西尾維新「十二大戦」のネタバレ解説

十二大戦


第一戦 猪も七代目には豚になる  異能肉(いのうしし)『愛が欲しい。』

頻繁に戦争が起こり、戦士たちが戦場で異能バトルを繰り広げている、
という世界観の話です。

12年に1度、十二支の、
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の代表の戦士が戦い、
勝ち残った1人はどんな願いでも叶えてもらえる、
「十二大戦」というものがありました。

第12回の十二大戦を開催するためだけに、大戦主催者は、
人口50万人規模の大都市群を一夜にして滅ぼし、
ゴーストタウンにしました。

イノシシの『亥(い)』の異能肉、本名・伊能淑子(いのう・としこ)は、
高層ビルの150階まで階段を上がり、会場に行きました。

異能肉の武器は、両手に持つ機関銃『愛終(あいしゅう)』と
『命恋(いのちごい)』です。
彼女は日常生活を送る時も、常にその武器を両手に持っていました。

300年以上の歴史を持つ名家の跡取り娘である異能肉は、
傲慢で高飛車で、嫌で性悪な人物像の女性で、12大戦に参加するために、
本来の参加資格者であった妹を12年かけて暗殺していました。

異能肉はわざと遅れて会場入りしたため、他の11人の戦士たちは揃っていました。

しかし、蛇である『巳(み)』の戦士は、首を斬り落とされ、
既に絶命していました。

ウサギの『卯(う)』の戦士の男が持つ二丁刃物は血塗れで、
明らかに犯人でしたが、本人は否定しました。

シルクハットを被った審判の老人、ドゥデキャプルは、
テーブルの上に置かれた12個の黒い宝石を、
ひとつずつ噛まずに呑み込んでください、と言いました。

『巳』の双子の兄である竜の『辰(たつ』の戦士は、
どさくさに紛れて弟の分の宝石も手に取りました。

異能肉たちが黒い宝石を呑み込むと、ドゥデキャプルは、
その宝石、猛毒結晶『獣石(じゅうせき)』は、
人間の胃酸と化学反応を起こして12時間で人間を死に至らしめる劇薬でございます、
と言いました。

その12個の宝石を、すべて集めることができた戦士の優勝です。
優勝者となった戦士は、どんな願いでもたったひとつだけ、叶えることができます。

また、優勝した戦士には、副賞として解毒剤が提供されます。

宝石はが反応するのは人間の新鮮な胃酸のみで、
それ以外は、どんな物理的な破壊力をもってしても、
傷つけることは叶いません、とドゥテキャプルは言いました。

牛の『丑(うし)』の戦士の男は、人間が呑み込んでしまった宝石を、
どうやって集めろというのかね? と訊きましたが、
ドゥテキャプルは、方法はお任せしますが、
相手の腹をかっさばくのがもっともてっとりばやい、と答えました。

つまり、普通に考えれば、優勝して生き残るのはたった1人で、
12時間を過ぎても決着がつかなければ、全滅もあり得ます。

ドゥテキャプルがいなくなると、平和主義者の猿の『申(さる)』の戦士の女性が、
このルールなら、みんなで協力すれば、誰も死なずに済むかもしれないわ、
と言い、賛同者を募集しました。

ずっと眠っていたネズミの『子(ね)』の戦士の少年が、
『申』に賛同します
(このとき、異能肉は『子』の声に聞き覚えがあるような気がしました)。

『丑』と、鳥の『酉(とり)』の戦士の女性や、
馬の『午(うま)』の戦士の大男も賛同しました。

しかし、『卯』の戦士が手を挙げると、『丑』と『酉』と『午』は抜けました。

『申』が、『子』と『卯』に、こっちに来て――と言ったとき、
出し抜けに、部屋の床が大きく崩れました。

大量の瓦礫と共に、異能肉が階下のフロアに着地したときには、
着地のどさくさに異能肉と『卯』以外は姿を隠していました。

「『亥』の戦士――『豊かに殺す』異能肉」
「『卯』の戦士――『異常に殺す』憂城(うさぎ)』
と、2人は名乗りをあげ、戦闘開始です。

異能肉は憂城に両手の機関銃を向け、トリガーを引こうとしましたが、
その腕を背後から、彼女は羽交い締めにされてしまい、
憂城の刃物で食道を貫かれてしまいました。致命傷です。

異能肉が最後の力を振り絞って首だけで振り向くと、
首のない、胴体だけの死体がありました。
『巳』の戦士の死体でした。

憂城は『死体作り(ネクロマンチスト)』であり、
殺した相手と「お友達」になり、
お友達を自由に操ることができる特殊技能の持ち主だったのでした。


第二戦 鶏鳴狗盗(けいめいくとう)  怒突(どっく)『勝ちが欲しい。』

犬の『戌(いぬ)』の戦士である本名・津久井道雄(つくい・みちお)は、
武器は持たない主義で、牙で噛みつく『狂犬鋲(きょうけんびょう)』で
攻撃する戦闘スタイルです。

普段は保育園に勤めていますが、『資質』のある子供を適切な組織に流すのが、
怒突の本業です。

『毒殺師』の怒突は、周囲には隠していますが、『毒』を使う戦士であり、
体内に呑み込んだ黒い宝石の毒を無効化していました。

つまり、怒突だけは12時間という制限時間から解放されており、
他の戦士が3人以下になるまで、
集合場所のビルの地下駐車場に隠れているつもりでした。

しかし、『酉』の戦士である庭取(にわとり)という女性に見つかってしまいました。

庭取は、仲間になろうと思って、怒突に声をかけたのだと言います。

庭取の特殊技能は、あらゆる鳥類との意思疎通が可能な『鵜の目鷹の目』であり、
その特殊技能を使って怒突のことも見つけたのだそうです。

庭取は、憂城が『死体作り』であり、
異能肉と『巳』と3人チームのラビット同盟を作ってしまったことを、
怒突に伝えました。
十二大戦の終盤までここに隠れていたら、どんどん仲間を増やされてしまいます。

「『酉』の戦士――『啄(ついば)んで殺す』庭取っ!」
「『戌』の戦士――『噛んで含めるように殺す』怒突」
と名乗りをあげ、同盟を組むことになりました。
ただし、怒突はいずれ庭取を裏切る予定でしたが。

庭取は、ラビット同盟の隊から異能肉が離脱したのを怒突に教えました。

怒突は、庭取にラビット同盟の相手をさせようと、庭取の腕を噛み、
対象者の潜在能力を限界まで引き出す秘薬『ワンマンアーミー』を注入しました。

そして、パワーアップした庭取は、引き出されたパワーで、
怒突の頭部をぐしゃりと握り潰して殺しました。

『鵜の目鷹の目』で、怒突が毒殺師であることを知っていた庭取は、
最初からドーピングしてもらうために、怒突に近づいていたのでした。


第三戦 牛刀をもって鶏を裂く  庭取『自分が欲しい。』

『酉』の戦士、庭取の本名は丹羽遼香(にわ・りょうか)です。
幼少期より凄惨な虐待を受けて育った庭取は、15歳以前の記憶がありません。
人を騙したり人を殺したり庭取は、丹羽家に引き取られた後、
戦場においてスパイ的な役割を担うことが多いです。

武器は、『鶏冠刺(とさかざし)』と呼んでいる鋤(すき)です。

庭取は、『鵜の目鷹の目』で鳥たちに協力してもらう代わりに、
殺した死体を餌として鳥葬する、という契約を鳥たちと結んでいました。

ゴーストタウンを歩いていた庭取は、
『歩く死体(ウォーキングデッド)』となった異能肉を発見し、
数百羽の鳥に異能肉を襲わせ、殺させて食べさせました。
死んだ後も、機関銃をいつまでも乱射し続けることができる、
という異能肉の特殊技能は使うことができたので、
数十羽の鳥が撃ち落とされて殺されてしまっていました。

庭取自身も食事をしようと、コンビニエンスストアに行きました。

すると、そこで同じく食料を調達しにきていた
『子』の戦士である少年と出会いました。

「『子』の戦士――『うじゃうじゃ殺す』寝住(ねずみ)」
と名乗った寝住に連れられ、『申』が隠れている下水道に案内してもらいました。

「『申』の戦士――『平和裏に殺す』砂粒(しゃりゅう)』
と名乗った砂粒は、停戦勧告の賛同者を募集したときに庭取も手を挙げていたので、
庭取のことを仲間扱いしていました。

