米澤穂信「いまさら翼といわれても」3話「連峰は晴れているか」のネタバレ解説

放課後、古典部部室の地学講義室にいると、ヘリコプターの音が聞こえました。

奉太郎は、中学の英語の小木が、ヘリが好きだったな、と言いましたが、
里志はそんなことは知りませんでした。

摩耶花もあまり憶えていませんでしたが、
奉太郎が詳しく話すと思い出しました。

入学したばかりの頃、鏑矢中学の上をヘリが飛んだとき、
小木は突然授業を止めて窓に駆け寄って、空を見上げたことがありました。
ヘリが遠ざかっていくまでずっと見ていて、
「ヘリが好きなんだ」と言って授業に戻りました。

しかし、別の時に自衛隊のヘリがスコードロンを組んで飛んできたときには、
小木先生は反応しなかった、と里志は言いました。

それよりも、小木がこれまでの生涯で3回、雷を食らっている、
ということの方がメジャーインパクトな伝説だ、と里志は言いました。

奉太郎が気になって、当時の新聞を調べようとすると、
里志も摩耶花も千反田さんも、奉太郎が自発的に行動したことに驚き、
失礼なことを言いました。

奉太郎は千反田さんと図書館に行きます。
自転車通学をしている千反田さんの方が先に図書館に着き、
「小木正清」という名前で新聞を調べておいてくれました。

去年の記事に、神山山岳会会長の小木正清が、
神垣内連峰(かみかきうちれんぽう)で登山道美化活動のボランティアをしている、
と書かれていたのを探してくれました。

奉太郎は、小木が3度も落雷にあったという話を聞き、
小木が山登りをしていたことを、すでに推理していました。

奉太郎が中学校に入学した年の、4月から5月までの記事のうち、
『遭難』で検索してもらうと、5月9日に、
神山山岳会員の男性2名が神垣内連峰で遭難したことが報道されていました。
天候悪化のため捜索は難航していましたが、
県警は天候の回復を待って、救難ヘリで捜索を行う予定だと書かれていました。

あの日だけ、小木がヘリを見ようとしたのは、
その日ヘリが飛ぶかどうか、どうしても気がかりだったからなのでした。

連邦が晴れていればヘリは飛びます。
ヘリが飛ぶなら、遭難者が助かる可能性も、高くなります。

新聞を何日分か後まで読むと、遭難した2人は遺体で発見されていました。
発見したのはヘリコプターでした。

帰り道で、どうして今日だけは自分の疑問を調べたのか、
と千反田さんが訊くと、実際はああいうことがあったのに、
小木はヘリ好きだったなあなんて、気楽には言えない、
それは無神経ってことだ、と奉太郎は答えました。


それを聞き、千反田さんは、「折木さん、それって、とっても……」
と何か言いかけましたが、うまく言えません、と続けました。

というあらすじなのですが、奉太郎の優しさが伝わってきて、
「うまく言えない」気持ちになった話でした。

米澤穂信「いまさら翼といわれても」2話「鏡には映らない」のネタバレ解説

今回は伊原摩耶花の視点で話が進みます。

日曜日、Gペンを買いに出かけた摩耶花は、
絵を描くためのパソコンの下見に電器屋にも行き、
そこで中学校時代のクラスメートの池平という女子と再会しました。

池平に奉太郎と同じ部活に入っていると言うと、
池平はサイアクと言い、追い出しちゃいなよ、と言いました。

池平の反応は過剰なものではなく、あの年、
鏑矢中学3年5組にいた人間は奉太郎を軽蔑していました。

ここで回想です。
中学3年生の11月に、学年全体で卒業制作をすることになりました。

縦が2メートル近い大きな鏡に、木製の飾り枠をつけることになり、
クラスごとに分担して、その木枠に彫刻を施すのでした。

市の絵画コンクールで銀賞を取った2組の鷹栖亜美がデザインを作り、
それを何十かのパーツに分割して、5クラスに均等に割り当て、
各クラス内でそれぞれ再度割り振って彫り、
最後にそれを組み合わせて完成でした。

