時雨沢恵一「キノの旅」18巻1話「スポーツの国」のネタバレ解説

キノとエルメスは、険しい山岳地帯の道を走り、最後の峠を越え、
巨大な盆地の1番近くにあった国にたどり着きました。

3日間の滞在許可を求め、盆地の国々を回りたいと門番に言うと、
この盆地の国々の、4年に1度の大戦争がもうすぐ勃発する、
ということを教えられました。

キノとエルメスは、最初に訪問した国に予定通り3日間、
わずか半日で到着できた隣国に、さらに3日間滞在しました。

他の2カ国も3日ずつの滞在で回り、1度出国したキノとエルメスは、
馬に乗って旅をしている7人の男達に出会いました。
20代から40代ほどで、統制の取れた一団で、
例外なく、頑強な体つきで、武器は旧式のライフルと、
ナイフや手斧でした。

団長は、盆地の国々の噂を聞きつけて、
遠路はるばるやってきたのだと教えてくれました。

まだどの国にも入っていないという彼等に、
盆地の国々5カ国が参加する“大戦争”が明後日に迫っていることを、
キノは教えてあげました。

この盆地の5カ国は、記録の残る前から戦争ばかりしていましたが、
戦争ばかりでは全ての国が疲弊して、
下手をすれば共倒れもあり得るということで、理性的な会議が設けられ、
「もういっそ、スポーツで決めたらいいじゃないか」
という誰かさん達の提案に、5カ国は乗ったのだそうです。

“国同士の揉め事はスポーツで決着をつける”と52年前に取り決められ、
当時は険悪になった当事者の国々が1対1で戦っていましたが、
40年ほど前に、5カ国が集まって“大戦争”をやってはどうかという話になり、
今では、“大戦争”によって国の優越を競っているのだそうです。

国家間の揉め事が起きた場合、
前回の“大戦争”の順位が高かった方の意見が優先されます。

競技は実に10種類です。
各国が、それぞれ1番得意なスポーツを1種目提案し、
それ以外のスポーツの中から、“大戦争”前に5種目をクジで選び出し、
合計10種目の得点合計で、順位を決めるのだそうです。

今回の“大戦争”の競技は、綱引き、やり投げ、乗馬(障害馬術)、
弓、長距離走の提案5種目と、クジで選ばれた、
矢投げ、水泳、木登り、土嚢積み、幅跳びの5種目です。

2日後、キノとエルメスも、ほとんど全ての競技を“観戦”しました。

早朝から始まった競技は猛烈に白熱し、夕方に終わり、
集計ポイントが発表されました。

キノが唯一まだ訪問していない国が勝者となりました。

その国に入国すると、国を挙げての“戦勝記念”の大騒ぎで、
お祝いだからと、豪華な食事をごちそうになりました。

例の商人達の団長が、いつも練習しているのか? と訊ねると、
選手は他の仕事はせずにスポーツばかりしています、と案内人は答えました。

あの“大戦争”――スポーツの国際大会で、
本当にこの盆地から戦争がなくなったというのがすごいことだと思う、
その結果、この5カ国では軍隊がなくなったと聞いたが、本当なのか?
と団長が質問し、今ではどの国でも、
“軍隊”という名称の組織はなくなりました、と案内人は答えました。

2日後の朝、キノとエルメスが出国すると、7人の商人達の一団に追いつき、
湖の畔でお茶休憩に誘われました。

団長は、2日酔いがなければ、昨日出発していたんだがな、
ということを言い、エルメスは、
なるべく早く、軍隊を送り込みたいもんね、と言いました。

どうして気づいた? という団長の質問に、エルメスは、
みんな目つきが厳しすぎること、身体つきも立派すぎること、
女性が1人もいないこと、団長達がたった1国しか入らないで、
こうしてさっさと帰ろうとしていること、という理由を答えました。

商人なら、わずかな時間しかなくて駆け足でも、たとえ2日酔いでも、
その国で何か買えるものがあるかもしれないので、5カ国を全部見て回ります。

団長は、我々は全員、とある国の軍人であり、斥候だ、
この盆地の国々は、まさに探していた獲物だ、と言いました。

隊長(団長)は、キノはどこかの国に戻って、報告するような、
自分に関係ないことは、しない、と言い、キノとエルメスを放置して、
馬に乗って去っていきました。

キノは、湖畔でもう1杯だけ、お茶を飲み、たっぷりと休息をとり、
森の中の道を走りました。

盆地が終わる辺りで、「7人が殺されていました。
最初の死体は後ろから喉を矢で射貫かれていました。
弓の選手だね、とキノは言いました。

次の死体は道の上にあり、太い槍が2本、男の背中から脇腹へと貫いて、
見事な十字の串刺しになっていました。
やり投げの選手なら、これくらいたやすいだろうね、とキノは言いました。

次の死体は並んで2つ転がっていて、2人とも、
頭頂部からの衝撃で、頭をつぶされていいて、
血と脳みその破片がついた岩が、すぐ近くに転がっていました。
これはあれだよ、木登りの選手だよ、とエルメスは言いました。

5体目の死体は、近くにある池に浮いていました。
水泳の選手が、池で待ち伏せていたんだ、水中から襲った……、
とキノは言いました。

6体目の死体は、森の中に吊るされていて、
体の中央に太いロープが巻かれていて、
その締め付けによって破裂した腹部から、内臓が飛び出ていました。
馬で逃げてきたところに、ロープを張って巻き付けたんだよ、
とエルメスは言いました。