ドーピングで、ステータスだけではなくメンタルまで引き上げられていた庭取は、
平和主義者の女性の砂粒と話をしているうちに、
強(したた)かだった自分らしさを失ってしまい、
砂粒に、仲間にはなれないと言って、下水道から出ました。

そこで、十二戦士の中で、もっとも高名な戦士である、
『皆殺しの天才』の『丑』と出会いました。

『丑』の持っているサーベルや、衣装は血で赤く染まっていました。

『丑』は、砂粒が近くにいることを看破しました。
庭取は、砂粒を守るために戦うという、庭取らしくない「いい奴」っぽい理由で、
『丑』と戦うことになりました。

「『丑』の戦士――『ただ殺す』失井」
と失井は名乗り、サーベルで庭取の両目を正確に差し貫きました。

最後の意識で、庭取は、わたしの死体を食べていいよ、鳥さん達、
と思ってから死にました。


第四戦 敵もさる者ひっかく者  砂粒『平和が欲しい。』

『申』の戦士、本名・柚木美咲(ゆうき・みさき)は、
とある霊山において生を受け、
水猿(みざる)、岩猿(いわざる)、気化猿(きかざる)という3人の仙人から、
戦士としての手ほどきを受けました。。
液体・固体・気体を自在に操る戦闘能力は、本来、極めて高いのです。

平和主義者の砂粒は、これまで314の戦争と、229の内乱を、
和解に導いてきました。
武器は停戦交渉と和平案です。

庭取が下水道から去った後、砂粒は、考えている必勝法、
十二大戦を停める作戦はひとつではない、と寝住に言いました。

最初の集合場所のビルの床を砕いたのは、他ならぬ砂粒でした。
先制攻撃に出ようとした誰かの気配を察し、
あの場にいた全員を護るために、砂粒は床を砕いたのでした。

寝住は、砂粒ほど、人を救ってきた人間はいないと言いましたが、
砂粒は、私ほど、人を救えなかった人間もいないよ、と言いました。

いわれのない虐殺や、正義の蛮行などの現実を見てきた上で、
砂粒は戦いを停めることを選びました。
綺麗事なめんなよ、ボク、と砂粒は言いましたが、
寝住は寝てしまっていました。

しかし、大量の鳥の羽ばたきが聞こえてきて、砂粒は寝住を起こしました。

異能肉の機関銃で殺された数十羽の鳥が、憂城に操られ、
下水道の奥から近づいていたのでした。

砂粒は寝住と一緒にマンホールの蓋を押し上げて地上へと出ますが、
憂城に巨大な刃物で襲われました。

寝住に『巳』の戦士の首なし死体を任せ、砂粒は憂城と戦います。

追いついた大量の鳥の死骸が砂粒を襲いますが、
砂粒は鳥の羽骨をへし折り、はたき落としました。

憂城が振るった刃物を、砂粒は高くジャンプして飛び越し、
憂城の背後から憂城を取り押さえにかかりました。

ところが、憂城は振り向きもしないままに手首を返して、
砂粒の胴体に刃物を刺し、殺しました。

砂粒と憂城が戦っていた場所から、少し離れた位置に植えられた街路樹に、
『巳』の生首がぶら下がっていました。
憂城は、その生首の目を監視カメラのように使い、
己の背後を見守っていたのでした。


第五戦 羊の皮をかぶった狼  必爺(ひつじい)『時間が欲しい。』

『未(ひつじ)』の戦士である必爺、本名・辻家純彦(つじいえすみひこ)は、
十二大戦参加者の中で最年長です。

36年前に開催された第9回大戦では、必爺は優勝しており、
『孫の顔が見たい』という願いを叶えました。

その孫が十二大戦の出場者として選ばれそうになったのを受けて、
自ら名乗りをあげました。

必爺は十二大戦のルールを破り、毒の宝石『獣石』を呑み込まず、
懐に隠し持っていました。

必爺は、頭の中で12人の戦士たちを順位付けするなら、
自分は10位以下だろう、と考えていました。

必爺は大会開始から3時間隠れた後、呑み込まなかった『獣石』を利用して、
他の戦士を騙そうと考え、動き出します。

しかし、見つかったのは、
ランキング最下位の『寅(とら)』の戦士の女性でした。

『寅』は、ゴーストタウン内の公演のベンチで、
酒をたらふくかっくらって酔っぱらっていました。

必爺が、自作の投擲手榴弾(とうてきしゅりゅうだん)
『醜怪送り(しゅうかいおくり)』を取り出したのと同時に、
『寅』は、必爺が隠れていたのを見破り、声をかけてきました。

必爺は『寅』の前に姿を現しますが、『寅』はやはり、
アルコールが回っていて、完全に酔っぱらいでした。

それでも、
「『未』の戦士――『騙して殺す』必爺」
「『寅』の戦士――『酔った勢いで殺す』妬良」
と名乗り、戦います。

見え見えだったはずの、『寅』の『爪』による攻撃が、
十爪とも、必爺の矮躯にヒットし、皮を引き裂かれました。

実は、妬良は、「酔えば酔うほど強くなる」でお馴染みの、
酔拳の使い手だったのでした。
もっとも、妬良は酒よりもなお、人の血に酔うのですが。


第六戦 千里の馬も蹴躓(けつまづ)く  迂々馬(ううま)『才能が欲しい。』

ここで、大会主催者が、戦争のための戦争として十二大戦を開催し、
代理戦争として誰が優勝するのか賭けをしていた、
ということが読者に明かされます。

国をチップにしたベットがおこなわれるのは、
戦士が半分に減った、このときでした。
オッズ順は、
1『丑』 2『卯』 3『寅』 4『午』 5『辰』 6『子』
です。

身長230センチ、体重150キロの『午(うま)』の迂々馬、
本名・早間好実(そうま・よしみ)は、
およそ人体では考えられない強度を誇る防御術『鐙(あぶみ)』と称する
タフネスの持ち主でした。

しかし、『丑』の戦士の失井は、歩く死体となった異能肉を見て、
『死体作り』がいると知り、他の戦士を早めに殺そうとして、
迂々馬と戦いました。

失井は、迂々馬の防御術『鐙』を徹透して、傷をつけていました。

信仰の域に達していた筋肉を傷つけられたことで、
迂々馬は心に傷を受け、失井から逃げた後、
銀行の金庫にバリケードを作って閉じこもっていました。

迂々馬の自慢の『鐙』は、体外からの攻撃だけではなく、
体内からの攻撃にも、毒に対してさえ有効かもしれませんが、
消極的な行動でした。

しかし、いつの間にか、金庫の中に寝住がいて、
スマートフォンを見ていました。

鼠(ねずみ)ってのは、ちょっとでも隙間があれば、
どっかからは這入ってくる、と寝住は言いました。
銀行の金庫と言っても、中に入る際、迂々馬が鍵を壊し、
力任せにバリケードを組み上げただけなので、
隙間はあるかもしれませんが、
こんな短時間で見つけられるような隙間ではないはずでした。

寝住が名乗ったので、
「『午』の戦士――『無言で殺す』迂々馬」
と迂々馬も名乗りましたが、寝住は迂々馬と戦うつもりはないようでした。

『巳』の首なし死体から逃げる際に、パニックルームとして、
この金庫を使っているだけだったのでした。

『未』の爺さんが、今どこにいるか、知ってる?
と寝住に訊かれましたが、迂々馬は知りませんでした。

寝住は、俺を追って、『巳』の奴がここに来るかもしれねーから、
あんた、ここから逃げた方がいいぜ、と言い、消えました。

しかし、迂々馬はそのまま引きこもり続け、いつの間にか、
金庫の中が煙に満ちているのに気づきました。

寝住を追った『巳』が、背負っていた火炎放射器『人影(ひとかげ)』で、
金庫へ火炎放射したのでした。

酸素を奪われ、迂々馬は死にました。


第七戦 竜頭蛇尾(先攻)  断罪(たつみ)兄弟・弟『金が欲しい』

「『辰』の戦士――『遊ぶ金欲しさに殺す』断罪兄弟・兄!」
「『巳』の戦士――『遊ぶ金欲しさに殺す』断罪兄弟・弟!」
と名乗りをあげていた兄弟の弟の方、『巳』の戦士、
本名・積田剛保(つみた・たけやす)は、
『歩く死体』として寝住を追っていました。

