鈴木光司「エッジ」のネタバレ解説

エッジ 上 (角川ホラー文庫)

この本が出版されたのは2008年、雑誌に連載されていたのは2004年なのですが、
物語の大部分の時系列は2012年の出来事を描いています。

まず冒頭で、アメリカのカリフォルニア州で2011年に起きた
謎の失踪事件に関するエピソードがあります。

また、2012年12月13日には、天文台にいたスタッフが、
空の星の光の一部が突然消えてしまったことに気付きました。

さらに2012年12月19日には、
円周率πの値が、それまでに分かっていたものと突然変わってしまった、
ということが明らかになります。

……ここまでの情報で既に勘のいい人なら気付いてしまったかもしれませんが、
2012年人類滅亡説が題材になっている話です
(ただし、作中では明言されていませんが)。
2012年人類滅亡説というのは、
マヤ文明の暦が2012年12月21日から23日ごろに区切りを迎えることから、
人類が滅亡するのではないかと一部の人達が騒いでいた話のことです。

2013年になった今となっては笑い話にもなりませんがw

正直に言うと、しまうましたは1999年のノストラダムスの大予言については
少し信じてましたけど、あれが何事もなく過ぎてしまったので、
2012年人類滅亡説については結構冷ややかな目で見ていました。

さて、いよいよ本編が始まります。
はっきり言って、この本の前半は時系列が入り乱れていて読みにくく、
あらすじを書くのにも苦労します……。
もう少し時系列通りに書くわけにはいかなかったんでしょうか?
例えば藤村精二の初登場シーンとか、
藤村家に初めて入るシーンとかは回想にする必要性は全くないと思うのですが……。

それはともかく。
主人公の栗山冴子は2012年の時点で35歳です。

大金持ちだった冴子の父親、栗山眞一郎は1994年に、
冴子が17歳だったときに謎の失踪を遂げていました。
その後、冴子は失踪事件専門の探偵、北沢に頼んで眞一郎を探してもらいますが、
結局見つかりませんでした。
冴子はやがて結婚しますが、離婚してしまいます。

それから冴子は眞一郎の莫大な財産を持て余しつつ、
フリーライターをしながら一人暮らしをしていました。

冴子は知り合いの編集者に頼まれ、高遠という場所で2012年1月に、
藤村という一家4人(両親と息子と娘)が突然姿を消していた失踪事件について調べました。

2012年11月5日に、冴子は自分の胸に乳がんのようなしこりがあることに気付きました。
が、それをスルーして仕事をします。
例の藤村家の失踪事件をテレビ局が取り上げることになり、冴子が呼ばれました。
冴子はそこで、もう1人の主人公と言うべき存在の、
チーフディレクターの羽柴と知り合いました。

本物の霊能力者の鳥居繁子をメインに据えて、番組の制作が始まります。

藤村家の鍵を所有しているのは、藤村家の主人である藤村孝太の兄、藤村精二です。
精二は無職であり、借金もあるようでした。

この精二が冴子のことを気に入っており、冴子にしか家の鍵を貸さないことから、
冴子もテレビ局のスタッフに同行し、藤村家を再訪します。

そこで鳥居繁子に霊視してもらうために、藤村家の様々なものを集めます。
その際、冴子は父親の栗山眞一郎の手帳を発見し、それをポケットに入れてしまいました。

その後、鳥居繁子が予言した直後に地震が発生し、冴子は戸棚の下敷きになり、
気を失ってしまいました。

目が醒めると病院にいて、付き添っていた羽柴が帰った後、冴子は再び眠ろうとしました。

が、夜中になぜか精二が病室にやってきて、ピンポイントで冴子の胸のしこりに触れていきました。

それから時間が経過し、2012年12月の中旬になります。
冴子は、今度は1年以上前に3人の男女が失踪した事件について追い始めました。

やがて冴子や北沢や羽柴は、全国の失踪事件についても調べ、その失踪場所が偏っていることに気付きます。
主に日本列島の中央で連続して失踪していたのです。
さらに、世界中の失踪事件についても調べていきます。

