湊かなえ「夜行観覧車」のネタバレ解説

夜行観覧車 (双葉文庫)


第1章 遠藤家

第1章は、スーパーマーケットで働いている、
遠藤真弓(まゆみ)という30代後半の女性の視点で話が進みます。

真弓の一人娘の彩花(あやか)は中学生になってから癇癪を起こして暴れるようになり、
真弓は困っていました。

7月3日(水)の午後7時の人気クイズ番組に、
高木俊介というアイドルの男の子が登場し、それを見た真弓が、
すごいわね、俊介くん、頭も良かったなんて、
ダンスも歌も上手だし、基本的に頭のいい子は何でもできるのね、
と言うと、彩花は、どうせあたしは落ちました!
と叫び、2階の彩花の部屋で参考書やノートや教科書を投げました。

どうせあたしは落ちました、というのは、
彩花が私立S女子学院の中学受験に失敗したことがコンプレックスだから、言ったのでした。

以前、彩花に頼まれ、
真弓がネットオークションで1万円も出して購入した高木俊介のポスターを、
彩花は真っ二つに引き裂きました。

ドアフォンが鳴り、隣家の小島さと子というおばさんが、
もらいもののチョコレートをお裾分けに来ました。
小島さと子はいつも、金色のラメ付きポシェットを持っていて、
彩花は小島さと子のことを「ラメポ」と呼んでいました。

お裾分けというのは口実で、小島さと子は、彩花の癇癪と、
それを止めようとする真弓の叫び声が気になっていたようでした。

さと子が帰り、彩花も静かになった、午後10時10分に、
『やめて!』『助けて!』『誰か!』と叫び声が聞こえました。

真弓が彩花の部屋に行き、窓を開けると、
叫び声は向かいの高橋家から聞こえるようでした。
主婦の高橋淳子(じゅんこ)の叫び声と、その息子の慎司の雄叫びが聞こえました。

真弓は様子を見に行こうとも思いましたが、
お宅なんてしょっちゅうじゃないですか、
などと言われれば、逆にこちらが恥をかかされると思い、
真弓は様子を見に行きませんでした。

淳子の夫の弘幸(ひろゆき)は大学病院に勤務する医者で、
淳子と弘幸の娘の比奈子(ひなこ)は大学までエスカレーター式の
私立の女子高にかよっていて、高橋家は遠藤家よりも遥かに裕福な家庭でした。

回想です。
真弓の夢は一戸建ての家に住むことでした。
父親が転勤族だったので、アパートやマンションを転々とし、
一度も戸建に住んだことがなかったのです。

短大卒業後、中堅の住宅メーカーに就職した真弓は、
工務店で働く遠藤啓介と知り合い、結婚し、彩花が生まれました。

その後、市内で一番の高級住宅地、ひばりヶ丘に家を建てましたが、
彩花の癇癪のせいで心穏やかに過ごすことができませんでした。

回想終わりです。

午前0時前に、彩花に頼まれ、真弓はコンビニに買い物に出かけます。
玄関のドアを開けると、啓介が立っていました。

啓介と少し話をし、歩いて、午前0時20分に、
真弓は家から一番近いコンビニ「スマイルマート・ひばりヶ丘店」に行きました。

そこで高橋慎司がマンガ雑誌を立ち読みしていました。

慎司はスナック菓子やスポーツ飲料を持ってレジに行きましたが、
財布を忘れてしまったと言い、千円貸してもらえませんか? と真弓に頼みました。

真弓は財布を取り出して開けましたが、千円札が見当たらず、
1万円札を慎司に渡し、返してくれるのは明日でいいわ、と言いました。

真弓は以前から慎司に好感を持っていました。
笑った顔が少し、高木俊介に似ていたからです。
しかし、彩花は、俊介とタカボンが似てる? 老眼鏡買えば? と一蹴しました。

彩花は慎司のことを、高橋家のおぼっちゃま、
という意味で「タカボン」と呼んでいました。

坂の上から、救急車が降りてきて、パトカーが1台、真弓を追い越し、
坂道を上っていきました。

坂道を駆け上がると、パトカーが高橋家の前に停まっていました。

小島さと子と、彩花と啓介が高橋家を見ていました。
彩花は、向かいのおじさん、頭殴られて運ばれたみたいだよ、と真弓に言いました。

翌日の午前7時、遠藤家に警察がやってきて、
スマイルマートで慎司に1万円を渡したことを確認され、
その時の慎司の様子を詳しく訊かれました。

午前9時、真弓はパート先の、ひばりヶ丘から離れたスーパーに車で行きました。
午後5時に帰宅すると、家の前には報道車の長い列がありました。

テレビを見ると、高橋家で起こった家庭内殺人についてのニュースが流れていました。
淳子が夫の弘幸を殴って殺したのだそうです。

その翌日はパートが休みで、真弓は家にいました。
午前10時に小島さと子がやってきて、慎司が行方不明であることと、
警察は慎司を疑っているらしいことを真弓に言いました。

彩花が癇癪を起こしていなければ……さと子はチョコレートを持って
高橋家を訪れたかもしれない、と真弓は考えました。


第2章 高橋家

第2章は、慎司の姉の高橋比奈子の視点で話が進みます。

7月3日(水)の夜、比奈子は、私立S女子学院の中等部に入学した頃からの友人、
鈴木歩美の家に泊めてもらっていました。

一週間前、慎司が比奈子に、模試の前日は友だちの家に行ってもらえないか、
と頼んだからでした。

深夜2時、比奈子と歩美がお喋りをしていると、警察から電話がありました。

父親の弘幸が病院に運ばれたと言われ、歩美の家に警察が迎えに来てくれました。

弘幸は死に、比奈子は母親の淳子にも会わせてもらえませんでした。
弟の慎司は行方不明で、関西に下宿している腹違いの兄、
良幸(よしゆき)にも電話がつながりませんでした。

翌日の午前10時、病院で夜を明かした比奈子は、淳子の妹の田中晶子(あきこ)と一緒に、
晶子がパートしている「フレッシュ斉藤」というスーパーマーケットに寄りました。

フレッシュ斉藤は、真弓が勤めているスーパーで、晶子は真弓の同僚なのですが、
晶子は、真弓が淳子の向かいの家に住んでいることを知りませんし、
真弓は、晶子が淳子の妹であることを知りません。

比奈子もこの日、真弓がレジに立っているのを見て、
初めて真弓がフレッシュ斉藤で働いていることを知りました。

晶子の家に着くと、姉さん、お義兄さんに暴力をふるわれていたとか……、
と晶子は言いましたが、パパはそんなことしない! と比奈子は否定しました。

また、晶子は、姉さんは慎ちゃんをかばっているんだわ、とも言いました。

加害者の妹である晶子にとっては、弘幸が悪者であってくれたり、
甥の慎司が犯人であってくれた方が、都合が良いのでした。

午後9時20分に、叔父が、あの子、いつまでうちにいるの?
お義兄さんの親戚の方でどうにかなんないの?
と言っているのを比奈子は立ち聞きしてしまいました。

比奈子は何度も歩美にメールで相談しますが、返信はありませんでした。

翌日の午後1時に、比奈子は晶子に車で私立S女子学院高等部まで送ってもらいました。

担任の大西祐美子は、比奈子のことを加害者の家族という目で見て、
今はまだ混乱していると思うし、ゆっくりと休むことが大切だと思うの、
と比奈子に言いました。

その後、比奈子がスマイルマートひばりヶ丘店に行くと、
遠藤彩花から話しかけられ、慎司がコンビニで真弓と会ったことを教えられました。

比奈子は彩花と話すために、カラオケボックスの一室に入りました。

彩花は事件当日の夜のことを話しながら、
比奈子に芝居がかった下品な仕草で嫌味を言いました。

しかし、比奈子の方も彩花のことを、癇癪持ちで頭が悪く、おまけに地味な中学生、
と見下していました。

彩花の話を聞いて、父親はいつ仕事から帰ってきたのだろう、と疑問が浮かびました。

報道陣が集まっているため、ひばりヶ丘の家に変えることはできませんが、
晶子の家にも帰りたくなくて、比奈子は高速バスで兄の家に行くことにしました。


小島さと子 Ⅰ

小島さと子は、海外に赴任した一人息子の妻の里奈に電話して、
里奈が嫌がるのを無視して、事件のことを一方的に話しました。

その時に、ちょくちょく里奈に対する姑的な当てこすりを挟みます。

新しい情報として、先週の朝、燃えるゴミの中に、
バスケットボールとシューズとユニフォームが入った袋があったから、
慎司に注意すると、あわててそのゴミ袋を持って帰っていった、
ということを話しました。