デザインは、横に伸びたツルが一度大きく垂れ下がり、
弧を描いて上っていくように描かれていました。

摩耶花の班の男子は、
割り当てられたパーツの作業量が他の班より多いことに文句を言い、
摩耶花と、美術部の三島という女子の2人だけでパーツを彫りました。

提出日になりましたが、奉太郎が提出したパーツは、
デザイン画を完全に無視して、
板の中央に横一本のツルがあるだけに変更されていました。
学級委員長の男子の細島が、どういうつもりなんだよ、と声を荒げると、
奉太郎は、だって曲がってると面倒だろ、と答えました。

体育館でレリーフを組み立てると、
奉太郎の班が担当したパーツは目立たないように見えました。

ところが、デザインを担当した派手な女子、鷹栖亜美が、
その友達3人とやってきてレリーフを見ると、
奉太郎の班が彫ったパーツを見て悲鳴を上げ、
泣き始めてしまいました。
鷹栖亜美の友達に責められ、5組の代表として摩耶花が名乗り出ると、
先生がフォローするまで3人組に罵られ続けました。

また、5組の生徒は奉太郎に詰め寄り、
奉太郎は教室から消えて図書室で本を読むことが多くなりました。

回想終わりです。

古典部に入ってからの奉太郎を知っていた摩耶花は、
あのとき、奉太郎は何か企んでいたんじゃないか、と考え、
月曜日の部活の時間に奉太郎に訊きました。
しかし、奉太郎は「忘れた」「よく憶えてない」と繰り返しました。

翌日、中学時代に奉太郎と同じ班だった、E組の芝野めぐみを訪ね、
当時のことを訊きました。

班単位で作るはずのものだったのに、奉太郎1人で作ることになったのは、
奉太郎が自分から、手伝ってくれる人がいるからと言い出したからなのだそうです。

奉太郎が頼もうとしていたのは、鳥羽麻美(とば・あさみ)という子で、
奉太郎の彼女だったみたいだ、と芝野めぐみは言い、摩耶花は驚きました。

翌日、鳥羽麻美が所属する写真部に行きますが不在でした。
しかし、部長は、鳥羽麻美は屋上にいることを教えてくれ、
摩耶花は屋上に行きました。

鳥羽麻美は摩耶花に対して拒絶的な態度をとりましたが、
奉太郎が手抜きしたんじゃないのなら、謝る、と言うと、
鳥羽麻美は少し協力的になりました。

鳥羽麻美にとって奉太郎はヒーローであり、摩耶花は最低だと言い、
知りたければ鏡を見てきたら? と言いました。
逆立ちでもしないと、あなたにはわからないと思うけど、
と鳥羽麻美は言いました。

摩耶花は鏑矢中学校に行き、問題の鏡を見て、
下の方ほどデザインが入り組んでいると思いました。

摩耶花は、鳥羽麻美の「『逆立ちでもしないと』という言葉をヒントに、
携帯電話で写真を撮り、上下逆さまにして見ました。

翌日、プリントアウトした15枚の写真を逆さにして、
奉太郎と里志に見せました。
ただ見ているだけでは、曲がりくねったツルだとしか思えませんが、
逆さまにすると、“WE HATE A AMI T”
と読めるようになっていました。