その帰りに、冴子と羽柴が夕食をとろうとレストランへ行くと、
そのレストランのビルから誰かが飛び降りました。
飛び降りたのは、何と藤村精二でした。

その後、冴子は羽柴を自宅に招き、セッ〇スしようとするのですが、
羽柴が冴子の胸のしこりに触れると、羽柴はその気をなくしてしまいました。

翌日、藤村家で発見して持ち帰った眞一郎の手帳の表紙の裏にフロッピーディスクがあることに気付き、
冴子たちはそれをプリントアウトしようとします。

そのとき、テレビが次のようなニュースを告げました。
熱海の近くのハーブ園で、100人近い人達が同時に失踪したというニュースでした。

ここで上巻は終わり、下巻になります。

エッジ 下 (角川ホラー文庫)


2012年12月22日。
冴子と羽柴、鳥居繁子、そして例の番組の製作スタッフたちはハーブ園に駆けつけ、
園の従業員や観光客91人が姿を消した事件について調べます。

ハーブ園の中では無数の蟻があり得ない動きをしていたり、
オーロラが出たりと、異常なことが起こっていました。

彼らは海辺のホテルにチェックインしますが、その夜鳥居繁子が自殺するところを冴子は幻視し、
駆けつけると鳥居繁子は老衰で亡くなっていました。

翌日、12月23日。
羽柴は冴子に、実は自分には妻と子供がいるのだと告白しました。
冴子にとっては寝耳に水だったのですが、冴子はそんなことは知っていたと嘘をつきました。

さらに翌日、12月24日。
冴子は自宅に戻り、途中だったプリントアウトの続きをやり、
主にマチュピチュの遺跡について書かれた、眞一郎の手記を読みます。

その手記には不自然な箇所がいくつかあり、父親には同伴者がいたのだろう、
その同伴者は藤村家の妻ではないかと冴子は推理します。

12月25日。
冴子は物理学者の磯貝直樹という人物と一緒に再びハーブ園へ向かいます。
この磯貝というキャラは、登場が遅い割には重要人物で、主にこの小説の探偵役を務めます。

冴子と磯貝がハーブ園へ行くと、そこには巨大なクレーターが出現していました。
そこの取材が終わると、父親の失踪の手がかりを掴むために、冴子は藤村家に向かいました。

一方、ホテルに残っていた羽柴は、磯貝から、
πの値が変化したこととか、宇宙の星が次々と消滅していることを知らされ、
その意味を解説してもらいます。

さらにそこへ、アメリカで数百キロにも及ぶ大地の亀裂――エッジが出現したというニュースが入ってきます。

磯貝は、「もうすぐ相転移というものが起こり、地球は消滅するのだと説明します。
磯貝は最後の時間を同性の恋人のクリスと過ごすために、羽柴たちを部屋から追い出しました。

しかし、それからしばらくして、磯貝は羽柴を呼び出しました。
磯貝は、世界中で失踪事件が頻発していたのは、ワームホールの影響だと言いました。
ワームホールというのは異世界への入り口であり、
失踪した人達はワームホールがあまりにも魅力的だったため、
自らの意志でワームホールに入り失踪したのだそうです。

そして、そのワームホールが出現する場所はある程度決まっており、
磯貝はこの近くだとハーブ園にワームホールができると推理します。
そこで、羽柴たちは近親者などをハーブ園に呼び寄せました。

しかし、口止めをしていなかったせいで無関係な人達も集まってしまいました。
羽柴や磯貝も含めると、その数、173人です。そのうち女性は150人もいました。

集まったメンバーの中には、失踪専門の探偵の北沢の息子である北沢俊哉もいたのですが、
人数を聞いた俊哉は青ざめました。

マチュピチュに遺されていた遺骨は173体あり、そのうち150人が女性だったのだそうです。
しかも、その遺骨は四肢が切断されていました。

つまり、羽柴たちはワームホールを通って過去のマチュピチュへ行き、
そこで四肢を切断されて殺されてしまうのです。
それを知った羽柴たちはワームホールを通るべきか悩みました。