小島さと子は事件のことを、息子の「マーくん」にも報告しておいてちょうだい、
と里奈に頼みました。

でも、勘違いしないで、年寄り2人じゃ不安だから、
あなたたちに帰ってきてほしいって言ってるんじゃないのよ、
と小島さと子は言いましたが……、帰ってきてほしくて、言ってるのでしょうね。

面倒くさいおばさんです。


第3章 遠藤家

3章は、事件が起こった7月3日の昼間の出来事を、彩花と真弓の視点で描写しています。

午前8時、彩花は学校へ向かう坂道を下りながら、この坂道は偏差値を表している、
と考えていました。

ひばりヶ丘から坂道を15分歩いて上ったところに、
慎司の通う私立K中学校という男子校があります。
東大合格率が県内一の名門校、私立N高校への合格率は95パーセントを超えています。

ひばりヶ丘を下る坂道と最初に交わる幹線道路を曲がって10分歩くと、
真弓が彩花を通わせたかった私立S女子学院があります。

別世界の制服とすれ違いながら坂道を下り続け、
完全な平地になったところに市立A中学校があります。
ひばりヶ丘から徒歩30分です。

坂を上るにつれて高くなるのは学校の偏差値だけではなく、地価もでした。

教室に入るなり、バスケ部の同級生、志保が彩花に話しかけてきました。

志保は、1年生の後半からはバスケ部のレギュラーとして活躍していた、
「K中5番」こと高橋慎司の追っかけまがいの行動をとっていました。
理由は、慎司がアイドルの高木俊介にちょっと似ているからです。

実は、彩花も慎司のことを、ひばりヶ丘に越してきた当日から、
かっこいいな、と思い続けていました。

また、真弓に、高木俊介が高橋慎司に似ていると言われ、
彩花も高木俊介のファンになっていました。

先週の試合に慎司が出ていなかったので、ケガでもしたのかと思い、
志保は慎司のお見舞いに行った、という話をします。

ひばりヶ丘で一番小さな家が目印、とK中学に通う小学生の頃の同級生に教えてもらって、
志保はその家に行きました。
志保は真弓と会い、そこが彩花の家であることを知り、
真弓や家の小ささのことを馬.鹿にしました。

彩花は、三半規管がどうにかなってしまったのではないかと思うほど、
地面が傾斜しているように感じ、保健室に行きました。
しかし、「坂道病」の彩花に、養護教諭は冷たい態度をとりました。

保健室のベッドに寝ながら、坂道なんかもうまっぴらだ、
引っ越しなんてしたくなかった、受験なんてしたくなかった、全部母親のせいだ、
と彩花は考えていました。

小学生の頃、彩花も早く一軒家に住みたいわよね、
と真弓に言われるたびに彩花は頷いていましたが、
彩花が思い描いていたのは住み慣れた場所に建つ新しい家でした。
近くの公立中学校に入り、おさななじみたちと一緒に登下校したかった、
と彩花は考えていました。

ひばりヶ丘の土地を40坪買い、そこに家が建つと、
ひばりヶ丘ってS女子学院まで徒歩で通えるのよ、お受験しましょうよ、
と真弓は言いました。
浮かれた真弓は、彩花がS女子学院を受験することを、誰かれ構わず自慢しました。

ところが彩花は受験に失敗しました。
新居へは卒業式後に引っ越す予定でしたが、結果が出た途端、引っ越し、
4月、市立A中学へ入学しました。
知り合いは誰もいませんでした。
友だちはいちおうできましたが、坂道を一緒に登下校する子は誰もいませんでした。

午後2時、いつまでたっても体調が回復せず、彩花は早退することにしました。
そのとき志保が、お迎えが来てくれるんじゃないの?
ひばりヶ丘のお嬢様だんも、一番ピーな家だけどね、と言い、
教室の一角でドッと笑い声が起こりました。

教室の景色が反転するかのように床が傾斜していき、
転ばないように両手でつかんだ椅子を持ち上げて、志保に投げつけましたが、
ひょいと身をかわされ、笑い声がさらに高まりました。

帰りたくない、と思いながら下校していると、慎司とすれ違いました。
すれ違いざまに彩花と目が合いましたが、
慎司は見知らぬ誰かとすれ違ったかのように通りすぎていきます。

彩花は、ちょっと、待ちなさいよ! と呼び止め、
先週の試合、どうして来なかったの? と訊きましたが、
関係ないじゃん、と慎司は露骨にムッとした顔で言いました。

バカな追っかけに迷惑をかけられたと彩花が文句を言うと、
そっちがあとから家建てたんじゃん、迷惑なら、引っ越せば? と慎司は言いました。

一方、真弓は同じ日の昼食の時に、パート事務員の美和子から、
美和子の娘がS女子学院に通っているが授業料が高いと愚痴をこぼされていました。

彩花がS女子学院を受験したときのことを、真弓も回想しますが、
彩花の回想とは違っていて、
真弓よりも彩花の方が受験に乗り気だったような描写がされています。

彩花の回想と真弓の回想、どちらが本当なのかは分かりませんが、
おそらく、お互いに自分にとって都合の良いことだけ思い出しているのでしょう。

仕事の後、ひばりヶ丘への坂道を車で上っていくときが、
真弓にとって一番幸せな時間でした。

坂道が大嫌いな彩花と、坂道が大好きな真弓、という対比になっています。


第4章 高橋家

第4章は、再び時間が事件後に戻り、7月4日から5日にかけての出来事を書いています。

比奈子の腹違いの兄、良幸は、医大生です。

腹違いと言っても、良幸が2歳のときに実の母親が交通事故で亡くなり、
その後に父親の弘幸が淳子と再婚し、比奈子と慎司が生まれただけですが。

良幸には野上明里(のがみ・あかり)という彼女がいますが、
明里は早くも良幸を恋人ではなく結婚相手として見ているようでした。

7月4日(木)に、良幸はマンションに戻りましたが、
大学の研究室に泊まり込んでいて、
携帯電話の電源を切っていたせいで、事件のことはまだ知りませんでした
(……それなら、比奈子が、繋がらない良幸の携帯電話ではなく、
大学に問い合わせていれば、良幸と連絡がついたような気がしますけどね)。

女房気取りの明里は、良幸が風呂に入っていた20分くらいの間に、
勝手に良幸の携帯電話を見て、
比奈子からの事件について相談する内容のメールを勝手に読んでいました。

明里は面倒くさい性格の女で、良幸が事件について調べたり、
比奈子と連絡を取ろうとしたりするのを妨害します。

明里は良幸の携帯電話を隠し、ベッドで眠りました。

翌朝、午前7時に良幸が目を覚ますと、明里の姿はなく、
お母さんとは血が繋がっていないんだよね、と書かれたメモ用紙が1枚ありました。

メモ用紙を丸めてゴミ箱に放り投げ、パソコンで事件について調べると、
高橋家を誹謗中傷する内容がブログ等に書かれていました。

一方、7月5日(金)の午後9時、比奈子は高速バスセンターの待合室にいました。
兄の良幸からの返信を待つ間に、出発時刻までついに1時間をきってしまいました。

比奈子は待合室から出て、道路を挟んだコンビニエンスストアに行こうとして、
慎司を見つけました。

慎司は逃げますが、比奈子は慎司を捕まえ、コンビニでカップラーメンを買い、
バスセンターの裏手にある防波堤に、海に背を向け、並んで座って食べました。

海から見る夜景もきれいだね、山からと海から、慎司はどっちが好き?
と比奈子が訊くと、両方、いっぺんに見たい、と慎司は言いました。

ここの空き地に日本一大きい観覧車ができる、という話を慎司はしました。

パパを殺したのは、誰? と比奈子が訊くと、
多分……母さん、でも、そうなったのは、僕のせい、だと思う、
と慎司は言いました。

その後、2人で良幸のところに行こうとすると、
ロータリーに停まったバスから良幸が降りてきました。


小島さと子 Ⅱ

小島さと子は、息子の「マーくん」から電話がかかってきて喜びますが、
日本に帰国したら、くつろぎたいからと妻の里奈の実家に行くことにした、
と言われました。

もしかして、事件が起きたから?
と小島さと子は言いましたが、おそらく、マーくんは事件とは関係なく、
子離れできない母親の小島さと子が鬱陶しくて、
実家に帰りたくなかったのだろうと、しまうましたは思います。