意味は、『私達は亜美が嫌い』です。
しかし、元々のデザインは“WE HATE ASAMI T”で、
『私達は麻美が嫌い』になるはずでした。

それを奉太郎がデザインを変えて一文字落としたことで、
文章が変わってしまったのでした。

鷹栖亜美とその取り巻きは鳥羽麻美をいじめていましたが、
奉太郎は逆さ文字に気づき、卒業制作の進行を担当していた里志に相談し、
メッセージの文章を変えたのでした。


摩耶花が奉太郎に謝ったところで、この話は終わります。

というあらすじなのですが、シリーズ第一作の「氷菓」で、
なぜ摩耶花が奉太郎のことを軽蔑しているような態度を取っていたのかが分かり、
面白かったです。

米澤穂信「いまさら翼といわれても」1話「箱の中の欠落」のネタバレ解説

いまさら翼といわれても


古典部シリーズ第6弾です。

この短編のタイトルは、竹本健治さんの「匣の中の失楽」が元ネタですね。

6月の午後7時半に折木奉太郎が焼きそばを作って食べようとしていたところに、
福部里志から電話がかかってきて、8時に外で待ち合わせることになりました。

里志は夜道を歩きながら、今日、生徒会長選挙の投票で、
開票に問題があった、という話を始めました。

D組の小幡春人(おばた・はると)と
E組の常光清一郎(じょうこう・せいいちろう)の一騎打ちで、
里志は総務委員会の副委員長として、開票の立会人をしました。

現在、神山高校は1学年8クラスで、生徒総数は1049人なのに、
集計された票は1086票あり、不正票が増えていたのでした。

投票用紙は切った紙にスタンプを押すだけで、誰にでも作ることができました。

里志も考えましたがわからず、奉太郎に電話したのだと言いました。

しかし、里志は里志自身の解きたい理由を隠していたので、
奉太郎は帰ると言い出します。

選挙管理委員会の委員長は、とにかくいばる人物でした。
1年E組の選管の男子生徒は、開票所である会議室に一番乗りし、
立会人が来る前に箱の中身を出してしまいました。
そのことから、選管の委員長は1年E組の男子を疑い、罵倒し、
1年E組の男子は泣いてしまいました。

里志はそのことに腹を立て、謎を解きたいと思ったのでした。

選管は昨日の放課後、一階の倉庫から投票箱を出して、会議室に運びました。
今日、箱の中が空っぽであることを確かめてから、
各クラスの選管委員に投票箱と投票用紙を渡し、鍵をかけます。

クラスでの投票時間が終わると、選管は箱を持って会議室に戻ってきて、
何年何組の箱が戻ってきたかというリストにチェックを入れ、
立会人が見ている中で開票し、集計しました。

テーブルに広げられた票は常に複数人に見られていたので、
不正票は箱に加えられていたとしか考えられないのですが、
不正票が40票も入っていたら気づかないはずがなく、
複数のクラスの箱に分散して入っていたというのも、非現実的です。

奉太郎と里志はラーメン屋に入り、ラーメンを食べながら話を続けます。

奉太郎は係の分担を聞き、48人の選管委員中、
24人が箱係、2人が箱渡し係、1人が鍵係、10人が開票係、
委員長が1人、副委員長が2人、ホワイトボードに書き込む集計係が2人、
雑用と片づけをするのが6人だと判明しました。

ラーメンを食べ終えて外に出た奉太郎は、選管の手順には大きな穴が2つある、
と言いました。
どのクラスのものでもない箱が、選管じゃない人物によって運び込まれても、
システム上はチェックできなかった、ということです。

今は1学年8クラスですが、奉太郎の姉の時代は1学年9クラスあり、
箱が倉庫に余っていたはずなので、
誰かがその箱に不正票を入れて会議室に持ち込み、
戻ってきたクラスをチェックするリストには何も書かなかったのでした。

『箱の中ばかりを見過ぎた。……なにか、欠けていたな』
と里志は言い、総務委員長に報告しました。

翌日、会議室に残されていた投票箱が25票だったこともあって、
1年E組の男子の疑いは晴れました。
再投票では常光清一郎が新生徒会長の座につきました。
犯人は早朝に25箱目を回収に来たところを押さえられましたが、
ここから先は選管の仕事なので、
犯人の名前も動機も、里志や奉太郎は知らないままでした。


というあらすじなのですが、犯人の行動がちょっと謎ですね。

不正票を入れたところまではよかったのですが、
箱を回収するのが翌日の朝というのは、遅すぎるでしょう。
っていうか、集計された票の数が合わないのが発覚するのは予想できますし、
箱を回収せずに放置すればよかったんじゃないでしょうか。
そうすれば、自分が犯人だとばれなかったのに、と思いました。

