星新一「年間最悪の日」のネタバレ解説

〈このたびの懸賞で、あなたが特等に当選なさいました〉
という手紙が主人公の男のところに届きました。

主人公は壁のカレンダーを眺め、新聞を手にして、
きょうが4月1日でないことは、たしかだな、とつぶやきました。

毎年、エープリル・フールの日になると、
主人公はきまって悪友たちによって、嘘をつかれていました。

記憶に残っている限り、4月1日は主人公にとって、
年間最悪の日でした。

主人公は気象台に電話し、きょうが4月1日ではないと、
女性のオペレーターに教えられました。

しかし、主人公はなぜか信用できない気分になり、
行きつけの医者にも電話しましたが、
やはり今日は4月1日ではないと言われました。

主人公は安心し、ばんざい、と大声を上げました。

しかし、「この喜びの声が大きすぎ、主人公の眠りを終らせました。

主人公は夢を消し去るように目をこすり、壁のカレンダーを見て、
いまが4月1日の朝であることを知りました。


というあらすじなのですが、このオチを読んで、
なんだ、「夢オチか、と思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、正確には、夢に嘘をつかれて騙された、というオチです。

もっと言うと、自分自身に嘘をつかれて騙された、ということにもなります。
そう考えると評価が変わるのではないでしょうか。

星新一「専門家」のネタバレ解説

主人公の「私」は死体処理の専門家です。
本業は葬儀社を経営しています。

殺人を犯した人から依頼されると、
死体を霊柩車に乗せて、ゆうゆうと運び、
墓地らしく作り上げてある土地に埋めてあげます。

依頼人が屋外で女の子を殺してしまった時は、
液体プラスチックを噴霧してマネキンに見せかけて運んだり、
太った男を殺してしまった時には、
灰色の塗料で石像にしたり、
黒っぽくして銅像にしたりして運びます。

屋内の死体の場合は、
無音電動ノコギリで適当な大きさに分けて輸送します。

ある日、また依頼人から電話があり、
今夜12時、公園の林のなかで殺すから、あとをたのむ、
と言われました。

依頼人に金を銀行に払い込むよう指示し、
公園の場所をよく頭に入れました。

夜になると、主人公は小さな鞄を持って、公園に行きました。

その場所には首をしめられた、ひとりの男が倒れていました。

主人公は噴霧器で、まっ黒な塗料をまんべんなく吹きつけ、
つぎに携帯用の水素のボンベを使い、
小型の黒い気球を膨らませ、黒い死体に結びつけました。

気球のヒモの端を握り、大通りに出ましたが、
ふいに気球が動かなくなってしまいました。

気球のヒモが、
ホテルらしいビルの2階のバルコニーにひっかかっていました。

ヒモを外しながら、部屋をのぞくと、だれかがぐっすりと眠っています。

主人公は、死体を外し、窓をそっとあけ、なかに押しこんでしまいました。

こうしておけば、だれかが罪をひきうけてくれるだろう、
と思ったのですが、「依頼人がその部屋にとまっていました。

依頼人の男は目がさめたとたん発.狂し、
いまは神経科の病院のなかにいました。

最後は、いままでの商売のうち、
失敗したことはこの1回だけしかないので、
安心してご用命下さい、と読者に語りかける場面で終わります。


というあらすじなのですが、
そのホテルの部屋にとまっていたのが誰だったとしても、
主人公がやったのは依頼人にとって最悪の行為でしたね。

そもそも、なぜ死体を隠すのかと言うと、
その人が殺されたことが警察に知られないようにして、
捜査されないようにするためです。

死体が見つかったら自分が疑われる、と思うから、死体を隠すのです。

それなのに、ホテルの部屋なんかに残しておいたら、
そのホテルにとまっていた人が警察に通報してしまいます。

ホテルにとまっていた人が、
自分が疑われるかもしれないと思って通報せずに処理しようとしても、
それじゃあ主人公がバ.カにしている素人の仕事になってしまいます。

この主人公、自分は有能だと考えているみたいですが、
そんな基本的なこともわからないなんて無能だな、
としまうましたは思いました。

星新一「循環気流」のネタバレ解説

主人公は小さな貿易会社を経営していました。

とつぜん、その会社に私服警官がやってきて、
この会社で、なにか不正な物を輸入しているといううわさを耳にしたので、
倉庫にある輸入した品物をひととおり見せて欲しい、と言いました。