第5章 遠藤家

7月5日(金)、真弓は慎司に1万円も貸したことに責任を感じ、
行方不明の慎司を探しましたが、見つかりませんでした。

一方、カラオケボックスで比奈子に嫌味を言った彩花は、
軽い足どりで坂道を上がっていました。

高橋家の高い塀に、「死.ね!」「人殺し!」「恥さらし!」「出て行け!」
「一家心中しろ!」などと中傷ビラが何十枚も貼られていました。

ビラを1枚ずつ読んでいくうちに、彩花の気持ちは高ぶり、
高橋家など全員出て行けばいいのだ、と思いました。

彩花は石井を拾い上げ、2階の奥の慎司の部屋を見上げます。
その部屋の窓ガラスは既に割れていましたが、
すでに割れている窓でも構わない、慎司の部屋に石を投げてやるのだ、
慎司に向かって石を投げてやるのだ、と彩花は重い、腕を振り上げました。

しかし、それを目撃した真弓がクラクションを勢いよく鳴らし、
彩花は石を投げませんでした。

部屋の中で癇癪を起こす彩花は、泣き出しそうな、つらくてたまらなさそうな、
そんな顔だったからこそ「仕方ない」と思えるところもありましたが、
石を振りかざしていた彩花からはそんな表情が見て取れませんでした。

真弓は、嫌がらせをされた高橋家を見て、家が、かわいそうだ、と思いました。

一方、工務店に勤める啓介は鈴木歩美の家に行き、
歩美の弟の弘樹の部屋の壁紙を貼り換えていました。

弘樹が歩美に、姉ちゃん、ちゃんとメール送ったのか?
と啓介の前で言いました。
あんたが送ればいいじゃん、もしかして弘樹、比奈子のことが好きなんじゃないの?
と歩美が言い返します。

歩美の着ている制服は、真弓が「彩花にあの制服を着せてあげたいの」と言っていた、
S女子学院の制服でした。

その頃、午後6時、石を投げることができなかった腹いせに、
彩花は携帯サイトの掲示板に慎司の悪口を書き込んでいました。

回想です。
事件のあった7月3日、慎司に冷たい態度をとられた彩花は、
クイズ番組に出ていた高木俊介の頭の良さを真弓が誉めるのを聞いて、
どうせ、あたしは落ちました! と叫びました。

その瞬間、平らなはずのテーブルが彩花の目の前で傾き、
茶碗や皿やグラスが彩花をめがけて転がってきて、
彩花はそれを両手ではらい飛ばしました。

部屋に駆け上がると、部屋が傾き、机が傾き、何もかもが彩花をめがけて転がってきて、
彩花を2度と襲ってこないよう、床に思い切りたたきつけました。
バカにするな! 志保も、クラスのみんなも、慎司も、母親も、俊介まで――、
こんなポスター、もういらない! と思い、彩花はポスターを破ったのでした。

回想終わりです。

午後7時に、夕食を作り、真弓は彩花を呼びました。

彩花に、3日連続で早退したことを聞きますが、彩花は逆ギレします。

このあいだ、同じクラブの志保ちゃんが、うちに来たわよ、と真弓が言うと、
なんで、志保が来た日に言わないの! あんたのそういうところが、ムカつくんだよ!
と志保は叫びました。

真弓が慎司に1万円貸していることを話すと、
あんたって、やっぱ、サイテー、やっぱ、頭のネジ、1本ゆるんでるんじゃない?
と真弓を見下す表情で言いました。

よそのお宅に石を投げる方が、もっと最低じゃない、と真弓は言いますが、
あたしじゃない、と彩花は否定しました。

あんたはあのビラもあたしのせいだって思ってんの?
と彩花に反論され、1人じゃ無理かもしれない、でも、彩花、
いくら犯罪が起こった家でも、大勢でやったことだとしても、
よそのお宅に危害を加えると、今度は、あなたが犯罪者になるかもしれないのよ、
真弓は注意します。

あたしじゃないって言ってんだろ! と彩花は叫び、
手に触れるものを片っ端から、床の上に叩き付けていきました。

その頃、帰宅しようとしていた啓介は、
小島さと子が高橋家に石を投げているのを目撃しました。

小島さと子は、これは、古くからいる住人の抗議の叫びなのよ、と言いました。

ですが、こういうやり方は……と啓介が言いかけると、
あたしじゃない! という彩花の叫び声が聞こえました。

どうして、行かないの? と小島さと子に言われますが、
啓介の足は動きませんでした。

よそのお宅のことだから、隠れて診たのだと思っていたけど、あなた、
自分の家のことでも同じ態度を取るのね、知ってるのよ、
高橋さんのお宅で事件があったときも、あなた、
そこの駐車場に停めてある車の陰にずっと隠れていたじゃない、
と小島さと子は啓介を非難しました。

遠藤家の窓ガラスが割れる音と、
やめて! という真弓の獣じみた声を聞き、啓介は坂道の下に向かって駆け出し、
その場から逃げ出しました。

第6章 高橋家

第4章で再会した良幸、比奈子、慎司の3人は、
ファミリーレストランに入り、事件について話し合います。

慎司は最初、父の弘幸に言葉の暴力でなじられ、
母の淳子がそれを庇ってくれていた、という話をしましたが、
比奈子はそれが嘘だとすぐに見抜きました。

実際には逆で、小学校4年生のときに、
慎司は慎司のやりたいことすればいいんだぞ、
と弘幸に言われましたが、淳子は、
慎ちゃんは、パパと同じお医者さんになりたいのよね、
と言いました。

その後、淳子は慎司に、良幸と同じK中学を受験させました。
テストの結果を気にするのはいつも淳子の方で、
弘幸がフォローしてくれても、
「パパはああ言ってくれたけど」と純子は部屋まで小言を言いにきました。

それに耐えきれず、慎司は夜中にこっそりと家出し、
バスセンターの裏手の空き地に行きました。
ここに数年後、観覧車ができるらしい、どんな景色が見えるのか、
と慎司は考えました。

そこで暗闇に同化しているあいだは、何もがんばらなくていいのだと、
心を落ち着かせることができました。

暗闇に同化するために家を出て、坂道を下っていく頻度は、
学年があがっていくにつれ多くなっていきました。
周囲がペースを上げ、慎司がついていけなくなったからでした。

慎司は能力の限界だと思っていましたが、
淳子はそれをバスケ部のせいにしました。

試合当日、淳子はバスケットボールとシューズとユニフォームを
ゴミステーションに捨てました。
慎司はそれを、小島さと子に教えられ、回収しました。

中間テストで30位以内に入れなかったら、部活動をやめるっていう約束、
ママとしたわよね、と淳子はしれっとした顔で言いました。

まさか、今から部活動に行くんじゃないでしょうね、
今日は塾の模試があるはずでしょ、と淳子は言いました。
その日は県大会予選の前哨戦でしたが、
慎司は試合を休み、模試を受けました。
しかし、そんな状態で受けた模試の結果がよいはずはありませんでした。

今度の学校の模試で、校内で30番までに入ったら、
県大会予選に入ってもいいわ、と淳子は言い、
慎司は比奈子にも、友だちの家に泊まってほしいと頼みました。

良幸はファミリーレストランで、
どうするのが俺たちにとって一番いいのか、これから考えよう、
きょうだい3人、家庭内殺人が起きた家の子としてだ、と言いました。

母さんの刑がどうすれば軽くなるか考えよう、
刑務所に入るのと、執行猶予がつくのと、無罪になるのとでは大違いだ、
と良幸は言い、父親の弘幸を悪者にすることを提案しました。