高機能レーダーにも似た独自の技能、『地の善導(ぜんどう)』があるので、
首が無くても、地面からの振動を足の裏から敏感に感じ取り、
周囲の状況を把握し、反応することができました。

『寅』の妬良が、断罪弟を見つけて前に出ますが、
断罪弟は妬良に火炎放射器で攻撃します。

妬良は断罪弟の右腕を吹っ飛ばし、火炎放射器を奪いました。
そのタンクの中に入っていた液体を飲みますが、
ここでようやく、断罪弟がただの死体だと気づき、
一方的に立ち去ろうとしました。

断罪弟は妬良をロックオフし、再び寝住を追跡しようとしますが、
そこへ『丑』の失井が現れ、断罪弟の左腕を吹っ飛ばしました。

そこへ、妬良が戻ってきて、失井を睨みつけ、戦闘モードに入りました。

妬良と失井は名乗りをあげようとしましたが、
断罪弟の、引き千切られた右腕と、切断された左腕が、
それぞれ妬良の首と、失井の喉元に飛びついて、
がっちりと五指を喰い込ませ、喉を握り潰そうとしました。

その様子を、断罪兄弟の兄、『辰』の戦士が上空から見下ろしていました。


第八戦 竜頭蛇尾(後攻)  断罪兄弟・兄『何も欲しくない。』

断罪兄、本名・積田長幸(ながゆき)は、
弟の火炎放射器『人影』と対になる氷冷放射器『逝女(ゆきおんな)』を
背負っています。
タンクの中身は液体窒素です。

それとは別に、竜として空を飛ぶことができ、
十二大戦が始まってからずっと空の上に隠れていました。

その頃地上では、妬良と失井が、『巳』の切断された両腕で、
喉を潰されそうになっていました。

失井は、妬良に、この状況を打破するための、一時的な共闘を申し込みます。
この状況さえクリアできれば、私がきみに、決闘を申し込む、と言いました。

妬良は何をすればいいのかと聞きましたが、
失井は、何もしなくていい――きみはそのまま、泡を吹いていれば、
と言い、妬良の足元のアスファルトに、サーベルをぶつけました。

火花が散り、アルコールや火炎放射器のタンクを呑んでいた妬良は、
燃え上がりました。

妬良はアウターを乱暴に脱ぎ捨て、失井はその燃えさかるアウターで、
自分の首を絞める断罪弟の左腕をくるみました。
左腕の死体は、ただの死体になり、力を失いました。

荼毘に付して、成仏させたのでした。

庭取が、鳥に食べさせて異能肉の死体を鳥葬したり、
迂々馬の焼死体が動き出さなかったりした例から、
失井は『死体を殺す方法』に独力で辿り着いたのでした。

妬良も何とか消火作業を終え、失井に対して激高しました。

しかし、立ち上がった断罪弟の残る首なし腕なし死体を倒すまでは、
共闘は続きます。

その様子を上空から見ていた断罪兄の腕の中に、
弟の生首が落ちてきて、断罪兄はそれを受け止めました。

憂城は断罪弟の生首を高く打ち上げることで、空撮を試みたのでした。

断罪弟の首は断罪兄の腕に噛みつき、さらに、
憂城が跳ねてきて、断罪兄の胴体を横薙ぎに、まっぷたつにしました。


第九戦 二兎追う者は一兎も得ず  憂城『お友達が欲しい。』

断罪弟の生首や、憂城を高く打ち上げたのは、砂粒の死体でした。

憂城は空から地上を見下ろし、自分以外の生存者は、
妬良と失井と寝住の、たった3人であることを知りました。

妬良と失井のところに、断罪兄の上半身と下半身が落ちてきて、
2人は一気にピンチになりました。

しかし、失井は策を弄し、宙に浮かぶ断罪兄が背負っているものは、
液体窒素の放射器だと妬良に伝えました。

そこへ、断罪兄が弟の生首を投げてきて、失井は真上に蹴り上げました。
くるくると回転する生首は、広角カメラの役割を果たします。

戦っている途中、妬良はピンときて、氷冷放射器『逝女』のタンクを奪い取り、
爆弾のように投げ落としました。

断罪兄弟の死体は冷却処理され、落下して粉々になり、
ない交ぜになって、動かなくなりました。

そこへ、憂城が現れました。砂粒の死体は寝住を追っていて、別行動です。

『死体作り』としての憂城の特殊技能は恐ろしくても、
使役する死体を失った憂城は弱く、
失井のサーベルと妬良の爪で、憂城は八つ裂きにされてしまいました。


第十戦 虎は死んで皮を残す  妬良『正しさが欲しい。』

憂城は十二大戦が終わった後、妬良と失井の死体を使うことを考え、
やり過ぎないように、自分で妬良と失井を殺そうとしました。
丑寅タッグが断罪兄弟に、ああも損傷少なく勝つことは、
想像できなかったのです。

しかし、憂城は妬良と失井に殺される前に、自ら舌を噛んで死にました。

回想です。

妬良、本名・姶良香奈江(あいら・かなえ)は、
アルコールを摂取する言い訳として、酔拳の使い手となりました。
実際の酔拳は酔った動きを模した拳法であり、酒を飲む必要はないのですが。

かつてはとても思慮深く真面目な女の子だった妬良は、
戦場で人を殺し、称えられるにつれ、妬良の純粋な目には、
世の中が矛盾だらけの、偽善だらけに見えるようになりました。

妬良は道を外れ、アルコールで頭を満たすことで、
余計なことを考えなくなり、迷いを消しました。

アルコールのせいで知能が下がった日々の中、
妬良は戦場で失井と出会いました。

正しいことを正しい方法でしていると確信しているかのごとく、
失井の剣筋には迷いはありませんでした。

失井は妬良のことを、無理矢理酒を呑まされた民間人のお嬢ちゃんだと思い、
助けてくれました。

妬良は、どうしてそんな正しいことができるのか、
どうすればそんな正しいことができるのか、おずおずと訊きました。

すると失井は、「まず、正しいことをしようとするだろう?」
「次に、正しいことをする」と言いました。

①正しいことをしようとする。②する。
と、理論が天才過ぎて、何も伝わってきませんでしたが、失井はさらに、
正しいことは、しようと思わなければ、できない、
きみが正しいことができなくて苦しんでいるのだとすれば、
それはきみが、正しいことをしようと思っていないからだ、と言いました。

妬良は失井のことを、目標にしたい師匠と考えるようになりました。

妬良は没交渉だった実家に土下座して、
参加戦士としてねじ込んでもらいました。

こうして、やっと失井と再会できたのですが、
失井の方は妬良のことをまったく憶えていませんでした。

回想が終わり、殺したはずの憂城の両刀から失井を庇うために、
妬良は失井を突き飛ばしました。

兎の両刀、『白兎』と『三月兎』が、妬良の腹の、柔らかいところに突き刺さりました。

失井は、妬良の腹に刺さった剣を持つ手をバラバラにして、
妬良をおぶって、闇雲に走り出しました。

失井は、死なせはしない! と言いましたが、
妬良は、あんたがあたいを、殺してくれ、と頼みました。

このままだと妬良は憂城に殺されたことになるので、
その前に失井に殺してもらうことにしたのでした。

しかし失井は、決闘はとりおこなう、きみは私に、負けて死ぬのだ、
と言いました。
失井は結局、妬良のことを思い出してくれませんでしたが、
妬良は師匠に、会ったのもこれが初めてだ、と言いました。

天才は死にかけを、正しい手順で、ただ殺しました。


第十一戦 人の牛蒡(ごぼう)で法事する  失井『助けが欲しい。』

失井、本名・樫井栄児(かしい・えいじ)は、
5歳の初陣から皆殺しで、このときより天才の名を欲しいままにしてきました。
武器のサーベルの銘は『牛蒡剣』です。

妬良を殺した失井は、妬良の中に、かつて戦場で会った少女の面影を見ました。

どうしてそんなに正しいことができるのか、
正しいことをすれるにはどうすればいいのか、
そう訊かれた失井がその質問に真剣に答えることで、
失井の天才性は完成されたのでした。

一方、憂城は死してなお、優勝を目指していました。

十二大戦の勝利条件は毒の宝石を12個集めることであり、
勝利条件さえ満たせば、死んでいようとも、
優勝資格があるということなのです。

憂城は妬良と失井に八つ裂きにされる前に、
12個の宝石を集めろという指令を己に出して、
己の意識を終わらせました。

そんな憂城の死体は切り刻まれましたが、死体の部分が再び集結して、
1人の人間のシルエットを作り、失井の前に現れました。
ただし、各パーツの部位は間違っていましたが。