一方その頃、藤村家を訪れていた冴子は、家の中に自分以外の誰かがいることに気付き緊張していました。
リビングへ行くと、そこで藤村精二が待っていました。

冴子は藤村精二にヒントをもらいつつ、父親の眞一郎や藤村一家が失踪した理由を推理します。

眞一郎には第三の乳首がありました。
18年前、藤村家の妻、藤村晴子と不倫していた眞一郎は、
晴子から、晴子の夫の藤村孝太にも第三の乳首があることを教えられ、興味を持ち、藤村家を訪れます。

……ここまではいいんですが、ここから先の展開が物凄い超展開です。
冴子は堕天使のような藤村孝太の姿と、その声を幻視します。

いえ、ごめんなさい。
はっきりと幻視したとは書かれていないので、これはしまうましたの推測なのですが、
冴子には予知夢とか千里眼っぽい感じの超能力があり、
これまでにも冴子は色んなものを幻視していたので、
おそらくこの藤村孝太の姿と台詞も幻視なんじゃないかと思います。

で、その幻視の内容なのですが。
実は冴子の父親と藤村孝太は、表裏一体の天使と悪魔のようなものでした。
冴子の父親の来訪によって力を取り戻した藤村孝太は、冴子の死を予知し、それを冴子の父親に告げます。

藤村孝太は冴子の父親の力を奪います。そうしなければ冴子は死ぬと脅して。

それから、冴子の父親は、藤村孝太に姿を変え、藤村孝太として17年過ごしてきました。

藤村一家が失踪したのは、自分の意志でした。
藤村孝太になった栗山眞一郎は、いずれ宇宙が消滅することをしっていたので、
藤村晴子やその子どもたちをワームホールに逃がしました。
そして自分は、予め生きているように見せかけていた藤村精二になりすましていたのでした。

つまり、藤村精二の正体は栗山眞一郎だったのです。

何を言っているのか分からないと思いますが、本当にこんな感じの話なのです。
ただし、正直に言うと、この部分、しまうましたには何が書いてあるのかよく分かりませんでした。
何回読んでもよく分からないのです。
意味不明です。
ですから、もしかするとこの部分のあらすじは間違っているかもしれません。ご了承ください。

何が書いてあるのかよく分からないせいで、自分の頭が急に物凄く悪くなったような感覚を味わいました。
それまでは割とリアリティのある描写が続いていたのに、急に悪魔とか天使とか出てきても困ります。
最終的にこういう話になるんなら、もっと悪魔とか天使とかに関する伝承とかをストーリーに絡ませて、
それがどういったものなのか伏線を張っておくべきだったんじゃないかと思います。

……気を取り直して解説を続けます。

一瞬だけ眞一郎になった精二と別れを告げた冴子は、羽柴たちとは別のワームホール出現場所へ行きました。
電話で羽柴たちが過去のマチュピチュへ行くか迷っていることを教えられた冴子は、
行って過酷な運命と闘うべきだと勇気づけました。

その後、冴子もワームホールを通って別世界へ移動しました。

そしてエピローグになり、栗山眞一郎の視点で、栗山冴子がこの世に生まれたときの話が語られます。
冴子の母親は、飛び降り自殺をしようとしていた藤村精二の下敷きになり、命を落としてしまいました。
冴子は死んだ母親の体内から、帝王切開で生まれました。

さて。別世界へ行った冴子がどうなったのかですが……、
おそらく、もう一度栗山冴子として生まれ変わったのではないかと思います。

そう考える根拠は、ワームホールを通って別世界へ行った冴子が
『自分は今、球体の中にいるとはっきり認識できた』
と書いてあるからです。

その後、球体の薄皮に鋭利な刃物が差し込まれ、外へ出ようとした冴子は身体が動かないことに気付きます。
『膝を両手で抱え、冴子は玉虫のように丸くなっていた。
歓喜の声を上げようとして、口が開かない。
顔一面が、べとべととした粘液で覆われていた。』
という描写もあります。