慎司は学校の模試の前日、頭が痛くなってきて、
学校を早退したのに、途中で彩花に呼び止められて、
いいがかりをつけられた、という話をしました。

家に帰って、晩ご飯も早めに済ませて、机の前に座ってがんばってやってたのに、
向かいの遠藤家でいつものバトルが始まって、
彩花のキンキン声で頭が痛くなって、もう限界だった、
という話を慎司はしました。

試合はもう無理だって思ったら、悔しくて、
慎司は部屋の中でボールを壁に何度も打ち付けました。

すぐに淳子が部屋に上がってきて、やめなさい、と言いましたが、
慎司はやめませんでした。
淳子にボールを横取りされ、返せと言っても返さないから、
代わりに色んなものを投げました。
淳子が、やめて! とか、許して! とか叫び出して、
ザマアミロと慎司は思い、一緒になって大声を出しました。

何を騒いでいるんだ、みっともない!
と弘幸が言って、部屋に入ってきました。

弘幸は慎司に片付けろと言い、淳子と下の部屋に行きました。

その後、淳子が部屋に来て、ごめんね、と謝り、
試合に出てもいいし、勉強はもういいから、気分転換に散歩でもしてきたら?
と慎司に言いました。

コンビニでジュースでも買いなさいと
淳子は慎司のハーフパンツのポケットに千円札を入れたはずでしたが、
レジで千円札がないことに気が付いたのでした。

良幸は、淳子が慎司に散歩に行けと言ったとき、
もう、弘幸は死んでいたのだと考えました。
わざと慎司のポケットにお金を入れなかったのは、
慎司がコンビニにいたことを店員に印象づけるためでした。

また、淳子が弘幸を殴った凶器は、良幸のトロフィーだと比奈子は言いました。

慎司は、あの晩、散歩に出たとき、
遠藤家のカーポートに遠藤啓介がいたということを思い出しました。

啓介が弘幸と淳子の会話を聞いているかもしれないと思い、
良幸、比奈子、慎司は家に帰ることにしました。


小島さと子 Ⅲ

小島さと子が「マーくん」に電話し、
お隣で大変なことになっているから、勇気を出して止めに行く、と言いました。

小島さと子の夫は仕事で不在です。

これはね、マーくんのためなの、
あなたが安心してひばりヶ丘に帰ってこられるように、ママがんばるの、
と小島さと子は言いました。


第7章 ひばりヶ丘

彩花は観葉植物の鉢植えを両手で持ち上げ、床に思い切り叩き付けました。

真弓は、この家を建てる前に、
床の色を彩花と相談して決めていたときのことを思い出しました。
そのとき、彩花は、あたしが床にキズなんてつけるはずないじゃん、
と言っていました。

約束、したでしょ、床を、傷つけないで、と真弓は言いますが、
知るか! そんなこと、家、家、家、家、あんたの頭のなかはいつもそれだけ、
バカじゃないの? と彩花は言い、別の鉢植えを投げ、窓を割りました。

真弓には彩花が獣のように見え、許さない! と叫び、
彩花に正面からつかみかかり、渾身の力を込めて、彩花を床に押し倒し、
その上に馬乗りになりました。

あんたなんか、いなくなればいい!
と真弓は叫び、鉢植えに入っていた土のかたまりを口に押し込み、
両手で彩花の口を塞ぎました。

一方、小島さと子はドアフォンを鳴らし続けましたが、応答はありませんでした。

真弓の獣じみた声を聞き、小島さと子は庭に入り、
灯りがともった部屋の窓ガラスが割れているところから、中を覗きました。

真弓が彩花の首を絞めている――ように見え、小島さと子は大声で呼びかけますが、
何度呼びかけても真弓の反応はありませんでした。

小島さと子はポシェットのファスナーを開け、
3年前に息子が里帰りした際プレゼントしてくれた防犯ブザーを取り出し、
金属の輪に指をかけ、思い切り引き抜きました。

高い音が響き、真弓は正気に戻り、小島さと子の声が聞こえました。

彩花が口の中から茶色いどろどろしたものを吐き出しているのを見て、
彩花、大丈夫? と真弓が言い、背中をさすってやろうと足を踏み出すと、
彩花が両手で顔を覆いました。

真弓が平静を装って小島さと子と話しているうちに、
彩花が玄関のドアを開け、小島さと子が家に入ってきて、防犯ブザーを止めました。

彩花は洗面所でうがいをし、怖い、と考えていました。

その頃、午後9時30分、啓介は工務店の仮眠室で弁当を広げていました。

午後10時20分、真弓は小島さと子を帰そうとしますが、
小島さと子は帰りませんでした。

彩花がリビングに戻ってきて、真弓のことを人殺しと呼びました。

ケンカの原因は何だったのと小島さと子に訊かれ、
今日は、彩花が高橋家の家の2階の窓ガラスを割ろうとしているのを見た、
ということを真弓は話しましたが、彩花は相変わらず否定しました。

お向かいのガラスを割ったのはわたしよ、と小島さと子は言いました。

一緒に暮らさない方がいいのかもしれない、
彩花はこの家が嫌いなんでしょう? ひばりヶ丘が嫌いなんでしょう?
それなら、パパと別のところに住みなさいよ、と真弓は言いました。

やっぱり、家の方が大事なんだ、と彩花は言い、
小島さと子に助けを求めますが、小島さと子はため息をつくと、
あなたのママは疲れているのよ、これだけわが子に、あんたあんた、
って連呼されてたら、親をやめたくもなるわ、と真弓を庇いました。

向かいの家のガラス割った人がえらそうなこと言わないでよ、
と彩花は言いますが、
わたしはね、このひばりヶ丘で生きてきた人間としての信念を持って、
石を投げたの、ビラを貼る音頭をとったのもわたしよ、
と小島さと子は言いました。

少し時間が遡り、午後11時に、啓介は鈴木歩美の家のドアフォンを押しました。

出てきた弘樹に、高橋家の窓ガラスが割られていたり、
中傷するビラが貼られていたりして、大変な状態になっているから、
ビラをこっそり片付けたいけど、啓介がやったことがわかると、
近所の人たちとのあいだで角が立から、
比奈子と仲が良さそうな弘樹や歩美が片付けたことにしてもらえないかと相談にきた、
ということを啓介は話しました。

啓介は、逃げ出した、という事実を今夜中ならどうにか修正できるのではないか、
家から去った理由が欲しいと思い、
高橋家を夜明けまでに元の状態に戻すために、
職場でゴミ袋とヘラとシール剥がしの溶液を取りに戻った、
ということにしようとしたのでした。

弘樹は、乗り気ではない比奈子を連れてきて、
啓介とひばりヶ丘に行きました。

ゴミ袋を片手に、3人はビラを剥がす作業を始めました。

そこを、遠藤家から出てきた小島さと子に見つかり、咎められますが、
啓介は、わたしは、こういうのが正しいやり方だとは思いません、と反論しました。

それを聞き、真弓は、わたしもやるわ、と言い、ビラを剥がし始めました。

小島さと子は、歩美に食いつき、
わたしにはひばりヶ丘を作り上げてきた住人として、
この家に抗議する権利があるのよ、と言いましたが、
歩美は、ない! と声をあげました。

ひばりヶ丘の評判を貶められたわ、高慢だの、思い上がってるだの、
世間を見下したバチがあたっただのって、
掲示板でひばりヶ丘全体が攻撃されているのよ、と小島さと子は言いましたが、
それは、おばさんたちが日頃からそういう態度をとってるからよ、
わたしは比奈子の友だちとして、これを剥がす権利があるの、と歩美は反論しました。

そこへ、良幸と比奈子と慎司が帰ってきて、ビラを剥がしてくれたお礼を言いました。

歩美は、比奈子にメールを返信しなかったことを謝ります。
クラスのみんなが好き勝手なことを言ってて、掲示板にはひどいことを書いていたから、
そんな子たちをみんな敵にまわすことなんだって、怖くて……、
ホントに、ごめん、と歩美は謝りました。