怪物となった憂城を、失井は斬りましたが、
斬り裂いた死体の中から、砂粒の死体が飛び出してきて、
失井に抱きつき、押し倒しました。

信じられないパワーで組み敷かれて、身じろきもできません。

舌を噛んで自殺しようとする前に、砂粒はヘッドショットで、
失井の歯をあらかたへし折りました。

そこへ、寝住が、必爺の武器である投擲手榴弾『醜怪送り』を持って現れました。
妬良が必爺を倒してくれたから、
寝住は手榴弾をここに持ってくることができた、と寝住は失井に伝えます。

私にとっては、これが正しいことだ――きみは、
きみが正しいと信じることをしたまえ、少年、と失井は言いました。

失井は、寝住とどこかで会ったような気が、しないでもないが――
と思いながら、爆発して死にました。

こうして、寝住は12個の宝石を集め、優勝しました。


終戦 大山鳴動鼠一匹  寝住『夢が欲しい。』

寝住、本名・墨野継義(すみの・つぎよし)は、
確率世界への干渉力『ねずみさん(ハンドレッド・クリック)』
という特殊技能の持ち主でした。

同時に100までの選択を実行でき、任意の選択を現実として確定できます。

精神は過大な負担を強いられることになるので、代償として眠くなりますが。

消滅した分岐の記憶は、寝住以外には残りませんが、
たまに残ることもあり、異能肉や失井が、
寝住とどこかで会ったことがあるような気がする、
と感じていたのがその伏線だったのでした。

寝住は十二大戦への出場を避けようとしましたが、
避けられる選択肢は、100通りの分岐の中にはありませんでした。

寝住は優勝後、ドゥテキャプルからインタビューされます。

十二大戦中に試した100のルートのなかで、
寝住が生き残ったのはこれが唯一のルートでした。
99回死んだので、寝住には、
自分が優勝したという感慨はまったくありませんでした。

砂粒の和平案というのは、主催者サイドを交渉相手にしようとしていたのだろう、
とドゥテキャプルは言いました。

優勝商品である『たったひとつの願い』については、
ゆっくり考えさせてもらうことにし、寝住は帰宅しました。


というあらすじなのですが、今回はあらすじ書くのが大変で、
何度も挫折しそうになりました……。
でも、非常に面白い話なので、何とか乗り切ることができました。

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の逆の順番で、
個性豊かな12人のキャラクターに焦点を当てつつ、
ことわざにあったストーリーにするという、
信じられないような縛.りプ.レイなのに、この面白さです。

凄すぎます。

この話は、
西尾維新さん原作の短編漫画集「大斬(おおぎり)」に収録されている、
「どうしても叶えたいたったひとつの願いと、割とそうでもない99の願い」
に続きます。

西尾維新「ネコソギラジカル(上) 十三階段」のネタバレ解説

ネコソギラジカル(上) 十三階段 戯言 (講談社文庫)


戯言遣いシリーズの7冊目です。

まず、冒頭の登場人物紹介には、
これまでに登場したほぼ全てのキャラクターの名前が書かれています
(ただし、作者のミスで、
鈴無音々(すずなし・ねね)の名前が抜けていますが。
他にも形梨(かたなし)らぶみとかの名前もありませんが)。

次に、いーちゃんが調べた、狐面の男、
西東天(さいとう・たかし)についての情報がまとめられています。

幼い頃から天才だった西東は、6歳の4月に高都大学人類生物学科に入学し、
同年7月に卒業、翌年3月には大学院を卒業しました。

10歳の7月に、10歳年上で双子だった姉が2人とも行方不明になり、
13歳の時に両親が死亡しました。

渡米し、ER2システム(現ER3システム)に身をゆだね、
18歳の1月に単身、帰国しました。
19歳の3月より、高都大学で教授職として復職し、
21歳の4月に、架城明楽(かじょう・あきら)と、
藍川純哉(あいかわ・じゅんや)の2人と渡米し、
独自の組織を立ち上げますが、5年後、
その組織はER2システムに吸収合併されます。

3年後、29歳の夏に、架城明楽と藍川純哉、
1人の使用人、1人の娘を連れて帰国し、
同年の冬に、全員が死亡しました。

西東天は、公式の記録では、
10年前に死んだ人間ということになっていたのでした。

いーちゃんは、「ヒトクイマジカル」の事件で負傷し、入院していました。

同じアパートに住む闇口崩子がお見舞いに来て、
それと入れ違いに浅野みいこがやってきました。
1ヶ月ぶりの再会でした。

1ヶ月前、いーちゃんはみいこに告白同然のことを言っていましたが、
みいこは、お前と私は付き合えない、とお断りの返事をしました。
自分は過保護だから、付き合ったら自分もいーちゃんも、
どちらも駄目になってしまうと言います。

そこへ、病室の扉が開き、西東の組織≪十三階段≫の十二段目、
奇野頼知(きの・らいち)という男が現れました。

奇野は、西東から聞いていた敵、「いーちゃん」をみいこと誤認し、
みいこに宣戦布告します。
が、みいこは護身用の五段鉄棒(ロッド)で、剣道の動きをし、
奇野を圧倒しました。

奇野は謝り、西東から「いーちゃん」への手紙を届けに来ただけだ、
と言い、みいこに手紙を渡して逃げていきました。
しかし、みいこはその手紙を窓から破り捨ててしまいます。

9月21日、退院したいーちゃんは、崩子と一緒に、
京都駅の階段で千賀(ちが)ひかりと待ち合わせをしました。
ひかりは、「クビキリサイクル」に登場した三つ子メイドの1人です。

ホテルの部屋に移動し、ルームサービスを食べながら、
ひかりは、1ヶ月前に占い師の姫菜真姫(ひめな・まき)が殺された、
と報告しました。
密室殺人で、外部犯の犯行だったのだそうです。

また、「ヒトクイマジカル」のラストで、
8月20日に哀川とその戦闘相手が清水寺本堂を破壊してから、
哀川は行方不明になっていました。

いーちゃんは、ひかりに、西東天のことを訊きます。
哀川にとって、架城明楽、藍川純哉、西東天の3人は父親というべき存在で、
母親は不明なのだそうです。

姫菜真姫が殺されたとき、
烏の濡れ場島には春日井春日(かすがい・かすが)がいて、
いーちゃんは恐るべきメイドマニアだと聞いていたひかりは、
メイドとしていーちゃんのことを「ご主人様」と呼び、
アパートでいーちゃんの世話をするようになりました。

9月26日、いーちゃんは玖渚友(くなぎさ・とも)から呼び出しを受け、
玖渚のマンションに行きました。
そのとき、崩子が寝てしまったからと、ひかりはフィアットで待ちました。

玖渚の部屋に行くと、「園山赤音」がいました。
いや、正確には園山赤音ではないのですが、そう名乗っていた女です。
「園山赤音」は、現在行方不明中の哀川に成り代わろうとしていると言い、
帰っていきました。

玖渚機関の内部で反乱があったが、昨日、完璧に終わり、
玖渚の兄の直(なお)が玖渚機関機関長に就任し、
直以外の本家の人間は引退した、と玖渚は言いました。

玖渚は、精密検査を受け、身体が正常な機能を取り戻そうとしており、
それを異常と捉えて、この前の検査には引っかかったみたいだ、
と玖渚は言います。
6年前、いーちゃんが玖渚に与えたと思い込んでいる被害は、
これで全部、見える限りにおいては回復したと言える、と玖渚は言います。

部屋を出るとき、いーちゃんは玖渚に「愛し――」と言いかけますが、
「ICPOって何の略?」とごまかしました。

駐車場のエレベーターホールで、西東天と再会します。
≪十三階段≫が全員揃ったことや、西東が奇野頼知を騙して、
みいこを「いーちゃん」だと思わせたことなどを、西東は話します。