これはつまり、胎児の状態に戻った冴子が帝王切開で誕生したことを意味しているのでしょう。

うーん。最後まで、分かったような分からないような話でしたね。

鈴木光司「エス」のネタバレ解説

エス


この『エス』は、映画『貞子3D』の原作ということになっていますが、
内容は映画と全然違います。

映画は見ている途中で寝てしまったので、
どこがどう違うのか細かく言うことはできませんが、
まず冒頭の設定からして『エス』と『貞子3D』は全く違います。

どれくらい違うかと言うと、映画では呪いの動画を
見た人間は死ぬという設定になっていますが、
原作にはそのような設定はありません。


最後まで観ていないしまうましたが言うのも何ですが、
やっぱり映画は脚本と演出に問題があったなあ、と思います。

まあ、既に『ループ』以降のリングシリーズはホラーではないので、
ホラーではない小説を元ネタにホラー映画を作れ、
と無茶なことを言われた映画スタッフにも同情しますが。

ちなみに、『エス』はホラーではないけど面白い小説です。

また、『エス』は最低でも原作版『リング』『らせん』を読んでいないと、
内容をまともに理解することはできません。
と言うか、『リング』『らせん』のネタバレが大量にあるので、
そちらを先に読まないのはもったいないです。

……前置きはこのくらいにして、いつものようにあらすじを書きます。

(おそらく)2016年の5月。
少女4人を誘拐して殺害し、
遺体の一部を切除したということになっている死刑囚の柏田誠二は、
死刑執行当日に「S」という遺言を遺しました。
柏田は首にロープをかけられ奈落に落とされる際に、
監視カメラに対して「焦点を合わせ」てから死にました。

それから1ヶ月後。
24歳の女子高教諭の丸山茜は、
産婦人科の病院を訪れ、妊娠を告げられました。

その妊娠をきっかけに、茜は恋人の安藤孝則と結婚することになりました。
要するに、出来ちゃった結婚ですね。

映像プロダクション、スタジオ・オズの社員である孝則は、
社長の米田に呼び出され、USBメモリを渡されます。
米田の説明によると、1ヶ月前にある動画サイトにアップロードされた、
自殺の生中継の映像がUSBメモリに保存されているのだそうです。

その映像を夏の特番で使いたいと言われ、
孝則はそのUSBメモリを自宅に持ち帰ります。
自宅で映像を確認すると、
確かに男が首吊り自殺しているように見える映像が保存されていました。

スタジオ・オズに戻った孝則は、タロット占いをしていた米田から、
その映像を持ち込んだのが酒田清美という元女優であることを教えられます。

一方、職場である女子高に行った茜は何らかの理由で失神しますが、
その直前、自分が昔ある男に殺されかけたことがあるのを思い出しました。

2時間50分後、病院で目を覚ました茜は、21年前に死んだ母親の幻覚を見ます。

入院した茜のお見舞いに行った孝則は、
その帰りに乗った京浜急行の下りの電車の窓から見える青物横丁駅のアパートに
注意を寄せ付けられました。

自宅に戻った孝則は、例の映像に一瞬映っていた特徴から、
映像が撮影された部屋はこのアパートの303号室なのではないかと推理しました。

その2日後。
孝則はそのアパートへ行き、
303号室の住人の名前が新村裕之であることを確認していました。

孝則のマンションに引っ越すことにした茜は、
見知らぬ男に尾行されていることに気付きます。
さらに、自分の携帯電話のGPS機能によって自分の居場所が検索されていました。

その頃、自宅にいた孝則はパソコンに保存していた例の映像が
変化していることに気付きますが、そのとき茜から電話がかかってきました。
茜を迎えに行った孝則は、GPS追跡アプリは自分がインストールしたものだと
嘘をついて茜を安心させ、お風呂に入れさせました。

茜の回想があります。
3歳のときに未婚の母を亡くした茜は児童養護施設「ふれ愛」に入りました。
18歳になり施設を出るときのパーティで、茜は孝則と出会いました。
「ふれ愛」は孝則の父、安藤満男が作った施設だったのです。