比奈子は、謝らないで、ものすごく嬉しいから、と言い、
比奈子と歩美は泣きました。

啓介はタクシーを呼び、比奈子と弘樹を家に帰しました。


第8章 観覧車

良幸は、事件が起きた日の晩、両親の会話を聞いていたら教えていただけませんか、
と啓介に頼みました。

小島さと子が、そんな大事なことを、道ばたで話すつもり?
と言い、小島さと子の家に招きました。

遠藤家から彩花も出てきて、ついてきました。

良幸は、事件の夜に聞いた会話を再現し、ようやく真相が明らかになります。

淳子は、「騒ぎをおこしたことを弘幸に謝りましたが、
医学部にいくなら、絶対にN高校に受からなきゃ、良幸くんもそうしたじゃない、
と言いました。

しかし弘幸は、俺は子どもたちに医者になれなんて、一度も言ったことはない、
慎司はスポーツもよくできるし、きれいな顔をしているんだ、
アイドル歌手にでもなればいいんじゃないのか? と言いました。

良幸くんが医学部に受かったときは喜んでたじゃない、さすがだって、
慎ちゃんだって、これからいくらでもがんばれるわ、と淳子は言いましたが、
あんなにおかしくなってしまうまで、勉強する必要はない、
慎司はもういい、と弘幸は言いました。


啓介が再現した会話を聞いた彩花は「坂道病」の話をし、母親もまた、
坂道を転がり落ちないように必死で踏ん張り続けていたのかもしれない、
背中を押したのは、あたしだ、と少し反省しました。

良幸は小島さと子に向き直り、
ひばりヶ丘の方々にご迷惑をかけていることは申し訳なく思っています、
と謝り、比奈子と慎司がそれぞれ独立できるまで、
ここにいさせてください、とお願いしました。

小島さと子も反省したのか、あなたたちの気持ちはわかったわ、
ひばりヶ丘のことはわたしにまかせて、婦人会のみなさんを説得してあげるから、
と言いました。

慎司に1万円を返してもらい、真弓と彩花と啓介は家に帰りました。

ところで、あたしとオヤジはいつ出て行かなきゃなんないの?
と彩花は言いましたが、啓介は、無理だろ、
今の生活でいぱいいっぱいなのに、別々に暮らす金なんてあるはずないじゃないか、
ひばりヶ丘がイヤでも、この家が気に入らなくても、
3人でいることに腹が立っても、ここに帰ってくるしかないんだ、と言いました。

夜が明ければ、またいつもと同じ生活が始まる、
彩花はまた癇癪を起こすだろうし、啓介も、また事なかれ主義に戻るだろう、
それでも、今日を乗り越えることができたのだから、明日も、
この先もきっとなんとかなるに違いない、と真弓は思いました。

一方、高橋家に戻った良幸と比奈子と慎司は、
啓介から聞いた事件の夜の淳子と弘幸の会話を分析し、
淳子は弘幸の前の奥さんと張り合い続けていたのだと結論を出しました。

直接張り合うことはできないので、子どもで張り合っていたのでした。
弘幸のためにどっちが、優れた子、弘幸を喜ばせてあげられる子を産んだか、と。

しかし淳子は、
前妻の子どもと張り合うように育ててきた慎司が期待されていないことを知り、
敗北感を憶え、衝動的に弘幸を殴ってしまったのでした。

しかし、淳子が裁判でこんな動機を証言したら、
良幸や慎司までマスコミにさらされそうなので、
良幸たちは死んだ弘幸を悪者にすることにしました。

週刊誌には、弘幸が慎司の勉強部屋を『手術室』と呼んでいたとか、
慎司に医学の道を歩ませることに、異常なほど執着していたとか、
勉強の妨げになるからと、部活動をやめるよう強要していた、
ということが書かれました。

慎司が頭痛に耐え切れなくなり、大声を出すと、
弘幸はゴルフクラブを取るために、階下に下り、
淳子はそれを阻止しようと、とっさに棚の上にあったトロフィーを手に取り、
背後から殴りつけた、ということが週刊誌に書かれました。



小島さと子 Ⅳ

小島さと子にマーくんから電話がかかってきます。

小島さと子は、帰ってこない『マーくん』のかわりに、
マーくんによく似た慎司を可愛がることにしたらしく、
高橋家の保護者代わりを自称しました。
さ来年、海の近くに観覧車ができるんですって、
それが完成した頃に帰ってくるのも、いいかもしれないわね、
マーくんと一緒に、乗ってみたいわ、と小島さと子は言いました。

というあらすじなのですが、面白かったです。

特に、第7章がよかったですね。

小島さと子や遠藤啓介は決して善人ではないのですが、
善人ではないことを理由に、真弓と彩花のケンカを仲裁したり、
高橋家のビラを剥がしたりと、善いことをしたのが面白かったです。

あと、家庭内殺人が起きた場合、加害者よりも被害者の方が悪い、
という論調で報道されることが多いのに対して、
この小説は1つの答えを出したのではないか、と思いました。

湊かなえ「告白」第6章「伝道者」のネタバレ解説

5章のラストで修哉に電話をしたのは、修哉の母親ではなく、
森口悠子でした。

修哉がウェブサイト上に掲載した、ママへのラブレターを、
森口は読んでいて、「馬鹿ですか?」と、
読者の声を代弁してくれました。

第1章の終業式の日の朝、森口は確かに、
眠っている夫、桜宮正義から血液を採取し、学校に持って来て、
修哉と直樹の牛乳パックに注射器で血液を混入しました。

森口のとった方法では、HIVに感染する確率は極めて低い、
ということは森口も最初からわかっていましたが、
ゼロではない限り、正しい裁きが下されると信じていました。

それからひと月後の4月の終わり、
最期の時を迎えた桜宮は、驚くべきことを告白しました。

終業式の日、森口が桜宮の血液を採取したことに、
桜宮は気付き、学校に行きました。
桜宮は、森口が牛乳パックに血液を混入しているのを知り、
新しいものに取り替えたのだそうです。

憎しみを憎しみで返してはいけない、
それで心が晴れることなど、絶対にないはずだ、
彼らはきっと更生することができる、そう、信じてやってくれ、
と言い、桜宮は死にました。

聖職者、という言葉が本当にあるのだとすれば、
彼にこそふさわしいのかもしれません、と森口は言いました。

生まれてすぐに母親を病気で亡くし、
父親が小学五年生のときに再婚し、
継母との折り合いも悪く、家出を繰り返すようになった、
という桜宮の人生を、森口は修哉に語ります。

しかし、森口は、死の瞬間まで、親であるよりも、
教師であろうとした桜宮を許せず、
桜宮に守られた修哉や直樹のことも許せませんでした。

桜宮の教え子で、森口とも1年かぶっていた寺田良輝が、
桜宮の葬儀の場にやってきて、
修哉と直樹のクラスの担任になったと報告されました。

2年B組の様子を聞いた森口は、
もしも桜宮であればこうするのではないか、
と寺田にアドバイスをし、陰から寺田を操って、
修哉と直樹を追いつめていたのでした。

森口は、直樹に対しては
十分に復讐を果たすことができたと思っていました。

修哉が馬鹿な計画を思いつかなければ愛美は死ぬことはなかった、
修哉も直樹も、最終的には苦しみながら死ねばいいと思っているが、
どちらか1人憎い方を選べと言われれば、修哉を選ぶ、
という意味のことを森口は言いました。

寺田から、いじめは解決したという報告を受けた森口は、
無駄だとは思いながらも、
毎日、修哉のウェブサイトもチェックしていました。

そして、更新された「遺書」を読んだ森口は、
修哉がどう思おうと、修哉の人格は、
母親以外の人物を認めようとしない修哉が作り出したものであり、
犯罪を犯したのは、誰のせいでもなく、あなたのせいなのです、
と言いました。

修哉の母親のことは、自分の欲求が満たされないために、
幼い子供に手を上げ続け、欲求が叶えられた途端、
その場限りの無責任な愛情を残して去っていった、
身勝手な人間だという意味のことを森口は言いました。

あなたの世界に、あなたと愛するママしか存在しないのなら、
ママを殺しなさい、と森口は言いました。

修哉の作った爆弾は、一定の温度下では機能が停止するという特徴があり、
森口は「爆弾を解除して、急速冷凍させて運び、
修哉の母親のいるK大学理工学部に新たに爆弾を設置していました。