西東はいーちゃんにパーティーの招待状を渡し、
「殺して解(ばら)して並べて揃えて――晒してやるさ」
と、いーちゃんは零崎人識のセリフを借りて宣戦布告します。

福岡へ行け、そこにお前のよく知る男がいる、
と西東はいーちゃんにヒントを出した後、去り際に、
姫菜真姫を殺せと命令したのは自分だと、ついでのように言いました。

西東はポルシェに乗って駐車場から出て行きましたが、
その助手席には、浴衣姿で野球帽を被り、狐のお面をつけた、
子供が乗っていました。

フィアットに戻ると、哀川の失踪を誰から聞いたのか、とひかりに訊かれ、
見舞いに来てくれた大泥棒さんから聞いた、といーちゃんは答えました。

石丸小唄(いしまる・こうた)は、哀川潤と出夢が清水寺で殺し合い、
相打ちになった、と裏の世界で噂が流れているのを教えてくれました。
ただし、小唄本人は哀川の死を信じていなくて、
哀川を探しているのだそうです。

西東と再会した翌日、ひかりと崩子を振り切り、いーちゃんは福岡に行きました。

(余談ですが、この場面で、
いーちゃんの本名の苗字候補という説がある「壱外」について、
『九州、といわれてピンと来るのは、精々玖渚機関の配下である、
壱外と参榊くらいだが、その両方ともと、ぼくは大したかかわりをもっていない』
と書かれており、
『初めての九州なんだけどなあ』
というセリフがあります。
それも戯言なのかもしれませんが。)

以前、春日井春日が理澄から抜き取った名刺に書かれていた住所に行くと、
古くて汚いアパートがあり、その二〇五号室に出夢が潜伏していました。

出夢はいーちゃんがやってくるような気がして、
ここで待っていたのだそうです。

哀川との戦闘は、出夢が口を滑らせて「狐さん」のことを言ったら、
哀川は一瞬で察し、いつの間にか消えていたのだそうです。

いーちゃんが封筒から取り出した、
≪十三階段≫のメンバーが書かれた書面を見て、
出夢は、十二人しか、いねーじゃねーか、と首を傾げました。

出夢は、「ノイズ」という人物以外は、何らかの形で知っており、
色々と教えてくれます。

架城明楽は亡霊みたいなものであり、
一里塚木の実(いちりづか・このみ)は≪空間製作者≫であり、
絵本園樹(えもと・そのき)は医者、
宴九段(うたげくだん)は≪架空兵器≫なのだそうです。

古槍頭巾(ふるやり・ずきん)は刀鍛冶、
時宮時刻(ときみや・じこく)は操想術師、
右下(みぎした)るれろ、は人形師です。

闇口濡衣(やみぐち・ぬれぎぬ)は≪暗殺者≫で、
澪標深空(みおつくし・みそら)と澪標高海(たかみ)は、
双子の≪殺し屋≫であり、匂宮雑技団の下位組織なのだそうです。

出夢が知らない「ノイズ」を除き、残るは奇野頼知だけです。

その際、奇野頼知のことを「僕の知る限り十二人の中で一番ヤバい」と言い、
奇野は≪呪い名≫であり、いーちゃんかみいこのどちらか、
あるいは両方が、奇野に何かされている、と言いました。
奇野は身体の中に仕込んだ≪毒≫や≪病原菌≫を、
相手に移す能力を持っているのだそうです。

翌朝、崩子から電話があり、みいこが意識を失ったという連絡が入りました。

いーちゃんが病院に駆けつけると、鈴無音々がいました。
鈴無によると、みいこは原因不明の高熱や呼吸困難などの、
色んな病気の症状を出しており、
肉体自体の代謝機能や免疫機能が酷く低下しているのだそうです。

ベスパを取りに京都駅に戻る途中、電車に乗っていると
いつの間にかヘッドホンをつけた中学生以外の乗客が消えていました。

その中学生こそが≪十三階段≫の十一段目の「ノイズ」でした。

ノイズによると、西東はいーちゃんに本気にやる気を出させるために、
奇野に毒を仕掛けさせたのだそうです。

飲めば助かり、飲まなければ死ぬ解毒剤を手に入れるため、
指定した日時と場所にやってこい、とノイズは言いました。

ノイズというのは単なる記号で、ノイズには名前がないので、
いーちゃんの戯言が効かないのだそうです。
そのために西東はノイズを≪十三階段≫に入れたのでした。

名前のない相手には戯言が通じない、というのは、
はっきり言って意味不明なのですが、
いーちゃんは「………………っ!!」と、焦っており、図星らしいです。

いや、読者には意味不明なんですけどね。
いーちゃん、ピンチらしいです。

「クビキリサイクル」の事件を解決できなかったのも、
あの事件の真犯人には名前がなかったからであり、伏線だったらしいです。
いや、伏線を回収されても意味不明なことに変わりはないんですけどね。

アパートに戻ると、駐車場に崩子がいて、
いーちゃんは退院してからずっと誰かに尾行されていた、と言いました。

尾行の相手は、濡衣だろうと崩子は言いました。
それは、≪十三階段≫の1人である闇口濡衣であり、
崩子の親戚筋なのだそうです。

つまり、いーちゃんはずっと気づいていなかったのですが、
崩子が家出してきた実家というのは、≪暗殺者≫と呼ばれている、
裏の世界の「闇口」の家系なのでした。

崩子の兄である美少年の石凪萌太(いしなぎ・もえた)も、
「石凪」という「死神」の家系でした。

いーちゃんがこれまでの事情を説明すると、崩子は、
「わたしが人肌――脱ぎましょう」と言い、
いーちゃんにバタフライナイフを刺し、内臓を抉りました。

わたしはこれ以上お兄ちゃんが傷つくのを、見ていられません、
貴兄の奴.隷になることを誓います、と崩子が言うのを聞きながら、
いーちゃんは意識を失いました。

目を覚ますと、いつもお馴染みの病院で、
看護師の形無らぶみから、今日は9月30日だと言われました。
西東に指定されていた日になっていました。

らぶみにからかわれたり励まされたりして、いーちゃんは病院を抜け出し、
アパートに戻りました。
部屋で準備を調えると、千賀ひかりがいーちゃんのジャケットを持ってきて、
姫菜真姫の子供の頃のニックネームも、
紫木一姫(ゆかりぎ・いちひめ)と同じく、「姫ちゃん」だったのだ、
と言いました。

ひかりに背中を押してもらい、アパートを出て駐車場に行こうとすると、
そこに13歳の崩子と15歳の石凪萌太がいました。

崩子はいーちゃんと主従の契約を結んでいるので、
崩子はもういーちゃんに手を出せないし、
いーちゃんのすることに口も出せない、と萌太は言いました。

崩子は、契約をする前にいーちゃんの意識を失わせることで、
その間に自由に動くつもりだったらしいのですが、形梨らぶみによれば、
崩子に刺された傷はこれまでで一番の致命傷だったのだそうですw

試しにいーちゃんが崩子に、わんって言ってみて、と言うと、
崩子は屈辱に打ち震えながらクールな表情で「わん」と言いました。

ちなみに、2人は西東に指定されたパーティー会場である、
クビツリハイスクール」に登場した澄百合学園の場所が分からず、
いーちゃんを待っていたのだそうです。

駐車場に行くと、哀川潤が真っ赤なオープンカーに乗り、
いーちゃんを待っており、いーちゃん達はその車に乗りました。

哀川は、石丸小唄からある程度の事情を聞いていました。

哀川は、10年前からずっと西東天を探していたのだそうです。
行方不明になっていた間は、世界を半周して西東を捜していました。

ちなみに哀川は、西東天の姉の娘なのだそうです。

10年前、哀川と西東が喧嘩して、藍川純哉が哀川の味方になり、
架城明楽は西東につき、2対2の勝負になりましたが、
哀川だけが生き残ったのだそうです。

今度こそ西東を殺すために、哀川は西東を捜していたのでした。

その頃の哀川には名前がなかったので、
藍川純哉の名前をいただいたのだそうです。

また、いーちゃんのお世話をしてくれていた千賀ひかりは、
本物のひかりではなく、てる子なのだと哀川は言いました。

根拠は、三つ子メイドを唯一識別できる玖渚に、
「ひかり」が会いたがらなかったことです。
てる子は元々、メイドでありながらボディガードとしての役割もあったので、
イリアからいーちゃんを護衛するように頼まれていたのでした。