回想が終わり、お風呂を出た茜は、例の映像を見てしまいます
(この辺の流れは『リング』のオマージュになっていますね)。
そして茜は、映像の中で首を吊った男に、
12歳のときに殺されかけたことを思い出し倒れました。

駆けつけて茜を抱き締めた孝則は、パソコンに保存された映像が、
さらに変化していることに気付きました。
そして茜の口から、映像の男が柏田であると教えられます。

柏田は、2003年6月から1年3ヶ月の間に、
4人の少女を誘拐して殺害した罪で死刑判決を受けていました。
柏田は5人目の少女を連れ回して殺す寸前で逮捕されましたが、
その5人目の被害者になりかけたのが茜だったのです。

柏田についてネットで検索した孝則は、
5月19日午前10時4分という、死刑が執行された日時に驚きました。
その時間に、孝則と茜は、茜が妊娠するきっかけとなった行為をしていたのです。

1ヶ月前、孝則と茜は、誤作動するカーナビに導かれ、貞子が死んだ箱根の井戸や、
柏田が殺したという少女の遺体の発見現場などを訪れていました。

数日後、婚姻届と戸籍謄本を受け取りに行った孝則は、
戸籍上、自分が3歳から5歳まで、死んでいたことになっているのに気付きました。

さらに数日後、孝則は、柏田の事件について本を出していたノンフィクション作家、
木原に会いに行くために高田馬場を訪れました。

連続少女誘拐殺人事件の犯人は本当に柏田なのか確信が揺らいでいるように見える、
と孝則が本の感想を述べると、木原は満足げに頷き、認めました。

動機が不明なことや、少女たちが被写体のようなポーズをしているのに、
柏田の家からは被害者を撮影した動画や写真が見つからなかったのがその理由です。

ちなみに、この会話の最中に、
茜が1992年6月生まれであることが判明します。
この小説は茜が24歳の6月の出来事を描いているので、
西暦は2016年か2015年であると分かります。

孝則はパソコンに保存されていた例の映像を木原に見せますが、
柏田は映像の中から姿を消していました。

その後、父の勤める病院へ行った安藤は、父の安藤満男に、
戸籍上自分が3歳から5歳まで死んでいたことに対する説明を求めます。
しかし、満男は到底信じられないような作り話をするだけでした。

孝則は幼い頃海に行ったときのことを思い出します。
『らせん』や『ループ』のラストシーンの出来事です。

茜は青物横丁駅で、以前自分を尾行していた男を発見し、
携帯電話の電源を切って、逆に男を尾行しました。
そして男は例のアパートの新村裕之の部屋に入っていったようでした。

再び木原の部屋を訪れた孝則は、例の映像に、
『リング』の主人公、浅川和行の兄が出した本の初版本が
17冊も映っていることを木原から教えられました。

書店を回ってその本、『リング』を入手した孝則は、その本を読みます。

さらにもう一度木原のところを訪れた孝則は、浅川とその妻子について尋ねますが、
3人とも死んでいました。

そして、『リング』の重要人物、高山竜司を解剖した執刀医が、
自分の父親であることを孝則は知りました。

孝則は満男から、リングウィルスについて説明を受けますが、
その説明には一部嘘がありました。

その後、孝則は、酒田清美の映画『スタジオ104』の記者会見に行きました。
そこで米田から、例のUSBメモリの映像は、
動画サイトにアップロードされたものとは別物であり、
酒田清美のメールアドレスに直接送られてきたものだと教えられました。

孝則はその記者会見でカマをかけ、
新村裕之は酒田清美が10代で産んだ子どもであると確信しました。

その後、孝則は木原から、安藤満男の元同僚の宮下教授が語った話を聞きます。

リング状のウィルスは心臓の冠動脈に肉腫を作ります。
しかし、話の切れたS状のウィルスにはある危険がありました。

ビデオテープの映像を見たときに排卵日にあたっていた女性は、
S状のウィルスの侵入を受けて妊娠し、
わずか1週間で山村貞子を産むことになったのです。

柏田が殺したという少女たち4人は、そうして生まれてきた山村貞子でした。

その後、さらに高山竜司や柏田について調べていた孝則は、
高山竜司と柏田が同一人物であることに気付きました。
そして高山竜司も死んだことになっている以上、何らかの方法で蘇ったのです。