森口ははっきりとは語っていませんが、修哉の母親に睡眠薬を飲ませるとか、
手足を拘束するとかして、逃げられないようにしていたのでしょうね。

爆弾を作ったのも、スイッチを押したのもあなたです、
これが本当の復讐であり、あなたの更生の第一歩だとは思いませんか?
と森口が修哉に問いかけたところで、この話は終わります。


というあらすじなのですが、「告白」はこれで完結です。

しまうましたは、「聖職者」の桜宮よりは、
森口の気持ちの方に感情移入してしまいますね……。

桜宮の善意の押しつけがましさは、
直樹の母親に通じるものがあるような気がします。
牛乳パックを取り替えたところまではいいですが、
その後、すぐに警察に通報しろよ、と思いました。

新人賞に応募されたのは最初の第1章の「聖職者」だけで、
2章以降は後付けだとは思えないくらい、
連作短編あるいは長編小説としてまとまっていたのではないかと思います。

同じ場面を、森口、直樹の母親、直樹、修哉と、
何度も何度も繰り返し描写されるのには、少しうんざりしてしまいましたが、
その欠点が、デビュー2作目以降では改善されているのが凄いですね。

湊かなえ「告白」第5章「信奉者」のネタバレ解説

5章は、修哉が「天才博士研究所」というウェブサイトに書いた、
遺書の文面が書かれています。

修哉は、父親のことも直樹のことも、クラスメイトのことも、
美月のことも、馬鹿だと考えていました。
修哉が唯一尊敬しているのは、修哉の母親だけでした。

8月31日に、修哉は学校に爆弾を仕掛けました。

明日は2学期の始業式で、全校生徒が体育館に集合します。
1学期に書いた作文が、県の最優秀賞に選ばれ、
ステージに上がった修哉は短く別れを告げ、爆弾のスイッチを押し、
多くの人を巻き添えにして木端みじんに吹っ飛ぶ予定でした。

修哉はその動機を、遺書に書きます。

帰国子女であり、日本のトップクラスの大学の博士課程で
電子工学を専攻していた修哉の母親は、研究で壁にぶちあたり、
時を同じくして交通事故に遭ってしまいました。

それを助けてくれたのが、田舎の電器屋の店主である、
修哉の父親でした。

それをきっかけに2人は結婚し、修哉が生まれました。

母親は修哉に、断念してしまった研究を、繰り返し説明しているうちに、
何か閃くものがあり、修哉の父親に内緒で論文を書き上げ、
それをアメリカの学会に送りました。
修哉が9歳のときでした。

しばらくすると、母親がいた研究室の教授の男が、
母親に大学に戻るよう説得しにきましたが、
子供を置き去りにして出て行くことはできないと言い、
母親は申し出を断りました。

あんたさえいなければ、と母親は修哉に手を上げるようになりました。
しかし、感情を爆発させた日の夜は、必ず部屋にやってきて、
修哉の頭を撫でながら、ごめんね、ごめんねと涙を流し続けていたので、
修哉は、頬が腫れても、手足に痣ができても、
母親を憎いとは思いませんでした。

愛する人を、自分の存在により苦しめていることがつらくてたまらなくなり、
修哉は自殺を考えましたが、父親が虐待に気付き、
10歳のときに両親の離婚が成立し、母親は家を出て行くことになりました。

離婚が決まってからは、母親はいっさい手を上げなくなり、
食事は修哉の好物ばかりが並びました。

別れの前日、ショッピングセンターに行きました。
そのショッピングセンターは、
後に修哉が直樹と「わたうさちゃん」のポシェットを買いに行く場所です。

母親は、何十冊もの本と、最新のゲーム機を買ってくれました。

別れるときには、修ちゃん、ママは約束事で、修ちゃんに会いに行ったり、
電話をかけたり、手紙を書くことは禁止されているの、
でもね、修ちゃんはたった1人のママの子だもの、
修ちゃんに何か起これば、ママは約束を破ってでも駆けつけるからね、
と修哉の母親は言いました。

翌年、父親は美由紀という同級生と再婚しました。
美由紀は、最初は修哉のことを実の子供のように扱っていましたが、
妊娠すると、修哉を祖母の家だった川沿いの平屋に、
修哉の勉強部屋を作ると言って、修哉を隔離しました。
空になった部屋には、真新しいベビーベッドが置かれていました。

修哉は、母親が別れの前日に選んだ『罪と罰』や『戦争と平和』を読みます。

電器屋の倉庫として使われている家の中を宝の山だと考え、
修哉は勉強部屋を「研究室」と呼ぶようになり、
発明品第一号、逆回り時計を完成させましたが、周囲の反応は薄いものでした。

母親の住所も電話番号も知らなかった修哉が、
唯一知っているのは、勤務しているであろう大学だけでした。

そこで、自分のウェブサイト『天才博士研究所』を開設し、
母親からコメントが書き込まれるのを期待して、
大学のウェブサイトのコメント欄に、
自分のウェブサイトのアドレスとメッセージを書き込みました。

しかし、母親からのコメントはありませんでした。

中学生になり、担任の森口に少し交換を覚えた修哉は、
「びっくり財布」を森口に見せますが、修哉は森口の反応に失望しました。

しかし、その直後、「全国中高生科学工作展」の審査員に、
瀬口喜和(せぐち・よしかず)という人物がいるのに目を留めました。

瀬口は、母親がいるであろうK大学理工学部電子工学科教授でした。

「びっくり財布」を工作展に応募し、入賞し、
地元の新聞記者から、インタビューを受けました。

しかし、その日、「ルナシー事件」が起こり、
世間は「ルナシー事件」の話題で持ちきりになりました。

どんなに待っても母親からの連絡はなく、
瀬口教授が修哉の母親に、修哉のことを話すはずがない、
きっと、「ルナシー事件」の話をしているに違いない、と修哉は考えました。

修哉は殺人を起こし、その責任は母親にある、
とマスコミに報道させることにしました。

授業中に、ノートに何度も「死.ね」と書き殴っていた直樹に話しかけ、
ターゲットを選ばせてみて、直樹を証言者にすることにしました。

事件当日、愛美がポシェットのファスナーに手をかけ、気絶したときは、
死んだ! 死んだ! 大成功だ! 母親が駆けつけてくれる、
「今までごめんね」と抱きしめてくれる、それからは、ずっと2人一緒だ、
と修哉は考えました。

しかし、去り際に直樹に捨て台詞を言ったせいで、
直樹は修哉の計画をぶちこわそうとしました。

事件からひと月後、森口が真相に気付き、化学室に呼び出されましたが、
森口は、警察には言わないと言いました。

終業式の日、森口はクラス全員の前で事件の真相を語り、
「びっくり財布」を否定し、愛美を殺したのは修哉ではなく直樹だと言い、
エイズ患者の血液を修哉と直樹が飲んだ牛乳に混入していた、
ということを話しました。

修哉はHIVに感染し、母親が心配して会いにきてくれることを望みましたが、
検査の結果が出るのは3ヶ月後でした。

終業式の日から3ヶ月後に血液検査を受けに行った一週間後、
委員長の美月がいじめのターゲットになりました。

血液検査の結果は陰性(感染していないということ)で、修哉は落胆しました。

キスをさせられたと思いこんでいるであろう美月に、
そのことを知らせましたが、美月は、知ってた、と言いました。

修哉は美月に好意を抱くようになり、付き合い始めました。

しかし、夏休みのあいだじゅう、美月は文学賞に応募するための原稿を書いていて、
それを教えてくれたのは郵送した日、今から1週間前のことでした。

美月はルナシーかぶれしていました。
ルナシーとは月の女神、これは私の名前「美月」からとっているのだ、
ルナシーと私は、もとは同一人物だった、などと、
美月はわけのわからないことを語りました。

また、薬品を担任の寺田に使ってみようか、と言い出した美月に、
寺田のどこがそんなに気に入らないのかと質問すると、
修哉が見下していた直樹が美月の初恋の人だから、
という意味のことを美月は言いました。

サイテー、馬.鹿じゃねえの?
と修哉が言うと、美月は修哉のことを「マザコン」と罵り、
ママは結局、あんたを捨てただけじゃない、
そんなにママを待ちこがれてるなら、自分から会いに行けば?
ぐだぐだ言いながら待ってるのは、拒否されるのが怖いんじゃない?
と言いました。