主人公は警官を倉庫に案内し、ボール箱の中身を見せます。

ただのカンヅメだと主人公は言いましたが、
こんなに軽いカンヅメは見たことがない、と警官は言います。

主人公は、これが外国でいま流行している、空気のカンヅメだと答えました。

レッテルには、いま最も人気のある女優の写真があり、
その寝室の空気だと主人公は言いました。

カンヅメを開けると、香水のにおいが、かすかにしました。

警官は、このカンそのものが怪しいと言い、
カンに希少金属が含まれているかもしれないと言いました。

主人公は、カンヅメのレッテルをはぎとり、
その缶を警官に突きつけると、警官はそれを持ち帰りました。

警官を見送った主人公は、「いま丸めて捨てたレッテルを拾いあげ、
ていねいにしわを伸ばしました。
このレッテルをある溶液につけると、文字と数字とが浮き出てきます。

ある国の暗号通信の、極秘のリストで、
全部そろうと、解読用の手引書となります。

秘密機関の支部に、きわめて高値で売れるのでした。


というあらすじなのですが、レッテルを剥がすのが怪しすぎるのに、
警官はそれに気付かなかったのか、と思いました。

どうせ、レッテルに目をつけられたら終わりなのですから、
剥がさずに渡してもよかったんじゃないかと思います。

星新一「報告」のネタバレ解説

夫が稼いでくれているため、夫人は贅沢な暮らしをしていました。

欲しい物はなんでも買ってくれるし、
使いたいお金は、使い道も聞かずに渡してくれます。

夫が夫人を心から愛していることはわかっていましたが、
時どき、夫の帰りが遅くなるときがありました。
夫に理由を聞いてみても、大切な仕事だとだけ答え、
言葉を濁してしまいますし、どうも心にやましいことがありそうでした。

ほかに好きな女でも、できたのじゃないかと思い、
夫人は興信所の青年を家に招きました。

青年は、奥さまのように若く、お美しいかたと結婚でき、
このような生活ができるとは、と夫人の夫を羨ましがりましたが、
夫人が夫の素行調査の依頼をすると、青年は引き受けました。

2週間後、青年は夫人の家にやってきて、
報告書を見せ、浮気ではありませんと報告しました。

夫は大切な仕事をしていたのですが、その仕事というのは、
人の弱みにつけこみ、毎月いくらかずつを恐喝しつづけるという仕事でした。

夫人の愛情をつなぎとめておくため、夫はこの仕事をしていたのでした。

青年は、夫人の夫の『仕事』を警察や税務署に黙っている代わりに、
これから毎月、定期的に、夫人にお金を払ってもらうことにしました。

夫人が、おっしゃる通りにするわ、と言うと、
青年は、おかげで、わたしもやっと結婚できそうです、
奥さまに匹敵する、すばらしい女性と、と言いました。


というあらすじなのですが、興信所に後ろ暗いことを依頼すると、
逆に脅迫される可能性があるのが怖いですね。

時雨沢恵一「キノの旅」9巻1話「記録の国」のネタバレ解説

キノとエルメスは花の草原の近くにある“いい国”に入国しました。

食事も燃料代もモトラドの整備も宿代も旅荷物の補充も、
全て無料という、キノにとっては天国のような場所でした。

2日目、レストランの人に、この国はなんでこんなに大盤振る舞いなんですか
と詳しく聞くと、とにかく豊かなのだそうです。
穀物も肉も魚も豊富で、技術や医療の進歩も人を幸せにする方向へ使われています。