澄百合学園に着くと、その門の近くにノイズがいましたが、
哀川はアクセルを踏んで、車で鉄の扉をぶち破り、
ノイズを撥ねて、倒してしまいました。

校舎の中に入ると、戦闘が萌太で、いーちゃんと崩子が手を繋ぎ真ん中、
最後尾が哀川という菱形のフォーメーションで移動することになりました。

いーちゃんは萌太に、石凪の「死神」ってどういうことなのかと訊き、
萌太が詳しく解説してくれました。

しかし、その解説が途切れ、気が付くと、
いーちゃんと崩子の2人だけになっていました。

一里塚木の実の≪空間製作≫によって、いーちゃんと崩子が、
萌太と哀川から分断されてしまったのでした。

せっかくなので、哀川・萌太チームとは別行動をとることにします。

その際、崩子の「契約」についての説明があり、
契約は崩子の方から一方的にできる反面、
契約解除はいーちゃんの方から一方的にできるのだそうです。

また、崩子と萌太は母親が違うことも判明します。

崩子は、奴.隷の集団である≪闇口≫が嫌で、
萌太と一緒に家を出ましたが、それでも誰かの奴.隷にならないといけないなら、
いーちゃんを選ぶと言いました。

しばらくして、水着の上に白衣を着た、挙動不審な27歳の女性の医師、
絵本園樹に声をかけられました。

絵本は、非常に面倒くさい性格の持ち主で、
加害妄想をして一方的に喋りつづけることがあります。

敵味方関係なく、怪我の治療さえできればそれでいい、
ということで、周囲に怪我人が多い西東の傍にいるのだそうです。

早くも、浅野みいこの解毒剤を絵本から貰い、
いーちゃんと崩子は、絵本に案内されて美術室に行きました。

すると、そこには、いーちゃんを心配して、福岡から歩いて駆け付けた出夢がいて、
ついでに澪標深海と澪標高海の双子の姉妹を倒していました。

出夢は澪標姉妹から、哀川が第二体育館に向かっていることを聞いていたので、
絵本を美術室に残し、いーちゃんと崩子と出夢も、体育館に向かいました。

すると、階段の下で西東が待っていて、
いーちゃん達を体育館に案内してくれることになりました。

その際、西東にとって、哀川潤は、姉の子であり、自分の子供だと言いました。
つまり、西東は実の姉と、そういうことをしていたのでした。

また、西東の姉2人は、
西東準(じゅん)と西東順(じゅん)という名前だったのだそうです。

体育館に着くと、西東は、いーちゃんが持っている錠開け用ナイフで、
扉を開けさせます。

そのナイフは、元々は≪十三階段≫の1人である古槍頭巾が作ったもので、
零崎人識のものになり、哀川が人識から手に入れ、
それをいーちゃんが哀川から譲り受けた、という曰くつきのものでした。

体育館の中に入りながら時刻を確認すると、
間もなく日付が変わって10月になろうとしていました。

体育館の中で哀川を待ちながら、≪十三階段≫ってのは、
十二人、プラス一人なのだと、西東は言います。

そこへ、扉の向こうから哀川と萌太がやってきますが、
その2人の後ろに、もう1人、
幼稚な狐のお面を被り、浴衣を着た小さなシルエットがありました。

そして、哀川と萌太はその存在に気づいていませんでした。

西東が、「俺の孫」に、「好きにしろ」と言うと、
そのシルエットの腕が、哀川と萌太に伸びました。

その人物こそが、いーちゃんのER3システム時代の重要人物である、
橙なる種(だいだいなるしゅ)、代替なる朱(だいたいなるしゅ)の、
想影真心(おもかげ・まごころ)でした。

そしてこの話は、「ネコソギラジカル(中)赤き征裁 vs. 橙なる種」に続きます。

西尾維新「悲衛伝」のネタバレ解説

悲衛伝 (講談社ノベルス)


伝説シリーズ第8弾のネタバレ解説です。

地球撲滅軍の空挺部隊部隊長の、主人公の空々空(そらから・くう)は、
人工衛星『悲衛』に乗っていました。

他の搭乗員は、副隊長の氷上竝生(ひがみ・なみうみ)、
元「魔法少女」の、地濃鑿(ちのう・のみ)、
虎杖浜なのか(こじょうはま・なのか)、
好藤覧(すいとう・らん)、
灯籠木四子(とうろぎ・よんこ)、
元「魔女」の酒々井かんづめ(しすい・かんづめ)、
元「道徳啓蒙局」のトゥシューズ・ミュール、
「自明室」室長の左右左危(ひだり・うさぎ)、
副室長の酸ヶ湯原作(すかゆ・げんさく)です。

ある日、『悲衛』の空々の部屋に、
月の化身を名乗るバニーガールが現れました。

「悲鳴伝」に登場した、地球の化身の幼児みたいなものです。

月の化身からニックネームをつけてほしいと言われ、
空々は「ブルーム」という名前をつけます。

ブルームは、空々に太陽系の惑星を紹介し、
地球と地球人との戦争を停戦させようとします。

ブルームは紹介するだけで、ほかの惑星を説得するのは、
空々の役目です。

火星は既に地球との戦争に敗れて死んでいるので、
空々が説得しないといけないのは、
水星、金星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星でした。

しかし、空々はさらに、太陽も紹介してほしいと頼みました。
それはブルームの予想を上回る要求で、
ブルームは困った様子でしたが、了承してくれました。

太陽系の惑星の意見を全会一致させた後、
太陽を紹介してくれることになりました。

まず、最初に紹介してくれるのは、周期の都合で天王星となりました。

空々は事前に、宇宙船恐怖症でふらふらになっている虎杖浜なのかから、
天王星についての情報を仕入れます。

自分の部屋に戻ると、女学生風の少女がベッドに横たわっていました。
その少女が天王星の化身でした。
空々は天王星の化身にブループというニックネームをつけます。

空々は、地球との戦争を停戦するのに協力してほしい、
とブループを説得しますが、ブループは態度を保留しました。

翌日の朝、ブルームに起こされると、既に木星の化身の、
麦わら帽子を被ったボーダーシャツの少女がいました。
空々はその少女にスピーンというニックネームをつけます。

スピーンは、太陽に勝ちたいという夢を持っており、
そのきっかけを作ろうと、空々の提案に乗ってくれました。

その後、空々は地球で入院中の杵槻鉱矢(きねつき・こうや)に電話し、
アドバイスをもらいます。

ブルームが現れ、水星と海王星がダブルブッキングしてしまった、
と言われます。
空々は再び虎杖浜なのかから、水星と海王星の情報を仕入れますが、
虎杖浜なのかから疑われてしまいました。

自分の部屋に戻ると、甲冑姿の少女の水星の化身と、
水着姿の少女の海王星の化身がいました。

空々は水星の化身にメタール、海王星の化身にウォー、
というニックネームをつけました。

メタールは太陽のことを「友」だと言い、
太陽系は水星さえいれば成り立つから、
地球と地球人との戦争などどうでもいいと言います。

また、ウォーはメタールというか水星のことを嫌っており、
メタールに嫌がらせをするために、
わざとダブル・ブッキングした様子でした。

議論はこじれますが、空々は思い切って、
態度を保留していたブループと、
火星の代表として酒々井かんづめを連れてきました。

かんづめは、地球は戦争の楽しみを覚え始めており、
地球を滅ぼした後は、他の星に攻め込むかもしれない、
という意見を述べます。

それを聞いて、メタールは、太陽が空々の判断を尊重するなら、
自分もそれに協力すると言いました。

ウォーは、とにかくメタールに嫌がらせをしたいだけなので、
メタールを後に引けない状況に追い込もうとして、
ウォーも賛成してくれました。

ブループは、地球人の悪あがきがもっと見たいと言い、
賛成してくれました。

かんづめは、もうよばんといて、と言い、帰っていきました。

次の土星の化身は、天使の恰好でくる、とブルームはネタバレします。

虎杖浜なのかに頼まれて空々の様子を探りに来た地濃鑿に、
空々はイラッとしながらも、土星の情報を仕入れました。

空々は自室に戻り、
土星の化身にリングイーネというニックネームをつけました。

リングイーネは、冥王星が確実に反対するだろうから、
全会一致は無理だと言います。
代案として、自分が地球と地球人の敵になることで、
地球と地球人を一致団結させる、と言いました。

空々は、今回は氷上竝生から冥王星の情報を仕入れました。

冥王星の化身は、死神の恰好をした少女でした。
空々はその少女にノーヘルというニックネームをつけます。

ノーヘルは、最初は惑星扱いだったのに、
後で準惑星に降格されたことで、ひがんでいました。

ノーヘルは反対し、帰ろうとしましたが、
土星のリングイーネから提示されたプランBを知ると、
土星をここに呼んできなさいと言いました。

廊下に出た空々は、好藤覧から、ベッドの調子が悪い、
と嘘をつかれ、部屋に連れ込まれます。
その部屋には、虎杖浜なのかと灯籠木四子が待っており、
質問責めにされます。