修哉は逆上し、美月を「殺害し、研究室の大型冷蔵庫の中にしまいました。

そして、今から3日前、修哉は母親に会いにK大学に行きました。

そこで、工作展の審査員の瀬口と会い、瀬口の研究室に案内してもらいました。

瀬口の机上の写真立てには、修哉の母親が映っていて、
瀬口はそれを新婚旅行の写真だと言いました。
また、修哉の母親は瀬口の子供を妊娠中で、12月末に生まれる予定なのに、
今日も学会で福岡まで出かけている、という話を瀬口はしました。

修哉は瀬口の妻のことを、僕の……、尊敬する人、です、と言い、
瀬口は修哉が妻の再婚前の息子だと気付いた様子でした。

修哉は研究室を駆け出し、
たった1人の私の子供、そう言ったではないか、
その子供を迎えにこないまま、己よりさらに優秀な男と再婚し、
そいつの子供を産み、幸せになろうとしているのか、と考えました。

瀬口は気付いたはずなのに、母親からは何の連絡もありませんでした。
これから行う大量殺人は、母親への復讐だ、
と修哉は遺書をウェブサイトに載せ、明日の出来事を、
どうか最後まで見届け、この魂の叫びを彼女に届けてほしい、と書きました。

しかし、「始業式で表彰されるときに『さらば!』と叫び、
爆弾のスイッチを押しても、何も起こりませんでした。

爆破装置に組み込んだケータイが、振動している気配すらなく、
演台に仕掛けてあったはずの爆弾がなくなっていました。
そのとき、非通知で電話がかかってきて、修哉は通話ボタンを押しました。


というところで、5章は終わります。

この話は6章「伝道者」に続きます。

湊かなえ「告白」第4章「求道者」のネタバレ解説

第4章は、真っ白な狭い部屋にいる下村直樹の回想が書かれています。

直樹は、物心ついた頃から、ひたすら母親に褒められながら育ち、
自分は頭がいいし、スポーツもできると思っていました。

しかし、小学校3年生になる頃には、それは母親の願望であって、
実際はがんばったところで中の上くらいにしかなれないことに気付いていました。

しかし、褒めるところがないため、
母親が直樹のことを「優しい」という言葉でごまかしていました。

成績上位者を子供たちの前で発表する森口に、
母親がクレームの手紙を書いていたのを知ると、
母親が「優しい」と親戚や近所の人に自慢するたびに、
直樹はみじめな気分になりました。

そんな直樹は、2月に、
クラスの男子から一目置かれた渡辺修哉に声をかけられ、
お世辞を言われたことで、有頂天になりました。

川沿いにある古い平屋の一室、修哉の「研究室」を訪れ、
パワーアップした「びっくり財布」を見せられます。

懲らしめたいヤツを直樹に選んでほしいと言われ、
直樹はA組の担任の戸倉や、森口の名前をあげますが、
修哉に却下されました。

しかし、森口の子供の愛美はどうかと言うと、修哉は興味を持ちました。

ショッピングセンターで愛美がポシェットをおねだりしていたのに、
買ってもらえなかったことを教え、
直樹と修哉はショッピングセンターに買いに行きました。

計画を立て、事件当日の放課後、
竹中の家の飼い犬のムクがいる庭にボールを投げこみ、
竹中が留守にしているのを確認します。

愛美を待っている間、直樹は修哉に、今度、うちに遊びにきてよ、
母さん、僕に頭のいい友だちができてうれしいみたい、と言いました。

修哉は、ムクにパンをやりにきた愛美にポシェットを渡します。

直樹は、びっくりして尻餅をつく程度だと思っていたのですが、
愛美は気を失い、目を閉じたまま、ピクリとも動かなくなりました。

それまで直樹をおだてていた修哉は手のひらを返し、
みんなに言いふらしていいよ、共犯とか、気にしないでね、
最初から仲間だなんて思ってないから、
脳なしのくせにプライドだけは高い君はあきらかに人間の失敗作だよ、
という意味のことを言いました。

修哉は帰っていきましたが、直樹は、
愛美がプールに落ちたことにしようと、
プールサイドぎりぎりのところまで運びます。

愛美は目を覚ましましたが、人間の失敗作だよ、という言葉が、
直樹の頭の中によみがえります。

やっぱり殺人者になろうとしていたんだ、僕を利用して、
でも、子供は生きている、渡辺くんの計画は失敗だ、失敗! 失敗!
と考え、直樹は徐々に意識を取り戻した愛美をプールに落としました。

渡辺が失敗したことに、成功したんだ、
と思いながら、直樹はプールから出ていきました。

翌日、何で余計なことをしたんだ、と修哉に言われ、
話しかけないでよ、仲間でもないのに、
それから言いふらしたければ自分でどうぞ、
という意味のことを直樹は言いました。

しかし、事件から1ヶ月後、森口にプールで話がしたいと言われましたが、
直樹は家に来てほしいと頼みました。

直樹は、愛美がプールに落ちる直前に目を覚ましたことだけは隠し、
嘘をつきました。

それから一週間後の終業式の日、森口はクラス全員に、
少年AとBが修哉と直樹であることが分かるように話し、
殺したのは直樹だと断言し、牛乳に桜宮の血液を混入したことを話しました。

それ以降、絶対に両親に感染させてはいけない、
と直樹は考えながら過ごしました。

不登校が続き、病院に連れて行かれた帰り、
ハンバーガーショップの隣の席にいた子供が、
足元に牛乳をこぼし、直樹は隣の席の親子を森口とその子供だと思いこみ、
トイレで吐きました。

それ以来、外に出られなくなりました。

また、家庭訪問にきた寺田を、森口とグルになっているのかもしれない、
美月だって信用できたもんじゃないと考え、
部屋に上がってきた母親に怒鳴って辞書を投げつけました。

それでも直樹は生きていることに喜びを感じていたのですが、
後日、母親が作った食事に睡眠薬を混入されて、
眠っているあいだに髪の毛を切られてしまいます。

しかし、母親の仕業とは知らない直樹は、自分が死にかけているのだと思い、
パニックになり、風呂場で頭を丸刈りにした後、
自分はゾンビになったのだと思いこみ、
コンビニの商品に血をつけました。

母さんは、ゾンビになってしまった僕ですら、受け入れてくれている、
と直樹は思い、森口の子を故意に殺したことを打ち明けました。

プールに投げ込んだのは、怖かったからでしょ?
と母親に何度も訊ねられましたが、
母さんの理想に限りなく近いヤツが失敗したことを、成功させたかったんだ、
とは、さすがに言えませんでした。

その後、寺田と美月が家庭訪問にやってきて、
寺田は、修哉はずっと学校に行っていたということや、
いじめられてはいたけれど、解決したということを大声で言いました。

あいつはきっと、ひきこもりになった僕を心から軽蔑し、
笑っているに違いない、と怒った直樹は、
明日、警察に行って、全部全部ぶちまけてやる、と考えました。

しかし、「包丁を持った母親がやってきて、直樹を抱きしめ、
母さんと一緒に、おじいちゃんとおばあちゃんのところに行きましょう、
直くん、ごめんね、上手に育ててあげられなくて、ごめんね、
失敗して、ごめんね、と言いました。

失敗という言葉に過剰に反応した直樹は、包丁を奪って母親を刺しました。
そのまま、母親は階段を落ちていき、
僕も一緒に、連れてって、と考えました。

直樹の姉がやってきて、部屋の外から、
直くんは、何もしていないんだからね、悪い夢を見ていただけなんだからね、
と言われ、直樹は、
今までの出来事を夢で見た別の少年のことだと考えていました。


というところで4章は終わるのですが、もし仮に修哉に話しかけられなくても、
他人のせいにするのをやめない限り、
直樹はいつか駄目になっていたと思います。

それよりも、HIVは感染力が弱いので、
トイレでの便座の共有や、同じコップでの回し飲み、
お風呂やプール、洗濯などでは感染することはないのに、
それで感染するかのように描写し、
HIVへの偏見を煽っていることのほうが気になりますね。