孝則は、柏田が連続少女誘拐殺人事件の犯人でなかった場合、
誰が犯人なのかと考えて、新村裕之に辿り着きました。

孝則は同僚の水上に頼み、新村のパソコンにハッキングしてもらいました。
そして、『S』というキーワードで検索し、
殺された少女たちの遺体の画像を発見しました。
さらに、茜を被写体とした写真も大量にありました。

これで、新村が真犯人であることは確定しました。

その後、孝則はパソコンの画面の中に高山竜司の姿を発見しました。
現在、竜司は二次元の世界にいるのだそうです。

呪いのビデオテープを見た高野舞が産んだ、山村貞子の遺伝子を引き継いだ女、
丸山真砂子こそが茜の母親でした。

25年前、リングウィルスが蔓延しかけました。
放っておけば爆発的に山村貞子が増殖し人類は滅亡していたでしょうが、
復活した竜司がそれを食い止めたのだそうです。

しかし、回収した『リング』の初版本には取りこぼしがあり、
この世に4人の山村貞子が生まれてしまいました。
その4人の情報を、竜司が家庭教師を務めていた新村裕之に持ち逃げされ、
4人の少女は誘拐され殺されてしまったのでした。

裕之が5人目の茜に手を出そうとしたところで、竜司は茜を救ったのですが、
茜には竜司が犯人であると勘違いされてしまいました。

竜司からそんな説明を受けていたところに、茜が帰宅します。
孝則は、茜と竜司を引き合わせました。

竜司は、自分と真砂子が愛し合って生まれたのが茜であると告げました。

翌日の朝になり、昨日、品川駅で新村裕之が電車に轢かれて死んでいたことを、
孝則は知りました。
さらに、そのとき茜は品川駅で携帯電話の電源を切っていたことから、
茜が裕之に幻覚を見せてホームから落としたのではないか、
と孝則は疑惑を覚えました。

が、そのことを茜には話しませんでした。

そして、9月になり、登校した茜が、
女子生徒たちが『S』という画像について話しているのを聞くという、
どこか不穏な気配の漂うエピソードがあり、話は終わります。


……というあらすじなのですが、
この作品は『ループ』や『バースデイ』と話が繋がっていないように見えるんですよね。

その原因は、「本作に登場する柏田誠二の人格が、
『リング』の高山竜司なのか、それとも『ループ』の二見馨なのか、
いまいちはっきりしない点や、
柏田誠二の死に様が『バースデイ』と矛盾している点です。

この作品は『リング』『らせん』の続編ではあっても、
『ループ』『バースデイ』の続編ではないように見えます。
ですから、これはおそらく、
『ループ界』の中でのパラレルワールドなのではないでしょうか。

個人的には、『らせん』のラストで復活した高山竜司の人格が、
二見馨ではなくオリジナルの高山竜司である世界が、
この『エス』なのではないかと思います。

真砂子と二見馨が愛し合って生まれた子どもが茜というのは、
『ループ』の内容を考えるとあり得ませんからね。

ただ、個人的には、茜の父親は安藤満男の可能性もあると思うんですけどね。
その場合、孝則と茜は異母兄妹ということになるので、
高山竜司はそれを隠すために嘘をついたという可能性も……やっぱりないか


それと、結局、茜のGPSアプリは、茜が序盤で失神しているときに、
ストーカーしていた新村裕之がインストールしたのでしょうか?
序盤の無意味な失神はその伏線だったのでしょうが、
ちゃんと回収してほしかったです。

いや、それ以前に、ストーカーされてるのに気付いた時点で、
さっさとアンインストールするかケータイを機種変更しろよ、
と突っ込みたくなりますが。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。