米澤穂信「遠まわりする雛」7話「遠まわりする雛」のネタバレ解説

1年生から2年生に進級する春休みのことです。

奉太郎は千反田さんに頼まれ、
人間が雛人形の格好をして町を歩く『生き雛』に
傘を差しかける役目をやることになりました。
お雛様は千反田さんがやります。

『生き雛』が出発する水梨神社に行く途中、
奉太郎は千反田さんから教えられた道順の途中にある長久橋が
工事中であることに気付き、作業員に声をかけてから橋を渡りました。

修羅場っぽい雰囲気の水梨神社の社務所の中で待っていると、
長久橋の工事の話が出たため、奉太郎が何気なく、
「長久橋なら、工事を始めていましたよ」
と言ったところ、雰囲気が一変しました。

本来、『生き雛』祭りが終わるまで工事は止めてもらうはずだったのですが、
何者かが工務店に電話して工事をしていいと言ったのだそうです。

『生き雛』の行列が通るルートに長久橋が含まれていたため、
みんなは頭を悩ませます。
やがて、遠路橋を通ってはどうかという案が出たのですが、
気まずい雰囲気になり、みんなが黙り込んでしまいました。

そんなとき、奉太郎は千反田さんに呼ばれ、女性用の控え室へ行きます。
そこで帷(とばり)越しに千反田さんに事情を説明すると、
「先方の宮司には、わたしから話をします。
氏子総代には、父から連絡するよう頼んでみます」
と伝言するようにと言われました。

その伝言を伝えると、みんなはほっとした表情になりました。

やがて、奉太郎も茶髪の男に着付けしてもらいましたが、
あまり似合いませんでした。

祭りが始まり、『生き雛』たちが揃います。
そのとき、お内裏様が、男装した入須冬実であることに気付きました。

十二単を着た千反田さんもやってきましたが、
「これはよくない」と奉太郎は思いました。

よくないというのは、そういう衣装を着ていると、
お雛様に傘を差しかけている奉太郎からは、千反田さんの顔が見えない、
という意味でした。

長久橋を過ぎ、桜の下を通り過ぎたあたりで、里志や伊原を発見しますが、
もちろん話をするわけにはいかないのでそのまま歩きます。

ルートの変更があったため予定よりも終了時刻が遅れたものの、
何とか『生き雛』祭りは終了しました。

アニメではこのタイミングで、
奉太郎と2人きりになった摩耶花からバレンタインの件でお礼を言われたり、
入須冬実から話しかけられたりしましたが、
これはアニメオリジナルであり、原作にはないシーンでした。
アニメ版はこの話が最終回なので、大団円にしたかったのでしょうね。

化粧を落とし、普通の服に着替えた千反田さんから、
誰が、何のために工務店に長久橋の工事をするよう電話したのか、
という謎を解いてもらうよう頼まれます。

奉太郎は、「奉太郎の着付けをした茶髪の男が、
『滅多に見られん行列だから、わざわざ帰省してきたんだ』
と言っていたことから、茶髪の男が犯人だと推理しました。
茶髪の男の目的は、あの桜の下を『生き雛』が通るように、
ルートを変更することだったのです。

ちなみに、今回は千反田さんも、
色んな人のメンツを潰して平気な顔ができる気楽な人が、
小成さんの息子である茶髪の男しか思いつかなかった、
という理由で犯人に目星をつけていました。

また、長久橋の向こうに『生き雛』の行列を通すことをみんなが躊躇っていたのは、
昔、この辺では水争いや土地争いがあり、南北に分かれていたためでした。
その問題を、千反田さんとそのお父さんが解決したのでした。

その後、千反田さんは、理系を選択したことを奉太郎に告げます。
千反田家の娘として、この町を豊かにするために、
『より商品価値の高い作物を他に先駆けて作る』という方法と、
『経営的戦略眼を持つことで生産を効率化する』という方法を考えていたのですが、
前者を選択したのです。

