのではないかと思います。
異論もあるでしょうが。

赤川次郎「天使にかける橋 天使と悪魔」第6話「天使と暗い休日」のネタバレ解説

公園で賞味期限切れのハンバーガーを食べ、
ホームレスをしていたマリは、
通りがかった車に乗っていた女から声をかけられます。

今夜一晩、その女――須崎照代の娘の小夜のふりをする、
というアルバイトをやらないかと誘われ、マリは承諾します。

デパートへ連れていかれ、従業員用の休憩室でシャワーを使ってから、
白いドレスを着せられました。
イタリア料理の店で食事をとりながら、
マリはアルバイトの内容について尋ねます。

今夜は照代の父親、須崎治彦の再婚パーティーなのだそうです。
治彦は78歳で、
相手の成田早苗は24歳だというのですから普通ではありません。

――パーティーが終わり、午前1時。
マリは屋敷へ連れていかれ、沢井芳子という中年の女性お手伝いに、
部屋へ案内してもらいます。

部屋でウトウトしていると、
いつの間にか治彦がタキシード姿で立っていました。

治彦が「小夜」と会うのは10年ぶりであり、
マリのことを本物の小夜だと信じていました。

そこへ照代がやってきて、治彦は入れ違いで出て行きました。
明後日、治彦が早苗とハネムーンに出かけるまでは小夜で通せ、
と言われ、マリは眠りました。

が、マリは夜中にポチに起こされました。

治彦の息子の雄一と照代が、銃の指紋がどうとか話しているのを聞き、
しばらくしてマリは部屋を抜け出して治彦の寝室へ行きました。

すると、治彦がダブルベッドの上で寝ていたのですが、
目を覚まさず、睡眠薬でも飲まされている様子でした。
バスルームの洗面台の前には、心臓を撃たれた早苗の遺体がありました。

先ほどの雄一と照代の「銃の指紋」の話を思い出し、
自分が殺人犯に仕立て上げられようとしていると気付いたマリは、
ドレス姿のまま屋敷から逃げ出します。

雄一と照代もマリがいないことに気付き、車で追ってきます。
すぐに追いつかれそうになりますが、道の角から車が出てくると、
運転していた中年の男性が、マリとポチを車に乗せて匿ってくれました。

車は都心のホテルの駐車場へ入り、12階の客室へ連れて行かれます。

そこにいたのは本物の小夜でした。
マリを匿ってくれた男は小夜の父親の柳田兼一で、
照代の元の夫でした。

マリが、早苗が殺されたという話をすると、
兼一と小夜は一晩マリを泊めてくれることになりました。

が、目を覚ますと「兼一と小夜の姿はなく、半沢という刑事がいました。
半沢は、須崎家から現金が盗まれ、マリにその容疑がかかっている、
という話をしました。

ポチが半沢の気を引き、その隙にマリは半沢にベッドカバーを被せ、
部屋から逃げ出しました。

マリたちは地階の宴会場フロアへ行くと、宴会の給仕のアルバイトと間違われ、
そのまま働くことになりました。

料理を運ぶ宴会場の入り口には、須崎治彦婚約披露パーティー、
という立札が立っていました。
客たちは、今日の花嫁は早苗ではないらしいと噂していました。

薬で眠らされた治彦と、雄一と照代と、兼一が壇上に上がりました。
治彦は会長職を辞任し、雄一がその後を継ぐ、という話を雄一がしました。

もう1人、小夜が壇上に上がり客に紹介されましたが、
小夜の名前を聞いた治彦は目を覚まし、マリを見て小夜だと思い声をかけます。
マリは近くの客の手から氷の入ったウイスキーのグラスを奪い取り、
治彦の顔に浴びせました。

すると、治彦は正気に戻り、娘と息子に薬を飲まされていたのだと訴えました。
さらにそこへ、早苗が現れます。
早苗は血のりの袋をつけた防弾チョッキを着て死んだふりをしていたのでした。
防弾チョッキはお手伝いの芳子が用意していたものでした。