空々は、本当のことを言った方が、
大人である酸ヶ湯原作に報告しにくいだろうと思い、
ブルームと出会った時のことから本当のことを話しました。

空々は、空々の話を信じていない虎杖浜なのか達から解放されますが、
部屋に戻ろうとしたところで灯籠木四子に話しかけられました。

何と、灯籠木四子は、空々と同じく、
地球の化身から次の『大いなる悲鳴』を予告されたことがあり、
空々の話を信じてくれたのでした。
ちなみに、灯籠木が会った地球の化身は、
性別不明の幼児ではなく、成人男性だったのだそうです。

ここからは灯籠木も交渉に加わってくれることになりました。

ノーヘルはリングイーネに反発し、
やはり停戦案に賛成してくれそうにありませんでした。
しかし、灯籠木はノーヘルから、ノーヘルにとっての理想は、
地球が準惑星に落ちることだと聞き出し、
そのプランを実現させると言い、賛成させました。

ノーヘルが賛成したので、リングイーネも賛成してくれました。

惑星の化身は空々の部屋にしか現れないようなので、
休みたい時は灯籠木の部屋で過ごすことになりました。

空々と灯籠木が一緒にいる時間が多くなると、
左右左危や酸ヶ湯原作に怪しまれるので、
空々と灯籠木は付き合っている、ということにしました。
そのために熱烈なキスシーンも演じますが、
心が死んでいる空々は特に何とも思っていないようでした。

金星の化身は、髪の毛の上半分が黒色で、
下半分が金色のツートンカラーで、
だるんだるんのジャージを着ていました。
空々は彼女にツートンというニックネームをつけました。

ツートンはやる気のない様子で、
あっさりと停戦案に賛成してくれました。

しかし、灯籠木はそのことが気に喰わない様子で、
ツートンを挑発し、情報を引き出そうとします。

するとツートンは、人類のふたりや20億人くらい、
自分なら始末できると言い出します。
ツートンは、地球に『大いなる悲鳴』を教えたのは自分だ、
と告白しました。
『大いなる悲鳴』の犠牲者数は23億人なので、
そういう意味でツートンは、20億人くらい、と言ったのでした。

ツートンによると、もともと『悲鳴』は、
健康法のようなものだったのだそうです。

地球にしてみれば、その地表にいる地球は細菌や微生物みたいなもので、
それを悲鳴で殺すのは、肌を清潔にするようなものだったのでしょう。

ともかく、ツートンが賛成したことで、
惑星の全会一致を得ることはできました。

空々と灯籠木は作戦会議をしているうちに、
星密度がもっとも高い惑星は地球だ、ということに、
何かヒントを得たようでした。

空々は杵槻鋼矢に電話し、大物と交渉するときの一番のコツは、
「大物は私の、敵じゃない」と心の中で唱えることだ、
というアドバイスをもらいました。

空々の部屋に行くと、ブルームは、
今回は太陽の化身をこの部屋に連れてくるのではなく、
空々と灯籠木が天体のイメージになり、
太陽のところへ行くことになった、と言いました。

擬人化ならぬ擬星化した空々と灯籠木は、
一人称が「わらわ」で、日本のお姫さまっぽい喋り方をする、
太陽と面会します。

灯籠木は、冥王星と約束した、地球を準惑星に降格させる、
という件について、
地球を削ってダウンサイジングすることを考えていました。

しかし、太陽と話しているうちに考えを変え、
逆に地球の密度を下げて、アップサイジングするのはどうか、
と考えるようになりました。

そして地球を太陽系から独立させる、というか追放します。
太陽にとっては、くっだらない争いから距離をおくことができます。

太陽は、惑星連の意見を聞くと言い、
空々の部屋で惑星サミットを開くことにしました。

酒々井かんづめを誘い、空々と灯籠木は、空々の部屋に行きます。

するとそこに、「9人の死体がありました。

十二単を着たお姫さまの太陽の化身の死体、
水星のメタール、金星のツートン、木星のスピーン、
土星のリングイーネ、天王星のブループ、海王星のウォー、
冥王星のノーヘル、月のブルームの死体がありました。

どの死体も安らかな死に方をしており、
それは『悲鳴』の死に方の特徴でした。

そこへ、性別不明の幼児の姿をした、地球の化身が現れます。

地球が『小さき悲鳴』で、集まった9人を殺したのでした。

実は、月の化身のブルームは、無意識のうちに地球に与する行動を取る、
地球陣だったのです。

太陽たちが死に、これで誰も戦争を止められなくなりました。


というあらすじですなのですが、意外なオチでした。

このオチは予想できそうでできなかったな、という感じです。

それにしても、今回はバトルがありませんでしたね。

話し合いで解決しようとする、というのもそれはそれで面白いですが、
この伝説シリーズの場合は、
バトルがないとイマイチかなー、と思いました。

この話は「悲球伝」に続きます。

西尾維新「結物語」第4話「つづらヒューマン」のネタバレ解説

今回は怪異は登場しません。

風説課の課長であり、唯一の人間である甲賀葛(こうが・つづら)が
タイトルになっています。

甲賀課長は怪異の専門家ですらなく、専門技能の一つもありません。
人間とのコミュニケーション力を買われて、
風説課の立役者に選ばれていました。

ぜんかマーメイド」から始まった、
4ヶ月に及ぶ研修期間が終わりに差し掛かった頃、
電話やメールで将来について話していた阿良々木くんは、
戦場ヶ原さんと別れてしまいました。今回で3度目です。

阿良々木くんは直江津署を後にしたのちのことも考えねばならず、
戦場ヶ原さんは大企業お抱えの金融トレーダーの見習いから、
正式なマネージャーを目指すかどうか決めなければならない時期に
来ていました。

もしも戦場ヶ原さんがこの先、海外に活動拠点をおくのであれば、
国家公務員の阿良々木くんと同じ時間を過ごすことは難しくなります。

そんなことが問題となり、大喧嘩をし、別れてしまいました。

最終面接時、甲賀課長は、
阿良々木くんの将来を決めるのは阿良々木くん自身であり、
あとは阿良々木くんの判断になる、と言いました。

甲賀課長は、理想を追うのが人生だとは思っていない、
楽して生きてもいいんだよ、と言いました。

風説課を去るにあたって、阿良々木くんは役場を訪れました。

そこで、会計士として役場で働いていた老倉育と再会しました。

ここで回想です。
阿良々木くんがまだ十代で大学生だった頃、
下宿先を探していた老倉のことを見かねて、
阿良々木家に下宿させてあげることにしました。

しかし、それが戦場ヶ原さんにバレてしまい、
大喧嘩になって、阿良々木くんは戦場ヶ原さんと別れました。

老倉が「仲直りしないとここから飛び降りて自殺する」と脅迫し、
即座に阿良々木家から出たことで、
苦学生である老倉から住処を奪うような形になってしまったため、
戦場ヶ原さんは阿良々木くんと話し合い、元鞘に戻りました。

しかし、超くだらない理由で2度目の別離を迎えると、
老倉は怒り、失望し、絶交してしまいました。
阿良々木くんが戦場ヶ原さんと復縁しても、絶交したままでした。
それが4回目の絶交でした。
回想終わりです。

4回目の絶交以来、約2年ぶりに役場で再会した阿良々木くんは、
老倉を昼食に誘いました。
老倉が役場に就職したのは、どうやら、
団地で暮らしているときや直江津高校から転校した後、
世話をしてくれた役場の職員をローモデルにしたからみたいでした。

現在老倉は、中学生時代に住んでいた廃屋を購入し、
リノベーションして住んでいるのだそうです。

戦場ヶ原さんとのことを訊かれ、別れたことを教えると、老倉は、
お前が今の仕事をやめて海外に移住してから破局したらいいのに、
と相変わらずのことを言いました。

しかし、一時的な感情に流されないように、気をつけなさい、
と、まともなアドバイスもしてくれました。

老倉の携帯電話に阿良々木くんの個人情報を登録させてもらい、
4回目の絶交は正式に解除されました。

その夜、阿良々木くんはキャリアの研修で地元に戻ってから初めて、
北白蛇神社を訪れました。

しかし、八九寺の姿は見えませんでした。

長生きしすぎて、死にとうなったか?
と言いながら、忍が影から出てきます。

阿良々木くんが昔を懐かしんでいると、
傾物語のときのように、昔に戻してやってもよいぞ、と忍は言いました。

しかし阿良々木くんは、昔に戻るつもりはないと答えます。

ちなみに、八九寺の姿は忍にも見えず、
単にお出かけしているだけのようでした。

阿良々木くんは、戦場ヶ原さんとの結婚式は、ここで開く、と言います。
神前で。
そのときの姿が、表紙の白無垢姿の戦場ヶ原さんです。

まよいマイマイ」のとき、
阿良々木くんと戦場ヶ原さんの始まりには、八九寺が立ち会ってくれたので、
八九寺が祠られる今の北白蛇神社は、縁結びの神社みたいなものじゃないか、
と阿良々木くんは考えました。
タイトルの結物語もここで回収です。