直樹の視点の4章でそれを書くのは無理でも、2章5章あたりで、
それについて言及するべきだったのではないかと思います。

この話は5章「信奉者」に続きます。

湊かなえ「告白」第3章「慈愛者」のネタバレ解説

下村直樹には、2人の姉がいます。
その下の方の姉で、大学2年生の聖美は家を出ていて、
上の方の姉は結婚して隣町に住んでいました。

聖美は7月20日に父から電話で、
母親が直樹に殺されたと知らされました。

母の遺体には、腹部に刺し傷が1つ、
後頭部に打撲のあとが1ヶ所あったのだそうです。
包丁で刺された後、階段から突き落とされたのだそうです。

事件から2日後、警察から、直樹は2年生になってから、
一度も学校に行っていなかったと知らされました。
同居していた父親も含めて、
そのことを母親以外の家族全員が知りませんでした。

聖美は、母親の日記帳を見つけ、それを読みます。

以下は、その日記の内容です。

3月1×日。
昨日、森口が直樹の家にやってきた、ということが書かれています。

直樹の母親は、シングルマザーであることを理由に森口が嫌いで、
担任がシングルマザーなんてとんでもない、
と校長宛に手紙を書いたこともありました。

森口は、直樹がテニス部をやめたこと、
ゲームセンターで不良高校生にからまれたこと、
被害者であるにもかかわらずペナルティを受けることに
なってしまったことなど、直樹とその母親の前で話しました。

森口が愛美の事故について尋ねると、直樹は、
僕のせいじゃない、と言いました。

渡辺修哉と愛美を殺したときの話をしますが、
第1章の森口の言葉を借りれば「親バカ」である直樹の母親は、
普段から直樹を甘やかしており、
事件前後の直樹の行動も、好意的に解釈していました。

愛美の死因は水死ではなく感電死だと思いこんでいることもあり、
悪いのは全部、渡辺修哉で、直樹は被害者だと直樹の母親は考えていました。

森口が帰った後、後で強請られたりしないよう、
森口に賠償金を支払っておいたほうがよいのではないかと思い、
直樹の母親は夫に事件のことをかいつまんで話し、
森口の家に電話をかけてもらいました。
しかし、森口は賠償金を断りました。

夫は、警察に報告した方がいいと言いましたが、
直樹が共犯の罪に問われたらどうするつもりなのだ、
と母親はやめさせました。

さらに、事件そのものが森口の作り話なのではないか、
それなら、渡辺という子も被害者です、悪いのはすべて森口なのです、
と胸糞悪いことを考えていました。

3月2×日、春休みに入った直後から、直樹は不潔になりました。

たった数枚の皿と茶碗を、1時間近くもかけて洗ったり、
洗濯も、除菌効果のある漂白剤を必要以上に入れて、
何度も繰り返し洗ったりする一方で、とにかく、不潔でした。

歯を磨こうとせず、風呂に入るのも嫌がるようになりあmした。

3月3×日、モナカを食べて涙を流した直樹を見て、
直樹の潔癖症やそれに相反する行動は、
思春期や反抗期のせいではなく、あの事故のせいだと直樹の母親は考えました。

憎いのはやはり、あらぬ疑いで直樹を精神的に追い詰めた、あの森口です、
直樹はほんの少し、運が悪かっただけなのです、と母親は日記に書きました。

4月×日、直樹の上の姉の真理子が、妊娠したと報告にきました。
しかし、直樹は風邪気味だから、移してしまったら申し訳ないと言い、
下に降りてきませんでした。
真理子の帰り際、直樹が自分の部屋の窓を開け、
お姉ちゃん、おめでとう、と言いながら手を振りました。

その後は、直樹の母親が昔、中学生の頃に亡くなり、
8歳年下の弟と一緒に親戚の家に預けられた、ということなどが書かれています。

4月1×日、登校しない直樹を仮病だと考え、
心が疲れているのなら、医者に診てもらって、
診断書を書いてもらわなければならない、と母親は考えました。

4月2×日、母親は直樹を病院に連れて行き、自律神経失調症と診断されました。

帰りに、直樹の希望でファストフードのハンバーガーを食べることになりました。
ショップのとなりの席には、4歳くらいの女の子と、その母親が座っていました。

子供が飲んでいた牛乳パックを落として、
飛び散った牛乳が直樹のズボンと裾と靴にかかってしまうと、
直樹はトイレに駆け込み、食べたものをもどしてしまいました。

5月×日、直樹は1日の大半、掃除をして過ごしていました。
風呂は週に1回入ればいいほうで、その他の時間は、
ずっと自分の部屋に閉じこもっていました。

5月2×日、新しい担任の寺田良輝と、北原美月が家庭訪問にきて、
直樹の母親は寺田に好印象を持ちました。
しかし、ノートのコピーを直樹の部屋に届けに行くと、
この、無神経ババア、余計なことしゃべんなよ、と直樹は怒鳴り、
辞書を1冊投げつけました。

6月1×日、直樹は皿洗いに疲れたのか、
自分の食事は紙皿に入れてほしいと言いました。

風呂にはもう3週間以上入っていなくて、
服や下着も何日も同じものを身に着けたままでした。

このような状態になってしまったのは、家庭訪問が原因だと母親は考えました。
寺田にしても、初めこそ熱意のある方だと感心していましたが、
回を重ねるにつれ、何の役にもたたないことに気がついていました。

7月×日、直樹はまったく自分の部屋から出てこなくなりました。
母親が出かけているときや、用意をしているときをねらって、
トイレには行っているようですが、ピカピカなのに、異臭が残っていました。

7月1×日、母親は直樹の昼食にこっそり睡眠薬を盛り、
寝ている直樹の、長く伸びた脂だらけの髪の毛を、ハサミで切りました。
不潔の鎧にひびを入れるのが目的でした。

母親が夕食の準備を始めると、獣の咆哮のような声が家中に響き渡り、
直樹が暴れました。

しかし、明け方、直樹は1時間以上シャワーを浴び、
頭を丸坊主にしました。

ちょっとそこのコンビニまで行ってくるよ、と直樹は言って出かけましたが、
数十分後、コンビニの店長から電話がありました。
コンビニに行った直樹は、ポケットの剃刀の刃で指を切り、
血だらけの手で片っ端からおにぎりやお弁当、ペットボトルのふたなど、
店の商品に触っていったのでした。

コンビニに行った母親は、血のついた商品を全部買い取り、
家に帰り、こんなことをした理由を訊ねました。
警察につかまりたかったから、と直樹は言いました。

母親がおにぎりを食べようとすると、それ食べない方がいいよ、
エイズになって死んじゃうから、と言い、
終業式の日の出来事を直樹は初めて話しました。

また、プールで愛美がポシェットで感電して気を失った後、
愛美は「直樹の目の前で、目を覚ましましたが、
そのあと、直樹はプールにあの子を投げ落とした、という話をしました。
これは、森口にも話していないことでした。

目を覚ましたのに、プールに投げ込んだのは、怖かったからでしょ?
と母親は何度も何度も繰り返し訊ねましたが、
直樹は、母さんがそう思いたいなら、それでいいよ、と言い、
早く警察に行こうよ、と繰り返していました。

その後、寺田がやってきて、近所に響き渡るような大声で、
直樹が学校に行っていないことを言いふらし、
クラス全員で寄せ書きをした色紙を直樹の母親に渡しました。

しかし、その一見いい言葉が書かれているメッセージの頭文字を合わせると、
『人殺し、死.ね』という暗号になっていました。

それで決心がつき、直樹の母親は、夫と真理子と聖美に遺言を書き、
私は直樹を連れて、みんなより一足先に、
大好きだった父と母のところへ行きますね、と書き、日記は終わりました。

日記を読み終わった聖美は、父は本当に何も気付いていなかったのだろうか、
本当は、我が家に異変が起きていることを知りながら、
気付かぬフリをしていたのではないだろうか、と考えました。

聖美が、日記や心療内科にかかった記録と合わせて、
直樹を無罪にしてやりたい、でも、それをするのは、
弟の本心を確認してからだ
」と考えたところで、この3章は終わります。

というあらすじなのですが、
直樹を甘やかし続けた母親が間違ったやり方で直樹を庇おうとしたせいで、
余計に直樹が追いつめられてしまった、という感じの話ですね。

母親も最悪ですが、聖美が最後に考えた「弟を無罪にしてやりたい」というのも、
最悪だな、と思います。

この話は、4章の「求道者」に続きます。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。