……パジャマの下に防弾チョッキを着たらバレバレな気もするんですけどね。

とりあえず、大団円で話が終わってくれてよかったです。

赤川次郎「天使にかける橋 天使と悪魔」第5話「天使にかける橋」のネタバレ解説

ある日、マリは、日給1万円で「誰にでもできる簡単な仕事」
というアルバイト募集のチラシを見つけます。

どう考えても怪しいのですが、
空腹に耐えかねたマリはアルバイトを募集していたバー、
〈加代〉へ行きました。

アルバイトの件を切り出すと、秋月加代を始め、
バーの中の人たちは大歓迎しました。

前払いでご飯を食べさせてもらい、アルバイトの内容を聞くと、
橋を渡るだけでいい、と変な答えが返ってきました。

真夜中になり、マリはその橋の前に立ちます。
橋の先には人口の島があり、何軒かの家が建っていました。

マリが恐る恐る橋を渡りきると、散弾銃を構えた大柄な男が現れ、
マリをある建物に連れて行きました。

建物の中では数人の男たちがビールを飲んでいましたが、
背広とネクタイをした中年の男、長谷紳一がマリから事情を聞きます。

マリが何も知らないということを説明すると、
長谷は有川史郎という男を紹介しました。
有川は殺人犯として指名手配されているのですが、
この島にいる限りは逮捕されず、
もう1年近く島から出ていないのだそうです。

有川は婦女暴行の前科もあり、
17、8歳くらいの女の子に目がないのだそうで、
マリは人身御供として橋を渡らされたのでした。

が、マリが自分は天使だということを説明すると、
相手はもちろん信じなかったのですが、マリのことを気に入ったらしく、
何もせずに帰してくれました。

バー〈加代〉へ戻ると、先ほどご飯を買ってきてくれた男、
長谷卓士が、長谷紳一は自分の父親なのだと言いました。

翌日、マリは加代がとってくれた旅館で目を醒ましました。
マリは加代から、今日も島へ行ってくれと頼まれますが、
そこへ徳永という県警の刑事が現れました。
徳永は、あの島は完全武装されており、
橋にもダイナマイトが仕掛けてあるため手出しできないのだと言いました。

その夜、マリは島へ行き、加代が作った料理を渡しました。
すると、長谷や有川、用心棒の中林たちは喜んで食べました。

長谷はマリに、この島には有川のような本物の犯罪者もいるが、
無実の罪で逮捕されそうになり逃げてきた者もいるのだと言いました。

そこへ、アケミという17、8歳くらいの女の子が現れますが、
年齢の割に幼い印象でした。
アケミは幼い頃から父親に虐待されており、
泥棒に来てそれを知った有川がアケミの父親を殺してしまったのだそうです。
それ以来、アケミは有川になついて離れなくなってしまい、
有川は仕方なくこの島へやってきたのだそうです。

次の日の夜は、マリは卓士と一緒に、
加代が作った料理を大量に持って島へ行きました。
今回はポチも一緒に島へ来ました。

マリたちがその料理を食べようとすると「ポチが止め、
徳永の命令で料理には何かが混入されていると告げました。

しばらくして、徳永と警官隊10人ほどと加代が島へ渡りました。
すると、建物の中で長谷やマリたちが倒れていました。

卓士だけは起きていましたが、加代に、
料理に入っていたのは眠り薬ではなく毒薬だったのだと言いました。
加代は眠り薬を入れたつもりだったのですが、
徳永は毒薬を加代に渡していたのでした。

その後、卓士が倒れ、自分だけが料理を食べたのだと言いました。
有川が勢いよく起き上がって徳永を殴り倒し、
中林は散弾銃を警官隊に向け銃を捨てさせました。

卓士が亡くなり、長谷は有川に命令して、
徳永の手錠で徳永を排水管に繋ぎました。
徳永は押収品の麻.薬を盗み出して横流ししており、
この島を利用してもっと大がかりにやりたがっていたのだと警官隊に言い、
警官隊たちは島から脱出させました。

長谷と卓士と徳永だけが島に残り、長谷は徳永と無理心中したのでした……。


というあらすじなのですが、「徳永が料理に毒を入れたことを警官たちの前で
ベラベラと喋ってしまっているのが変だと思いました。
徳永としては加代に罪を着せる予定だったはずなのに、おいおい、と思いました。

が、相変わらずリアリティはないですけど、
テンポよく話が進むのでそれなりに面白かったです。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。