研修最終日、甲賀課長に頼んで特別に2人で話せる時間を作ってもらいます。

そこで阿良々木くんは、推薦状を書いてもらうための賄賂として、
忍に協力してもらって作った、
怪異以前の「よくないもの」のリストを提出しました。

阿良々木くんは、「警察庁青年警察官海外研修に行きたい、と言います。

国家公務員として海外で働き、戦場ヶ原さんを追うつもりでした。

通訳の忍がいるので、海外の怪異とも渡り合うことができるし、
海外にも拠点を欲している臥煙にとっても悪い話ではないはずです。

阿良々木くんがそう説得すると、甲賀課長は、
私には怪異が見えないけど、人を見る目はあるつもりだよ、
と言い、阿良々木くんを応援してくれました。

しかし、家に帰ると、戦場ヶ原さんが待っていて、
阿良々木くんに謝罪しました。

上司やチームを巻き込んで、
正式にチーフのマネージャーに昇格する条件として、
日本支部を設立して、上司やチームのみんなと一緒に、
今年の春からこの町に戻ってくる、と戦場ヶ原さんは言いました。

戦場ヶ原さんは泣き腫らして真っ赤になった目を隠すために、
サングラスをかけていました。

そのサングラスを外し、阿良々木くんは『I love you』と、
『まよいマイマイ』で戦場ヶ原さんが告白したときの台詞を言いました。
逆に戦場ヶ原さんは、『暦、蕩れ』と、
流行らなかった結びの文句を言いました。


というあらすじなのですが、
オフシーズンの締めくくりに相応しい話だったと思います。

次からはモンスターシーズンというのが始まるらしいです。

西尾維新「結物語」第3話「みとめウルフ」のネタバレ解説

風説課にいる再埼(さいさき)みとめは、人狼の末裔です。
人狼というより、狼男と言った方が馴染みがありますが。

みとめは月じゃなくても丸っこい物体を見れば変身可能で、
逆にスーパームーンの日でも、狼化を抑制することができます。

現在の阿良々木くんと同じ23歳の頃には、みとめは一個部隊を率いて、
大規模な犯罪捜査や全国各地での災害救助に当たっていたのだそうです。

さて、今回の事件は、
和製ジャンヌ・ダルクこと「ツバサ・ハネカワ」が3年ぶりに帰国する、
ということでした。

高校卒業後、世界一周の旅に出た羽川さんは、
バックパッカー的な意味での世界一周ではなく、
本当の意味で地球上に存在するすべての国を巡ろうとしました。
とても危険な鎖国状態の国にも入ったわけです。

羽川さんは若くしてボランティア活動やNGOに参加し、
地雷撤去や井戸掘りや学校建設をしていました。
羽川さんは、二十歳を迎えたあたりで戦争被害者の救済や、
戦災からの回復といったものから、戦争そのものの仲裁といったものに、
性格を変えていきました。

戦争仲裁人として、地球上のあらゆる国境線に一本残らず消しゴムをかける、
というのが目標になってしまいました。
『阿良々木くん、お元気ですか? 今日、私は十六本目の国境を消しました』
なんていう、とんでもない内容の絵葉書が、
阿良々木くんの下宿先に届いていました。

しかし、迷惑がかかるとか、活動の妨げになると思ったのか、
羽川さんは地縁を絶ち、阿良々木くんたちと疎遠になっていきました。

そんな羽川さんが今回3年ぶりに帰国するのは、
この国から己の痕跡を完全に抹消することでした。

再埼みとめは、そんな羽川さんの警護をすることになり、
阿良々木くんに学生時代のことを訊きました。

一時期ドラマツルギーと行動をともにしていた、
つばさスリーピング」の頃のことも教えます。
高校3年生のとき、羽川さんは一度ならずコンスタントに、
金髪金眼の吸血鬼状態を体験していましたが、
今はそのアレルギー因子はもう使い切ったのだそうです。

みとめは、「警察犬」として、羽川さんから当時もらったプレゼントを、
今もまだ大事に持っていないか、と阿良々木くんに訊きました。

羽川さんの匂いを知っておくことで、
いざというときに追跡しようとしたのです。

実を言うと阿良々木くんの部屋には、羽川さんのブラ○ャーやショーツ、
つばさソング」のときに切り落とされた三つ編みがありました。

しかし、阿良々木くんは適当に誤魔化しました。

羽川さんが阿良々木くんに会いに来る可能性はないのか、
とみとめは訊きますが、阿良々木くんはその可能性はゼロだと答えました。

阿良々木くんは羽川さんに会うのを禁じられていたので、
通常業務をして帰宅しました。

すると、海外の大学も中退してしまった月火が帰国していました。
今度はダンススクールに入るつもりなのだそうです。
自由です。

大学を辞めたと、メル友になっていた戦場ヶ原さんに教えたら、
戦場ヶ原さんは月火の様子を見に行っていたそうです。

月火は、明日には東京らへんをぶらぶら観光する予定で、
そのときは千石撫子の家に泊めてもらい、
お礼に漫画の仕事を手伝うつもりなのだそうです。

料理を作っていた火憐に呼ばれて、リビングに行くと、
火憐のベッドとパジャマを着て寝ていた羽川さんが現れました。

月火は、羽川さんと一緒に帰ってきたと言ったと主張しますが、
初耳でした。

羽川さんは、ある脱出トリックを使い、
滞在していたホテルをこっそりと抜け出してきたのだそうです。

羽川さんが、臥煙さんの企みは、上首尾に進んでるみたいだねー、
と言ったので、阿良々木くんは、
「羽川。お前は何でも知ってるな」と、懐かしい台詞を言いました。

すると羽川さんは、「何でもは知らないわよ。知ってることだけ」と言った後、
「知れば知るほど、知らないことが増えていく」と付け足しました。

火憐と月火がお風呂に入り、
阿良々木くんと羽川さんは並んで食器洗いをします。

羽川さんは、経歴抹消のために帰国したというのは建前で、
阿良々木くんに会うために帰国した、と言い出します。

お忍びで阿良々木くんに会いに来た理由は、
その①。世界を平和に導くのに、疲れちゃったから。
その②。阿良々木くんをスカウトに来た。
というものがありました。

阿良々木くんは、「その①」に関しては、「だったらもうやめちまえ」と言い、
「その②」に関しては、丁重に断りました。

後日、阿良々木くんは再埼みとめに、羽川さんが家に来たことを報告します。
しかし、「実際に家に来たのは、羽川さん本人ではなく、
その影武者、コピーキャットだった、と言いました。

事実、みとめが見張っていたホテルでは、
羽川さんはずっと己の経歴を抹消するための事務仕事をしていたのだそうです。

羽川さんは世界中を旅している間に、
世界に3人はいるという自分にそっくりな人を見つけていたのです。

後で調べてみると、阿良々木くんの家に来た影武者は、
阿良々木くんの部屋にあったブラ○ャーやショーツ、
三つ編みを持ち去っていました。
ブラ○ャーやショーツは身に着け、三つ編みはエクステにしていたのです。

しかし、その話を聞いたみとめは、ホテルにいたのが影武者で、
阿良々木くんの家に来たのが本物の羽川さんかもしれない、と言います。

しかし阿良々木くんは、家に来たのがコピーキャットだったとしても、
それは今の自分が羽川さんにとって、
どうでもいい男になっているということなのだから、と嬉しく思ったのでした。


というあらすじですが、せっかくの新キャラの再埼みとめの影が薄かったです。

羽川さんがとんでもないことになってるなー、という印象しかない話でした。
本当に化け物です。
普通の女の子になってほしかったのに、残念です。

この話は「つづらヒューマン」に続きます。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年3月11日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。