隊長の死体は山岳地帯の終わりにあり、下半身は大量の岩でつぶされ、
両目には、小さい矢が、3本ずつ刺さっていました。
土嚢運びの選手……、かな? とキノが言い、
各地に網を張って見張っていたのは、長距離走の人達かも、
とエルメスは言いました。

国の人達も隊長達に気づいていて、共通の外敵がいるのなら、
どの国も協力しますし、いざとなればすぐに精強な戦闘集団にできるように、
スポーツ選手を育てていたのでした。
次に来た時までに、この道が兵士の死体で埋まらなければいいけど、
とキノは心配していました。


というあらすじなのですが、“軍隊”という名称の組織がなくなっても、
いざとなれば戦闘できるようにしておくのは、国としては当然のことですよね。

隊長が言ったように、
キノはわざわざ5カ国に戻って隊長達のことを報告することはしませんが、
それと同じように、隊長達が「殺されるのを予想していたけど、
そのことを隊長達にも教えず、戦闘に巻き込まれないように、
湖畔でのんびりと休息をとっていたのでした。

桜庭一樹「ばらばら死体の夜」のネタバレ解説

ばらばら死体の夜


まず、この本のタイトルは「ばらばら死体の夜」であり、
殺人事件が起こりますが、あまりミステリー要素はありません。
それぞれの章の年号や月は、その章が始まった時点でのものです。

話の冒頭のプロローグで、
誰かが誰かを殺してバラバラにしているというシーンが描かれます。

第1章『Money 2009年8月 沙漠』
神保町の古書店『泪亭』の2階に住む白井沙漠という女性のところを、
以前その部屋に住んでいたという中年男、吉野解が訪れます。
沙漠は解とセッ〇スをした後、食事に行き、
その帰りに解の知り合いの里子と出会います。

数日後。アルバイトや売春で生計を立てている沙漠は、
大家が設置しようとしている防犯カメラを預かります。
そこへ解が訪れてえっちするのですが、実はこのとき
沙漠はカメラでその様子を撮影していました。
そして、沙漠が解に300万円貸してほしいと言ったところで
第1章は終わります。

第2章『Paradise 2009年9月 解』
泪亭を訪れた解は、大家から沙漠が本を盗んでおり、
そのために防犯カメラを設置したということを聞きます。

解は大学で教鞭をとったり翻訳本を出版したりしていますが、
ここ数年、それらの収入はすべて
消費者金融への借金の返済に消えていました。
奨学金を返したり足りない生活費を補っているうちに、
多重債務に陥っていたのでした。
そしてそのことは、資産家の娘である妻の由乃や娘の夕には
秘密にしていました。


第3章『Downtown 2009年6月 里子』
3章は、北京語の翻訳家であり、
吉野夫妻の共通の友人である里子の視点から描かれます。
里子は解が苦学生だった頃からの知り合いでした。
2009年8月に解が愛人の沙漠と一緒にいるところを目撃していた
里子でしたが、由乃にはそのことを言いませんでした。
解は「家族には内緒にしていた借金を、
最近出版した本の印税で全額返済していたことを
」里子に告げました。

第4章『Nostalgia 2009年12月 沙漠』
沙漠は「第1章で盗撮していた映像をネタにして解を脅迫します。

実は白井沙漠というのは偽名であり、
本名を安田美奈代というこの女性には闇金からの借金があったのでした。
整形手術の費用のために消費者金融から借金をしていたら、
いつの間にか首が回らなくなり、
両親を亡くしており天涯孤独であった美奈代は、
泪亭の店主、佐藤を頼って2階に住まわせてもらっていたのです。

解はあからさまに怪しい態度をとりますが、
沙漠はそれには気付かず、解が子どもの頃住んでいた家で殺され、
バラバラにされてしまいました。


第5章『Ted 2009年12月 佐藤』
泪亭の店主、佐藤には「美奈代の母親と愛人関係にあり、
おまけに美奈代の母親を事故で死なせるという過去がありました。

佐藤は解と美奈代の関係に気付いており、
美奈代が殺された日に彼女から電話の内容から、
解が美奈代を殺したということに気付きますが、
結局誰にも話しませんでした。


第6章『Hidden 2009年12月 解』
解は「沙漠を殺し、バラバラにして遺棄します。
やがて沙漠の死体は発見され、彼女が実は6歳も鯖を読んでいたり、
白井沙漠が偽名であったり、整形していたということを知ります。
殺害後、少しおかしくなっていた解でしたが、
やがて日常に戻っていきました。
その途中、ペットの犬の葬儀があるのですが、
その葬儀と墓代にかかった費用が、
解や美奈代を長年苦しめてきた借金と同額程度であるというのが、
何とも皮肉な話でした。


そして最後のエピローグでは時間が2020年6月に飛び、
解の娘の夕の視点から、解が老け込んでしまったということが
描写されました。
結局、解の犯罪が警察に知られることはなかったのでした。


さて、この話は消費者金融や闇金からの借金を題材にしています。
何というか、手堅くまとめたなあ、という印象の話です。
個人的には、「美奈代が闇金から逃れて
泪亭に辿り着くまでの描写が欲しかったかな、と思います。
どうやって逃げてきたんだよ! とツッコミたくなりますから。


ところで、解は母子家庭の生まれであり、
そのために非常に貧しい生活をしていたという描写がありますが、
現在、既に「母子家庭≒貧しい」という方程式は崩れて、
過去のものになっています。
「母子家庭 生活保護」でググれば、
働かずにとんでもない額の生活保護を受給しているのが分かるでしょう。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。