奉太郎は、自分が後者の経営的戦略眼を務めたい、
と言いたかったのですが、言えませんでした。


そして、物語は「ふたりの距離の概算」に続きます。

というあらすじなのですが、
奉太郎が千反田さんに好意を持っているのが明確になるのは、
実は原作ではこの話が初めてなのです。

それまでにも、何となく惚れているっぽい描写はあったのですが、
何しろ物語は基本的に奉太郎の視点で進みますから、
どうとでも解釈できるような表現だったんですよね。

そのため、割と初期の段階から両想いっぽく見えたアニメとは、
また違った味わいのある話でした。

米澤穂信「遠まわりする雛」6話「手作りチョコレート事件」のネタバレ解説

この「手作りチョコレート事件」というタイトルは、
海外ミステリーの「毒入りチョコレート事件」から取ったものですね。

2000年の2月14日。
まだ奉太郎たちが中学生だったころ、
摩耶花は里志に手作りチョコレートを渡そうとしますが、
市販のチョコレートを溶かして固めただけのチョコレートなんか
チョコレートじゃないから――と、そういう言い訳をして、
里志はチョコレートを受け取ろうとしませんでした。

摩耶花は里志に、来年こそは傑作の手作りチョコレートを作る、
という意味のことを宣言しました。

そして、2001年2月。
里志を追いかけて古典部に入部した摩耶花は、
本気でチョコレートについて勉強した成果を千反田さんに話します。
千反田さん自身はチョコレートを配る予定はないのですが、
やっぱり女の子なので摩耶花に全面協力します。

一方、奉太郎は里志とゲームセンターで対戦型ゲームをしていました。

さて、問題の2月14日。
漫画研究会の方で問題が発生しているため、
摩耶花は里志に直接チョコレートを渡すことができず、
古典部の部室にチョコレートを置いておき、放課後、
里志に持って行かせることにしたのだそうです。

千反田さんは部室で里志が来るのを待っていましたが、現れず、
図書室にいた奉太郎のところに里志を見ていないか聞きに来ました。
その間に、部室からチョコレートが盗まれてしまいました。

千反田さんは奉太郎に助けを求めます。
古典部の部室に行く途中の階段でポスターを貼っていた工作部員の証言により、
天文部に疑いがかけられました。
しかし、天文部の沢木口先輩は、
チョコレートを盗んだ部員などいないと断言します。

やがて、摩耶花がやってきて、チョコレートが盗まれたことを知ると、
別にチョコレートの番を頼んでいたわけではないから、
千反田さんの責任ではないと慰め、帰っていきました。

自責の念に駆られ暴走しようとする千反田さんを、奉太郎が止めました。
奉太郎の推理によると、犯人は「天文部の中山という女子生徒が、
スカートの下にチョコレートを隠して部室に持ち帰ったのだそうです。

千反田さんがいると中山からチョコレートを取り戻すことができないから、
と奉太郎は千反田さんを説得し、先に帰らせます。

その後、「奉太郎と里志は普通に帰り支度をして学校を出ました。

チョコレートを盗んだのは里志であり、
里志がいつも持ち歩いている巾着袋の中にチョコレートを砕いて入れていたのでした。

数日前に奉太郎は里志とゲームをした際、
里志が勝ちにこだわらなかったことに違和感を覚えていました。
しかし、里志本人は今の自分の方が気に入っており、
以前のように何かにこだわる自分には戻りたくないと考えていました。

摩耶花の好意を受け止めてしまうと、摩耶花にこだわることになってしまうから、
チョコレートを受け取らずに済むように画策していたのですが……。

正直、何言ってんだこいつ、という感じですねw
でも、ある意味、凄く高校1年生っぽいです。

里志の態度もどうかと思いますが、摩耶花だって、
千反田さんがチョコレートの受け渡しを見届けたがることを見越して、
あえて千反田さんを巻き込んだ――利用したのですから、
個人的にはお似合いのカップルじゃないかと思います。


ちなみに、この「手作りチョコレート事件」は、この短編集の中で最長の話です。
そのため、アニメでは尺に納めるために大幅にカットした上で、
なおかつハッピーエンドっぽくなるように改変していました。

まあ、原作通りにやってしまうと、
最終回の1話前なのに煮え切らない話になってしまいますから、
しょうがないですけど。

ちなみに、原作でも、「ふたりの距離の概算」の中で、
この日の後日談が少しだけ語られています。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。