そんな中で、人口が増えすぎないように厳しく調節しながら、
もう何百年も豊かで平和な生活を続けているのだそうです。

3日目にカフェでお茶を飲んでいると、
右隣のテーブルにとても疲れた顔をした男が座りました。

キノはその男の様子が気になったらしく、
珍しく自分から男に話しかけ、ここはとてもいい国でした、と言いました。

すると男は、私以外には、この国はいいところさ、と言いました。

“私以外には”について説明を求めると、
男は、私には、昔の記憶があるんだ、と言いました。

生まれる前に別の人間として生きた記憶があり、
その前の記憶も、その前の記憶もあり、
覚えているだけで、5人の人間だった記憶があるのだそうです。

4世代前に、当時20歳だった男も、頭の中にある別の人生の記憶を錯覚かと思い、
調べました。

すると、確かに「前世の自分」は存在していました。
4世代前の男が5歳の時に、事故で死んだ男でした。

その前の妻が生きていたので、会いに行き、
妻の趣味や口癖などを言い当てましたが、気味悪がられ、
二度と来るなと言われました。

その人生では50歳ほどで病気で死にましたが、
次は別の男として、やはり5歳くらいだった時の思い出からありました。

その人生も、30歳くらいの時、湖で溺れて終わりました。
その次は長生きして、その次が今の1つ前でした。

男は、師匠と荷物持ちさんにも会ったことがあり、その特徴を言い当てました。

男は、人の一生を生きて、色々な人のことを憶えていても、
次の人生では誰も分かってくれず、また最初から、やり直しになるのが嫌になり、
疲れ、今は何もしたくないと言いました。

新しい記憶を持つと、それが良い記憶であっても悪い記憶であっても、
重く、疲れるのだそうです。

男は地獄だと感じていて、思い出を作らず、毎日を忘れるようにしていました。
今日なんかまずくない? とエルメスが聞くと、
誰だい君は? と男はキノとエルメスに言い、去っていきました。

キノ達がその国を出国すると、白衣を着た6人の男達に呼び止められ、
カフェにいた前世の記憶がある男のことを聞かれました。

キノとエルメスが、素晴らしい国で、
なぜ彼のような精神を著しく病んだ人が現れたのか不思議です、
などと白衣の男達を挑発すると、再入国禁止を条件に、
男達は教えてくれました。

あの男が言ったことは、「全て真実なのだそうです。

昔白衣の男達の先祖は、死んだ直後にその人間の記憶を取り出し、
別の人に入れる実験に成功しました。

その人が死ぬことに変わりはありませんが、
別の誰かにとっては“私のことを覚えていてくれるあの人”が存在し続ける、
他者にとっての、“誰かが永遠に生き続ける”システムなのだそうです。

記憶を入れられちゃった人は、厳しい出産制限の中で、
そうなる可能性を納得した上でそうならない可能性にかけた親達の子供でした。

そんな子ども達の中から、被験者が死んだ時に5歳である子供に、
記憶は移されます。

開発した先祖は、このシステムはどう考えても使ってはいけないと結論づけ、
“このシステムは間違っている”ことを完全に証明するために、
被験者40人で始め、3世代ほどで記憶の蓄積に精神が耐えられなくなり、
39人までは発.狂しました。

カフェで会った男が最後の1人で、彼が発.狂すれば、
危険性は100パーセント証明され、このシステムは永遠に封印されます。
白衣の男達は、あの男が発.狂するその日まで、記録を取り続けるのでした。


というあらすじなのですが、恐ろしい話ですね……。

本当に狂っているのは、白衣の男達の方なのではないかと思います。

被験者40人中39人が発.狂したのなら、
発.狂率97・5パーセントなのだから、
それでもう危険性を証明できたようなものじゃないですか。

というか、そもそも、最初に“このシステムは間違っている”と思った時点で、
議論を尽くして、実験なんか始めなきゃよかったでしょう。

国が豊かすぎると、こういう変なことに
膨大な時間を費やすようになってしまうのかもしれませんね……。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。